名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三島由紀夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三島由紀夫のプロフィール

三島由紀夫、みしま・ゆきお。日本の小説家、劇作家。東京都出身。東京大学法学部卒。代表的小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡の家』『豊饒の海』、代表的な戯曲に『サド侯爵夫人』『近代能楽集』など。晩年は右翼的な政治活動に傾倒し、最終的に自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部方面総監を監禁、クーデターを促す演説を行ったのち、その場で割腹自殺を遂げた。

三島由紀夫の名言 一覧

傷つきやすい人間ほど、複雑な鎧帷子(よろいかたびら)を身につけるものだ。そして往々この鎧帷子が、自分の肌を傷つけてしまう。


青春の特権といえば、一言をもってすれば無知の特権であろう。


三島由紀夫の経歴・略歴

三島由紀夫、みしま・ゆきお。日本の小説家、劇作家。東京都出身。東京大学法学部卒。代表的小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡の家』『豊饒の海』、代表的な戯曲に『サド侯爵夫人』『近代能楽集』など。晩年は右翼的な政治活動に傾倒し、最終的に自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部方面総監を監禁、クーデターを促す演説を行ったのち、その場で割腹自殺を遂げた。

他の記事も読んでみる

中山愼一

人生は一度きり。何事も先延ばしにせず、その時に自分ができることを精一杯行っていけば誰しも成長できるはず。


山海嘉之

欧米のSFのロボットが、人間を追い込んでいくものが多かったのに対して、日本の場合は友達や仲間という意識が強い。子供向けには「良いものは良い、悪いものは悪い」という、わかりやすい価値観でSFが製作されていた時代があり、人間観を育む上で良い影響を与えていると思います。


安藤忠雄

いわゆるサラリーマン社長は、任期中に問題をあまり起こさないと言われますが、企業には必ず問題が起こるものです。しかし、問題が起きた時にどのように立ち向かっていくかが問われるのに、何度も会議をして、民主主義的に物事を進めようとするので、解決しないまま時間だけが経過していくということになってしまう。


横田南嶺

私は仏教の経典の中でも『般若心経』に心をひかれます。『般若心経』は最初から最後まで全部が否定。すべてに「空」とか「無」という言葉をつけて否定します。否定して、ではどうすればいいのかというと、期待をしないのです。否定の先に何かあるだろうという期待さえもしない。


畑中好彦

CEO(最高経営責任者)の仕事は次の世代に何を残すかを毎日考えること。後継者の育成も大事でしょうが、事業やパイプライン(開発候補品)など新しく何かを始めるなら代わりに何をやめるべきかというトレードオフを日々考えていますね。経営会議で新しい提案が上がるたびに必ず「それでは代わりに何をやめる?」と尋ねます。


徳重徹

全部1人でやろうとせずに、社員や他の役員と意思疎通を緊密にして、任せられることは任せることが重要。経営方針さえ全員で共有できていれば、従業員は主体的に動いてくれる。


秦郁彦

歴史家の仕事にはジレンマがあり、つらい時もあります。満州事変を主導した石原莞爾の評伝を書いた時のこと。遺族に話を聞きに行くと、私が石原を高く評価していることが伝わったのでしょう、秘蔵文書を提供してくださいました。しかし私は著書の中で「日本を破滅の道へ追いやった責任者」と石原を厳しく結論づけた。つらいことではありますが、好きな人物であってもこの点はゆるがせにできません。遺族の方は不満だったと聞いています。「借り」ができるから、当事者のヒアリングはしないと割り切っている人もいるくらいです。


フィリップ・コトラー

創造とイノベーションに継続的に取り組む企業だけが、実り豊かな将来を手にするチャンスを与えられている。


小島景

期待に応えられているか、常に不安にかられています。満足したことは一度もないし満足したらそこで終わり。一流を目指し一流であり続けるためには、常に進化させていくことが必要。


中嶌武夫

私自身についてはまず、お客様に喜んでいただくことに何のこだわりもなく素直に「ありがとう」と思える自分でありたい。そして、逆にお客様のほうから「ありがとうね」と、口には出していただかなくとも、心の中で思っていただける自分でありたいとも思っています。


中村龍明

長年ゴルフに取り組んでいれば、「ボールを上げるのはクラブの仕事」という言葉は聞いたことがあるでしょう。6番アイアンよりも9番アイアンのほうが、ボールが高く上がるのは、スイングを変えているからではなくクラブを替えているからということは、分かっていると思います。ところが、バンカー越えや池越えになると、不思議と自分の動きでボールを上げたくなってしまうのです目の前のハザードを避けるためにはどうしたらいいか、脳が勝手に考え始めてしまうのでしょうね。そういう仕組みが分かっているのであれば、「バンカーに入れたくない」と脳が考え始めた時、「やるべきことはバンカーに入れないことではなく、15ヤード先(20ヤード先)の地面にボールを落とすこと」だと意識を転換する必要があるわけです。


原田まりる

これから哲学を学ぶ人へのアドバイスとしては、まずは入門言を読むなどして、推しメンならぬ「推し哲(一押しの哲学者)」を見つけてください。そうすると興味を持って哲学の世界を見て回れます。「推し哲」で人気があるのは、文才があって言葉が心に響きやすいニーチェですね。ビジネスパーソンなら、「精神的な疲弊」に着目し、幸福を得る手法を考えたラッセルの哲学に共感するかもしれません。どこからでもいいので、ぜひ、哲学の世界に飛び込んでみてください。