名言DB

9412 人 / 110637 名言

三木清の名言

twitter Facebook はてブ

三木清のプロフィール

三木清、みき・きよし。京都学派を代表する哲学者。京都帝国大学で西田幾多郎に教えを受けたのちドイツに留学。ハイデルベルク大学でハインリヒ・リッケルト、マールブルク大学でハイデッガーの教えを受ける。帰国後、法政大学教授を務めた。

三木清の名言 一覧

習慣を自由になし得る者は人生において多くのことをなし得る。習慣は技術的なものである故に自由にすることができる。


幸福について考えることはすでにひとつの、おそらく最大の、不幸の兆しであると言われるかもしれない。


この世界において行為することによって人間は自己を知りうる。


人は軽蔑されたと感じたとき最もよく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない。


希望を持つことはやがて失望することである。だから失望の苦しみを味わいたくない者ははじめから希望を持たないのがよいと言われる。しかしながら、失われる希望というものは希望でなく、かえって期待というごときものである。個々の内容の希望は失われることが多いであろう。しかも決して失われることのないものが本来の希望なのである。


三木清の経歴・略歴

三木清、みき・きよし。京都学派を代表する哲学者。京都帝国大学で西田幾多郎に教えを受けたのちドイツに留学。ハイデルベルク大学でハインリヒ・リッケルト、マールブルク大学でハイデッガーの教えを受ける。帰国後、法政大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる

中込純

電話番なんていらない。これが私の信条です。人口が減少に転じる中で、コールセンターは取引先企業と消費者をつなぐ電話番だけでは勝ち残れません。保険・証券、通信販売、製造業……。様々な業種を対象に、電話で注文を受けて商品を提供するところまで手掛けたり、時には消費者から届くご意見を分析したりと、取引先企業の右腕になってこそ本領発揮です。


浜島俊哉

振り返ると、やはりハードワークをしなければ、人は絶対に一人前にならないと思います。ただ、いまは会社も大きくなり、環境も変わり、声高々と言えないジレンマは感じています。それでも、人が成長するときの原点は変わらない。スポーツ選手が心肺に負荷をかけて、運動量に耐えうるだけの血流を作るように、ぶっ倒れる寸前までいかないと強くならない。


木川眞

公共性の高いプラットフォームビジネスは、サービス単体ではなく、仕組み全体で採算を合わせていくことが大切です。住民や自治体、企業から薄く広く、長く対価をいただき、プラットフォーム全体で利益をあげる。適正利益にとどめれば、プラットフォームはより使いやすく、浸透しやすくなります。


森下篤史

簡単に自己肯定が大事とはいいたくない。若い人で、すぐ「わかってくれるお客さんがいない」とか、「会社が理解してくれない」とか、人のせいにする奴がいます。ああいう「負の自己肯定」になってはいけません。


和田裕美

今回、初めて「日めくり」という商品を作りました。メッセージを1つずつ記した紙を31日分綴じたものです。1日1枚ずつめくって、メッセージを読んでいただけたらいいなと思っています。出版社さんにこの企画を打診した時は、「日めくりはあまり売れないんですよね」と渋いお返事でした。けれど、どうしても作りたいという思いがあって、何度も何度も説得して実現に漕ぎ着けました。実は私の回りに、今年、いくつかの大変なことに見舞われて、心を前に向けることができなくなってしまった人がいました。その人を見て、「人は本当に辛い時は、字がたくさん詰まっている本を読む気にはならないかもしれない。ならば、短い言葉で元気が与えられるものを作れないだろうか。日めくりにすれば、毎日1つずつメッセージが目に飛び込んでくるから、きっと読んでもらえるはずだ」と考えたのです。世の中には素晴らしい格言がたくさんありますから、私の言葉を読んで元気になるきっかけに……なんて厚かましいとは思います。でも、私には、話すことと書くことしかできない。だから、思いを込めて作りました。


飯島彰己

変化が加速する中で、とにかく重視するのは機敏さ。社員一人一人がリーダーとして、目の前の変化に瞬時に対応できる体制をつくる。若いうちから現場に出していろいろな経験を積ませる。


胡厚崑(ケン・フー)

ICT(情報通信技術)の業界は変化が激しく、しかも速い。そのため複数の人間が意思決定に携わるのがふさわしい。


二宮雅也

損保ジャパンと日本興亜の合併後の人事は、出身会社に関係なく、人物本位の明確な評価基準を打ち出して一体化を進めていった。透明性を持った形でやってきたので、社員の中にそれほど不安は生じていない。


宗岡正二

定性的に「おまえのところは少し成績が悪い」」という話ではなく、全部の工場を工程別に技術指標など言い訳の余地のない物差しで並べるんです。「俺の城だ」とか「俺のやり方が正しいんだ」とか、そういう情緒的なやり方ではダメなんです。現場の人間まで意識改革しなければなりませんから時間はかかりますが、必ず全体の底上げになる。


天野平八郎

職業人としてどう生きるかということでは、40代はこれまでの経験を体系的に整理する年代。そのうえで、いよいよ責任あるポジションを任される50代から60代までは、男が成年の色気と体力を持って行動することができる充実の年代と言えましょうか。


本郷陽二

時間がないと嘆く人には、「1人で仕事を抱える」「段取りが悪い」「時間をかければ完成度が高くなると思い込む」という共通点が見られる。


西岡務

仮説を立て、課題を先取りし、実際にオーダーが出る前に製品を提案する。この繰り返しが日東電工の長期的な成長を支えてきた。


斉藤惇

日立製作所の中西宏明さんや、東原敏昭さんといった方々の経営を見ていると、本当は社外取締役など必要ないと思うんです。驕ってはいけないということを、あの方々自身が認識されていますからね。ですが、そんな会社でも社外取締役制度を導入するところに素晴らしさがあるんです。


ミシェル・オバマ

恐れないで、目的意識を持って、決然とした姿勢で、自立し、模範を示してください。希望を持って、決して恐れずに。


アルフレッド・アドラー

強がりはコンプレックスの裏返し。