名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

三戸政和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三戸政和のプロフィール

三戸政和、みと・まさかず。日本のベンチャーキャピタリスト、経営者。「日本創生投資」社長。兵庫県出身。同志社大学卒業後、ソフトバンク・インベストメント(のちのSBIインベストメント)に入社。その後、兵庫県議会議員などを経て「日本創生投資」を設立。

三戸政和の名言 一覧

中小企業を買収するポイントは、相手の社長の自己評価欲求を満たすこと。そのために大切なのは、あなたがいかにその会社のビジネスをよく理解し、商品やサービスに魅力や可能性を感じているかを伝えること。


「タイムマシン経営」は、日本の東京と地方でも適用できます。新しいビジネスでは、東京と地方にはいまだにタイムラグが存在します。大事なのは、最先端の情報を海外のSNSを見るなどして入手することなのです。


サラリーマン人生を人に仕えて定年で終えたならば、第2の人生は、オーナーとして、資本家として生きてみる。100年時代を生きるには本当の生きがいが必要ですし、株主配当などの資産収入は、長生きリスクへの安心感につながります。


雇われ根性が染みつき、自分で業を起こせない人は、もう生き抜けない時代になる。


もしあなたが、会社を買うことになったら、まずは従業員や取引先の信頼を得て、きちんと「社長になる」ことが大事です。挨拶や掃除など、小さなことからコツコツと積み上げて信頼を得てから社内のリソース、財務状況、人材、クライアント、競合などをじっくりと調べ上げてください。会社を買う前には気付かなかった多くのことが見えてきて、正しい業務改善ができるようになるのです。


もし中小企業を買収するのであれば、まずは自分がこれまでやってきた事業か、あるいは、そこに隣接する領域で勝負してください。メーカーや銀行に勤めてきた人が、「夢だから」とそば屋などの飲食店を始めるのはおすすめできません。飲食業はあらゆる産業のなかで最も難しいビジネスの一つ。市場規模は約25兆円と大きいですが、最大手のゼンショーグループで売上高は約5400億円。たった2.2%しかシェアがないのです。競争や出入りが激しく失敗するリスクが高い分野に飛び込む必要はないのです。


継承者がいないために休廃業・解散した中小企業の半数は、実は黒字経営です。全国には中小企業が380万社あり、経営者の多くは、相談相手が身近にいない。さらに、大手企業の仕事のスキルや社員教育のノウハウを欲している。そんな会社を買うのです。300万円程度で買える企業はたくさんあります。大手企業で30年以上もビジネス経験があれば、誰にでも得意分野と経験がある。中小企業であれば、それらを生かせる余地が多くある。


私が、ビジネスパーソンのみなさんにご提案しているのは、50代からの企業経営です。それは、出世していまの会社の社長になれというのではなく、起業をしてくださいといっているのでもなく、「世の中にすでにある企業をご自身の手で買収して社長となり、第二の人生として会社経営をしてください」という提案です。いま、個人で会社を買収することは難しいことではありません。ためしにインターネットで検索してみてください。中小企業の売買情報を一覧できるサイトがいくつも出てきます。案件のなかには、500万円程度で買えるものも多くあります。「実際に会社を買えたとしても、失敗が怖い」と思うかもしれませんが、それは少し前の話。いま、中小企業の事業承継を促進させるため、銀行が社長個人に連帯保証を求めないルールになっています。前社長が連帯保証人になっていても、うまく銀行と交渉すればあなたは連帯保証人になる必要はありません。


三戸政和の経歴・略歴

三戸政和、みと・まさかず。日本のベンチャーキャピタリスト、経営者。「日本創生投資」社長。兵庫県出身。同志社大学卒業後、ソフトバンク・インベストメント(のちのSBIインベストメント)に入社。その後、兵庫県議会議員などを経て「日本創生投資」を設立。

他の記事も読んでみる

井上直也(経営者)

コンセプトの実現は現在も進行中です。変化の激しいこの世界で、お客様ニーズにこれからも対応していきます。


勝俣恒久

考えてみてください。会社の顔である社長が、この先の経営を悲観したり、暗くなっていたりしたら、それこそ会社全体が意気消沈してしまいます。
【覚書き|モットーである「明るく・楽しく・元気よく」について尋ねられたときの発言】


細田治(経営者)

私どもの現場には「後工程はお客様」という言葉があります。自分が何かをやる時は、その後を担当する人がやりやすいようにと考える。金鍔(きんつば)を作るそれぞれの工程で、後工程のことを考える。できた製品を運ぶ人のことを考え、売る人のことを考える。そうして作ったものは間違いなくおいしくなります。その先に、お客様の笑顔がある。私どもの社是は「味は親切にあり」。真意は、この後工程を考える連なりの先にあります。


養老孟司

現代人は参勤交代をしたほうがいい。過疎地が増えているけれど、社会インフラが整った日本では田舎でも実は生きていける。過疎地対策も含め、日本人がみんな都市と田舎を参勤交代する生活様式を確立すれば、個人も社会も豊かになります。


松沢卓二

アメリカと日本では独占禁止法に対する経済界の考え方がまるっきり反対になっている。アメリカでは自由企業の原則を守るために、独禁法は存在するものであり、これが経済界の自由かつダイナミックな活動を保証していると理解されている。一方日本では自由企業の活動を拘束するものとして、独禁法を目の上のたんこぶ視している節がある。


竹中平蔵

日本企業には健全なプレッシャーが不足している。収益力の弱い会社が居座るだけでなく、ちゃんと業績を上げられない社長に辞めてもらうために、健全なプレッシャーをかけるシステムがない。これはコーポレート・ガバナンス(企業統治)に関わる問題ですが、欧米の企業と比較してみると、日本企業はコーポレート・ガバナンスのシステムが大変にゆるいですね。だから新陳代謝が悪くなってしまう。


大前研一

お金も仕事も地位も手にして、いま何が僕を突き動かしているか。それは、人材を育てること、夏のジェットスキー、冬はスノーモービルを楽しむことです(笑)。


和田完二

家内があれを売ったり、これを売ったりでどうやら入院費をまかなった。まさに不幸のどん底といってよかったが、そのどん底にあって、私は人の心の美しさと温かさを知った。全国の友人知己が、和田をもういっぺん働ける体にしたいと各地の神仏に祈願し、そのお札を送ってくれた。病室を埋めるほど贈られたお札を見ながら、私は友情のあつきに泣いた。
【覚書き|昭和27年、戦後動乱期の専務時代。働きすぎで入院し半身不随になった当時を振り返っての発言】


山海嘉之

研究者の多くは研究がある程度まとまると論文作成のため、次の研究テーマに移ることが多い。しかし、せっかく生み出した研究テーマなら、それを責任持って大切に育て、社会実装できるまでやり抜く意志が重要。


前原金一

出世していく人は、ポストが上がったときに考え方や取り組み方の切り替えを巧みに行っている。


島田雅彦

グランドデザイナー(各分野で将来の大きな計画を描く人)の仕事は哲学や歴史を踏まえて未来の物語を描いていくものであって、それは小説家が常日頃していることなんです。つまり、ある面からみれば、世界は広義の文学者たちによって牛耳られているというか、そもそも小説を書くということは、過去を参照して独自の現状分析を加味しながら、5年後や10年後の世界を提示することに近いんですよ。


柴田励司

リーダーになった途端、その人個人ではなく、チーム全体のパフォーマンスをあげることが求められるようになります。つまり、リーダーになったら主語を「I」ではなく「We」にしてものごとを考えるべきだということです。その切り替えをしないと、メンバーと一緒にいい環境をつくっていくことはできません。