三村起一の名言

三村起一のプロフィール

三村起一、みむら・きいち。日本の経営者。石油資源開発社長、会長。住友鉱業社長。日本の石油開発に尽力した人物。東京出身、宮崎育ち。東京大学法学部卒業後、住友本社に入社。住友伸銅所(のちの住友金属)勤務後、デトロイトのフォード工場に出向し労働者として働き同社の研究を行う。その後、住友伸銅所工場課長、副支配人、別子銅山所長などを務めたのち、太平洋戦争後の財閥解体で住友を退社し、鴨川化工、日本冶金などの経営再建を成し遂げたのち、石油資源開発会社初代社長に就任。そのほか、北スマトラ石油開発会長、石油鉱業連盟会長、日経連理事、産業災害防止対策審議会会長、経団連常任理事なども務めた。

三村起一の名言 一覧

私は「苦進楽慎」という標語を会社の重役に示した。苦しいときこそ万難を排して進もう。楽になったら逆に引き締める。竹内専務と昼食の芋を食いながらこう決意した。
【覚書き|太平洋戦争直後、倒産寸前の鴨川化工社長として同社の経営再建に乗り出した当時を振り返っての発言】


良いことは必ず何年目かに来る。苦しいときに委縮せず無理をしても積極的に準備した者は、いつかはやってくる好況のとき勝ちをしめる。
【覚書き|倒産寸前の鴨川化工の社長を引き受け、経営再建をし始めた当時を振り返っての発言】


数年の歳月は失敗のうちに過ぎた。しかし失敗は成功の母だ。山は生きている。真心を込めて呼べば必ず答える。
【覚書き|別子銅山所長時代、新たな鉱脈を探し、掘りつづけたときの発言。数年間の悪戦苦闘のあと、新鉱脈を発見することに成功した】


私は労務管理に三安定主義を唱えた。地位の安定、生活の安定、および将来の安定がこれである。新工場移転の際は、やむなく老年病弱者の引退を求めたが、とてもつらかった。以来一切解雇はせぬ方針で、その後今日まで35年、苦しいときも手を取り合って犠牲者を出さずに来た。


住友伸銅所(のちの住友金属)での最初の仕事は庶務課だった。私はまず最下級の仕事からやらせてくれるよう希望して出入口の受付に座った。
【覚書き|東大法学部卒業後、住友本社に入社した当時を振り返っての発言】


義母の由は維新の鉄砲弾の中で、15で三村家に嫁いだだけあって元来気丈、一種の女丈夫であった。自分のことを自ら鬼ばばあと称していた。「士(サムライ)の子は金のことなど言うものではない。三村の家は貧乏を宝とする」と義母に清貧主義を吹き込まれた。
【覚書き|生後間もなく養子に出された先の三村家の生活を振り返っての発言】


こんなむごいことがあってよいものだろうか。1日40人からの大小の負傷者を出し、ある年は7名の殉職者を出していた。いったい何事だ。生産は社会のためになるものをつくるのだ。その生産者の生命身体を犠牲にしてもよいのか。災害なき生産こそ真の生産だ。安全生産こそ工場生活の基本である。私はこのときから一生を安全運動に捧げようと堅く胸に刻んだ。
【覚書き|新人時代、工場で機械に巻き込まれ死んだ工員を見たとき、安全管理を徹底しなければと決意した当時を振り返っての発言】


生産は社会のためになるものを作るのだ。生産者の生命身体を犠牲にしてはならぬ。災害なき生産こそ真の生産だ。【覚書き|石油資源開発の初代社長として活躍し、日本の石油鉱業の発展に貢献してきた三村氏が一貫して大切にしてきた哲学を語ったもの。事故が起こらないよう安全運動に力を入れた】


