名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

三島幹雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三島幹雄のプロフィール

三島幹雄、みしま・みきお。日本の社労士、経営コンサルタント。「社会保険労務士法人三島事務所」代表。広島県出身。獨協大学外国語学部フランス語学科卒業後、社会保険労務士試験に合格。大手訪問介護会社勤務を経て三島事務所を設立。

三島幹雄の名言 一覧

お客さんは法律の話なんか聞きたくないと思うんです。知りたいのはどう法律を使えば課題が解決できるのかという、その方法。その領域をどう学び、実際に即した解決策を提示できるかが士業としては非常に大事な視点なのかなと思っています。


自分は経営していないのに経営者の相談に乗る、というのは違うだろうと。一度は同じ所に立って、同じ風景を見ないと経営者の方の話も聞けないし、同じ所に立つことで共感力が養われて、解決法も提案できるんじゃないでしょうか。


三島幹雄の経歴・略歴

三島幹雄、みしま・みきお。日本の社労士、経営コンサルタント。「社会保険労務士法人三島事務所」代表。広島県出身。獨協大学外国語学部フランス語学科卒業後、社会保険労務士試験に合格。大手訪問介護会社勤務を経て三島事務所を設立。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

一定の時間が経過すれば人間は冷静に戻る。だから、上司に激しく怒られた後など、一旦、部屋の外に出て景色を見たり、トイレに行くなど一服するだけでも落ち着きます。


野間口有

私は研究所の時代から今日まで、「ヒット商品をつくれ」とは言わないできました。意識してヒットを狙うのではなく、自然にヒットが出るような体質づくりこそ大切だと考えているからです。常に技術を磨き、工夫して品質改善を重ねる。足腰を鍛え、鋭いスイングのできる筋肉や技術を蓄える。土壌があればヒットは自然に生まれるはずです。


大野裕

心と体を休めるように、という心身からの警告がうつ病です。ですから治療中は「ラク」が一番。働いている人は、上司に相談して仕事を調整するようにしてください。家事や育児も家族の手や業者のサービスを頼んで負担を減らすようにしましょう。少し疲れが取れてきたら、興味があることや、以前好きだった活動を再開してみてください。やりがいを感じたり、気持ちがラクになる行動を少しずつ増やしていくことは「自分にもできることがあるんだ」という発想の転換につながります。いつものように仕事や家事ができていないのに楽しむようなことをするなんてと罪悪感を抱くかもしれませんが、うつ病の場合は楽しい時間そのものが治療です。


田原総一朗

悩み続ける限りは現役である。もうこれでいいと満足した瞬間に、人は歩みを止める。


藤田晋

現場にどれだけ問題意識があっても、リーダーが正しい道を見せて、仕切っていかなければ前には進めない。


ドナルド・トランプ

私は代替案を用意しておくのは常識だと学んだ。何としても代替案を考え出さねばならない。それが結局は従来のやり方より良いものかもしれないのだ。


竹島愼一郎

プレゼンをする相手が企画書で注目するのは、ずばり「企画内容」と「いくらで」の部分です。それだけ、「いくらで」は重要です。実行計画では「いくらで」を中心に考え、適当な項目だけを取捨選択します。四項目すべてを網羅する必要はありません。


内田恒二

毎朝8時から役員が集まり、特にテーマは設けず一時間ほど話を交わす朝会と呼ばれる独特のミーティングがキヤノンにはある。一見非合理に見えるが、むしろ逆で無駄をなくすという大きな意味を持っている。瞬間に行う決断、思考、行動などがもし行われないと、そのあとに続く時間が止まり、あるいは遅れ、その連鎖によって大きなロスに結びついてしまうような無駄。朝会はトップの経営意思が共有されこれらの無駄をなくす。会いたい他の役員に会い、伝えたいことを伝え、確認したいことを確認できる。


坂本孝

もう駄目だと思う状況に追い込まれたときが仕事の始まり。最後まで頑張っていきたい。


松本晃(経営者)

正しいことを正しくやって結果が出たら、黙っていても人はついてきます。


桜井章一

私は「負け」にも流儀があると思っています。もし、どうしても勝てそうにないという局面になったとしても、「あきらめる方法」は百も二百もあるはず。その中の一つか二つにもっと「良いあきらめ方」があるかもしれません。単に勝負を投げるのと、最善手を模索した結果、撤退するのとでは、まったく違います。私自身、そんな「センスの良いあきらめ方」をする対戦相手には常に一目置いていました。


小林弘幸

プレゼン技術など、スキルアップをしたいビジネスマンは多いのですが、「実力をつける」と同じように「今ある実力を100%発揮すること」の大切さと難しさに気がついている人は、残念ながら少ない。