名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

三村マサカズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三村マサカズのプロフィール

三村マサカズ、みむら・まさかず。日本のお笑い芸人。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

三村マサカズの名言 一覧

毎日、何かを吸収したいんですね。自分の才能は並だと思っているので、常に努力していないと、ほかのヤツに抜かれるという危機感をいつも持っています。心配性なんですよ。


俺ら「7割仕上がったら本番」みたいな感じのコンビだよね。「気持ちが大事」っていうネタなんて、あまりにもセリフが覚えられなかったから「覚えられない部分を削る」っていう作戦で強引に完成させたもんな。


テレビ番組は、プロデューサーやディレクターがいて、みんなで作っていますけど、単独ライブは1から10まで自分たちに責任がある。2人が面白いと思ったものがどれくらい伝わるのかを、純粋に試せる場って、ライブしかないんですよ。


仕事がない時はあえてライブをします。ネタを作って自分の脳を磨いていけば、ちょっと安心できるんです。レベルアップしたから新しい仕事が来るはず、って思えますからね。


次のライブをやるときは、俺はもう50歳。こうやって単独ライブをやり続けているから、お笑い芸人に必要な「面白脳」が衰えずに済んでいると思う。将来的には、歳をとったからこそ、小学生役とかやってみたいね。志村けんさんみたいに。


30代の頃の僕は、ガツガツしていて、仕事がうまくいかなかった覚えがありますね。ツッコミはオレにやらせろみたいな感じで、すごいグイグイ前に出ていく時期がありました。あとから見ると、自分自身ですら笑えないんです。


僕も現場は楽しいですけど、正直疲れることは疲れます。疲れが溜まれば、知らないうちに表情が強張るかもしれません。だから、僕は番組に向かう前に、その現場での楽しみを1個想像するんです。「久々にあの人と会えるな」とか「あんな可愛い子と一緒に仕事だ」とかね。どんな小さなことでも楽しみを見つける。お笑いの現場で不機嫌な顔なんて映る側としてダメですから。


30代はウケようと頑張れば頑張るほど、ムリしている感じになっていた。ある時、カミさんに「緊張していると面白くないよ」と言われて、気づきました。大雑把なタイプに見られるけど、すっごい緊張しやすいんですよ。


三村マサカズの経歴・略歴

三村マサカズ、みむら・まさかず。日本のお笑い芸人。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

小泉文明

たえず変化するビジネスでは「100点満点」という発想は存在しないはず。ビジネスで生き残れる条件は、「いつも可変であること」。常に最適に変化できる態勢の方が、結果的にゴールに早く近づける。


吉冨学

苦境に陥ったとき、本から多くの学びをえるとともに、奮起するパワーをもらい、精神的にも助けられた。本はその気になれば、いつでも出会える。


岩倉昌弘

かつてのように不振事業を他の事業が支え続けるような経営構造は良くない。各事業が自立して競争力を持たなくてはなりません。それができないときは、事業を存続すること自体にこだわる必要はないと考えています。


家入一真

逃げるといっても、何でも放り出せばいいといっている訳ではありません。ただ、「本当はほかにやりたいことがあるのに」と思いながら、後ろ向きの気持ちで仕事をすることに、どれだけの意味があるのでしょうか。


樋口廣太郎

プロダクトアウトからマーケットインへ。そういった考えを現実のものにしていくためには、常にお客様の声に耳をそばだて、それを謙虚に聞き入れるという企業風土が必要になるでしょう。それにはまず、社員のみんなが礼儀正しく、常に低い姿勢を保つ必要があると私は考えています。そこで私は社員のみんなに、日々の仕事の中で「私も含めて皆さんが礼儀正しい社員になろう。そして常にお客様の声を聴かせていただいて、それを商品づくりに生かしていこう」と訴え続けてきました。


香藤繁常

私が常々、社員に問いかけているのは「もし、あなたが社長で、資金を投じるとなったら、リスクを覚悟で、その事業をやるか?」ということである。つまり会社全体を俯瞰し、経営者マインドを持って、日々の仕事に取り組んでもらいたいのである。その際、みずからが所属するセクションの部門最適を優先したのでは、会社の全体最適とはならない。


安永竜夫

旧来の商社の役割は、井戸を掘って終わりだった。これからは井戸を掘るだけではなくて、井戸の運営もしなければならない。


樺島弘明

どの企業も人材不足で困っておられます。それを解消するためにアサインナビという子会社を設立し、課題を持つ企業と、解決手段を持つ企業・個人をマッチングさせるためのプラットフォームをつくりました。現在、IT業界を中心に2800社、2800名の人材に活用していただいており、毎月1000以上のマッチングが行われています。


前澤友作

僕は必ずしも経済的な成長だけが正解だとは思えない。経済成長を追うあまり、社内から不平不満や犠牲が出てしまうようではいけない。


金井英之

会話がとまったら周囲にあるものを見て、そこから話題を引き出すとよいでしょう。それには、観察力を働かせることが重要です。一般的に女性はファッションから街の様子まで、様々なものに興味を持ち、観察力に優れています。それに対して、男性は周囲に対して鈍い傾向があります。忙しい毎日の中で、何から何まで観察力を働かせるのは大変ですが、自分が関心のあるものだけでも、よく観察していると、とっさのときに話題にすることができます。


佐藤優

誤解してはいけないのは、単に「教えてほしい」と甘えるだけではダメだということ。優秀な人ほど忙しい。相手の貴重な時間を奪うことになる。相手から見て「こいつは面白そうだ」と期待を抱かせるくらいのものがなければいけません。結局のところ、相手から引き出すには、自分自身が相応のレベルになっていなければいけない。そのためには、たくさん本を読むこと、たくさんの人とつき合い、引き出しを多く持つことが大事。


高田明(ジャパネットたかた)

この歳になってサッカーという、新たなスポーツ・ビジネスと出会うとは。幸せというか、いい勉強させてもらってますよ。これまでの仕事とは違う、いろんな刺激と課題を与えられて。