名言DB

9412 人 / 110637 名言

三森裕の名言

twitter Facebook はてブ

三森裕のプロフィール

三森裕、さんもり・ゆたか。日本の経営者。プルデンシャル生命保険社長。千葉県出身。獨協大学経済学部卒業後、外国車ディーラーのヤナセに入社。同社で全国トップクラスの営業実績を残す。ヤナセに約12年間勤務したのち、プルデンシャル生命保険に入社。支社長を歴任したのち、取締役、執行役員常務、執行役員専務などを経て、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任した。

三森裕の名言 一覧

会社として人材育成を最重要課題として位置づけ、投資を行っています。その結果お客様のご支持をいただき、これだけの成果につながっているのだと思います。


成功の反対は失敗ではなく妥協なのです。200軒、300軒と飛び込み頑張ることができるか。そこに成果や成長がかかっていると思います。


より多くのお客様おひとりおひとりにふさわしい保障をお届けすること。それこそが、私と弊社が果たすべき使命であり、社会貢献であると考えています。


残されたご家族に保険金をお届けし、生活や教育に役立てていただくことは、この仕事の最も重要な責務です。私は現場にいましたから、その意義を身に染みて理解しています。だからこそ、この仕事にプライドがありますし、それを提供する弊社のライフプランナーたちにも誇りを持っているのです。


私は「邂逅」という言葉が好きなのですが、人との出会いこそ営業の基本であり、人生の喜びだと思います。


妥協せずに仕事をやり遂げるには、仕事の意義を芯から理解することに尽きるのではないでしょうか。


よく「100軒飛び込めば1件契約をいただける」といいますが、実際には、100軒、200軒飛び込んでも1件も契約いただけないかもしれません。しかし、300軒飛び込めば3件契約をいただけるものだと思います。成功するまでに諦めずに続けていれば、コミュニケーションスキルも向上し、商談も上手くいくようになります。


大学を卒業して就職したのは、輸入車の販売会社でした。でも最初は、同期入社8人のうち、私がビリの成績。だから、なんとか成果を出そうと飛び込み営業もずいぶんやりました。それで最終的には全国トップの成績を収めました。


生命保険の販売は、例えるなら「晴れの日に傘を売る」ようなもので、お客様にその必要性を理解していただくことから始めなくてはなりません。それには、金融全般に関する深い知識はもちろん、コミュニケーション能力においても人生経験においても、非常に高度なレベルが求められるのです。


弊社では代理店制度や銀行窓口販売などの方式はとらず、ライフプランナーがお客様に直接お会いし、相談しながらオーダーメイドの保険をご提案するコンサルティング・セールスに特化しています。ライフプランナーは皆、異業種で活躍する優秀な人材から厳選して採用しています。


弊社がなぜ死亡保障に力を入れるのか。「自分に万が一のことがあっても、家族に変わらない暮らしをさせてあげたい」という愛情こそが、保険の本来の意味だと思うのです。まず、死亡保障をしっかり押さえたうえで、長生きや入院保障などを手当てしていく。このように保険の原点を愚直に追求する姿勢を、お客様に評価していただいていると考えています。


三森裕の経歴・略歴

三森裕、さんもり・ゆたか。日本の経営者。プルデンシャル生命保険社長。千葉県出身。獨協大学経済学部卒業後、外国車ディーラーのヤナセに入社。同社で全国トップクラスの営業実績を残す。ヤナセに約12年間勤務したのち、プルデンシャル生命保険に入社。支社長を歴任したのち、取締役、執行役員常務、執行役員専務などを経て、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任した。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

これからの時代、コミュニケーションの上手な人と下手な人の二極化がますます進むと見ています。たとえば上司と飲みに行ってコミュニケーションするのがストレスになる人と、それを楽しめる人。前者はますます上司と疎遠になるでしょうし、後者は上司から可愛がられるから、ますますコミュニケーションが取りやすくなる。そうなると当然ですが入ってくる情報の質と量が違ってきます。また本人のコミュニケーション力自体も場数を踏むことで上がりますから、同僚とのコミュニケーションや取引先や得意先などとの人間関係にも影響するでしょう。結果、仕事の成果に大きな差が出る。


