名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三木卓の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三木卓のプロフィール

三木卓、みき・たく。日本の詩人、小説家、児童文学作家、ロシア文学の翻訳家。幼少時に太平洋戦争敗戦を経験。大連から引き上げ途中で父と祖母を失う。早稲田大学文学部露文科卒業。「東京午前三時」で詩壇の芥川賞と呼ばれるH氏賞、「鶸」で芥川賞、「路地」で谷崎潤一郎賞、「裸足と貝殻」で読売文学賞、「イヌのヒロシ」で路傍の石文学賞を受賞。

三木卓の名言 一覧

失くしたものばかりを思っていたらうつになります。不景気、不景気と言うけれど、揚げたてのアジフライとキャベツの千切りがあって、生ビールを飲めたらそれで幸せじゃないですか。


自分にとっては大変なことでも、他人から見たらおかしなことかもしれません。自分を笑いものにすることが、ユーモアの基本です。我々はお互い情けない存在なんだ、という共感がどこかにあります。そういうところへ自分の気持ちを引っ張り出すことが大事です。


礼状にはパーソナルな要素が入らなければいけません。その人と自分との間にしかないようなつながりが、どこかで出ることが大事だと思います。


僕はおやじギャク、大賛成です。大いに飛ばしてほしい。しかも下手であるほうがいいんです。みんなに「あれさえ言わなけりゃ、いい男なんだけどな」と言われるのが大事だと思います。たとえば大砲の弾がドカドカ飛んできて、全員が頭を低くしているときに、誰かがボソッとくだらないことを言う。そうすると、みんな元気が出ると思うんです。


パーティではみんな楽しいという感じをつくっていくのがいいんです。主催者はもちろん、参加者も一緒になってそういう方向へ持っていく。大きくいえば日本の社会が少し明るくなったり、少し楽しくなったりした方がいい。大事なのは、少し上向きにしていこうとすることです。


小学4年のとき、満州から引き揚げてきたとき、リュックサックの中には着替えと親父の骨箱だけ。家屋敷や財産は全部向こうにおいてきました。だから、あとはもうよくなるしかないという思いで世界を見ています。


劣等感は十全に法則に適合できない生物が、より充実した生を生きたいと思っているのにそれがかなわない痛みであるといえるだろう。とすれば、劣等感とは、積極的に生きたいとする生の願望が何らかの形で否定されることによって顕在化した痛みである。ともいえるということである。


劣等感とは、十全に生きたいと強く願う人ほど味わわねばならぬ可能性が多くなる感覚なのであって、いちがいに委縮した退嬰的なものと思うわけにはいかないのである。我々はほとんど誰も、完璧な形で宇宙の意志を実現しているものではないはずであるから、そのことを強く意識したものほど劣等感を味わうであろう。 【覚書き|退嬰=たいえい=しりごみすること】


欠陥だらけの人間でも、その人間が鈍感であり、自己を見つめる目がなければ平気なのである。だから劣等感というものは高級な感覚だとも言える。


三木卓の経歴・略歴

三木卓、みき・たく。日本の詩人、小説家、児童文学作家、ロシア文学の翻訳家。幼少時に太平洋戦争敗戦を経験。大連から引き上げ途中で父と祖母を失う。早稲田大学文学部露文科卒業。「東京午前三時」で詩壇の芥川賞と呼ばれるH氏賞、「鶸」で芥川賞、「路地」で谷崎潤一郎賞、「裸足と貝殻」で読売文学賞、「イヌのヒロシ」で路傍の石文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

若い人たちに伝えたいことは、若いときにはしっかり勉強するということです。私自身、米国留学時代は寝る間がないほどひたすら勉強してきました。


安部修仁

うちは事業の経営をやっているのであって、株式時価総額を増やすことがトップ・プライオリティ(最優先事項)ではありません。株式時価総額主義とは、一線を画しています。


片田珠美

普段の顔に騙されてはダメ。逆境のときの態度で見極めることが大切。


斉藤惇

私は市場の反応というのが長期的に見ると正しいと思います。株式価値が10年、20年にわたって下がってきて、消費が下がり、GDPの成長がマイナスだったら、それは、そのときの政策が正しくなかったということだと思うんです。


加瀬豊

商社マンとしての経験から言いたいのは、外国語を学ぶ前に、まず日本人としてきちんとした日本語をマスターしてほしいということです。ビジネスをするうえで最も大切なのは、慣れ親しんだ母国簿である日本語による思考力や交渉力を養うことで、外国の方としっかりコミュニケーションする土台にもなるからです。


秋元次郎

売上を伸ばして行くには新規開拓も大切ですが、既存のお客様を失わないことの方が重要といえます。いくら新規の顧客を獲得できても売上を伸ばせない営業マンは、既存顧客のアフターフォローを軽視しているのではないでしょうか。そういう人は謝罪の仕方やクレーム対応のスキルが欠けていることも多いのです。


藤巻健史

「プロのディーラーになるには血反吐を3回吐け」と部下によく言っていました。どんな分野でも、苦しい思いをしなかったらプロになれないし、苦しいことに耐えられる人でなければ成功しない。また、最初は弱くても、耐えることによって鍛えられることもある。心が折れてモチベーションがなくなってしまうような挫折や困難は、自分にとって必要なモノ。そう考えれば力が湧いてくると思います。


木原直哉

未来には、どうしたって見積もれない部分があります。運やツキは、ある程度満遍なく誰にでも訪れると思いますが、完全に公平ではない。


吉山勇樹

タスクをパソコン上で共有してもいいのですが、起動やログインに時間がかかるので、その場で誰もがパッと見られるアナログな紙やホワイトボードが、実は使い勝手が良いのです。仕事の状況は日々変化するので、優先順位も常に変動します。付箋なら、変更や追加、削除も簡単です。


川端克宜

当社の強みは何があっても諦めないこと。


小川直也

ハッスル・ポーズを始めたのは、観に来てくれたお客さんに、最後スカッとして帰ってもらって、明日からの活力にしてほしいと思ったから。いまの世の中、みんな元気がないからね。


藤田康人

私が相手先の経営層と会う場合、部下の担当者には事前に伝えておきます。「今日はこんな話をしに行くから」と。部下が動きやすいように、全力で情報収集するのが上司の役目です。