名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三村庸平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三村庸平のプロフィール

三村庸平、みむら・ようへい。三菱商事社長・会長。慶応義塾大学卒。三菱商事食品部門勤務を経て取締役、米国三菱商事社長などを歴任。その後、本社の社長・会長を務めた経営者

三村庸平の名言 一覧

これは俺が苦労して育てたんだと言える仕事を、一つは残してもらいたい。
【覚書き:三菱商事会長時の発言】


私の哲学は一言で言うと平凡の哲学である。与えられたポジションでいまの時間を大切にしてその中で最善を尽くすということ。志を大きく持つことは大切だが、大志だけを抱いて大言壮語し努力せずというのが一番いけないと思う。


三村庸平の経歴・略歴

三村庸平、みむら・ようへい。三菱商事社長・会長。慶応義塾大学卒。三菱商事食品部門勤務を経て取締役、米国三菱商事社長などを歴任。その後、本社の社長・会長を務めた経営者

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

過去の経験から反対されることは、多分に未来の可能性を秘めているので、実現できたときには、ほかにない新しい価値を生み出せる。だから、成功も大きくなる。


安田善次郎

意志の弱い人は、困難なことや紛糾する事件に遭遇すると、すぐに参ってしまったり、または嫌がったりし、ついに何事も成し遂げることができない。このような人は、結局、奮然たる気力を発揮して事に当たる勇気がないので、終生向上することはできない。


清田瞭

良い事も悪いい事も順番に巡ってくるので過度に悲観したり有頂天になったりする必要はない。良い事が回ってきた時にそれを取り込めるかどうかが大事。


齋藤勇(齊藤勇)

まばたきの回数にも、相手の心理状態が表われます。まばたきが多い人は、「内心動揺していて、落ち着こうとしている状態」。報告に来た部下のまばたきが多かったら、何か隠し事をしているかもしれません。


波戸内啓介

企業と経営幹部をいかにマッチングさせるか、そのためには各々の個性を知ることが重要。面談ではまず相手の人生を振り返り、何をしているときに充実感を覚えるのか、どんな働き方を望んでいるのかなど、時間をかけてじっくり話をお聞きします。そこで価値観を把握しておけば、相応しい企業がわかり、自信をもって提案できます。


陰山英男

留学が難しいなら、外国人の友達をつくって話すようにすればいい。僕も留学生と話すことを積極的にしています。留学生は日本に関心が高いですから、日本のことについてたくさん質問してくる。いい練習になります。


森和夫

零細企業でしたから、ときには取引先から非常に高圧的な対応をされました。悔しさをバネに「いまに見てろ」と思っていました。大手になると力を盾に尊大になる会社は多いですが、取引先やお客様に高飛車になると、相手の中に作らなくてもいい余計な敵対心を生みます。会社が大きくなっていくとき、社員に「謙虚に」「威張るな」と常々言ってきました。


阿部俊則

間違いなく言えることは「当社の強みは価格が安い」ということではありません。私は社員によくこう言っています。「価格営業ではなく、価値営業をしろ」と。つまりブランド戦略です。今、ブランドビジョンとして「スロー&スマート」をキーワードにしています。環境配慮型住宅「グリーンファースト」や、被災地で受け入れられている独自の制震技術の「シーカス」もブランド戦略の中核を占めています。


戸塚隆将

海外のグローバルファームは競争原理が徹底していて、仕事ができる人は周りを蹴落としながら出世していくイメージがあるかもしれませんが、実態は異なります。グローバルファームで評価されるのは、個人の実績よりチームへの貢献を優先する人です。たとえば他部門の人から何か質問や相談が来たときに、「自分には関係ない」と冷たくあしらう人はダメ。時差のあるオフィスからの質問に対しても、自分のことのようにすぐ対応する人が評価されます。個人プレイよりチームプレイが重視されるという点では日本と変わりません。


畠中雅子

「老後資金は最低でも夫婦2人で3000万円、病気や介護に備えるなら1億円は必要」といった数字をよく目にします。3000万円という目標金額は高齢者世帯の平均支出と平均寿命からからはじき出した平均値です。現実には老後資金1000万円でやりくりしている高齢者世帯はたくさんありますし、逆に3000万円以上の老後資金があったとしても、支出が平均以上なら平均寿命までに資金は尽きてしまいます。3000万円ないと老後破綻ということもなければ、3000万円あれば安心老後ということもない。3000万円はそれぞれの老後を考える時の参考値で、あまり意味のある数字ではありません。


楠木建

いま日本では「サムスンに負けるな!」といったたぐいの議論が盛んですが、それは限りなく規模を追求するやり方です。でも、規模の拡大だけでやっていける時代ではありません。日本のような成熟国だと、売上高5兆円の会社が1社あるより、50億円の売上ですごく内容のいい会社が1000あるほうがずっといいと思うんです。


稲盛和夫

イノベーティブなことをやる人は、それはもう好奇心の塊で、探求心の赴くままに研究に没頭し、これまで成し得なかった研究や開発を完成させる。