名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三村孝仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三村孝仁のプロフィール

三村孝仁、みむら・たかよし。日本の経営者。「テルモ」会長。大阪府出身。関西大学社会学部卒業後、テルモに入社。執行役員、取締役、常務、中国総代表、専務などを経て会長に就任。

三村孝仁の名言 一覧

55歳で中国の巨大市場の本格開拓を任せられました。もちろん最初は右も左も分かりません。業種に関係なく、いろいろな人にひたすら話を聞きました。そこでとても大きな気づきを得ました。


何事も正面から向き合うことが大事です。相手は中国人で自分たちは日本人だからと遠慮しすぎない。叱るべき時はきちんと叱る。同じ人間だから分かってくれます。中国時代の部下たちは今では幹部に育っています。


日中関係は非常に難しいが、それを意識しすぎると大胆な手が打てない。中国は反日的といわれますが、日本で喧伝されているほどではありません。現地の対日感情はあまり意識せずに前に進むことを決めました。


重視したのが、テルモや日本の文化を理解して、高いロイヤルティを持つ人財を育ててリーダーにすること。採用した中国人社員には、当社の理念を繰り返し伝えました。「みなさんのカルチャーはリスペクトします。でもテルモが何を大事にして、何をやろうとしているのかをきちんと理解してほしい」。対話を繰り返すことでお互いの信頼感と一体感が高まります。


中国人を信じて任せる。重視したのは「現地化」の徹底です。現地出身のリーダーに経営に参画してもらえば、中国に合わせた市場開拓を加速できる。何もかも日本から持っていって、意思決定も日本の本社が下し、傀儡(かいらい)のような中国人がやる形では決して成功しない。そう考えて、現地出身の幹部に、地域ごとに最適な戦略を考えてもらい、中期計画の策定にも関与してもらうようにしていきました。


三村孝仁の経歴・略歴

三村孝仁、みむら・たかよし。日本の経営者。「テルモ」会長。大阪府出身。関西大学社会学部卒業後、テルモに入社。執行役員、取締役、常務、中国総代表、専務などを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

堀地速男

お客が喜び、納得する商品、サービスがあってこそ利益が生まれる。


東英弥

事業構想に取り組んでいますと「社会の一翼を担う」という理念がなければならないということを痛感します。企業は理念に基づき広報活動を行う必要があります。


望月広愛

他社が簡単にはマネできない組織の風土で差別化を図ることです。
【覚書き|成熟した外食産業で差別化を図るにはどうしたらいいかという問いに対して答えた発言】


高田明(ジャパネットたかた)

マーケティングの言うところの数字は過去の情報でしかありません。それを参考にするけれども、動いている数字をどう捉えるかが重要です。


中村史朗

USENは過去数年にわたり経営的に難しい時期がありました。私に課された命題は「USENをいかに再生するか」この一点にあります。


柳井正

店長は働いている人すべての生活や、その人にとってのメリットを考えてあげなくてはならない。大学を出て店長という役職を得て、すぐに権力を使ってやろうという人は傲慢そのものだと思う。「おまえのことはいつでもクビにできるんだぞ」といった素振りを見せる。そんな人間は最悪でしょう。店長は謙虚でなくてはならない。従業員には年上の人も多い。社員、アルバイト、パートを問わず、ちゃんと「さん」付けで呼ぶのは当然のことです。謙虚な人でないと、店舗運営はできません。


佐藤優

ライフプランをしっかり立てることが大切。生涯に必要になるお金、入ってくるお金をしっかり計算し、どういう生活をしていくか計画を立てる。そうでないと、経済的に破たんしたり、お金がないことでチャンスや機会を逃したりしてしまうことにもつながりかねない。


藤原弘治

様々な業態が金融ビジネスに入ってくる中、銀行は免許業種であり、社会インフラですから、いかなる状況であっても強くて、頼りがいのある存在であるべきです。経済の血脈としての中心的役割を果たし、かつ、これまでの金融仲介など伝統的な機能に加えて、情報仲介、ビジネス創出、個人のお客様に対するコンサルティングなど、新たな非伝統的な機能が、よりクローズアップされる。それによって世の中に尽くし、社会的使命を全うすることが大事です。


小笹芳央

私が知っている有能な経営者やリーダーのほとんどが若い頃から「上にいきたい」「偉くなりたい」という「野心」を胸に抱き、さまざまな局面で勝負をし、自己精進に励んできた人ばかり。その姿はアスリートとよく似ています。プロのスポーツ選手が常に「勝ち」にこだわって勝負に挑んでいるのと同じように、高みを目指しているビジネスパーソンは勝負師のスタンスを持っています。それが「偉くなりたい」という気持ちの表れだとも言えます。


上田準二

コンビニは365日、24時間営業です。一日として平穏無事な日はありません。事件や事故、トラブルは時間と場所を選ばずに発生します。顧客が見えない世界では、その場その場で結論を出していかざるをえません。問題が発生したら即解決することを加盟店は求めます。加盟店はFC(フランチャイズ)本部にロイヤリティを払っていますから、なおさらです。


大塚寿

大きな案件になれはなるほど、上司は責任が怖いんです。自分がゴーサインを出し、仮に失敗となれば、自分の責任になってしまいますからね。大きな判断を上司に丸投げするのをやめ、判断しやすいサイズに小分けにすると、決断の重みが減り、結果的に、早く承認が取れるようになります。


太田剛

普通、飲食店はリニューアルすると売上げが伸びるもの。でも、HUBの場合は「もしかしたら売上げが落ちるかも」と考えなければいけない。以前、ある店舗を全面リニューアルすると、常連さんに叱られました。「あの傷だらけのテーブルはどうしたんだ!?」と。それ以来、椅子、テーブル、カウンターなど、お客様が触れることができるものはなるべく長く使い続けるようにしていますし、リニューアルする場合も、古いテーブルを修理して新店に持ち込むようにしました。