名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三崎優太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三崎優太のプロフィール

三崎優太、みさき・ゆうた。日本の経営者。「メディアハーツ」社長。北海道出身。18歳でメディアハーツを設立。女性向け美容ECサイト「FABIUS(ファビウス)」などを展開。

三崎優太の名言 一覧

実はEC事業へシフトするまで、約2年間余り株式投資もやっていまして、投資家としてひたすら企業の業績分析をしました。収益性が高く、我々のようなベンチャー企業でも参入しやすく、短期間で成長できる事業は何か。その答えが美容関連の通販事業だったんです。


スタートアップする企業にとってイノベーションは重要です。商品や既存のサービスにはない、新たな価値を提供すること。EC事業の飛躍的な伸びは、イノベーションを追求し、新しいことを積極的に行った結果です。


私は会社経営は一つの投資だと考えていますが、参入時に積極的な資本投下を行っている先行企業はほとんどありませんでした。


まだ企業としての土台は決して強固とは言えません。次のフェーズとしては足元を固め、真の意味での100億円企業になりたいと思っています。戦略的には積極的なM&Aによって事業の多角化やイノベーションを推進すること。直近ではリサイクル企業と農業関連企業2社とのM&Aを成功させました。


健康食品は年配者向けがほとんどですが、弊社の出した商品の青汁は若い女性をターゲットとして捉え、成分や味を追求。また売り方も彼女たちにとって最も身近であるスマートフォンに一点集中させた広告を展開しました。通販の業態というのは広告費が先行します。それをどれくらいで回収できるのかを徹底的に分析して、利益が出る、売れる! と確信したら集中的に資本投下したことが、急成長の大きな要因だと思っています。


三崎優太の経歴・略歴

三崎優太、みさき・ゆうた。日本の経営者。「メディアハーツ」社長。北海道出身。18歳でメディアハーツを設立。女性向け美容ECサイト「FABIUS(ファビウス)」などを展開。

他の記事も読んでみる

大川博

入社に伴う私の地位などについても細かく心遣いをされていた模様であるが、私は最初の地位や待遇などはどうでもよい。正式なポストは、働いた結果を認めてのうえのことにしていただきたい。とにかく、五島(慶太)さんの知遇に応えて、うんと頑張って働こうというだけの考えで、自分からは何もそれについての希望を述べなかった。
【覚書き|東急にヘッドハンティングされ、出社一週間前に五島慶太氏と話したことについて振り返っての発言】


柳井正

時代が変わったという事をもっと認識してほしい。年寄りの言う事を聞いていたら駄目。


重光武雄(辛格浩)

2006年に株式を公開したのは、私にとっては資金調達が目的ではありません。私は資金のことなんて、いままで一度も気にしたことがありませんから。私は、ロッテグループがいつまでも「重光商店」のままでは駄目だと思ったんです。「重光商店」をちゃんとした一般企業に変えようと。


山﨑武司(山崎武司)

引き際は考えてますよ。必要とされなければ、やめるべきですからね。新監督になって、方針が変わるかもしれないけど、個人的には内分のスタイルを変えることはできません。だから、このスタイルを必要とされるようにやっていくしかないですね。


深沢真太郎

「数字で考える」ことは、ビジネスマンにとって重要なスキル。そのメリットは、考える行為の結論を具体的に伝えられること。


陰山英男

「好きなことをする」という生き方は、本人に喜びを与えてくれます。一方で、ビジネスの本質を考えると、それは「多くの人に喜びを与えること」になります。でも、自分が生きる喜びを実感している人でないと、他人にそれを提供することもできないのではないでしょうか。つまり、「他人に喜びを与える」という行為は、「自分が好きなことをする」という延長線上にしか存在しないのです。


小宮一慶

勤勉であることで、働くことそのものの喜びがわかるようになる。


濱田純一

十分な財源がなく、このままではやりたい研究ができずに基礎体力が弱っていくのではないかと懸念しています。米国の大学が本当にうらやましい。ハーバード大学は、東大の年間支出とほぼ同額を、寄付基金の運用益だけで稼ぎ出すほどですから。


古田新太

(怪優と呼ばれるのは)仕事を選ばず、何でもやるからでしょう。象とかおかまの役も引き受けますから。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

好ましい環境で気高くいられたとしても、「美徳の精神」に同調しているとは限りません。劣悪な環境においても、心の輝きを失わずにいられなければ、本当の気高さとは言えないからです。


元谷芙美子

私、自分をホテル業界最大の「ゆるキャラ」だと思っています。皆さんにトップとしての顔を見せて、安心してホテルに来ていただくことを目指してきましたが、トップのキャラの確立は今後、さらに重要になっていくと考えています。


南場智子

テクノロジーの進化や社会の進歩は、当然、新しい軋轢を生みます。そのひとつひとつの対処の仕方で、真価を問われていくのだと思います。都度、生じる社会的な課題に対して真摯にかつオープンに向き合う。その姿勢があれば、社会を前に進めていく一翼を担うことができると信じております。