三崎優太の名言

三崎優太のプロフィール

三崎優太、みさき・ゆうた。日本の経営者。「メディアハーツ」社長。北海道出身。18歳でメディアハーツを設立。女性向け美容ECサイト「FABIUS(ファビウス)」などを展開。

三崎優太の名言 一覧

実はEC事業へシフトするまで、約2年間余り株式投資もやっていまして、投資家としてひたすら企業の業績分析をしました。収益性が高く、我々のようなベンチャー企業でも参入しやすく、短期間で成長できる事業は何か。その答えが美容関連の通販事業だったんです。


スタートアップする企業にとってイノベーションは重要です。商品や既存のサービスにはない、新たな価値を提供すること。EC事業の飛躍的な伸びは、イノベーションを追求し、新しいことを積極的に行った結果です。


私は会社経営は一つの投資だと考えていますが、参入時に積極的な資本投下を行っている先行企業はほとんどありませんでした。


まだ企業としての土台は決して強固とは言えません。次のフェーズとしては足元を固め、真の意味での100億円企業になりたいと思っています。戦略的には積極的なM&Aによって事業の多角化やイノベーションを推進すること。直近ではリサイクル企業と農業関連企業2社とのM&Aを成功させました。


健康食品は年配者向けがほとんどですが、弊社の出した商品の青汁は若い女性をターゲットとして捉え、成分や味を追求。また売り方も彼女たちにとって最も身近であるスマートフォンに一点集中させた広告を展開しました。通販の業態というのは広告費が先行します。それをどれくらいで回収できるのかを徹底的に分析して、利益が出る、売れる! と確信したら集中的に資本投下したことが、急成長の大きな要因だと思っています。


三崎優太の経歴・略歴

三崎優太、みさき・ゆうた。日本の経営者。「メディアハーツ」社長。北海道出身。18歳でメディアハーツを設立。女性向け美容ECサイト「FABIUS(ファビウス)」などを展開。

他の記事も読んでみる

立川理道

ジェイミージャパン(ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ)になってからは、レフェリー(審判)と前日にしっかりと話せる場を設けてもらえるようになりましたので、自分たちのチームの傾向を伝え、レフェリーからも、日本のこのプレーは誤解を招きやすいから注意したほうがいいといった意見をもらえるようになりました。いろんな国、いろいろなタイプの方が笛を吹くのですが、英語が母国ではないフランスやアルゼンチンなどのレフェリーとは、意外と分かり合える気がします(笑)。


横山光昭

度を越した節約も問題です。貯蓄をし慣れていないのに度を越した倹約を始めると、精神的にイライラし、「もう貯蓄なんてイヤだ!」とどこかで爆発してしまうからです。


豊田圭一

部内や社内に手本になる上司や先輩がいれば、彼らと積極的に話をしたり、仕事の仕方を真似て見たりすることをお勧めします。真似をすることで仕事の基本を学び、そのうえで自分のカラーを出していくようにすればいいのです。


城谷直彦

やりたい仕事は、ユーザーの近くにいて、ユーザーを喜ばせることができる仕事。


佐々木正悟

「これから作業を始める」というときに、タイマーをセットすると効果的です。たとえば4分後に鳴るようにセットします。そうして、「これから4分間だけはこの仕事をやる!」と決めます。なかなか手を着けられない、後回しにしてしまいがちな仕事に着手して、少しでも進める。たとえば日報や週報のように、明確な締め切りがなく、気がついたらかなり溜まってしまっている、というタイプの仕事を進めていくのに適した方法です。


和田秀樹

悲観的になっても状況は改善されません。景気が悪い時期だって、全員が悪いわけではない。少しだけ見方を変えてみましょう。むしろ、不況のほうが起業はしやすいかもしれない。デフレ時代はなにをやっても売れないと考えるか、安くすれば売れると考えるか。好景気よりも、安くする方法論を確立しやすい面がありますよ。実際、人件費や設備投資などコストが安く済む時期と考えることはできます。


釜和明

財務関連ならばつくっている製品のコストがわかり、そこから会社の仕組みもわかるようになるはずだろうと考え、まずは経理からスタートする道を選びました。それが、まさか財務一筋でここまで来ることになるとは思いませんでした。


小路明善

若手社員時代、ある飲食店で「料理や接客で顧客に満足してもらうのが一番大切なこと。ビール会社の営業も顧客である飲食店に同じように接しているか」と、言われました。当時アサヒビールは業界シェアが十数%の厳しい時代でした。メーカーとして飲食店や消費者に満足してもらうよう、努力を続けるしかないと心に誓い、今も経営の信念になっています。


厚切りジェイソン

他の人間にできたことが、僕にできないわけがないと信じることが大事。


小林弘幸

忙しい人に実践していただきたいのが、週に一日完全にアポイントをいれないフリーの日を作るということ。これは手帳術の極意。人生を成功させるコツのひとつです。毎日の仕事のなかでは、少しずつ取りこぼしが出てくるもの。一日余裕があればそこでリセットできるし、急な予定の変更や、イレギュラーの仕事にも対応できます。私だったら、急な手術や突然の取材の依頼など。ぎりぎりで「どうしてもお願いします」というものが必ず出てきます。もし予定をぎちぎちに組んでいたら、そこで全てのスケジュールが崩れて、焦りが出てしまう。スケジュールの崩れは心の崩れにつながります。週に1日自由に使える時間があることで、心に余裕ができる。どんなに忙しくてもカレンダーを見た瞬間に心が落ち着く。そうすると、ムダなストレスを抱えることもなくなります。


上村愛子

五輪に挑戦するたびに順位は上がるのに、またメダルには届かない。最初は全く分かりませんでした。「失敗って何だろう」と思ってしまうほど、努力と成果がイコールにならず、頑張れば夢がかなうわけではない現実に落ち込みました。結局私は、「プレッシャー」に負けたんだと思います。


今川貞世

人々が守るべき正しいことは会得することが難しく、逆に道に外れたことはたやすい。しかし、難しい正道を学ぶように努めよ。


堀内恒夫

飛行機や電車は俺が乗らなくても出発してしまうが、野球の試合はそうじゃない。俺がマウンドに立って投球をはじめなければ、何もはじまらないんだ。


片岡愛之助(6代目)

ハプニングも演出と思わせることができたらそれでいい。慌てふためいているのが、お客様にバレてしまうことが一番いけない。楽しんで観ていただけなくなってしまうから。


佐藤優

仕事上の努力が上司にわかってもらえないのは、努力が足りないか、表現方法が悪いかのいずれかか、両方かということでしょう。


ページの先頭へ