三木泰雄の名言

三木泰雄のプロフィール

三木泰雄、みき・やすお。日本の経営者。「ヴイエムウェア」社長。大阪大学工学部通信工学科卒業後、日本電気(NEC)に入社。プロセス・CPGソリューション事業部長などを経てヴイエムウェア社長に就任。

三木泰雄の名言 一覧

「相手に質問される前に、こちらから相手がイエス、ノーで答えられるような質問をする」「ちゃんと伝わっていないと思ったら、もう一度別の言い方をしてみる」など、英語力が足りなければ補う工夫をすればいいので、それほど神経質になることはありません。


英語を使うのはネーティブだけではありません。中国人やインド人などネーティブではない人たちの英語は発音も聞き取りにくいし、文法的におかしな言い回しもたくさん出てきます。でも、それでちゃんとコミュニケーションが成り立っている。要するに通じればいいのです。


最初に結論を言って、そこからディテールに落としていくというのがアメリカ人のプレゼンテーション・スタイルです。ところが、日本人は細かいことをたくさん言って、最後に言いたいことに到達する。これではどんなに流暢な英語でも通じませんよ。相手の思考回路やカルチャーを理解し、それに合わせられることのほうが、英語力よりも数段大切なのです。


外国人の先生について英語を習ったこともありますが、それよりも私の英語力は、膨大な数の英文メールのやりとりや、毎日行われる英語による電話会議など、日々の仕事の中で磨かれていった部分のほうが大きいといえます。


日本人は通常中学と高校で都合6年間、それから大学で2年か3年英語を勉強してきているわけですから、コミュニケーションに必要な英語の知識は、すでにみな持っているはずなのです。それなのに英語ができないというのは、結局使う機会がないので、覚えたことをみな忘れてしまうからにほかなりません。だから、英語が必要な環境に行きさえすれば、基礎力はあるのですから、必ずできるようになると私は思います。


三木泰雄の経歴・略歴

三木泰雄、みき・やすお。日本の経営者。「ヴイエムウェア」社長。大阪大学工学部通信工学科卒業後、日本電気(NEC)に入社。プロセス・CPGソリューション事業部長などを経てヴイエムウェア社長に就任。

他の記事も読んでみる

小山龍介

勉強そのものがつらいわけではありません。環境を整えれば楽しくなるんです。また、部屋は暗めにして、手元だけ明るくすると、集中力が上がります。


ボビー・バレンタイン

私が誰かを叱るときは、やってくれることを期待されていながら達成できなかったときと、その点を修正するときです。叱らなければならないときは、最終的に叱ったあとで、相手が抱えている問題を確実に理解して、それが二度と起こらないように修正することを、常に頭に置いています。決して個人的な叱責になってはいけません。


大賀典雄

私が望んでいるのは、ソニーが「スマートな会社だな」「お、やるじゃないか」と思われることです。英語にアドマイアー(感嘆する)という言葉があるのですが、見た人からアドマイアーされる、つまり認められ、称賛される会社になってほしい。これが私の究極の願いなのです。そのためにはどうしたらいいのか。私はずっとそのことだけを考え続けて、商品企画も、広告宣伝もしてきました。私の関わったすべてのデザインの根底にあるのは、この発想です。


田中美香

一口に地方といいますが、人口が増えているところもあれば、シングル物件のニーズが都心並みに高いところもある。たとえば北海道は持ち家率が全国平均に比べて低く、札幌市やその周辺には常に高い賃貸ニーズがあります。政令指定都市や県庁所在地といった場所が中心ですが、こうした都市で確実なニーズがある場所を見つけることができれば、地方での不動産投資は十分成功できるのです。


梅森浩一

最終的に「自分らしい仕事のスタイル」を身につけるためにも、まずは徹底的に身近なできる先輩を真似してみることから始めてはいかがでしょうか。


波多野陽子

まず自分が好きなもの、興味があるものを選びましょう。事業を続けていれば、必ず苦しい時がありますが、好きなものなら頑張れますし、知識やノウハウの習得も身につきやすい。


黒鉄ヒロシ

謎っていうのは抑圧で、解いた時に解放がある。だから、止められない。調べたところで何でもない。ただただ、探るというゲームに興じるのが楽しいわけ。


福沢諭吉

仕事というのは、偶然できるものではありません。善い事も悪い事も、すべて人間のこれをやろうという意思があってこそできるのです。


松本洋(コンサルタント)

上司が放任していたために失敗をしてしまうような事は避けなければなりません。失敗を糧に成長することもありますが、成長の道筋は上司が描くべきです。マネジメントとは何らかの目標達成するために必要な要素を分析して、そのための施策を、従業員を介して行うことです。更に、その人の現状の能力をそのまま使うのではなく、アドバイスをして能力を引き出していくことなのです。


大西洋

従来のやり方が通用しなくなっているいまの時代だからこそ、自分にはない情報や考え方を積極的に受け入れていくべきです。そうして自ら「変化」を求めていくことが、仕事の楽しさにつながるのではないでしょうか。


中井政嗣

営業とは駅伝のようなものだと思っています。一区画だけで勝負するのではなく、延々とタスキをつないでゴールします。たとえば最初に接触したときは商売に結び付かなくても、やがてあなたの信用が評判として広く世間に伝わっていき、結局は、たくさんのお客様を連れてくるかもしれません。


森川亮

転職の際に、肩書のランクが落ちることを恐れて躊躇する人もいます。「私は前職で課長だったから、課長以上の待遇じゃないと嫌だ」などとこだわる。肩書がないと生きられない人は、その人自身には価値がないことを物語っています。私は転職した2回とも、肩書らしきものは用意されませんでした。しかし、肩書やお金は度外視して転職を決断した。未来への目標に対して、時間を集中的に使いたかったからです。その行動が「自分の価値」を高め、LINEの社長就任に導いてくれました。肩書にこだわりがないからこそ、LINEを去って起業できたのです。


藤岡頼光

マニュアルとかリサーチとかやるのはダメ。一番初めの核でやっちゃいけない。核は発想で出すしかない。何もないところからいろんな刺激をうけて創る。それをやっていかないといけない。


畑正憲(ムツゴロウ)

いつも平静でいることの大切さはある意味、動物たちに教わったとも言えます。生き物と接していると、ゾウに振り回されて骨にひびが入ったり、ライオンに咬まれたり、いろいろあるわけです。でも、そんなときほど平気な顔をして、「おお、咬んだか。よしよし」と頭をなでる。弱みを見せれば、その瞬間に攻撃してくるからです。


長島徹

モノづくりやサービスづくりの基盤はカメがつくりますが、時間を買うためにウサギにもお世話になります。技術革新はときにウサギのようにジャンプします。それを追いかけると非常に時間がかかるのなら、小さなベンチャーの買収のようなM&Aやアライアンス(提携)の手を打つ必要があるでしょう。でも、基本はカメです。


ページの先頭へ