名言DB

9419 人 / 110788 名言

三島由紀夫の名言

twitter Facebook はてブ

三島由紀夫のプロフィール

三島由紀夫、みしま・ゆきお。日本の小説家、劇作家。東京都出身。東京大学法学部卒。代表的小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡の家』『豊饒の海』、代表的な戯曲に『サド侯爵夫人』『近代能楽集』など。晩年は右翼的な政治活動に傾倒し、最終的に自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部方面総監を監禁、クーデターを促す演説を行ったのち、その場で割腹自殺を遂げた。

三島由紀夫の名言 一覧

傷つきやすい人間ほど、複雑な鎧帷子(よろいかたびら)を身につけるものだ。そして往々この鎧帷子が、自分の肌を傷つけてしまう。


青春の特権といえば、一言をもってすれば無知の特権であろう。


三島由紀夫の経歴・略歴

三島由紀夫、みしま・ゆきお。日本の小説家、劇作家。東京都出身。東京大学法学部卒。代表的小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡の家』『豊饒の海』、代表的な戯曲に『サド侯爵夫人』『近代能楽集』など。晩年は右翼的な政治活動に傾倒し、最終的に自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部方面総監を監禁、クーデターを促す演説を行ったのち、その場で割腹自殺を遂げた。

他の記事も読んでみる

福地茂雄

私のように外からやってきた者の方が、内部にいた人よりも、従来の仕組みを大胆に変えられるという利点があります。


戸塚隆将

グローバルファームではなぜ即断即決ができるのか。それは権限が明確だからでしょう。中には一人の独断では決められず、複数人による協議が必要になる案件もあります。株主への説明責任が必要になる高額案件です。そうした案件については「いくら以上の投資案件」とルールが定められています。しかし、裏を返せば、それ以外のものは現場に権限があり、即断即決できます。


石田淳(コンサルタント)

モチベーションの維持には環境が大きく影響しています。ものごとが長続きしないのは、決して自分の意思が弱いからでも、やる気がないからでもありません。環境の設定次第でどうにでもなるのです。続けたい行動(ターゲット行動)に対して、それを邪魔する行動(ライバル行動)が起きないような環境をいかにつくるかがポイントです。


早川周作

ベンチャーは1000社あれば990社は倒産すると言われます。その中で残るには、社会意義を考えて、その「志」を持っているのか、5年後、10年後、15年後の「夢」、ビジョンを持っているかどうかが非常に重要になると考えています。


釜和明

年末最後の就業日には本社で納会を開くのが習わしになっているのですが、苦境の中でも社長就任1年目から全フロアを回って従業員たちと酒を酌み交わしました。回り終わる頃には記憶があやふやになるほど酔っていましたけどね。全国の事業所にも頻繁に出向き、従業員たちに損失の原因などを説明しました。彼らと同じ目線に立つことで、「社長が苦労しているんだったら、私も頑張ろう」と、みんなに思ってもらえたのではないでしょうか。


手代木功

子育てを通じて、子供は反発もするけれど、愛情をかけた分だけ受け止めてくれるというのを実感しました。ありがたいことに息子たちはそれぞれ立派に社会人になってくれたので、マクロでは自分の教育論は間違っていなかったと自信を持っています。


大前研一

コンサルタントも商売だから、嫌われたり、失敗して切られるのは怖い。だから、クライアントの好みを先に聞き出して、それに合わせるような戦略を提言したり、答えがわかっている領域を「問題」として取り上げて、簡単な分析で無難な戦略を提言する輩が少なくない。しかし、そんなものが「参謀の仕事」であるはずがない。自分のインタレスト、自社のインタレストは捨てて、「この人を輝かせるためにどうしたらいいか」だけを考える。


吉永賢一

発想力や企画力を高めたいときは、読書に感覚刺激を組み合わせます。テーマに関係する本を大量に読んでインプットを増やしてから、あえてそのテーマとは無関係なジャンルの本を読んでみる。それによって感覚が刺激され、思わぬところからアイデアが湧いてきたりします。映画を観たり、街歩きをしたり、シャワーを浴びたりするのもよいでしょう。そこで閃いたアイデアは必ず書き留めて、最後に企画書として読みやすいよう論理的に整理します。


栗原博

大手上場企業を担当する営業部に異動したとき、そこで出会った上司はこう言いました。「苦手な気持ちは、たとえ表現しなくても空気で伝わってしまう。だから感情を隠すのではなく、お客様のことを好きにならなくてはダメだ。お客様を好きになるためには、お客様のいいところを見つけることが大切。いいところは、ぼやっと見ているだけではわからない。だから、単に知っているというレベルではなく、お客様自身が知らないようなところまで知り抜きなさい」、と。この心構えは今でも大事にしています。


高橋荒太郎

松下が台湾で商売をするのは金儲けのためではない。台湾の社会に松下流のビジネスの仕方を定着させ、台湾の皆さんに幸せになってもらうためだ。