三崎優太の名言

三崎優太のプロフィール

三崎優太、みさき・ゆうた。日本の経営者。「メディアハーツ」社長。北海道出身。18歳でメディアハーツを設立。女性向け美容ECサイト「FABIUS(ファビウス)」などを展開。

三崎優太の名言 一覧

実はEC事業へシフトするまで、約2年間余り株式投資もやっていまして、投資家としてひたすら企業の業績分析をしました。収益性が高く、我々のようなベンチャー企業でも参入しやすく、短期間で成長できる事業は何か。その答えが美容関連の通販事業だったんです。

スタートアップする企業にとってイノベーションは重要です。商品や既存のサービスにはない、新たな価値を提供すること。EC事業の飛躍的な伸びは、イノベーションを追求し、新しいことを積極的に行った結果です。

私は会社経営は一つの投資だと考えていますが、参入時に積極的な資本投下を行っている先行企業はほとんどありませんでした。

まだ企業としての土台は決して強固とは言えません。次のフェーズとしては足元を固め、真の意味での100億円企業になりたいと思っています。戦略的には積極的なM&Aによって事業の多角化やイノベーションを推進すること。直近ではリサイクル企業と農業関連企業2社とのM&Aを成功させました。

健康食品は年配者向けがほとんどですが、弊社の出した商品の青汁は若い女性をターゲットとして捉え、成分や味を追求。また売り方も彼女たちにとって最も身近であるスマートフォンに一点集中させた広告を展開しました。通販の業態というのは広告費が先行します。それをどれくらいで回収できるのかを徹底的に分析して、利益が出る、売れる! と確信したら集中的に資本投下したことが、急成長の大きな要因だと思っています。

三崎優太の経歴・略歴

三崎優太、みさき・ゆうた。日本の経営者。「メディアハーツ」社長。北海道出身。18歳でメディアハーツを設立。女性向け美容ECサイト「FABIUS(ファビウス)」などを展開。

ページの先頭へ