三島由紀夫の名言

三島由紀夫のプロフィール

三島由紀夫、みしま・ゆきお。日本の小説家、劇作家。東京都出身。東京大学法学部卒。代表的小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡の家』『豊饒の海』、代表的な戯曲に『サド侯爵夫人』『近代能楽集』など。晩年は右翼的な政治活動に傾倒し、最終的に自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部方面総監を監禁、クーデターを促す演説を行ったのち、その場で割腹自殺を遂げた。

三島由紀夫の名言 一覧

傷つきやすい人間ほど、複雑な鎧帷子(よろいかたびら)を身につけるものだ。そして往々この鎧帷子が、自分の肌を傷つけてしまう。


青春の特権といえば、一言をもってすれば無知の特権であろう。


三島由紀夫の経歴・略歴

三島由紀夫、みしま・ゆきお。日本の小説家、劇作家。東京都出身。東京大学法学部卒。代表的小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡の家』『豊饒の海』、代表的な戯曲に『サド侯爵夫人』『近代能楽集』など。晩年は右翼的な政治活動に傾倒し、最終的に自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部方面総監を監禁、クーデターを促す演説を行ったのち、その場で割腹自殺を遂げた。

他の記事も読んでみる

上原昭二

一つの物事を成し遂げるには、全力を注げということです。四方八方に目配り気配りをし、常になぜそうなるのかを考える。経営者としての原点は、そこにあると思う。私は部下からの報告を聞くとき、なぜそうなるのかと問い返すことが多い。意識しているわけではないのですが、あらゆるケースを想定して、それに答えられるだけの報告でない場合は、なぜという問いかけをしているようです。


中里義崇

元々は、海外ドラマの「ビバヒル」にはまって、フィギュアを集めていたんです。ホームページで紹介したら、他の方から「欲しい」という声があって。それで、1体20ドルで仕入れた物が、2万円前後で売れたのが、グッズ販売のきっかけです。


齋藤勇(齊藤勇)

コミュニケーションはキャッチボールだとよく言われますよね。でも、日本人のコミュニケーションはキャッチボールではないんです。ピッチャーとキャッチャー、つまり投げ手と受け手に役割が最初から決まっている。会社であれば、投げ手が上司、受け手が部下というシチュエーションが多いですよね。ですから、会話を拾って、投げた相手が喜ぶような力量が試されるわけです。


上川徹

「こういうことをやりたいな」「こうなったらいいな」という気持ちをどうか大切にしてほしい。「やっぱり無理かも」と諦めてしまう人が多い中で、なんとか実現させようと頑張っている人は輝いて見えるし、そういう人の周りには、自然と色々な人間の力やサポートが集まってくるものだから。


マーク・ハード

ぞっとするようなひどい戦略の下では成功などあり得ません。


新浪剛史

真似をし続けている限り、パイオニアには敵いません。


泉谷直木

私は若いころから経営トップと直接やり取りをする機会に恵まれましたが、様々な状況の思考実験をしておかないと、トップは動いてくれないのです。単に「この情報は大事です」と言うだけでは、仕事をしたことにはなりません。


川内正直

上司が部下に影響力を発揮するには、いくつかの要素が必要です。まず、部下に「あの人はすごい」と思わせるだけの“専門性”。また、「あの人は素敵だ」と思わせる“魅了性”も必要です。そして、部下が「あの人がいるとありがたい」と思える“返報性”も重要。


マルコ・ファン・バステン

9本のスーバーゴールと10本の平凡なゴール、選べと言われたら迷わず10本の方を選ぶ。


鈴木修

難しい問題に直面したら、自分だけで抱え込まずに、上司に相談してほしい。相談を受けた上司が迷ったら、さらにその上の上司に相談してほしい。これを繰り返すことで、組織のコミュニケーションがよくなり、会社の実力がアップすると思います。


清水勝彦

日本企業は反発や対立というものに慣れていないから、波風の立たないつまらないアイデア、他社もやっている無意味な戦略で終わっているのではないでしょうか。


安藤忠雄

組織である以上、目標を定め、何のためにその目標を目指すのかというビジョンが必要です。かつての日本には、ソニーの盛田昭夫さんやクルマの開発に人生をかけた本田宗一郎さんといった夢を語る人がいました。世界一速いクルマを作ろうと必死になるから、組織の技術もどんどんレベルアップしていく。


つんく♂

ゴールまでの道のりが42.195kmで、「20年後にそこにたどり着きたい」という仮想ゴールを設定する。そして、「20km地点までにはこれをやっておく」「10kmまでには」というように、逆算で目標を決めていく。そうやって逆算していくと、「100m先に進むために、何をしなければいけないのか」が見えてきます。すると、いまやるべき仕事が、つまらないどころか、いかに大事な仕事かがわかるはずです。


アントニオ猪木

俺たちは、生まれながらに偉いのではない。全力でぶつかり、失敗し、それでも立ち上がって、また失敗し、やっと何かをつかんだかと思ったら、虚しくも朝の露。しかし、まだまだくたばらない。俺には欲があるんだ、夢があるんだと向かっていく。そうして、ちっぽけながらも、自分だけができる何かをつかんできた。


高橋重幸(経営者)

年間30回ほど、ユーザーの勉強会などを実施しています。実際に利用している顧客の担当者による生の声、例えば操作画面のメニューの名称が分かりづらいとか、ごくごく小さな不満まで聞くことができます。同時に他の顧客の意見や要望、そして顧客によっては同じ作業でも処理方法が違っていることが分かり、システムへ反映させるべき仕様の適正化と優先度の判定に大いに役立ち、加えて利用者の意見や要望が実現されるベンダーとして顧客満足度の向上に大いに貢献しています。


ページの先頭へ