三村起一の経歴・略歴

三村起一、みむら・きいち。日本の経営者。石油資源開発社長、会長。住友鉱業社長。日本の石油開発に尽力した人物。東京出身、宮崎育ち。東京大学法学部卒業後、住友本社に入社。住友伸銅所(のちの住友金属)勤務後、デトロイトのフォード工場に出向し労働者として働き同社の研究を行う。その後、住友伸銅所工場課長、副支配人、別子銅山所長などを務めたのち、太平洋戦争後の財閥解体で住友を退社し、鴨川化工、日本冶金などの経営再建を成し遂げたのち、石油資源開発会社初代社長に就任。そのほか、北スマトラ石油開発会長、石油鉱業連盟会長、日経連理事、産業災害防止対策審議会会長、経団連常任理事なども務めた。

他の記事も読んでみる

落合寛司

1人が30人と連携して仕事をすれば、結果的に30倍以上の仕事ができます。組織力ではなく、ネットワーク力で中小企業の経営改善に取り組んでいます。


石渡美奈

社員の平均年齢はグッと若返りました。楽しいと思える仕事に就けるかどうかで人生は変わります。みんなが生き生きできるビジョンを作り上げたい。


魚谷雅彦

いくら短期的に結果を出すことを求められても、「俺が、俺が」で一人の力でやろうとしても、組織は絶対に動いてはくれないものなのです。


周防正行

映画にしたいと切実に思えるテーマに出会える感性がなくなるのでは、という不安はあります。今回も見つかるまで11年かかりました。でも、それはそれでしょうがない。そのときは潔く別の道を探すしかないですね。上手くいってもいかなくてもそれが自分の実力です。死ぬまでそう言える自分でいたいと思います。


後藤亘

既にニューヨークでは、出勤前にニューヨーカーが見ているのは、大手のネットワーク局ではなく、「NY1」という、報道専門のケーブルテレビです。MXとも姉妹局提携して深い交流があります。ネット時代における放送と通信の融合という観点で見れば、仕事の段取りひとつでも学ぶべきところは多い。何より、あちらでは地上波であるとか、CATVだとか、衛星、ネットといった伝送路は全く関係なくなっています。大事なものはコンテンツなんです。


町田勝彦

自分自身、好奇心はもともと強い方だと思っている。しかし、この好奇心こそが、仕事をやっていく上で本物のエネルギーになってくれるのだ。好奇心があれば、柔軟な頭であらゆることに興味が持て、限りない探究心と情熱を持ちつつ仕事に取り組むことができる。


喜久川政樹

過去の成功体験は、大きな力になると思います。たとえば私の例でいうと、若いころ、地権者の方と交渉を重ねて、契約を結ぶことができた。その際には、公害も出ないし、長距離電話の料金を下げられるという公益のことも一人ひとりにていねいに話して、ご理解いただきました。これは、私にとって、ひとつの成功体験であり自信です。


下村朱美

先達の私たちが、働く楽しさをもっと発信していかないといけないですね。女性の側も、家庭に入って食べさせてもらいたいという甘えをなくす必要があります。外の世界には、刺激的な楽しいことがたくさんあるということを知ってほしい。


山口瞳

サラリーマンの余興だけは「負けるが勝ち」が適用されると思う。決してあんなもので勝っちゃいけませんよ。


さだまさし

30代から40代っていう一番の働き盛りのときが一番大変でしたね。コンサートの数も半端じゃなかっただけに、喉を潰して、声が出ない時期もありましたから。それでもお客さんが来続けてくれて。僕はホント、お客さんをはじめ、人に守られていますよ。


田村恵子

いまの教育は褒めて育てるのが主流ですけど、そればかりでは人間は育たないでしょう。


三木谷浩史

人が集れば、物が売れる。売れたら、また人が来る。


マーク・ベニオフ

シリコンバレーの人間は開拓者精神を大事にしています。精神性を重んじる点で、禅僧と似ているのではないでしょうか。アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が成功した理由もここにある。彼は瞑想の中で、開拓者精神を深耕しました。


佐藤康博

経営トップとして、長期的な時間軸で自分が行うべきことを組み立てて、それから中期的に行うこと、短期的に行うこととブレークダウンして考えるようにしています。


是枝伸彦

いつまでも変わらない企業理念や経営方針を持つ一方で、時代に応じて変化するべきところは変化させないといけない。


ページの先頭へ