名言DB

9490 人 / 112001 名言

三島和夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三島和夫のプロフィール

三島和夫、みしま・かずお。日本の医師。不眠症の専門家。秋田大学医学部医学科卒業。同大学医学部精神科学講座助手・講師・助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター客員助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員助教授、国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部部長、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部部長、日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事などを務めた。主な著書に『睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン』『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識(共著)』『不眠の医療と心理援助 認知行動療法の理論と実践(共著)』ほか。

三島和夫の名言 一覧

「理想的な睡眠時間は何時間だと思いますか」と聞くと、ほとんどの方が8時間と答えます。でもこれにはまったく根拠がないのです。十分な睡眠をとっているかどうかは、時間の長短ではなく、昼間の眠気や倦怠感のあるなしで判断すべきです。


眠れないときは本当に眠くなるまで布団に入らない方がいいでしょう。眠れないのに布団に入っていると、本当に必要な睡眠時間はほぼ足りているうえに、眠ることに緊張や不安を持っているから、なかなか寝つけない。そのうち、「寝室=眠れない場所」という条件づけをしてしまう。


不眠の治療においては薬を使ってでも、とにかく眠るという経験をするのが大事。睡眠薬は必要なときに適切に使って、治ったら減薬・休薬するのが基本。実際、睡眠薬を服用した8割以上の人が1年以内に、7割が3カ月以内に治療が終わっています。特に新しいタイプの睡眠薬は依存リスクも少なく過剰に心配する必要はありません。


必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差があります。6時間睡眠でばっちりだという人もいれば、8時間でも足りない人もいる。この個人差は相当大きく、必要睡眠量の平均値、中央値すらわかっていません。


実は気づかない睡眠不足というケースが多いのです。日中でも眠気がある、だるいなどの自覚症状があれば、睡眠不足かなと気づきますが、睡眠不足が慢性化すると、眠いという感覚が鈍くなるのです。これが結構、怖い問題で、個人のパフォーマンスが落ちるだけでなく、絶対に寝てはいけない場面で寝てしまい、交通事故をはじめとするヒューマンエラーを引き起こすことが少なくない。慢性の睡眠不足は、社会問題でもあるのです。


三島和夫の経歴・略歴

三島和夫、みしま・かずお。日本の医師。不眠症の専門家。秋田大学医学部医学科卒業。同大学医学部精神科学講座助手・講師・助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター客員助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員助教授、国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部部長、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部部長、日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事などを務めた。主な著書に『睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン』『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識(共著)』『不眠の医療と心理援助 認知行動療法の理論と実践(共著)』ほか。

他の記事も読んでみる

上村光弼

優秀なマネジャー数人に、能力をどうやって身につけたか聞いてみたことがあります。驚くべきことに、彼らの答えはまったく同じものでした。それは、「これまで出会ってきた良い上司と悪い上司、そのどちらの上司からも学んだ」ということでした。彼らはその両極の上司を注意深く観察することで、部下への言葉のかけ方、叱り方、話の引き出し方など、あるべき上司像を学んだのです。


おちまさと

「初めての体験」を作るのがお勧め。初めて買ったCDや初めて観た映画、それからファーストキス……よく覚えているでしょう? 大人になってからでも、意識してみると日々、ちょっとした「初めてのこと」はあるものです。とくに、子供と暮らしていると、小さな新しい発見はたくさんあります。些細なことでも構いません。実は人生は毎日「初めて」だらけだということを認識することが大切です。初めての出来事や初めて感じたことは記憶として残りやすいのです。そうやって意識的に行動を起こして記憶する習慣をつけていけば、記憶力も鍛えられるでしょう。


遠藤結蔵

当社では、全国約1600店の店舗スタッフから改善提案を常時メールで受け付ける「スタッフ運営意見」という制度を設けています。商材から人事まで、店舗にかかわるあらゆる事柄について寄せられる意見や提案は毎月約100件にのぼります。当社事業支援部の担当者がそれらを取りまとめ、関連部署にフィードバックしており、実際にオペレーションの改善に役立った提案を行なったスタッフを、四半期ごとに表彰しています。


窪田良

確かに未練は残りますが、何かを捨てないと新しいモノを手にすることはできないと思います。特にベンチャー経営では、こだわることが必ずしもプラスにはならない。


ひろゆき(西村博之)

2ちゃんねるで騙されることは多いかもしれないですが、壺を売りつけられるわけでもないし、そういう意味では健全な場所なのかもしれません。とはいえ、明らかに間違っているだろうという情報を、信じてしまう心理はちょっと理解できないかもです。


森山透(経営者)

合併の際に、加工食品や酒類、チルド品などを持ち株会社の下に並べる考えもありましたが、しかし、それだと別々の指揮命令系統になるので、それぞれに経営企画部門があり、営業本部長がいることになる。そうなると給与も人事制度も違いますから、人事交流も難しく、一緒になる意味が薄れてしまいます。一歩踏み出すためにもひとつの会社にすることが必要だったのです。


盛田昭夫

人の心を打つためには、下を向いて原稿を読んではダメだ。


セネカ

つまづいた人のために手を差し伸べようと身をかがめないのは、正義の拒絶である。それは人類共通の正しい行ないなのだから。


蓮舫

ハウツーはあくまでハウツーで、「何が自分に合うか」は千差万別。だからこそ、まずは自分を知ることが不可欠だと思うんです。「よく見せたい」「かっこつけたい」の前に自分が伝えたい本当の声で、誠実にコミュニケーションすればいいと思います。背伸びせずにね。それができたとき身の周りが変わり、地域が変わり、日本が変わると思いますよ。


和田浩子

プレゼンで話すのが苦手なビジネスパーソンは、「戦略的思考」が身についていないことが多い。戦略的思考とは、「様々な数字データの中から、顕著な傾向を見つけて分析する→取り上げるべき課題を見つける→どうやってアプローチすべきかについての仮説を導き出す」というステップを踏んで考えること、伝える内容がこの流れで整理できていないから、アウトプットという形で相手に伝える時にうまくいかない。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その15】心配の種はどこにでもある。週末の後ろ向きの考えや、ニュースキャスターの恐ろしい予言には耳を貸してはいけない。企業のファンダメンタルズが悪化しているのなら株を売ってもよいが、この世の終わりが来るという予言は株を売る理由にはならない。


河合郁人

木村(信司)さんに出会うまでは、僕、演技をすることがどこか恥ずかしかった。さらけ出すのが怖かったんです。でも、木村さんがいろんな角度から導いて発見する面白さを教えてくれたから。やってみたら、本当に恥ずかしくないから驚いた(笑)。そうして自分の殻を破ったころに「(役に)ハマってきたね」って何気なく言われて。すごく嬉しかったんです。いらないものを一回全部出したから、新しい自分になれたのかもしれない。