名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三枝富博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三枝富博のプロフィール

三枝富博、さえぐさ・とみひろ。日本の経営者。「イトーヨーカ堂」社長。神奈川県出身。明治大学法学部卒業後、大和証券を経てイトーヨーカ堂に入社。中国法人総経理・董事長、イトーヨーカ堂執行役員中国室長、常務などを経て社長に就任。

三枝富博の名言 一覧

ヨーカ堂が創業以来大事にしてきた経営理念とか、お客様に支持してもらうためにどうするかを愚直に考える。そのほうが会社を強くする。私自身ずっとそうやって働いてきた。


総合スーパーがダメなんじゃない。「欲しいものがない」状況になっているのはなぜなのかを考えよう。


トップのリーダーシップが強ければ強いほど、社員はそれに拘束される。発揮されたリーダーシップを鵜呑みにする状態がずっと続いていたために、現場が創意工夫するという意識が薄れてしまった。


三枝富博の経歴・略歴

三枝富博、さえぐさ・とみひろ。日本の経営者。「イトーヨーカ堂」社長。神奈川県出身。明治大学法学部卒業後、大和証券を経てイトーヨーカ堂に入社。中国法人総経理・董事長、イトーヨーカ堂執行役員中国室長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

田原総一朗

自ら販路を切り開いていく。まさに道なきところに道を作るということ。商売も仕事も人生そのものも、人の通らない道を行くところに醍醐味がある。


玄侑宗久

人間、傲慢になると、自然まで克服してやろうと思うんですよ。でも、長期天気予報さえ当たらない。日本の宗教は、大自然への畏怖や無力感から出発しています。自然を戦うべき敵だとは捉えていませんよね。


伊藤美恵

仕事をするには、ハングリーであることが必須です。野心のない人と話していても、つまらないし、疲れるだけ。


木川眞

変革を実行するのは現場の社員です。「ヤマトは我なり」という小倉(昌男)さんの社是があります。トップの役割は社員に変革を理解してもらい、進めること。つまり、ボタンを押すことです。そのためには社内外に分かりやすい言葉で発信することが大切です。


瀧靖之

何かを続けたいと思ったら、まずは、その習慣化したいことの先にある夢や目標を明確化すること。


奥田陽一

経営統合の成否は、両社の一体感の醸成にあります。そのためにはトップである私の考えや方針を、会社全体に周知徹底させることが欠かせません。それができているのだろうか、自分の発言はきっちりと現場の隅々にまで伝わっているのだろうか。正直、しばしば不安に駆られました。


茂木健一郎

幸せとは、「気付く」ことであると、さまざまな研究結果が示している。自分の人生の中の、ごくあたりまえの恵みに目覚めることが、汲めども尽きぬ幸せの泉となるのだ。


丸山茂樹(プロゴルファー)

アメリカに拠点を移したとき、最初は英語が話せないので、当然外国人選手と会話ができませんとにかく笑顔で明るく皆に接し、積極的にいろんな人のそばにいるように意識しました。「いつも笑っていて面白い奴だ」と仲間が集まり、自分の居場所を確立していった。他の選手の練習方法を観察したり、クラブを見せてもらったりして研究もしました。


澤上篤人

読書では、どんな本を読めということは一切言いません。自分で面白いと思う本を見付けて、そこから次に読む本を見付けていってほしい。私自身、大人になってからの話ですが、投資の世界は戦争だと思ってクラウゼビィッツなど戦史を勉強しました。そこから心理学も大事だと思って心理学の本、さらには哲学書まで広がっていきました。そういうテーマを自分で見付けてほしいですね。


増田順

最近は病院づくりのプロジェクト全体をサポートするように変化しています。相談の入り口は手術室、ICU(集中治療室)などの高濃度治療領域から入るケースが多いんですが、実際に話をしてみると、ドクター・ナースの方々は病院づくりに関わっていく中で様々な課題が表面化し、そのことが消化不良になりながらプロジェクトが進んでしまっているケースが非常に多いことが分かってきました。最近はこのように病院づくりに関わる様々な課題解決こそが自らの事業領域と捉えています。


三ツ井創太郎

現場に入り、店長から話を聞くと一見事実のように聞こえるが、全てフィルターがかかっています。店長は少なからず自己弁護するものです。事実とは違うという認識が必要です。問題は現場に有ると言っても、闇雲に現場に入ればいいというものでもありません。ある程度、数値化したデータや仮説を得てから、本当の課題を洗い出します。


魚谷雅彦

コカコーラの場合は自動販売機を新しい場所に置けばどんどん売れたという時代もありました。しかし、いまでは国内の自販機は250万台とも言われて飽和状態です。最近では、週1回コカ・コーラを飲むというお客様に、週1.5から2回に増やしてもらって売上を伸ばすという考え方に変化してきました。