三村庸平の名言

三村庸平のプロフィール

三村庸平、みむら・ようへい。三菱商事社長・会長。慶応義塾大学卒。三菱商事食品部門勤務を経て取締役、米国三菱商事社長などを歴任。その後、本社の社長・会長を務めた経営者

三村庸平の名言 一覧

これは俺が苦労して育てたんだと言える仕事を、一つは残してもらいたい。
【覚書き:三菱商事会長時の発言】


私の哲学は一言で言うと平凡の哲学である。与えられたポジションでいまの時間を大切にしてその中で最善を尽くすということ。志を大きく持つことは大切だが、大志だけを抱いて大言壮語し努力せずというのが一番いけないと思う。


三村庸平の経歴・略歴

三村庸平、みむら・ようへい。三菱商事社長・会長。慶応義塾大学卒。三菱商事食品部門勤務を経て取締役、米国三菱商事社長などを歴任。その後、本社の社長・会長を務めた経営者

他の記事も読んでみる

唐鎌謙二

苦しくても、常に正直でいる。長い目で見れば、それが仕事で成果を上げる近道。


佐々木常夫

彼ら(出向した先の社員たち)は、私たちの仕事ぶりをシビアに見ていたと思います。出向していた私たちのうち、彼らから信頼を勝ち得た者と、離反された者は半々でした。その分かれ目は志だったと思います。私は、出向するからには「一村産業の再建は、自分のミッションだ!」と決めていました。そのことが彼らの心をつかんだのではないでしょうか。
【覚書き|東レの取引先で倒産寸前だった繊維商社一村産業に出向したときを振り返っての発言】


甲州賢

プロである以上、手ぶらで帰ってきてはいけない。


芦田昭充

かつて日本企業のミドルクラスは、「社長はこういう考えだ」ということを部下に小出しにすることで権威を保っていました。社長との接点があると部下に思わせるだけで、部下はありがたみを感じていたわけです。しかし、こんなミドルは何のバリューも持っていない。一方の社長は雲の上の存在でね、一般社員とはたまにロビーですれ違うだけ。組織形態を変えるのはなかなか難しいですが、私はこういう状況を変えたかったのです。かつて、自分がマネジャー・クラスだった時代に、トップの考え方がなかなか伝わってこないという歯がゆさを感じることが多かったので。
【覚書き|マネジャー・クラスとのミーティングを頻繁に開いている理由について語った言葉】


伊藤助成

他国の手本となる素晴らしい高齢化社会を実現することは、最大の貢献でしょう。
【覚書き:高齢化社会は暗いことばかりではないという見通しを語った時の言葉】


綾辻行人

この歳になると、10代20代のころの自分が、妙にいとおしい。10年ほど前の自分は思い出したくないけど、30年も経てば、恥ずかしかったことも何もかも、寛大に許せてくる(笑)。いまは素直に、20代ぐらいの無邪気だった自分が、いいなぁと思う。


堀之内九一郎

経費削減はバンバンやってますよ。バンバン。最小限の投資で最大限の利益を生み出すのが商売の鉄則。経費を削減するのは当たり前の話。もう、バンバン削ってます。


近藤太香巳

サービス業というのは、笑顔が大切。これは営業の基本だと思うんです。でも、100軒回って99軒帰れコールをされれば、誰でも落ち込みますよね。そこで、僕は右ポケットに鏡、左ポケットに欲しい車の写真を入れて、落ち込みそうになるとそれを見ました。「笑え、笑え、その顔じゃ契約は取れないぞ。この車が欲しいんだろ?」って。それでいつも笑顔を忘れなかったから結果的に一番になれたんだと思います。


弘兼憲史

何かを継続する時、一番の敵が「飽きる」という気持ち。飽きたなと感じたら変化したくなるのが人間ですが、「飽き」を越えてしか得られないものがある。それは周りに与える「安心感」や自分の土台を作る「自信」。


山崎将志

今、リーダーがやらなければいけないことは、会社の中でやったことのないこと、業界の中でやったことがないことをやることだ。


菊入みゆき

人生は、ある時点だけを捉えて断片的に見るものではありません。長い目で見ると、何がその人にとって良いことなのかはわかりません。


鈴木修

富士山のおいしい地下水も、流れが滞り、溜まればボウフラがわく。社長に就任してから、これまで22年の間に内在した影の部分を新社長とともに払拭する。
【覚書き|会長就任時の発言】


ロバート・キヨサキ

あなたのポケットからお金をとっていくばかりで、お金を入れてくれない資産は、本物の「資産」とは呼べない。


大谷將夫

大谷將夫の経営十か条

  1. 経営とは結果がすべてである。
  2. 経営者は「強い思い」と「戦略的思考=長期的・全体的」を持つべきである。
  3. 経営にあたっては「合理主義」と「人間主義」の両輪で行うべきである。
  4. 企業が大切にすべきことは、第一に「お客様」、第二に「社員」、第三に「地域社会」、第四に「株主」と考えたい。
  5. 企業の発展は、社員の創造性の総合力で決まる。
  6. 企業はリスクに挑戦して初めて大きな成果が生まれる。
  7. 管理職以上の人々は、問題解決型人間に育てたい。
  8. 企業は、表の数値「売上」「利益」だけでなく、裏の数値「安全」「品質」「環境」を重視しなければならない。
  9. マネジメント「管理」とは、数量・内容のチェックだけではなく、目標達成策を考えて管理することである。
  10. 企業は、利益を上げ納税することが、最も社会貢献できることである。

奥井規晶

やらなくてはいけないと思う仕事が仮に100あったとしても、最終的には3つに絞ることができるはずです。その3つを選び取るには、クライアントや上司など、仕事相手の求めているものを的確につかみ取ることが不可欠です。相手が「So What?(要するにどういうこと?)」と尋ねてきたと仮定して、その問いへの答えを出すべく熟考すれば、自分がすべきことが見えてくるでしょう。


ページの先頭へ