名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三島幹雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三島幹雄のプロフィール

三島幹雄、みしま・みきお。日本の社労士、経営コンサルタント。「社会保険労務士法人三島事務所」代表。広島県出身。獨協大学外国語学部フランス語学科卒業後、社会保険労務士試験に合格。大手訪問介護会社勤務を経て三島事務所を設立。

三島幹雄の名言 一覧

お客さんは法律の話なんか聞きたくないと思うんです。知りたいのはどう法律を使えば課題が解決できるのかという、その方法。その領域をどう学び、実際に即した解決策を提示できるかが士業としては非常に大事な視点なのかなと思っています。


自分は経営していないのに経営者の相談に乗る、というのは違うだろうと。一度は同じ所に立って、同じ風景を見ないと経営者の方の話も聞けないし、同じ所に立つことで共感力が養われて、解決法も提案できるんじゃないでしょうか。


三島幹雄の経歴・略歴

三島幹雄、みしま・みきお。日本の社労士、経営コンサルタント。「社会保険労務士法人三島事務所」代表。広島県出身。獨協大学外国語学部フランス語学科卒業後、社会保険労務士試験に合格。大手訪問介護会社勤務を経て三島事務所を設立。

他の記事も読んでみる

深谷紘一

モノづくりの現場力が低下していると言われています。日本は80年代の終わりまで「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われて、世界から見学者がいっぱいやってきた。そこでちょっと格好をつけちゃったんですかね。我々も、もう一度きちんと反省し、たとえば、現場のチェック体制などを見直していきたいと思います。


荒木飛呂彦

自分も若いころは、読者アンケートの票数にライバル心を抱くことはありました。だけど、人を倒したいなんて思っても駄目なんですよね。そのうち徹夜で締め切りに追い詰められると、そんなことは言っていられなくなって、結局、自分との戦いになるんです。むしろ、他の作家さんたちを尊敬するスタンスでやっている方が、いい漫画を描けるような気がします。


C・W・ニコル

私はケンカっ早いため、これまでいろいろな人たちとケンカをしましたが、長年のケンカ相手のひとつが林野庁です。


駒崎弘樹

何か変えようとするなら、その対象に触れないといけないはずです。でも、典型的知識人にはそれが足りなくて、概念としての日本を語って満足しているように見えます。それは企業人も同じ。


高田純次

昼は劇団の稽古で、夜は工事現場で肉体労働。キツかったなぁ。でもキツかったから、先々のことを考えて不安にならずに済んで、かえってよかったのかもしれない。


岩田松雄

実績が出ないのを「仕事内容が自分に合わないから」と言っても、そんな人はどこにも相手にされません。希望の仕事でなくても結果を出すことで、周囲の評価が高まり、「じゃあ、あいつに仕事を任せてみよう」となります。転職する場合でも、実績を上げてこそ履歴書に言ける内容が増える。


金田一秀穂

『論語』には「直(ちょく)」という言葉が出てきます。素直や正直のことです。いかにも良い言葉ですが、孔子はあえて「直であることはもちろん良いことだけど、それは人に迷惑をかけることにもなる」と説いています。正直であることは結構だけれど、通り一遍で物事を捉えるのは「考えが足りないんだよ」といっているわけです。だから怒りたくなる時でもすぐに声を荒げたりせず、少し立ち止まって、相手の立場に思いを馳せたほうがいいよね。たとえば部下がミスをしたのは何か事情があったのかもしれない。家族に何かあったとか、体調がすぐれなかったとか、あなたが見ている以外の「その人」というものがあるわけだからね。


了徳寺健二

学生が自分たちの価値を見出せるように指導していく。それが教育の使命。


杉原博茂

これまで通りではダメだと気が付いて、日本全体が変わっていく必要があります。例えば橋が老朽化したり道が老朽化している問題が顕在化していても、コストが高いからと問題解決を先送りしていたら、「数年前までは400億円で解決できると言っていたのが、今は800億円かかるようになってしまった」なんてことがザラに起こっています。


金昇浩(キム・スンホ)

当社の社訓は「誠実・忍耐・努力」です。これを最大公約に持っていけばいいと。私はこれが一番だと思います。


伊藤直彦

百年に一度の危機であろうが、春はちゃんとやってくる。人生の大きな節目である入社式シーズンも間もなくだ。毎年、この時期になると、次代を担う若者たちに語りかけたいというエネルギーが体中にみなぎってくる。人生はもっと深くて大きいことを知ってもらいたい。


井上尚弥

ナルバエス戦では拳の圧力で手の甲の関節が悲鳴をあげ、脱臼していたらしいんですよ。結局、脱臼したところを手術することになって、完治するまで丸1年もかかったんです。手術して、初めはギプスで固定してましたから、もやもや感はあったんですけど、lか月を過ぎたあたりからは気にしても仕方がないと思い、左手一本の練習とか、できることをやるようにしていったんです。