名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三島愼次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三島愼次郎のプロフィール

三島愼次郎、みしま・しんじろう。日本の経営者。「ジャパンマリンユナイテッド」社長。大阪大学基礎工学部機械工学科卒業後、日本鋼管に入社。日本鋼管船舶・海洋技術部長、ユニバーサル造船経営企画部長、執行役員、社長などを経て「ジャパンマリンユナイテッド」社長に就任。

三島愼次郎の名言 一覧

何もしないのがその時は楽だろう。だが将来を考えて動くのが経営だ。


当社は独立会社ではあるが、大株主との関係を生かして競争力を高めていく。もちろん、なぜ当社に出資するのか、3社はそれぞれ株主の厳しい目にさらされている。利益を稼いで配当を支払う。出資を受ける意義は当社がきちっと示さなければいけない。


社長就任当時、ユニバーサル造船は船舶の品ぞろえの幅を広げようにも、経営資源や人的資源に余裕がなかった。IHI子会社のIHIMUも似たような状況で、この切実な危機感が統合の原動力となった。


統合前はばら積み船やタンカーに依存していた。統合で品ぞろえが厚みを増したことで、特定の船舶の需要変動にさらされにくくなった。全体的に受注環境はよくないとはいえ、統合していなければもっと状況は悪かっただろう。


三島愼次郎の経歴・略歴

三島愼次郎、みしま・しんじろう。日本の経営者。「ジャパンマリンユナイテッド」社長。大阪大学基礎工学部機械工学科卒業後、日本鋼管に入社。日本鋼管船舶・海洋技術部長、ユニバーサル造船経営企画部長、執行役員、社長などを経て「ジャパンマリンユナイテッド」社長に就任。

他の記事も読んでみる

落合寛司

入庫2年目に、私が担当していた会社が倒産してしまいました。社員40人程度の会社ですが、4人家族だとして160人、さらには取引先も加えるともっと多くの人が倒産によって苦しむことになる。どうすれば倒産させないですんだのかを考えた結果、自分がもっと相談に乗ることができていれば防げたのではないかという結論に達しました。そこでできるだけ取引先の相談に乗ろうと、中小企業診断士の資格も取りました。その後、立川南口支店長になったのですが、周辺はある信金の牙城です。でも私は業績を大きく伸ばすことに成功しました。当時はバブル経済が終わった後で、税金の支払いなど、課題を抱えている事業者が多かった。そこで困っている人は相談してくださいと呼びかけ、来られた方にはその場で専門家に電話してアドバイスをしてもらう、という取り組みを始めたところ、業績が上がっていきました。これを見た当時の理事長が全庫で取り組むことを決め、今のお客様支援センターにつながります。今では3万人を超える専門家と連携し、取引先の課題を解決しています。


井上真央

私の健康法の基本は精神論。連休がたまにあると風邪をひくことのないよう注意していますし、今は倒れることのないよう気を引き締めています。


宮内義彦

すべての経営判断が正解だなんてことはありえない。問題は正解になる確率だ。


生月誠

タバコをやめるのに有効なのは、吸わなくても平気と思える「代わりになるなにか」を見つけること。一番お勧めしたいのは「体を動かすこと」を選ぶこと。運動やスポーツ競技など健康的なものはタバコやお酒とは逆にある世界ですが、やることでもっと早く走りたくなったり、うまくなりたくなったりします。そこに喜びを見い出すことができればしめたものです。


野村克也

「信は万物のもとをなす」ともいうが、信じてもらえるような人間になるには、理にかなった深い言葉を学び、知っておく必要がある。上に立つ者、会議で自分の意見を相手に明確に伝えたいと思う人間は、本を読み、経験を重ね、理にかなった言葉を獲得する努力を怠ってはいけない。


坂根正弘

評価された人すべてが、社長になれるわけではありません。運も必要です。トップリーダーになれるかなれないかに執着するのではなく、定年を迎えても、周囲から「残ってほしい」と言われる人材を目指してはいかがでしょうか。そういう人は、人の神輿に乗って管理職として仕事をしてきた人ではなく、自ら汗をかき、知恵を絞って働いてきた人です。自分で考え実行する。そんな人こそ、企業に最も必要な人材だと思います。


俣野成敏

私は大学卒業後、東証一部上場企業に入社したものの、30歳のときにリストラ候補になりました。そのとき、転職を考えたのですが、私にはこれといった専門性がありませんでした。海外駐在員になったりもしましたが、ゼネラリストとしていろいろな部署を転々としていたのです。そのような典型的な何でも来いの文系型サラリーマンの市場価値は高くないのです。


伊東孝紳

実は現場は、私が指示した開発案件の全取り換えをすぐしなかった。面白いことに、やめろと言ったのに1年くらい開発が続いていた案件もあった。驚きました。ただ、やめないでよかった技術があったのです。詳しくは話せませんが、開発予算削減の影響で、たった3人で開発していたある技術です。私も続いているとは知らなかったけど、いまから1年前「面白いものになりそうだから」と試作品を見せられたんです。感激しました。本人たちも感極まって涙ぐんでいた。世に出るまであと3年ぐらいはかかりそうですが、経営的にも相当な価値です。


菅井敏之

将来の不安を解消するには、自著のタイトル『金の卵を産むニワトリを持ちなさい』が一つの答えです。例えば毎月一定の収入をもたらす賃貸住宅を所有する――。やはり定期的に入ってくるお金が安心感をもたらし、人生を豊かにします。


澤田秀雄

私は様々な分野に手を出しすぎて反省しています。全く違うビジネスに挑戦すると、勉強しなくてはならず、大変ですから。それでも、まだ新しいことにチャレンジしようと考えています。


佐藤優

どうも一握りの幸運な成功者だとか、抜きんでた才覚の持ち主だとか、そんな人たちの話ばかりを聞きたがる人が多いようですが、僕から言わせれば方向が違うと。たとえば何かのサークルでもいいし、町内会や趣味のグループでもいい。マイペースで楽しく生きている人がいるはずです。そういう人たちのなかにこそ、幸せのヒントがあると思う。


和田秀樹

時間や労力を注ぎ込むだけなら、それは投資とは言えない。何かを回収できてはじめて投資と呼べるのである。何を回収するのか。それは自分が人生に何を得たいのかということによって違ってくる。投資の原点はまず自分が何を回収したいのか、ということをはっきりさせておくということだ。自分は人生で何を得たいのか?