名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三森裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三森裕のプロフィール

三森裕、さんもり・ゆたか。日本の経営者。プルデンシャル生命保険社長。千葉県出身。獨協大学経済学部卒業後、外国車ディーラーのヤナセに入社。同社で全国トップクラスの営業実績を残す。ヤナセに約12年間勤務したのち、プルデンシャル生命保険に入社。支社長を歴任したのち、取締役、執行役員常務、執行役員専務などを経て、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任した。

三森裕の名言 一覧

会社として人材育成を最重要課題として位置づけ、投資を行っています。その結果お客様のご支持をいただき、これだけの成果につながっているのだと思います。


成功の反対は失敗ではなく妥協なのです。200軒、300軒と飛び込み頑張ることができるか。そこに成果や成長がかかっていると思います。


より多くのお客様おひとりおひとりにふさわしい保障をお届けすること。それこそが、私と弊社が果たすべき使命であり、社会貢献であると考えています。


残されたご家族に保険金をお届けし、生活や教育に役立てていただくことは、この仕事の最も重要な責務です。私は現場にいましたから、その意義を身に染みて理解しています。だからこそ、この仕事にプライドがありますし、それを提供する弊社のライフプランナーたちにも誇りを持っているのです。


私は「邂逅」という言葉が好きなのですが、人との出会いこそ営業の基本であり、人生の喜びだと思います。


妥協せずに仕事をやり遂げるには、仕事の意義を芯から理解することに尽きるのではないでしょうか。


よく「100軒飛び込めば1件契約をいただける」といいますが、実際には、100軒、200軒飛び込んでも1件も契約いただけないかもしれません。しかし、300軒飛び込めば3件契約をいただけるものだと思います。成功するまでに諦めずに続けていれば、コミュニケーションスキルも向上し、商談も上手くいくようになります。


大学を卒業して就職したのは、輸入車の販売会社でした。でも最初は、同期入社8人のうち、私がビリの成績。だから、なんとか成果を出そうと飛び込み営業もずいぶんやりました。それで最終的には全国トップの成績を収めました。


生命保険の販売は、例えるなら「晴れの日に傘を売る」ようなもので、お客様にその必要性を理解していただくことから始めなくてはなりません。それには、金融全般に関する深い知識はもちろん、コミュニケーション能力においても人生経験においても、非常に高度なレベルが求められるのです。


弊社では代理店制度や銀行窓口販売などの方式はとらず、ライフプランナーがお客様に直接お会いし、相談しながらオーダーメイドの保険をご提案するコンサルティング・セールスに特化しています。ライフプランナーは皆、異業種で活躍する優秀な人材から厳選して採用しています。


弊社がなぜ死亡保障に力を入れるのか。「自分に万が一のことがあっても、家族に変わらない暮らしをさせてあげたい」という愛情こそが、保険の本来の意味だと思うのです。まず、死亡保障をしっかり押さえたうえで、長生きや入院保障などを手当てしていく。このように保険の原点を愚直に追求する姿勢を、お客様に評価していただいていると考えています。


三森裕の経歴・略歴

三森裕、さんもり・ゆたか。日本の経営者。プルデンシャル生命保険社長。千葉県出身。獨協大学経済学部卒業後、外国車ディーラーのヤナセに入社。同社で全国トップクラスの営業実績を残す。ヤナセに約12年間勤務したのち、プルデンシャル生命保険に入社。支社長を歴任したのち、取締役、執行役員常務、執行役員専務などを経て、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任した。

他の記事も読んでみる

稲垣精二

東南アジアの中でもメコン地域、カンボジアやミャンマーに駐在員事務所をつくって準備を始めています。すぐに利益貢献できるマーケットではありませんが、10年先、20年先の有望なマーケットに早く参入し基盤をつくり、将来の成長の種をまこうと考えています。今の収益の中心は日米欧豪ですが、やがて先進国の利益が成熟化し、新興国が利益貢献する時がくると思います。


辻本憲三

上手くいっている事業は放っておけばいい。問題を抱えていたり、計画通りに行かなかったりする事業を上手くいくように変えていくのが経営者の仕事でしょう。


前田新造

継者を育成して経営を託していくことが、ミッションだとは思っている。ただし、これは私自身が決めることではなく、指名委員会が客観的に、かつ合理的に人選してくれるだろう。


堀之内九一郎

どんなにイヤな気分のときでも起きられるように「目的」をつくっています。それが「毎朝、誰よりも早く会社に行く」こと。実際、出張などで出社できない日を除けば、一番乗りの連続記録を継続中なので「あっ、そろそろ起きないと誰かに先を越されるぞ」という思いで、布団から出ることができます。そして、歯を磨きながらお風呂の湯をため、朝風呂に入ります。そうすると、寝ていた脳が起きはじめて、思考がだんだん前向きになってくる。朝食を食べながら新聞を読み、TVをつけ、さして見たくもない番組を見ているくらいなら会社へ行こうという気持ちになって、7時過ぎには家を出ます。


葛西紀明

目標に向けて努力すると同時に、チャンスをつかむ、良い流れに乗るということが大事。


牧野正幸

社内でしか評価されないキャリアは、安定というよりもリスク。なぜなら今の時代、企業がつぶれなくても、経営者とともに経営方針が180度変わることもありますし、そもそも雇用は約束されていませんから。


岡野雅行(岡野工業)

俺はいつも3年先、5年先を見て仕事をしている。


塚田僚一

僕はもう折れません。「もっと頑張れたはずなのに」って思うのが一番嫌だから。稽古段階から全力投球していくつもりです。


坪井東

どの会社も景気のいい時に次のステップを考えなけれななりません。景気が悪くなってから考えたのではなかなかいい知恵も出てきません。将来の経営の在り方は一番調子のいい時にこそ考慮しておくべきです。


平野岳史

お客様が購入に踏み切る理由は、提案内容や多少の値段の安さより、「その営業マンへの評価」であることが圧倒的に多いと思うのです。実際、当社の新人営業マン研修をみていても、同じサービスを同じように売っているのに、歴然とした差が出ます。


犬養岬太

現在取り組んでいるのは、品質を落とすことなく、生産性を向上させることです。ここで重要なのは、生産性向上のために品質を犠牲にしないということ。今は、常に営業担当と工場のスタッフが連携して、生産性向上のための改善点を洗いだしています。


宮田拓弥

手を組みたいスタートアップの製品を使うことが大事です。スタートアップのピッチにいくと、「うちのサービスはグーグルで使われている」とアピールする会社が案外多い。有名な企業がファーストカスタマーになってくれたことは、彼らにとっていい宣信材料なのです。一方、日本企業はスタートアップの製品をまず導入しません。どちらに親近感を覚えるかといったら、自社製品を使ってくれる会社のほうです。アメリカのCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)は、自分もベンチャーのエコシステムの一員で、一緒に成長しようという意識が強い。だからまだ実績のないスタートアップの製品であっても、積極的に使おうとします。日本のCVCも、一緒にエコシステムをつくる意識を持ったほうがいいでしょう。