名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三島由紀夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三島由紀夫のプロフィール

三島由紀夫、みしま・ゆきお。日本の小説家、劇作家。東京都出身。東京大学法学部卒。代表的小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡の家』『豊饒の海』、代表的な戯曲に『サド侯爵夫人』『近代能楽集』など。晩年は右翼的な政治活動に傾倒し、最終的に自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部方面総監を監禁、クーデターを促す演説を行ったのち、その場で割腹自殺を遂げた。

三島由紀夫の名言 一覧

傷つきやすい人間ほど、複雑な鎧帷子(よろいかたびら)を身につけるものだ。そして往々この鎧帷子が、自分の肌を傷つけてしまう。


青春の特権といえば、一言をもってすれば無知の特権であろう。


三島由紀夫の経歴・略歴

三島由紀夫、みしま・ゆきお。日本の小説家、劇作家。東京都出身。東京大学法学部卒。代表的小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡の家』『豊饒の海』、代表的な戯曲に『サド侯爵夫人』『近代能楽集』など。晩年は右翼的な政治活動に傾倒し、最終的に自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部方面総監を監禁、クーデターを促す演説を行ったのち、その場で割腹自殺を遂げた。

他の記事も読んでみる

森健志郎

創業当時から今に至るまで、スクーの授業が重視しているのは「コミュニケーション」です。学生時代のことを思い出してください。学校での学習は、先生の言葉を一方的に聞かされるだけではなかったはずです。先生に質問したり、横にいるクラスメイトと会話したり、といったコミュニケーションによる学びがあったはずです。つまり、コンテンツより、そこに付随するコミュニケーションこそが、学習の継続や学習効果において大事な要素だということです。


町田勝彦

ブランドは無形の財産だ。開発技術や生産技術、デザイン、知的財産、特許などと同様、バランスシートには載ってこない。だが、この無形の財産の価値を高めなければ企業価値を高められない。強いブランド力を持たない企業は、生き残っていくことが難しい。


野村忠宏

五輪の舞台では全国民が見守る中で戦うわけですから、想像以上の恐怖心とプレッシャーを抱えます。四六時中、競技のことしか考えないようでは、押し潰されてしまう。集中する時は集中し、遊ぶ時は思いっきり遊ぶといった「切り替え力」は重要です。


テリー伊藤

隣に引っ越してきてほしくない人ほどテレビに出せば面白い。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんは、「私はお金のために働いてはいない。ただ、大好きなことをして、お金を自分のために働かせているだけだ」と言った。そして、「給料のために働くのをやめればすぐに、物事を新しい視点から見られるようになる」と。私は目が覚めた思いだった。その後、私はどうしたらお金を自分たちのために働かせられるかについて考え続けた。


広津崇亮

線虫には凄い嗅覚があるというのはアメリカの大御所研究者たちによって、よく知られたことでした。なので、日本の学生の私が彼らと同じ方法で挑んでも敵わない。彼らができないことをやればもっと新しいことに繋がるだろうとそこは一生懸命考えました。


小笹芳央

上司が大量に仕事を任せてきたとき、上司はどのくらいの分量まで音をあげずに頑張るかを見ています。つまりこれは「試される仕事」です。ここを突破できれば次は仕事を任されるようになり、さらには重要なプロジェクトを託されるようになります。この階段を上る候補者と目されているのですから、チャンスと考えるといいでしょう。


田中雅子(経営学者)

ぜひ、ご自分が若手のときに、かけてほしかった言葉を、部下にかけてあげてください。


ジェームズ・ダイソン

より深く理解するためには手を動かして試してみるしかない。


伊庭正康

「その仕事をなくして良いかどうか」迷ったときは、次の三つの観点で判断できます。

  1. お客様に影響が出ないか?
  2. 職場の上司や同僚にしわ寄せがこないか?
  3. 様々なリスクが高まらないか?

たとえば、客先に提案する際に、その都度、提案書を作成していたとします。これをなくしたらどうなるかと考えてみるのです。すると、問題がありそうなのは(1)の「お客様への影響」だけとわかります。ただ、提案書を一切なくしたら、お客様は困惑するかもしれませんが、どの会社にも応用が利くものを作り、それを持って行けば、お客様は気にしないかもしれません。いちいち作らなければ、その分の手間が大幅に削減できるわけです。こうしてひとつひとつ検証すると、資料や書類作成のような間接業務は不要であり、これらをなくすことで、多くの時間を作り出せると気づくでしょう。


井上高志

話すときは熱量も大事です。淡々とした業務報告の中でも、ここは本当に守ってほしい、絶対にコミットしてほしいという部分では、話し方に熱を込めます。


森下一喜

一発屋にならないために大切なことは「既存価値の最大化」と「新たな価値の創造」という2点だと考えています。前者についてはパズドラのようなヒット作を、いかに長期的なブランドに育てるかが重要だと思っています。その一環が3DS向けのパズドラZの発売なのです。子供の世代にゲームを体験させることで、将来的な顧客を獲得していきたい。後者については、今のゲームを刷新してユーザーにサプライズを提供していきます。国内市場では、パズドラというゲームそのものの進化を考えています。