三木清の名言

三木清のプロフィール

三木清、みき・きよし。京都学派を代表する哲学者。京都帝国大学で西田幾多郎に教えを受けたのちドイツに留学。ハイデルベルク大学でハインリヒ・リッケルト、マールブルク大学でハイデッガーの教えを受ける。帰国後、法政大学教授を務めた。

三木清の名言 一覧

習慣を自由になし得る者は人生において多くのことをなし得る。習慣は技術的なものである故に自由にすることができる。


幸福について考えることはすでにひとつの、おそらく最大の、不幸の兆しであると言われるかもしれない。


この世界において行為することによって人間は自己を知りうる。


人は軽蔑されたと感じたとき最もよく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない。


希望を持つことはやがて失望することである。だから失望の苦しみを味わいたくない者ははじめから希望を持たないのがよいと言われる。しかしながら、失われる希望というものは希望でなく、かえって期待というごときものである。個々の内容の希望は失われることが多いであろう。しかも決して失われることのないものが本来の希望なのである。


三木清の経歴・略歴

三木清、みき・きよし。京都学派を代表する哲学者。京都帝国大学で西田幾多郎に教えを受けたのちドイツに留学。ハイデルベルク大学でハインリヒ・リッケルト、マールブルク大学でハイデッガーの教えを受ける。帰国後、法政大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる


野路國夫(野路国夫)

メーカーはわざわざ東京にいる必要はない。東京に今あるのは企業の本社機能とサービス産業、国際的なイベント開催機能だけ。メーカーに必要な他の要素は何もない。


チャーリー・マンガー

良いアイデアはめったにない。勝算が高いと思ったら、大きく賭けるべきだ。


ケリー・マクゴニガル

私たちの中には、ネガティブな自分と、ポジティブな自分がいます。この2つの相反する自己を、自分の中に持っていていいのです。


宮﨑吾朗

自分より経験のある人に尋ねることを積極的にしたらいいと思います。個人主義の時代というのは会社でも同じなのでしょうが、それが極端になると、わからないことを人に聞けないんですよね。一人で抱え込んでジタバタしている。ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは還暦を過ぎていますが、知らないことがあれば相手が若い人であってもすぐに尋ねます。宮崎駿も同じで、決して自分一人では解決せず、「鈴木さん、これどうすればいい?」って聞ける人です。


柴田励司

「構造化」に時間を使うことをお勧めします。仕事が片づかないとしたら、その原因は「なぜか、なぜか」と掘り下げる。段取りが悪いとしたら、どうすれば改善されるかを考える。本や新聞で読んだことや、セミナーや研修で学んだことを、そのままにせず、一枚の図やマインドマップなどのチャートにまとめて構造化する。それをするための時間を確保しましょう。


小松永門

「その時、その時に全力投球する」。これが、私が心がけていること。そうすれば、もし失敗したとしても、「ああしていれば」と思うことはありません。後悔のない人生が送れます。


林真理子

(怒りは)若い頃ほどではないですね。もっと社会に対して怒らなきゃいけないのはわかっているんですよ。どちらも言い分あるよなと思うと、世の中に対してあんまり怒れなくなっちゃって。これは、まずいなあと思ったりします。


ページの先頭へ