名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三村マサカズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三村マサカズのプロフィール

三村マサカズ、みむら・まさかず。日本のお笑い芸人。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

三村マサカズの名言 一覧

毎日、何かを吸収したいんですね。自分の才能は並だと思っているので、常に努力していないと、ほかのヤツに抜かれるという危機感をいつも持っています。心配性なんですよ。


俺ら「7割仕上がったら本番」みたいな感じのコンビだよね。「気持ちが大事」っていうネタなんて、あまりにもセリフが覚えられなかったから「覚えられない部分を削る」っていう作戦で強引に完成させたもんな。


テレビ番組は、プロデューサーやディレクターがいて、みんなで作っていますけど、単独ライブは1から10まで自分たちに責任がある。2人が面白いと思ったものがどれくらい伝わるのかを、純粋に試せる場って、ライブしかないんですよ。


仕事がない時はあえてライブをします。ネタを作って自分の脳を磨いていけば、ちょっと安心できるんです。レベルアップしたから新しい仕事が来るはず、って思えますからね。


次のライブをやるときは、俺はもう50歳。こうやって単独ライブをやり続けているから、お笑い芸人に必要な「面白脳」が衰えずに済んでいると思う。将来的には、歳をとったからこそ、小学生役とかやってみたいね。志村けんさんみたいに。


30代の頃の僕は、ガツガツしていて、仕事がうまくいかなかった覚えがありますね。ツッコミはオレにやらせろみたいな感じで、すごいグイグイ前に出ていく時期がありました。あとから見ると、自分自身ですら笑えないんです。


僕も現場は楽しいですけど、正直疲れることは疲れます。疲れが溜まれば、知らないうちに表情が強張るかもしれません。だから、僕は番組に向かう前に、その現場での楽しみを1個想像するんです。「久々にあの人と会えるな」とか「あんな可愛い子と一緒に仕事だ」とかね。どんな小さなことでも楽しみを見つける。お笑いの現場で不機嫌な顔なんて映る側としてダメですから。


30代はウケようと頑張れば頑張るほど、ムリしている感じになっていた。ある時、カミさんに「緊張していると面白くないよ」と言われて、気づきました。大雑把なタイプに見られるけど、すっごい緊張しやすいんですよ。


三村マサカズの経歴・略歴

三村マサカズ、みむら・まさかず。日本のお笑い芸人。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

川野幸夫

当社の事業継承は行き当たりばったりではなく、周到に準備してきた継承プランを実施したものだ。大学の同級生に経営企画室長に入ってもらって、私と弟の3人で計画をつくった。彼は銀行を退職後に入社した優秀な人物だ。このように親族だけでない、客観的な視点を入れることが大切だ。後継者の能力や交代時期などを冷静に評価してもらった。


酒巻久

もしその判断が間違っていたとしても、失敗から学んだことをまたメモ帳に書き込めばいい。こうしたことを繰り返すことで、問題に対する素早い決断と行動が可能になるのです。


猪瀬直樹

普段の仕事においても、納期までに仕事を終わらせたり、期日までに物事を決めたりするには集中力が必要です。徹夜してでも、「今晩中にやっておかないとマズイ」という状況もあるでしょう。何事も結果がすべて。それに向けて集中すれば、おのずと心の乱れは消えていく気がします。


片岡鶴太郎

初めてボクシングジムに足を踏み入れた時は、周りの目も冷たかったように思います。「なんで、お前なんかが来るんだよ」っていう雰囲気で。実際、縄跳びをしても30秒で息が上がりましたから。でも、やるからには本気でプロのライセンスを取ろうと。1年で10キロぐらい体重を落としたのかな。そうなると周りの目も変わってきて、33歳でライセンスも取得できたんです。そういう意味でも、30代は本当に充実しきった10年だったんじゃないでしょうか。


安永竜夫

私が最近心配しているのは、昨今、当社が手掛ける個々の案件の規模が大きくなってきているということです。どういうことかというと、昔は30代くらいでいっぱしのプロジェクトマネージャーを名乗っていて、私も30代の頃は若い部下を何人か引き連れて交渉団の団長としてビジネスを切り盛りしていました。ところが、最近では案件の規模が大きくなり、プロジェクトマネージャーが課長になり、部長になり、下手をすると本部長が出ていかないといけなくなる。そうすると若い人たちは必然的に断片的な仕事しか担当できなくなるわけです。商社にとって投資は物流と並んで、若い人たちを鍛える場ですが、エクスポージャーが巨大な仕事を若い人にむやみに任せるわけにもいかない。そういう意味でも、非資源分野の案件は資源分野よりも規模感が小さいので、若い人にチャレンジできる素地があります。若い人が失敗を恐れずにチャレンジする風土をつくっていく必要がある。


伊藤友則

過去には本田宗一郎や松下幸之助など優れた経営者もいたが、彼らは天才だ。普通のビジネスマンが強い経営者になるには教育をしっかり受けなければならない。


島津義久

家の造りを立派にすることは、古の賢王が堅く禁じたところである。


吉田たかよし

新しい企画や商品を開発するといったクリエイティブな仕事は、「楽しみ」が動機になると効率が上がります。「あと一時間で企画を5本考えなくては」などといったプレッシャーがあると「恐怖」が動機になってしまい、数はあっても凡庸なアイデアしか浮かばなくなってしまいます。ですから、斬新なアイデアが必要な場合は、締め切りに惑わされないように、とにかく早く着手することです。ゆったりとした気分で頭を自由に働かせることが、クリエイティブな発想には必要なのです。


小笹芳央

どこでも通用するスキルのひとつ目は「対課題」のスキル。問題解決やアイデア創出に欠かせないものです。二つ目は「対人」のスキル、つまりコミュニケーション力です。そして三つ目は「対自分」のスキル。セルフコントロールの力、忍耐力、決断力、瞬発力、持続力などが対自分のスキルに当たります。


マーク・ベニオフ

私も毎日のように失敗していますよ。全ての場面で勝つことはできません。でも負けるよりも多く勝てば、成功者になれる。


ハロルド・ジェニーン

どんな会社でも、経営者の基本的な仕事は経営することである。私は職業経歴を通じて、何百回、何千回となくそのことを強調してきた。経営者は意志決定を行い、それらの決定が遂行されるようにすることによって経営する。そして経営者がそれに成功する唯一の道は、会社に影響を及ぼすあらゆる状況に関する事実を完全に把握することだ。


マイケル・ガーバー

事業を立ち上げる唯一の理由は、それを売ることだ。