三枝理枝子の名言

三枝理枝子のプロフィール

三枝理枝子、さえぐさ・りえこ。日本のコンサルタント。「ストロークジャパン」代表。青山学院大学文学部英米文学科卒業後、全日本空輸(ANA)国際線チーフパーサーなどを経てパッションジャパンCOO(最高執行責任者)、ストロークジャパン代表。

三枝理枝子の名言 一覧

背筋を伸ばすことは一見、疲れそうに思えますが、慣れてくると実は一番疲れない姿勢だと言われています。


仕事は1人ではなく周りと協力して進めるもの。その時に周囲から認められ、応援してもらうことができれば、仕事や成果はより大きいものになります。成功のためには、周囲に好かれ、関係性を深めることが重要になってくるのです。


会社に入りたての新人ならば、元気なだけでも好感を持たれますが、ある程度の年齢を重ねたビジネスマンでは、それだけでは認められません。やはり美しい振る舞いができないと、なかなか信頼されません。


三枝理枝子の経歴・略歴

三枝理枝子、さえぐさ・りえこ。日本のコンサルタント。「ストロークジャパン」代表。青山学院大学文学部英米文学科卒業後、全日本空輸(ANA)国際線チーフパーサーなどを経てパッションジャパンCOO(最高執行責任者)、ストロークジャパン代表。

他の記事も読んでみる

福本伸行

「かえってよかった」という考え方が大事だと思う。バカボンのパパの「これでいいのだ」に近い。会社が傾いたり、失恋してもさ。気落ちせず「転職のチャンスだ」とか「自由に遊べるぞ!」とか、「かえってそのほうが良かった」と思える人間は強い。自然と運も向いてくる気がする。俺もアシスタントをクビになって「これで漫画家になれる!」と思って、貧乏生活ながら描き続けて3年目、24歳でちばてつや賞をとって漫画だけで生活できるようになった。そこで間違って再就職したり、大学なんて入っていたりしたら、いまはない。


奥田務

会社の再建において赤字事業の整理は基本中の基本です。それなのに、多くの経営者がなかなか整理に踏み切れない。その大きな要因は経営者の覚悟にあります。赤字事業を整理すれば、先輩経営者の功績に傷をつけかねない。自分の実績を否定する可能性もある。こう思い、多くの経営者が不採算部門のカットを大胆に進められないのです。


浅野秀則

宅配ピザをやろうと決意した頃、ドミノピザが上陸してきました。フランチャイズのお願いをしたのですが、当時は直営しかやっておらず、フランチャイズ展開をすることはできませんでした。それで「自分たちは日本人のためのピザを徹底追求しよう」という志が固まったのです。マヨネーズやテリヤキチキン、カレー味など独自のピザは、こうして生まれました。あのとき、もしフランチャイズさせてもらえていたら、今のピザーラはないでしょう。


山田進一

プレゼンの質疑応答で答えに詰まったときは、とりあえず考える時間を稼ぎましょう。それには、相手の質問をゆっくり繰り返すのが一番です。「なるほど。ただいまご質問いただいたのは、まず○○という点、それに××という点ですね。以上の内容でよろしかったでしょうか?」こんな風にオウム返しにするだけで、10秒ほどは時間を稼げます。きちんと準備をしてきたプレゼンターであれば、こんなわずかな時間でも、必死に考えれば適切な回答を思いつくことは少なくありません。私自身、この10秒で命拾いした経験は何度もあります。


コシノジュンコ

本物に触れる体験に加えて、世界を知ることも、「自分」をつくる上で大切。世界に出れば、本物を知る機会にも恵まれます。


高野研

社員には常々、「真面目にきちんとやろう。他の人がやりたくないことを率先してやろう」と言っています。


ヨハネ・パウロ・2世

愚かさもまた、神からの恵みである。しかし、決してそれを誤用してはならない。


玉川勝

価格が高い中でさらにシェアトップという状況ですから、適性な利益が出ています。インドのコンシューマーエレクトロニクス業界ではソニーは圧倒的ナンバーワンになっているのではないでしょうか。
【覚書き|インドで液晶テレビブラビアがトップシェアを取ったときの発言】


田中雅子(経営学者)

仕事の楽しさが味わえ、ポジティブな自己認識が持てるようになれば、人は自分の未来を組織の未来に結びつけて考えることができるようになり、ひいては、組織に対するロイヤルティが高まる。


渡辺滉

一芸に秀でた人材を活用したい。多少の欠点はあっても特定分野で有能な人間を引き上げたい。埋もれた人材は大勢いるはずです。


やましたひでこ

「必要か、不要か」「適しているか、適していないか」「快か、不快か」。この3つの基準をクリアしたモノだけが、今のあなたに必要なモノ。「要・適・快」に基づいて選択と決断を重ねることは、思考、感覚、感性を磨くことにもつながります。


林野宏

必要なのは、強い闘争心を持つこと。現代ビジネスは、まさに格闘技。倒すか倒されるかの熾烈な競争を繰り広げるのがビジネス。


谷所健一郎

採用担当者は経営者と一心同体、自社への思いを熱く語れなければ務まりません。仕事で「やらされている」感を漂わせていたら、それが応募者に伝わってしまいます。少なくとも、自社の魅力や入社後の将来像をきちっと捉えていないと、応募者は集まっても内定が出ないか、採用段階で辞退されてしまいます。


和田裕美

最近は、会話が続かないという人がとても多い気がします。相手の表情を読んで、流れの中で、自然に話をすることが苦手な人が多いようです。でも、生まれたばかりの話すことができない赤ちゃんだって、ちゃんとお母さんの表情を読んでコミュニケーションできるんですから、表情を読む力というのは誰もが本来持っている能力なんです。


高萩光紀

私の経験則でいえば、仕事ができる人というのは、多少大雑把でもいいから仕事をとにかく速く仕上げられる人です。最初はミスをしてしまっても、そのうちに要領もつかめてくるようになるものです。


ページの先頭へ