名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三崎優太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三崎優太のプロフィール

三崎優太、みさき・ゆうた。日本の経営者。「メディアハーツ」社長。北海道出身。18歳でメディアハーツを設立。女性向け美容ECサイト「FABIUS(ファビウス)」などを展開。

三崎優太の名言 一覧

実はEC事業へシフトするまで、約2年間余り株式投資もやっていまして、投資家としてひたすら企業の業績分析をしました。収益性が高く、我々のようなベンチャー企業でも参入しやすく、短期間で成長できる事業は何か。その答えが美容関連の通販事業だったんです。


スタートアップする企業にとってイノベーションは重要です。商品や既存のサービスにはない、新たな価値を提供すること。EC事業の飛躍的な伸びは、イノベーションを追求し、新しいことを積極的に行った結果です。


私は会社経営は一つの投資だと考えていますが、参入時に積極的な資本投下を行っている先行企業はほとんどありませんでした。


まだ企業としての土台は決して強固とは言えません。次のフェーズとしては足元を固め、真の意味での100億円企業になりたいと思っています。戦略的には積極的なM&Aによって事業の多角化やイノベーションを推進すること。直近ではリサイクル企業と農業関連企業2社とのM&Aを成功させました。


健康食品は年配者向けがほとんどですが、弊社の出した商品の青汁は若い女性をターゲットとして捉え、成分や味を追求。また売り方も彼女たちにとって最も身近であるスマートフォンに一点集中させた広告を展開しました。通販の業態というのは広告費が先行します。それをどれくらいで回収できるのかを徹底的に分析して、利益が出る、売れる! と確信したら集中的に資本投下したことが、急成長の大きな要因だと思っています。


三崎優太の経歴・略歴

三崎優太、みさき・ゆうた。日本の経営者。「メディアハーツ」社長。北海道出身。18歳でメディアハーツを設立。女性向け美容ECサイト「FABIUS(ファビウス)」などを展開。

他の記事も読んでみる

中野裕哲

起業するには「カネ」が必要です。まずは、起業全体でいくらかかるのかをきっちりと計算してみましょう。起業全体でかかるお金がわかったら、自己資金はどのくらい用意できるかを検討しましょう。また、自己資金で足りない分は、創業融資を借りるのがセオリーです。資金が足りない場合は、事業規模の縮小も要検討です。


乙武洋匡

日本ではムラ社会的な文化が長く続き、誰もが均質であることを求められてきました。本当は一人ひとりが違いを抱えているのに同じでなければいけないというジレンマが、人々から自信を奪っているように感じます。会社や学校でも、周囲の人たちと行動や考え方が違うことで、ショックを受けたり、窮屈さを感じたりしている人が多い。でも「人はそれぞれ違って当たり前」と思えばラクになります。


下義生

1年間、トヨタに身を置いて感じたのは、トヨタは危機感の塊であるということだ。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

僕は完璧主義ではないし、とにかく好きなことや、いま一番面白いものを追いかけていたい方だから、エンジニアに向いているかなと思うんですよね。面白い製品が出ると、その発表している側に自分がいなければ、「なぜ、あれを発表しているのが俺じゃないんだ」と悔しいですから。


久保征一郎

スタート時からずっと創造し続けてきたものがぐるなびにとって資産でもあり、逆に破壊すべき対象にもなってきている。


西田文郎

私は「振り子の原則」と言っていますが、人間は「快」と「不快」の感情の間でいつも揺れ動いています。いかに上手に「快」に結びつけていくか。厳しくしたって、ワクワクするような将来、ビジョンが思い描ければ、みんな頑張れるんですよ。


大島康朋

無事故で工期や納期の指示・約束を守り、守秘義務を果たす。きちんとあいさつをする。まさに当たり前の務めを粛々と実行することで、大島産業はお客様からご信頼いただいているのだと思います。


眞鍋政義

監督、選手だけでなくスタッフを含め一丸とならなくては勝てるチームはつくれません。そこで個々のスタッフの役割を明確にして、任せるべきことは任せました。一人一人を責任あるポジションに置けば「自分はこのチームに貢献している」という意識を持ち、チーム全体の一体感も高まるだろうという期待からです。


藤田晋

大きなプロジェクトになればなるほど、他人のアドバイスを柔軟に盛り込んで企画を改善していける人でないと難しい。


平井伯昌

努力目標があるかないかで、練習の質が変わります。努力目標は自分との戦いなので、普段の練習から彼女は自分と戦っているわけです。大きな舞台でも最終的には自分との戦いですから、やはり普段の意識の持ち方は大切になるのです。


岡島悦子

自分には自慢できるような能力はないと尻込みしてしまう人がいるのですが、人より抜群に優れた能力でなくてもいいのです。「英語が話せる人」は珍しくないですが、「英語が話せて社会貢献に興味がある」という人なら数はグッと少なくなります。ひとつのタグだけで勝負するのではなく、掛け算のように複数を組み合わせることを意識すれば、だんだん個性的なものになってくるはずです。


林恭弘

否定の接続詞が口癖になっていて、否定する気がない時でも使う人もいますよね。何を言っても否定の接続詞で返されれば、相手は批判ばかりされている気になる。気分を害して当然です。心当たりがあるなら、即やめましょう。