名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三木武吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三木武吉のプロフィール

三木武吉、みき・ぶきち。日本の政治家。愛媛県香川郡高松(のちの香川県高松市)出身。東京専門学校(のちの早稲田大学)卒業後、日本銀行入行、弁護士などを経て政界に進出。報知新聞社長、日本自由党総務会長などを務めた。

三木武吉の名言 一覧

交渉事は相手に勢いがあるときは静観したほうがいい。力の均衡が崩れたときこそが出番となる。


三木武吉の経歴・略歴

三木武吉、みき・ぶきち。日本の政治家。愛媛県香川郡高松(のちの香川県高松市)出身。東京専門学校(のちの早稲田大学)卒業後、日本銀行入行、弁護士などを経て政界に進出。報知新聞社長、日本自由党総務会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

渡邉美樹

100人のリーダーがいたら、リーダーシップのあり方も100通りある。


小林佳雄

「自分で集めた情報で自分の勘を使って決めること」を本物の意思決定と呼ぶ。しかし、日本人の大半は恐ろしさから自分の勘以外を使った意思決定をしている。


チャップリン

失敗した方が、人生は面白いよ。


西多昌規

まずは肉体の疲労をとろう。体が疲れていると「どうせ自分は駄目だ」と、自虐的になりがちで、人の評価に依存しやすくなる。睡眠時間を確保し、まずは元気を取り戻そう。蓄積した体の疲労がとれると、心に自信がわいてくる。


赤羽雄二

無言で傾聴するのではなく、気になることがあれば、質問することが大事。適切な質問を挟むことで、相手は「自分に関心を持ってくれている」と感じられる。自分が尊重されていると実感できます。すると部下も本音を言いやすくなり、仕事上の問題の共有も進んで、解決しやすくなる。その結果、チームとしてのパフォーマンスも上がる。


有泉健

KDDIで長く法人畑を歩んできたので、消費者向けのビジネスに携わるのは初めてでした。でも、未経験だからこそチャレンジする価値がある。「消費者とはこういうもの」などと先入観を持たずに、効果的な打ち手を考えられるはず。


茂木友三郎

「体力」と「気力」。この2つは経営者にとって必要な要素。


小室淑恵

メンバー全員が安心して働ける環境をつくることが管理職の仕事であり、部下と一緒にクライアントを回ったり、資料の作成を手伝ったりすることがメインの仕事ではありません。


内田和俊

多くの場合、問題ある新人は一回二回の注意では改善しません。「うざい」などと反発されることもあるでしょう。諦めたら容認されたと思われてしまうし、周囲にも示しがつきません。何回でも言い続け、構い続けるべきです。私が見る限り、上が指導し続ければ、8~9割は普通の社員になっています。


森川亮

新しいこと、自分がやりたいことをするのがビジネスではない。ビジネスとは、ユーザーのニーズに応えるという、実にシンプルなもの。


池田ゆう

目立つファッションは簡単なことだ。ショップでスタイリストに任せたなら簡単にできる。ちょっと予算を多く使うならば、著名ブランドを楽しむこともできる。しかし、自己メッセージとしての服装はプロのスタイリストや専門店のセールスには不可能なことだ。


夏野剛

イノベーションは、和からは生まれるものではなく、摩擦や、異論から生まれるもの。