名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三村起一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三村起一のプロフィール

三村起一、みむら・きいち。日本の経営者。石油資源開発社長、会長。住友鉱業社長。日本の石油開発に尽力した人物。東京出身、宮崎育ち。東京大学法学部卒業後、住友本社に入社。住友伸銅所(のちの住友金属)勤務後、デトロイトのフォード工場に出向し労働者として働き同社の研究を行う。その後、住友伸銅所工場課長、副支配人、別子銅山所長などを務めたのち、太平洋戦争後の財閥解体で住友を退社し、鴨川化工、日本冶金などの経営再建を成し遂げたのち、石油資源開発会社初代社長に就任。そのほか、北スマトラ石油開発会長、石油鉱業連盟会長、日経連理事、産業災害防止対策審議会会長、経団連常任理事なども務めた。

三村起一の名言 一覧

私は「苦進楽慎」という標語を会社の重役に示した。苦しいときこそ万難を排して進もう。楽になったら逆に引き締める。竹内専務と昼食の芋を食いながらこう決意した。
【覚書き|太平洋戦争直後、倒産寸前の鴨川化工社長として同社の経営再建に乗り出した当時を振り返っての発言】


良いことは必ず何年目かに来る。苦しいときに委縮せず無理をしても積極的に準備した者は、いつかはやってくる好況のとき勝ちをしめる。
【覚書き|倒産寸前の鴨川化工の社長を引き受け、経営再建をし始めた当時を振り返っての発言】


数年の歳月は失敗のうちに過ぎた。しかし失敗は成功の母だ。山は生きている。真心を込めて呼べば必ず答える。
【覚書き|別子銅山所長時代、新たな鉱脈を探し、掘りつづけたときの発言。数年間の悪戦苦闘のあと、新鉱脈を発見することに成功した】


私は労務管理に三安定主義を唱えた。地位の安定、生活の安定、および将来の安定がこれである。新工場移転の際は、やむなく老年病弱者の引退を求めたが、とてもつらかった。以来一切解雇はせぬ方針で、その後今日まで35年、苦しいときも手を取り合って犠牲者を出さずに来た。


住友伸銅所(のちの住友金属)での最初の仕事は庶務課だった。私はまず最下級の仕事からやらせてくれるよう希望して出入口の受付に座った。
【覚書き|東大法学部卒業後、住友本社に入社した当時を振り返っての発言】


義母の由は維新の鉄砲弾の中で、15で三村家に嫁いだだけあって元来気丈、一種の女丈夫であった。自分のことを自ら鬼ばばあと称していた。「士(サムライ)の子は金のことなど言うものではない。三村の家は貧乏を宝とする」と義母に清貧主義を吹き込まれた。
【覚書き|生後間もなく養子に出された先の三村家の生活を振り返っての発言】


こんなむごいことがあってよいものだろうか。1日40人からの大小の負傷者を出し、ある年は7名の殉職者を出していた。いったい何事だ。生産は社会のためになるものをつくるのだ。その生産者の生命身体を犠牲にしてもよいのか。災害なき生産こそ真の生産だ。安全生産こそ工場生活の基本である。私はこのときから一生を安全運動に捧げようと堅く胸に刻んだ。
【覚書き|新人時代、工場で機械に巻き込まれ死んだ工員を見たとき、安全管理を徹底しなければと決意した当時を振り返っての発言】


生産は社会のためになるものを作るのだ。生産者の生命身体を犠牲にしてはならぬ。災害なき生産こそ真の生産だ。【覚書き|石油資源開発の初代社長として活躍し、日本の石油鉱業の発展に貢献してきた三村氏が一貫して大切にしてきた哲学を語ったもの。事故が起こらないよう安全運動に力を入れた】


