三村マサカズの名言

三村マサカズのプロフィール

三村マサカズ、みむら・まさかず。日本のお笑い芸人。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

三村マサカズの名言 一覧

毎日、何かを吸収したいんですね。自分の才能は並だと思っているので、常に努力していないと、ほかのヤツに抜かれるという危機感をいつも持っています。心配性なんですよ。

三村マサカズの名言|毎日、何かを吸収したい

俺ら「7割仕上がったら本番」みたいな感じのコンビだよね。「気持ちが大事」っていうネタなんて、あまりにもセリフが覚えられなかったから「覚えられない部分を削る」っていう作戦で強引に完成させたもんな。

三村マサカズの名言|7割仕上がったら本番

テレビ番組は、プロデューサーやディレクターがいて、みんなで作っていますけど、単独ライブは1から10まで自分たちに責任がある。2人が面白いと思ったものがどれくらい伝わるのかを、純粋に試せる場って、ライブしかないんですよ。

三村マサカズの名言|自分の力を純粋に試せる場をもつ

仕事がない時はあえてライブをします。ネタを作って自分の脳を磨いていけば、ちょっと安心できるんです。レベルアップしたから新しい仕事が来るはず、って思えますからね。

三村マサカズの名言|不安なときは動く

次のライブをやるときは、俺はもう50歳。こうやって単独ライブをやり続けているから、お笑い芸人に必要な「面白脳」が衰えずに済んでいると思う。将来的には、歳をとったからこそ、小学生役とかやってみたいね。志村けんさんみたいに。

三村マサカズの名言|単独ライブをやり続けているから、お笑い芸人に必要な「面白脳」が衰えずに済んでいると思う

30代の頃の僕は、ガツガツしていて、仕事がうまくいかなかった覚えがありますね。ツッコミはオレにやらせろみたいな感じで、すごいグイグイ前に出ていく時期がありました。あとから見ると、自分自身ですら笑えないんです。

三村マサカズの名言|ガツガツしていて、仕事がうまくいかなかった

僕も現場は楽しいですけど、正直疲れることは疲れます。疲れが溜まれば、知らないうちに表情が強張るかもしれません。だから、僕は番組に向かう前に、その現場での楽しみを1個想像するんです。「久々にあの人と会えるな」とか「あんな可愛い子と一緒に仕事だ」とかね。どんな小さなことでも楽しみを見つける。お笑いの現場で不機嫌な顔なんて映る側としてダメですから。

三村マサカズの名言|どんな小さなことでも楽しみを見つける

30代はウケようと頑張れば頑張るほど、ムリしている感じになっていた。ある時、カミさんに「緊張していると面白くないよ」と言われて、気づきました。大雑把なタイプに見られるけど、すっごい緊張しやすいんですよ。

三村マサカズの名言|頑張れば頑張るほど、ムリしている感じになっていた

三村マサカズの経歴・略歴

三村マサカズ、みむら・まさかず。日本のお笑い芸人。東京都出身。お笑いコンビ「バカルディ(のちの、さまぁ~ず)」を結成。バラエティ番組などで活躍。

ページの先頭へ