名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三木清の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三木清のプロフィール

三木清、みき・きよし。京都学派を代表する哲学者。京都帝国大学で西田幾多郎に教えを受けたのちドイツに留学。ハイデルベルク大学でハインリヒ・リッケルト、マールブルク大学でハイデッガーの教えを受ける。帰国後、法政大学教授を務めた。

三木清の名言 一覧

習慣を自由になし得る者は人生において多くのことをなし得る。習慣は技術的なものである故に自由にすることができる。


幸福について考えることはすでにひとつの、おそらく最大の、不幸の兆しであると言われるかもしれない。


この世界において行為することによって人間は自己を知りうる。


人は軽蔑されたと感じたとき最もよく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない。


希望を持つことはやがて失望することである。だから失望の苦しみを味わいたくない者ははじめから希望を持たないのがよいと言われる。しかしながら、失われる希望というものは希望でなく、かえって期待というごときものである。個々の内容の希望は失われることが多いであろう。しかも決して失われることのないものが本来の希望なのである。


三木清の経歴・略歴

三木清、みき・きよし。京都学派を代表する哲学者。京都帝国大学で西田幾多郎に教えを受けたのちドイツに留学。ハイデルベルク大学でハインリヒ・リッケルト、マールブルク大学でハイデッガーの教えを受ける。帰国後、法政大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる

近藤昭

既存事業の強化はもちろん、新規事業や海外展開を通じて業績を倍増させたいと考えております。現在は当社が開発した空調システム「Z空調」の外販を進めています。「Z空調」は断熱や空調、換気を行うことで家の温度を快適に保ちます。日本は年間の寒暖差が大きく、住まいにおいては本当の意味で快適に過ごしやすい国とは言えません。日本の消費者は「今年の夏は猛暑だから室内も暑いのは仕方ない」と我慢しがちですが、我々は「Z空調」を通じて今までの常識を打破したいと思います。


柳井正

負けないようにするには、より良い商品を安く提供し、誰でも買えるようにすることしかない。そういう単純なことを追求すべきです。それをきっちりやっている小売りは生き延びてきたし、今後も生き延びるという当たり前のことです。


清水正(経営者)

「高品質」にあぐらをかいているうちに、追い付き追い越された日本製品は枚挙にいとまがありません。同じ轍を踏まないためには、常に難しい課題を探して挑戦し続けること。それ以外に日本のものづくりが「勝ち続ける」方法はありません。


柳弘之

弊社の人材教育は、「市場感覚」と「現場感覚」の2つを磨くことをベースに置いています。


最上悠

若い人を叱るときは、極端な思考に走らないよう、その後のフォローが重要です。私たち精神科医も治療後に「あくまで私が注意したのは問題点であって、それはあなたに期待しているからなんですよ」と患者さんにフォローを入れたりします。


今瀬ヤスオ

停滞期こそ勉強をするには絶好のチャンス。落ち込んでいるよりも、勉強に没頭することで、その後の人生が大きく変わる。


ムーギー・キム(金武貴)

働くうえで「当たり前」と思っていることが、実は時代遅れなのだと認識することが、新しい働き方への第一歩。


又吉直樹

一時期は『火花』の本自体、見るのも嫌になったんです。けど、そんなときに(千原)ジュニアさんから電話がかかってきて「又吉。めっちゃ面白かったわ」って言われたんです。電話を切った直後に、最初から最後まで全部読み返しました。自分が面白いと思う人に面白いと言われて、改めて面白いと思えた。


フラナガン裕美子

上司の指示を、その言葉どおりに受け止めると、できないこともあります。しかし、「本当は何を求めているのか」を理解すれば、言葉どおりのことはできなくても、それに代わる提案をして、上司に喜んでもらうことができます。


佐々木常夫

私は昔から、上司や部下の誕生日をすべて手帳に書き込んでいます。そして当日になったら、「おめでとう」と声をかけるのです。すると相手は、「私の誕生日を覚えているなんて」と感激して、こちらに好感を持ってくれるようになる。何十人分もの誕生日を手帳に書いて忘れずに声をかけるのは、なかなか大変な作業です。でも、その努力は必ず報われる。人間関係は努力があってこそ培われるものだということを肝に銘じるべきです。


本庶佑

自分が何を知りたいか、はっきりしていないと研究というものはブレてしまう。何ができるかでなく、何が知りたいかであって、できることばかりやっていると目標を見失う。常に何が知りたいか問いかけながら研究をやってきた。


東国原英夫(そのまんま東)

私にとって書くことは自分自身と対話することであり、今やノートは自分と切り離せない、分身のような存在です。読み返せば、その時に自分が何に関心があり、どんな問題意識を持っていたかが全部分かる。ノートに遺伝子を残してきたようなものです。