三村起一の経歴・略歴

三村起一、みむら・きいち。日本の経営者。石油資源開発社長、会長。住友鉱業社長。日本の石油開発に尽力した人物。東京出身、宮崎育ち。東京大学法学部卒業後、住友本社に入社。住友伸銅所(のちの住友金属)勤務後、デトロイトのフォード工場に出向し労働者として働き同社の研究を行う。その後、住友伸銅所工場課長、副支配人、別子銅山所長などを務めたのち、太平洋戦争後の財閥解体で住友を退社し、鴨川化工、日本冶金などの経営再建を成し遂げたのち、石油資源開発会社初代社長に就任。そのほか、北スマトラ石油開発会長、石油鉱業連盟会長、日経連理事、産業災害防止対策審議会会長、経団連常任理事なども務めた。

他の記事も読んでみる

大澤孝征

犯罪者に対し「たとえ同じ人間でも到底理解できない」というのは、一般の認識としてはそれが普通です。でも検事の使命は、犯行の事実と背景を明らかにすること。そのために重要なのは、相手の話を聞くときに自分の価値判断を差し挟まないことです。こちらが感情的になって「こいつは絶対に許せない」などとその場で相手を裁いたら、相手にそれが伝わって、本当のことは言わなくなります。でも、こちらが「自分の中にも相手と似た部分があるはずだ」という前提に立てば、相手は「この人は自分を受け入れてくれた」と感じて、真実を話そうとします。


田村潤

成果が上がらず苦しいときは、うまくいっている人を見て、自分の弱い所を補おうとしがちです。でもそれでは自分の最大の強みまでもが薄まってしまう。売りがブレてしまう。


澤田秀雄

お客様は「新しいもの」を求める。これは我々が常に意識しているポイント。


ジェフ・ベゾス

本を読むことに私たちは慣れていますが従来の本を読むという経験は、完璧なものではありませんでした。慣れているがゆえに、欠陥に気づかないのです。一度キンドルを使って、従来の本に戻ると、もどかしく感じるようになります。


中安閑一

世の中には、ほんとうに使いようがないというカスはほとんどない。カスをいかに有用に生かすかが経営成功の秘訣だ。【覚書き:工場廃液、煤塵などの公害対策を研究した過程で得た教訓。廃液などには、まだ使える金属や資源が含まれていることが多い】


小倉昌男

部下に仕事を任せるのは非常に勇気のいることだ。安心して任せることのできる右腕的な部下がいればいいが、現実はそう甘くない。どの部下も頼りなく見えてしまい、つい自分ですべてをやってしまいたくなる人が大半だと思う。だが、それをやっていると、いつまでたっても部下は自分で考えるようにならない。気がつくと決められたことを黙々とこなすだけの人間ばかりが現場で働いていることになってしまう。


戸塚隆将

ドラッカーは「エグゼクティブの目的は成果を上げること」、あるいは「マネジメントの目的は経済的成果を上げること」と定義しています。日本でも1960年代にドラッカーを読み、成果を上げることを意識した経営者は多かったはずです。その意識をもう一回、強く持ち、これまでのやり方を再点検してみてはどうでしょうか。


石井聖子

本来なら一人娘ですから、医師として「石井クリニック」を継ぐことが一番よかったのかもしれませんが、父は「君は君らしく、楽しくやりなさい」と背中を押してくれていました。それを本当に真に受けて、やりたいことをやってきました。


茂木健一郎

根拠なき自信を持つことが大切。子供はこの根拠なき自信を持って成長します。赤ん坊がヨチヨチ歩きを始めるときに「僕できるかな?」なんて思わないですよね。自信なんて根拠がある必要はないんですよ。


森谷弘史

昨年、北米で新型車の部品を生産する際にトラブルが起きました。仕入れ先の生産・納入遅れなど、現場の状況が本社に伝わっていなかったためです。原因を検証し、同様のトラブルを絶対に繰り返さないように対策を練っています。元来「仕事は楽しく」という考えですが、順調な時も、頭の中では最悪のシナリオと対処法を考えるべきだと痛感しました。


豊島逸夫

今回の株暴落でオタオタする人たちには「大事ない! 敵はそなたの心の中にあり!」と一喝したい。


佐藤勝人

フィルムカメラであろうがデジタルカメラであろうが、あるいはそれが「スマホ」に替わろうが、お客さんには関係ない。お客さんは、「想い出をきれいに残す」ためにカメラを買うのであって、突き詰めれば我々も、そのためにこの商売をしている。