名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三枝利行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三枝利行のプロフィール

三枝利行、さえぐさ・としゆき。日本の経営者。「東急不動産」社長。東京都出身。青山学院大学卒業後、東急不動産に入社。住宅事業本部第一事業部統括部長、資産活用事業本部ファンド推進部統括部長、執行役員、常務執行役員、インドネシア法人副社長、東急不動産ホールディングス副社長などを経て東急不動産社長に就任。

三枝利行の名言 一覧

常に意識を前に向け、外に目を向けていれば世の中のモノサシが見える。外を見ろ、現実を見ろと、いつもそういう話をしています。


社内のモノサシで物を言われると腹が立ちます。もう時代は変わったんだ、そのモノサシじゃ測れないよって。


ブレイクスルーのためには、外側との付き合いのほうが絶対に大切。


「自ら壁を作らず、先入観を持たず、まずやってみること」。これを社員には繰り返し伝えています。


「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」が私のモットーです。


仕事には厳しく臨みますが、常に難しい顔をしていても幸運は訪れません。明るく楽しく振る舞うことを心掛けています。


東急という名前がすでにブランドになってしまったので、ある意味、仕事の話は外から来るわけですよ。中に籠っているだけでもそれなりに仕事になってしまう。でも、事業を拡大していくためにはやっぱり外に出て、新しい情報に触れるとか、未知の人と出会ったりすることが大切なのです。そういうことをやらないと会社は大きくなっていかないし、組織を革新することもできません。だから、社内のルールをぶち壊せといつも言っているのですけどね。


企業はあらゆることに決裁が必要な世界ですから、何かを変えようと思うと「なぜ変える必要があるのか」というロジックを要求されます。その要求がきついと、前に進みたくてもなかなか進めないのです。そこで僕は、社長に就任するとき「もう鎖はないんだ」と言ったのです。不動産業界はバブル崩壊後の20年間、鎖に繋がれた象だったけれどもう鎖はないんだよと。


とにかく気になった本は買ってしまって自分の近くに置いておく。なかなか本屋に行く時間がないので、海外出張に行く時なんかに両手にいっぱいの本を買って持っていくんです。本を読むといろいろな人の言葉に出会って、それによって自分が動かされるということがありますよね。


不動産というものには、地権者の人生がかかっています。その土地で暮らしている人も、商売をしている人もそうです。その人生を、ある意味で別の人生に変えてしまうわけですから、生半可な考え方で再開発はできません。こちら側に強い信念がなければ、地権者を説得することなんてできないのです。


社内ルールって、メタな(俯瞰的な)視点から見てみると、結構バカバカしいことがまかり通っているケースが多いのです。ですから高い位置から俯瞰したり、グローバルスタンダードを基準にして評価すれば、自分の考えが間違っているかどうかがよくわかります。それをやってみて間違っていないと確信できたら、その信念を頼りに突っ走ればいいんです。


会社は一つの組織なので規範を持つことは大切ですが、物事を前に進めるときは、社内のルールではなくグローバルなルールというか、もっと高い位置からの視点を持って取り組むべきだと思うのです。アクセルは外側の目で踏んで、ブレーキは内側の目で踏むという感じがいいと思いますね。


投資をして大きく儲けるのもそれなりに面白いのですが、投資ってすぐに終わってしまうんですよ。一発儲かったら、その翌日からまた別の投資先を探そうという話になる。それよりもやはり、自分の仕事が目に見えて形になっていく世界のほうが楽しいですね。


お役所に対しては、「そんな画一的な考え方では、新しいことなんてできませんよ!」なんて、けっこう激しく言うこともあります。反対に「いやいやどうもどうも」と下手に出ながらこちらの考えを聞いてもらうこともある。まあ、ケース・バイ・ケースとしか言いようがありませんね。


最も印象に残る仕事の一つが住宅事業本部の部長だった2000年代前半のこと。東京都内の高級マンションのモデルルームで、ドアを開閉する時の音に納得がいかず、モデルルームを取り壊したことがあります。他の社員、販売会社と様々な方にご迷惑をかけましたが、自分が納得いかない仕事には妥協したくありませんでした。


大学時代はスキーのインストラクターをして、年間100日以上はスキー場にいました。スキーは天候、雪質など一つとして同じことがない環境でも、一定の結果を出すことが求められます。不動産開発に通じるものがあり、社会人生活でもどこかでスキーの経験が生きていたようです。


不動産ビジネスの醍醐味はヒト、モノ、コトさまざまなものに興味を持つことが仕事につながっていく点だと思います。興味関心の集積体が形となって現われてくる世界、とでも言えばいいでしょうか。


不動産の有効活用を考えるための引き出しをどれだけたくさん持っているかが勝負になってくるわけです。自分の持っている知恵と知識を総動員して「新しい価値を持った開発」ができたときが、不動産ビジネスの最大の妙味だと思います。