嶋津良智

「相手にどうしてほしいか」を考え始めると、思いどおりにならない現実にストレスが募るばかり。「自分ができることは?」と考えると、何をするべきかのアイデアが浮かぶものです。この考え方に基づいて行動すると、家庭内のみならず、仕事上の人間関係も好転します。


ロバート・キャンベル

大学では東アジア言語文化学と、経済学を両方とも専攻していました。「虚学の道に身を投じるのか、それとも実学の道を行くのか」。4年になっても迷いがありました。経済でも法律でも「やればできるだろう」という根拠のない自信があっただけに(笑)、「とりあえずロースクールにでも行こうか」とも考えました。ぎりぎりまで悩みましたが、やっぱり谷崎潤一郎や三島由紀夫を原文で読めるようになると、日本文学の理屈抜きの面白さ、深さにはあらがうことができませんでした。それで大学院は日本文学の研究資料が充実しているハーバードに進み、4年間で江戸時代の日本文学史を自分なりに構築していったのです。


塩﨑均(塩崎均)

国際学部なんてもうどこの大学にでもあるし、珍しくもないですよね。だから「三番煎じになるならやめよう。どこにも存在しない国際学部を作ろう」と意気込んできました。語学学校大手のベルリッツと提携し、授業を担当してもらっているのはそういう背景からです。専門的な英会話教育のノウハウを取り込むため、外部と組むという判断をしました。


遠山正道

自分のやりたいことを事業にしていくのは容易ではありません。しかし、自分の人生と仕事が重なる生き方は、本当に素晴らしい。


井上和幸(ヘッドハンター)

その方の考え方が首尾一貫しているかどうか。一本筋が通っていれば、どの側面からボールがきても、その方なりの明確な答えが返ってくるはずです。


菰田正信

同じことを繰り返しやっていると消費者に飽きられますし、供給過剰になっていきます。大切なのは年々進化させることです。


川又三智彦

自分の行動でも、世間の動きでも、丹念に記録して振り返ることで、普通では得られない発見や発想が得られます。遠回りに思えるかもしれませんが、ほかにはない成果を誰よりも早くあげたいのであれば、記録を取ることから始めるべきでしょう。


寺田和正

本当に転職で成功している人というのは、個人主義的なメンタリティーの強い外国人のように、もっと合理的に転職しているケースが多いような気がします。それが正しいかどうか、日本人気質に合っているかどうかはともかく、見るべき現状に蓋をしたままで転職しても、成功しないと思いますね。


伊藤正裕(起業家)

いろいろな業界の動向や世の中の大きな流れをつかんでおくことが、相手の関心やニーズを探るうえでとても重要です。


藤田晋

当社が2011年に「スマホ元年」と掲げて主力事業をスマートフォンにシフトした時、多くのマスコミから「どうしてスマホに大きく舵を切ったのですか?」と聞かれましたが、答えは単純でした。「電車の中でもどこでも、周りを見渡せば、みんなスマホを使っているからです」。少し周りを見渡すだけで、いくらでもビジネスのヒントは転がっているものです。


大津秀一

親の人生について聞くことが親孝行になります。親の年齢になると、自分の生き方や経験を誰かに話したくなることがあります。そして、聞いてもらうと心が穏やかになる。子供が聞いてくれたら、それこそ親はうれしいでしょう。終末期医療では「ライフレビュー」と呼ばれ、患者の心のケアに使われています。


谷口義晴

こちらは種蒔きだけして、部下からアイデアを出してもらったら、「ええこと言うなあ」と言ってやるのです。若い人たちに、「自分のアイデアで新しいモノを作っているのだ」という意識を芽生えさせることが肝要です。


守谷雄司

相手の反対意見に一理ある場合は、真っ向から反対せず、「あなたの意見をよく聞かせてください」というように、相手を受け入れる態度を見せてください。相手の気勢も削がれ、いつの間にかこちらの言うことに同調してもらえるかもしれません。


松田昌士

社長時代に留意していたのは、「失敗したと思ったら、傷の少ないうちにいかに早く退くか」ということです。新しいことに挑戦するのは大切で、「失敗するから何もしない」では企業は衰退してしまいます。ただ、冷静さを失ってはいけません。失敗したと思ったらぱっとやめる。この決断が変化の激しい時代の経営にとって非常に大きな要素です。