三島和夫の名言

三島和夫のプロフィール

三島和夫、みしま・かずお。日本の医師。不眠症の専門家。秋田大学医学部医学科卒業。同大学医学部精神科学講座助手・講師・助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター客員助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員助教授、国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部部長、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部部長、日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事などを務めた。主な著書に『睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン』『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識(共著)』『不眠の医療と心理援助 認知行動療法の理論と実践(共著)』ほか。

三島和夫の名言 一覧

「理想的な睡眠時間は何時間だと思いますか」と聞くと、ほとんどの方が8時間と答えます。でもこれにはまったく根拠がないのです。十分な睡眠をとっているかどうかは、時間の長短ではなく、昼間の眠気や倦怠感のあるなしで判断すべきです。


眠れないときは本当に眠くなるまで布団に入らない方がいいでしょう。眠れないのに布団に入っていると、本当に必要な睡眠時間はほぼ足りているうえに、眠ることに緊張や不安を持っているから、なかなか寝つけない。そのうち、「寝室=眠れない場所」という条件づけをしてしまう。


不眠の治療においては薬を使ってでも、とにかく眠るという経験をするのが大事。睡眠薬は必要なときに適切に使って、治ったら減薬・休薬するのが基本。実際、睡眠薬を服用した8割以上の人が1年以内に、7割が3カ月以内に治療が終わっています。特に新しいタイプの睡眠薬は依存リスクも少なく過剰に心配する必要はありません。


必要な睡眠時間は個人ごとに大きな差があります。6時間睡眠でばっちりだという人もいれば、8時間でも足りない人もいる。この個人差は相当大きく、必要睡眠量の平均値、中央値すらわかっていません。


実は気づかない睡眠不足というケースが多いのです。日中でも眠気がある、だるいなどの自覚症状があれば、睡眠不足かなと気づきますが、睡眠不足が慢性化すると、眠いという感覚が鈍くなるのです。これが結構、怖い問題で、個人のパフォーマンスが落ちるだけでなく、絶対に寝てはいけない場面で寝てしまい、交通事故をはじめとするヒューマンエラーを引き起こすことが少なくない。慢性の睡眠不足は、社会問題でもあるのです。


三島和夫の経歴・略歴

三島和夫、みしま・かずお。日本の医師。不眠症の専門家。秋田大学医学部医学科卒業。同大学医学部精神科学講座助手・講師・助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター客員助教授、米国スタンフォード大学医学部睡眠研究センター客員助教授、国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部部長、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部部長、日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事などを務めた。主な著書に『睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン』『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識(共著)』『不眠の医療と心理援助 認知行動療法の理論と実践(共著)』ほか。

他の記事も読んでみる

丁宗鐵

日本の伝統食にはどういう特徴があるかというと、利点は食物繊維と発酵食品が多いこと。欠点はたんぱく質が少なく炭水化物が多いことと、塩分が多いことです。もう一つ足りなかったのがスパイス。


板倉雄一郎

株を買うときに重要なのは企業の本質を見抜くこと。どうすれば企業の本質がわかるのか。まず、経営者の著作やインタビュー記事を読み、それと実際の経営とを見比べてみればいい。言行一致ができていない経営者の企業は、永続的な価値を生み出すことは不可能だ。


藤田晋

「任せて伸ばす」ことを大事にしていますが、何かを大きく変える時は自分が先頭に立たないといけない。


清水照雄

マネジメント層は、日中、いろいろな予定が詰まっています。そこで、早朝を飛び込み歓迎のフリータイムにして、誰でも自由にミーティングできるようにしました。昼間は私がつかまらなくても、早朝なら確実に会えますから。


小池正一郎

何事もうまくなるには自分で学ぶとともに、人から教わることも大切。


末木紳也

弁護士や公認会計士のようなプラチナ資格も、最近は仕事に困るようになってしまいました。稼げる資格というのは、その時によって、様々に変わっていくのです。


角山剛

年上部下に頭ごなしの口調では反発を招くだけです。言葉を選びつつ「あなたの行動で仕事に支障をきたしている」ということや、目標を達成するために修正してほしい内容を伝えることです。冷静に原因と結果を述べれば、年上のプライドもありますから、行動は変えられます。


貴志祐介

今の世の中、ある程度まではインターネットで情報を得られるわけですが、やはり現場でないとわからないディテールはあります。専門家の意見を聞くと、漠然とできるだろうと思っていたことが全然できなかったり、逆にかなり難しいはずだと考えていた部分が当たり前のようにできたりすることがわかりました。やはり、きちんと話を聞くのがいいですね。想像だけだと現実には不可能なこともできてしまいますので。


御手洗冨士夫

モノ作りは以前より精密になってきました。我々も工程管理を「%」から「個数」に変えました。不良品の発生率も「0.1%」と聞くと少なく聞こえますが、カメラを1000万台作っている我々にとっては0.1%でも1万台になってしまいます。


青野慶久

自分の仕事を冷静に振り返ってみると、「やらなくていい仕事」は意外とたくさんあるものなんです。私もそうですが、1日の仕事をTODOリストをつくって管理している人は多いと思います。しかし、そのリストをよく見てみると、とくに今日やらなくてもいいことまで入っていることがよくあります。場合によっては「当面やらなくていいこと」まで入っているかもしれません。そういったものを探し出して外していって、残ったものが本当の「今日やるべき仕事」であるわけです。やってみると、それほどの数にはならないと思います。


能作克治

最近、「能作さんはブランディングがうまい」と言われるのですが、私たちはお客様が喜ぶものづくりを目指してきただけで、ブランディングをしようとしたことは一度もありません。日ごろのものづくりをきちんと行い、人様を大事にする、という当たり前のことをやってきただけです。


江崎勝久

商品は世の中に出した以上、永久に売るつもりでないといかん。


金子源

「晩杯屋」が単なる居酒屋ではなく「コンビニエンスストア」と捉えています。「晩杯屋」の客単価1300円と言うのは、一般的なサラリーマンが仕事帰りにコンビニに立ち寄って、ビールとつまみ類を買って家で食べるのと、大して変わらない金額です。「わざわざコンビニに行かなくても、コンビニ感覚でふらっと立ち寄って飲んで帰る」というのが「晩杯屋」であり、月に数回利用する居酒屋とは基本的なコンセプトが異なるのです。こういうお店であれば、それこそ駅ごとにあっても構わないと、私は考えています。


鎌田和樹

べつに事業をしたかったわけではないんです。僕は一社目が通信系の会社で、とにかく人に頭を下げる毎日でした。それがすごくつらくて、もう誰に謝るでもなく好きなことだけしていたいなという思いがありました。そんなときにヒカキンと出会い、ユーチューバーがつくる動画の存在を知ってハマっていった。もっとよく知りたいと思って彼と話していくうちに、ユーチューバーは一人で活動をしていて、サポートする人がいないと聞きました。それなら僕が手伝おうと会社を立ち上げたという経緯です。


竹田陽一

本やセミナーで紹介される内容のほとんどは、強者の戦略が中心になっています。とくに雑誌や新聞の記者などから経営セミナーの講師になった人は、日本や世界全体の話をすることが多いので、完全に強者の内容になってしまいます。一流大学から大企業に入社し、その後コンサルタントになった人なども、一流の会社のやり方ばかりを紹介するので、これまた強者の戦略が多い。こうした人の話が実行できるのは、ほんの一部の会社に限られるのです。


ページの先頭へ