名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三島愼次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三島愼次郎のプロフィール

三島愼次郎、みしま・しんじろう。日本の経営者。「ジャパンマリンユナイテッド」社長。大阪大学基礎工学部機械工学科卒業後、日本鋼管に入社。日本鋼管船舶・海洋技術部長、ユニバーサル造船経営企画部長、執行役員、社長などを経て「ジャパンマリンユナイテッド」社長に就任。

三島愼次郎の名言 一覧

何もしないのがその時は楽だろう。だが将来を考えて動くのが経営だ。


当社は独立会社ではあるが、大株主との関係を生かして競争力を高めていく。もちろん、なぜ当社に出資するのか、3社はそれぞれ株主の厳しい目にさらされている。利益を稼いで配当を支払う。出資を受ける意義は当社がきちっと示さなければいけない。


社長就任当時、ユニバーサル造船は船舶の品ぞろえの幅を広げようにも、経営資源や人的資源に余裕がなかった。IHI子会社のIHIMUも似たような状況で、この切実な危機感が統合の原動力となった。


統合前はばら積み船やタンカーに依存していた。統合で品ぞろえが厚みを増したことで、特定の船舶の需要変動にさらされにくくなった。全体的に受注環境はよくないとはいえ、統合していなければもっと状況は悪かっただろう。


三島愼次郎の経歴・略歴

三島愼次郎、みしま・しんじろう。日本の経営者。「ジャパンマリンユナイテッド」社長。大阪大学基礎工学部機械工学科卒業後、日本鋼管に入社。日本鋼管船舶・海洋技術部長、ユニバーサル造船経営企画部長、執行役員、社長などを経て「ジャパンマリンユナイテッド」社長に就任。

他の記事も読んでみる

重松理

私にはオフタイムの意識がありません。ほとんど仕事のことしか考えていない。それ以外は……ウイスキーを飲んでいます(笑)。まったく自覚はありませんが、ウイスキーを飲むことがきっとストレス解消にもつながっているんでしょうね。オンオフを切り替える時間なのかもしれません。


松本大

仕事で英語を使うぶんには、高度な英語力など必要ない。なぜそう言えるのか。私自身、中学生に毛が生えたレベルの英語力しかないのに、英語で仕事を十分にこなせているからです。


菊地哲(経営者)

社長やマネジメント職は、失敗の芽を早く摘むことが大事です。私の経験からすれば10回挑戦すると3回は失敗します。投資するときは6勝4敗でOKです。ただし失敗したときに、即時撤退を上司が決断することが条件です。


ハヤカワ五味

自分の体形のコンプレックスを解消できる商品をつくり始めました。たとえばショッピングモールに下着屋さんが3店舗入っているとします。ぜんぶ回っても、私の体に合うサイズは2着あればいいほう。しかも、なんとか見つけた2着もデザインがかわいくない。メーカーがつくらないのは数が少なくて、コストに見合わないからだと思います。ブラジャーって、サイズが変わっても価格は基本的に同じ。胸の小さい人用は生産数が少ないのでコストがかかるのに、よく出るサイズと同じ価格でしか売れないとなれば、そもそもつくるのをやめようという話になる。これは自分で何とかするしかないなと。


林下清志(ビッグダディ)

子育てに参加しようと思っている世のお父さんに言いたいのは、作文に「僕の尊敬する人はお父さんです」って、書いてもらうために子育てをするのは全くの見当はずれってこと。大事なのは、いかにブレない親父でいられるかってことですよ。小さい頃は「学校でも褒められて自慢の子どもだよ」なんて言ってたのに、当たり前の精神成長過程を辿ってやってきた反抗期に「うるせえ」なんて言われて「何でそういうふうになったんだ」ってその子を全否定する。これは子どもにはすごいショック。それが非行にもつながります。だからずっと同じスタンスで「ばかだなあ、おまえは」っていうなら、ずっと「ばかだまあ、おまえは」っていう親父でいいだろうし。「かわいいかわいい」って言うんであれば、ずっとそれでいいだろうし。


野村克也

バッターが不調になる原因で意外に多いのが、「ホームランへの欲求が出てきた」時だ。ジャストミートしたボールがスタンドに吸い込まれる。大歓声に包まれる中、ダイヤモンドを悠々と駆けめぐる。ホームランには打った者だけがわかる唯一無二の快感がある。それが、怖い。たとえば、ヤクルトの飯田(哲也)。そもそも俊足が売りで、ヒットをコツコツと重ねるタイプの打者だ。しかし、ホームランを打つと、途端に飯田は大ぶりになるクセがあった。結果、打球は伸びず、内野ゴロばかり続く、という不調によくみまわれていたよ。


石塚しのぶ

色々と研究してみると、規模も業種も様々な会社が企業文化、つまり価値観の共有を基盤とした経営で頭角を現していることがわかりました。アメリカでは、特に、中小企業がこの「価値観主導」の経営とリーダーシップを導入し、地域社会で尊敬され、顧客や社員に愛される会社として活躍しています。そのムーブメントは「スモール・ジャイアンツ(小さくても偉大な会社)」と呼ばれ、注目を浴びています。


奥谷禮子(奥谷礼子)

社会人になっても、仕事を面白いとは思えませんでした。世界中を飛びまわり、知見を広げられたことは感謝していますが、「こんなおじさんが管理職をやれるのなら、私にもできる」と思っていました。そして、交流のあった日商岩井副社長を務めた海部八郎さんに相談したところ、「奥谷さん、そんなに何かやりたいと言うのなら、一番いいのは社長になることだよ。会社をつくればいいんだよ」と言われ、起業することにしたのです。


山下聰(経営者)

現在の当社の成果というのは、先人・先輩が努力した結果です。そう考えると、私たちは今、将来に向けた投資をしっかりやっておかなければなりません。


トーマス・エドワード・ロレンス(アラビアのロレンス)

作戦が50回阻止されたら、51回目で目標をなし遂げる。


廣内武

生き残るには、メーカーという本業に磨きをかけ先鋭化・差別化していくことが重要。


茂木誠

「世界史を学び直す」というと、つい雑学系の教養を連想しがちです。しかし、歴史を学ぶ意義は些末な情報を収集することではありません。過去を俯瞰的に把握することで現代を読み解き、そこで得た情報を未来に生かす力を持つことが大切なのです。