三木武吉の名言

三木武吉のプロフィール

三木武吉、みき・ぶきち。日本の政治家。愛媛県香川郡高松(のちの香川県高松市)出身。東京専門学校(のちの早稲田大学)卒業後、日本銀行入行、弁護士などを経て政界に進出。報知新聞社長、日本自由党総務会長などを務めた。

三木武吉の名言 一覧

1 / 11

交渉事は相手に勢いがあるときは静観したほうがいい。力の均衡が崩れたときこそが出番となる。

三木武吉の名言|交渉事は相手に勢いがあるときは静観したほうがいい


三木武吉の経歴・略歴

三木武吉、みき・ぶきち。日本の政治家。愛媛県香川郡高松(のちの香川県高松市)出身。東京専門学校(のちの早稲田大学)卒業後、日本銀行入行、弁護士などを経て政界に進出。報知新聞社長、日本自由党総務会長などを務めた。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