名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三村孝仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三村孝仁のプロフィール

三村孝仁、みむら・たかよし。日本の経営者。「テルモ」会長。大阪府出身。関西大学社会学部卒業後、テルモに入社。執行役員、取締役、常務、中国総代表、専務などを経て会長に就任。

三村孝仁の名言 一覧

55歳で中国の巨大市場の本格開拓を任せられました。もちろん最初は右も左も分かりません。業種に関係なく、いろいろな人にひたすら話を聞きました。そこでとても大きな気づきを得ました。


何事も正面から向き合うことが大事です。相手は中国人で自分たちは日本人だからと遠慮しすぎない。叱るべき時はきちんと叱る。同じ人間だから分かってくれます。中国時代の部下たちは今では幹部に育っています。


日中関係は非常に難しいが、それを意識しすぎると大胆な手が打てない。中国は反日的といわれますが、日本で喧伝されているほどではありません。現地の対日感情はあまり意識せずに前に進むことを決めました。


重視したのが、テルモや日本の文化を理解して、高いロイヤルティを持つ人財を育ててリーダーにすること。採用した中国人社員には、当社の理念を繰り返し伝えました。「みなさんのカルチャーはリスペクトします。でもテルモが何を大事にして、何をやろうとしているのかをきちんと理解してほしい」。対話を繰り返すことでお互いの信頼感と一体感が高まります。


中国人を信じて任せる。重視したのは「現地化」の徹底です。現地出身のリーダーに経営に参画してもらえば、中国に合わせた市場開拓を加速できる。何もかも日本から持っていって、意思決定も日本の本社が下し、傀儡(かいらい)のような中国人がやる形では決して成功しない。そう考えて、現地出身の幹部に、地域ごとに最適な戦略を考えてもらい、中期計画の策定にも関与してもらうようにしていきました。


三村孝仁の経歴・略歴

三村孝仁、みむら・たかよし。日本の経営者。「テルモ」会長。大阪府出身。関西大学社会学部卒業後、テルモに入社。執行役員、取締役、常務、中国総代表、専務などを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

佐藤優

じつは上司は、イレギュラーな仕事ほど部下がどうこなすかを見ている。本来の自分の仕事は誰でも緊張感を持って真剣に取り組む。でも急な用事や雑用を嫌がらずこなしてくれる部下こそ上司は信頼するんです。


深沢真太郎

数字や数式は、細かくすれば、するほど、教えてくれることがたくさんあります。普段から「この数字は何と何の掛け算になっているだろう」と考えることが、数字の因数分解に慣れるトレーニングになります。


浦沢直樹

誰かが描いたものは、もう自分が描く意味がないので、せっかくこの白い紙に何かを描くんだったら、まだ誰も描いたことがないものを描きたいという願望はある。


戸塚隆将

ひとつひとつの仕事で成果を出すには、事前にきちんと準備をすることが不可欠です。頭ではわかっていても、これができない人が多い。しかし、それを地道に積み重ねることができる人こそ、一流のビジネスパーソンと言えます。


大前研一

やる前から「無理だ」「できない」と言っていたら問題解決はできない。すべての問題は解決できる。そう強く信じることが問題解決の第一歩だ。


米濱和英(米浜和英)

新たに生まれ変わらなければ、後がない。


秋山ゆかり(コンサルタント)

語学は学習時間の蓄積で決まる。無理なく学習を続けるために、教材は自分が好きで飽きない内容のものを探しましょう。


坂本孝

景気の波に影響されるタクシー業界でも、本当に稼いでいる人は、売上げの落ち込みを不況のせいにして片づけません。どうすれば売上げを増やせるかを真剣に考え、自助努力しています。たとえば、新宿の歌舞伎町なら長めの距離で利用する客が多いだろうと考えて、歌舞伎町で待機する。歌舞伎町から銀座へ客を送り届けたあとも、また歌舞伎町に戻って次の客を待つ。そうやって客の心理を推測して行動する人は、ほかの運転手の2倍は稼いでいます。


柳井正

創業者は絶対に引退できないんですね。引退できないけど、迷惑をかけないことだけは気を付けないといけない。だから創業者は自分を引き継いでくれるチームと、そのリーダーを任命しないといけない。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

逆境に陥ったりすると、自分ブランドが揺らいでしまうことがよくある。会社や商品であれば、閉塞状態を打開するためにリニューアルをする場合があるよね。そのときに、安易にコンセプトやネーミングを変えたケースは、ほとんど信用を失っている。一方、リニューアルで信用を取り戻したケースは、コンセプトがブレていないんだ。


古市忠夫

ボランティア活動は、人のために「やってやっている」という気持ちでは絶対に続きません。逆に「させていただいている」の気持ちがあれば、「いただいている」の文字どおり、たくさん得るものや発見がある。また素晴らしい仲間を得ることもできました。


熊坂隆光

いまのキャッチコピーは「産経新聞があってよかった」です。これは読者の方の率直な感想でもあります。今日の政治状況や大震災後の日本など、今の日本が置かれた状況下で、どの新聞を読むべきか、何に論拠を求めたらいいのかという時代に「産経新聞があってよかった」という読者の率直な感想から、こういうキャッチコピーにしたんです。