日本の人口が減ることはもちろんマイナス要因ですが、我々の業界にとっては人口のボリュームもさることながら、「人が動く」ことがより重要なのです。人が動き続ける限り、ビジネスチャンスはある。利便性の高い地域に人口が集中するということは、言いかえれば利便性の低い地域から高い地域へ「人が動く」ことに他なりませんから、そこには大きなビジネスチャンスがあるわけです。「人が動く」ことと同時に、「住まい方」の変化も、我々にとっては大きなビジネスチャンスを生むものです。


三枝利行の経歴・略歴

三枝利行、さえぐさ・としゆき。日本の経営者。「東急不動産」社長。東京都出身。青山学院大学卒業後、東急不動産に入社。住宅事業本部第一事業部統括部長、資産活用事業本部ファンド推進部統括部長、執行役員、常務執行役員、インドネシア法人副社長、東急不動産ホールディングス副社長などを経て東急不動産社長に就任。

他の記事も読んでみる

水戸岡鋭治

鉄道が高級リゾートに勝る、などと考えるのは常識外れに思われるかもしれません。ですが、私は「勝てるのではないかと思いました。なぜなら、どんなにすごいホテルであれ、部屋から見える景色はひとつです。それに対して鉄道なら刻一刻と景色が変わっていきますよね。窓に目をやるだけで、映画を観ているように移り変わる風景を楽しむことができる。列車なら雨が降ろうが雪が降ろうが風が吹こうが、最悪の状況すら楽しむこともできます。列車という限られた空間の密度と質を上げるなかで、サービスや食事のレベルを高めることができれば、必ず他のリゾートに勝てると思うようになりました。
【覚え書き|日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」のデザインをしたときを振り返っての発言】


荻田築

事業の基本は「人と商品」。仕事を担う人がしっかりヤル気が出るように、気持ちを引き起こしていくことが大事。


久世由美子

今の日本には国内にとどまっているコーチが少なくありません。国内で強いから外に出る必要はないという考えを取り除き、思い切って海外へ飛び出すことも潜在能力を引き出す手段であることをぜひ知ってほしいですね。


ジェニー・ダロック

イノベーションを生むには、社内の資源を徹底的に見直すことが必要でしょう。イノベーションのカギは社内にあると思います。


田口佳史

社会とは自己と他者から成り立つもの。自己は自分一人で、あとはすべて他者。これは、自己中心になった途端に孤立するということを表しています。自分中心にならないこと。そうすれば社会に出てから協力者がたくさん出てくる。


佐々木かをり

時間管理はまず目の前の、これからする仕事にかかる時間を予測してみることから始めるといいでしょう。たとえば、30分かかるだろうと見当をつけて実際にやってみて、本当に30分で終わったら、それだけでも自分を褒めてあげたくなりますよね。最初は、そんな小さな幸せでもいい。これを繰り返して予測能力が高まってくれば、次はさらに大きな幸せを感じるために、計画を立てて実行するという領域にもチャレンジしたくなっていくものです。


田久保善彦

20~30代は、良くも悪くも様々な「クセ」がつきます。この時期に大事なのは、仕事や人生に役立つ「良いクセ」をつけること。クセ付けができれば、どんなことも楽にできるようになります。


山口真導

売上債権が生まれてから、回収されたり貸倒れたりして消滅するまでの「一生」をキチンと管理することが、キャッシュ・フローを良くするためには必要。


澤上篤人

「投資なんて安く買っておいて高くなったら売る」だけのことだ。投資対象さえしっかり選べば、下落相場を買いにいって悪いことは一つもない。むしろ、投資で成功する王道である。


堀紘一(コンサルタント)

複数の言語を習得すべきかどうか迷う人は多いだろう。そもそも語学に中途半端は禁物だ。そこそこできる程度など、ことビジネスの現場においての活用に限っていえば何の役にも立たない。もし英語がそこそこできるのなら、むしろそちらを深め、「とてもできる」レベルを目指すべきだ。ただし、ビジネスで通じる英語のレベルとなると、最低5万語を覚えなければならない。文法は多少いい加減でも構わないが、このくらいのボキャブラリーがないと十分な意思疎通ができない。


トマス・J・スタンリー

なぜ、アメリカにはこんなに金持ちが少ないのか。年収10万ドル以上稼いでいても、金持ちと言える世帯は少ない。アメリカ人の大半は、明日の金を今日使う。ローンに追われ、稼いでは使い、使っては稼ぐというように、コマネズミのように同じ輪の中をクルクルと走り回っている。ものをふんだんに持っていないと裕福ではないと思い込んでいる。


上野和典

難しい交渉の場面では、「NOと言われない話し方」を意識します。「ここまではいいでしょうか」と、どこまでが合意できるのか、その確認を目標にするのです。結論を急いでYESをもらおうとするから、お互いが「白か黒か」という心理状態になって話が続けられなくなるんです。そうではなく、たとえ繰り返しになってもお互いが了解できる事柄について話をした方がいい。そうすることで、徐々に「何を譲歩すればいいか」が見えてきて、次につながる有益な対話ができるようになるのです。