名言DB

9429 人 / 110879 名言

三橋志津子の名言

twitter Facebook はてブ

三橋志津子のプロフィール

三橋志津子、みつはし・しづこ。神奈川県出身。東京外国語大学卒業後、出版社を経てフリーの編集者・ライターとして活躍。著書に『最強の整理術』『定時に帰る人はまるで働き方が違う』『デキる人は頼み方がうまい』。

三橋志津子の名言 一覧

人が動く時の決め手になるのは、理性的な判断ではなく感情による判断。敬意や配慮を欠いた依頼は、相手の感情を損ね、成功しません。


三橋志津子の経歴・略歴

三橋志津子、みつはし・しづこ。神奈川県出身。東京外国語大学卒業後、出版社を経てフリーの編集者・ライターとして活躍。著書に『最強の整理術』『定時に帰る人はまるで働き方が違う』『デキる人は頼み方がうまい』。

他の記事も読んでみる

為末大

成功というものは、確かなもの、確定したものではないと思います。というのは、うまくいっていた人生が、最後の一日で全部ひつくり返って失敗することもありうるからです。反対に、いろいろな失敗があっても、最後の最後に「これでよかったんだ」と幸せに死んでいけたなら、その人生は成功である気がします。


原田マハ

執筆にあたって宝塚の洋菓子屋さんに取材をしたのですが、パティシエがとても素敵な方で。すごく楽しそうにお菓子を作ってらして、帰る時には外まで見送ってくださったんです。その時に、とてもきれいなお辞儀をされたんですね。普段からされていなければ、とっさにできることではありません。その時「お客様に対して、いつも丁寧に接していらっしゃる方なんだな。深々としたきれいなお辞儀が、人生の素敵なクセになっているんだな」と思ったんです。そこから「こんなにきれいなお辞儀ができる方って、どんな人生を送ってきたんだろう」と考え、この物語に結びついていきました。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


松井忠三

今一度いきすぎた報連相を見直してみてはいかがでしょう。大切なのは全ての局面でまんべんなく報連相を行うのではなく、要所要所で行うことです。できる部分に関しては自分の頭で考え自らの責任で行動する。一方、悪い情報は真っ先に上に通す。これにより会社の生産性と個人の実力の双方を高められると思います。


宇佐美進典

最初はコンサルティング会社に入社してビジネスを学び、そのあとは海外留学してMBAを取得して、帰国して外資系企業で経験を積み、30歳くらいで独立できたらいいなと考えていたんです。コンサルティング会社に入るところまでは予定通りでしたが、2年後には知人が立ち上げたベンチャー企業に転職。4・5人の小さな会社でしたが、なんとか事業を回しているのを中から見ているうちに「会社を立ち上げるのって意外に簡単だな」と思うようになり、自分の会社を作りました。


小林和之

僕は営業にいけと言われたので、それだったら辞めると。そうしたら当時の社長が「お前、面白いな」と。希望を聞かれて「自分は制作以外にはいきたくない」と答えました。すると「それもわかるけれど、エンドユーザー(商品の購入者)を理解するために営業はやったほうがいい」と。それで6か月間、制作と営業兼務になりました。1日、1~2時間しか寝ない日もあった。営業をやったことで、売り方を考えなければダメだなというのはよくわかりましたね。


野田俊介

優秀なエンジニアほど新しいことをやりたがるから、おもしろい案件を持っていくほど一緒にやってくれるし、責任を持ってトラブルシューティング(起きうる問題を想定して駆逐)してくれます。


遠藤功

失敗の原因はコントロールできる部分をコントロールしようとしなかった自分の側にあります。本当に失敗したくないのなら、手持ちの中でも一番難しい要素から手に取らなくてはいけません。


木村博紀(経営者)

成長市場の医療保険や介護保険など第3分野商品に、早くから取り組んできました。5年、10年先を見据えてニーズが拡大する分野にさらに注力していきます。


山田昭男

特殊な品物を買ったら、仁義を感じて定番のものも買ってくれる。トータルで黒字になればいい。


荻村伊智朗

自分の前に立ちはだかる強敵は、時として一生の友になる。彼の一挙手一投足に隠された努力の質と量が一瞬で読み取れ、尊敬の念さえ湧いてくるからです。