名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三屋裕子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三屋裕子のプロフィール

三屋裕子、みつや・ゆうこ。女子バレーボール全日本代表選手。筑波大学を経て日立製作所に入社。日立女子バレーボール部、全日本代表で活躍。ロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得した。引退後は、國學院高等学校の教師、学習院大学講師・バレー部コーチ、全日本ジュニアチームコーチ、筑波スポーツ科学研究所主任研究員、Jリーグ理事、日本バーボール協会理事などを務めた。

三屋裕子の名言 一覧

自信はないけど、負けるのは嫌い。ずっと自身がなかった。現役時代、自分がすごい選手だと思ったことがない。スパイク賞やサーブ賞をとっても、これで満足しちゃいけないと思ったし、下手だからとにかく練習しなきゃと思った。


三屋裕子の経歴・略歴

三屋裕子、みつや・ゆうこ。女子バレーボール全日本代表選手。筑波大学を経て日立製作所に入社。日立女子バレーボール部、全日本代表で活躍。ロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得した。引退後は、國學院高等学校の教師、学習院大学講師・バレー部コーチ、全日本ジュニアチームコーチ、筑波スポーツ科学研究所主任研究員、Jリーグ理事、日本バーボール協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

植木理恵

最近のアメリカの論文では「結論延期能力」というものが提唱されています。つまり、拙速な結論を出すよりも、先に延ばす能力は人材としても必要だし、メンタルヘルス的には生きる力になります。成果ももちろん上がります。これまでの常識では、決断できる人のほうが優れていると思われがちですが、心理学の最前線では優柔不断型が評価を得つつあります。


齋藤勇(齊藤勇)

相手に不快感を与えずに断るには、「謝罪」「代替案の提示」「断る理由」を述べること。これらをすれば、相手は納得します。無理な頼みごとは自分の主張をやんわり伝えて断るのがベスト。


泉谷直木

陸上競技のリレーと同じで、経営を渡す方も受け取る方もフルスピードであることが大事。渡すタイミングがわかるのは信頼関係があってこそ。後任に「青天の霹靂」などと言われるようなトップ交代をしてはいけない。


齋藤孝(教育学者)

失言を避けるための3つの心得

  1. 「ここだけの話」は通用しない。「人の口に戸は立てられない」と肝に銘じ、どんな場であれ、相手が誰であれ、ネガティブな話は避ける。
  2. 安請け合いと謙遜しすぎに注意。相手にいい顔をしようとするほど、かえって信頼を失うことになる。
  3. 間が持たなくても、相手のプライベートに踏み込まない。相手が自慢気味にすなら聞き役に徹すればいいが、自分からは触れないのが吉だ。

吉田秀雄

計画を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。


菊地敬一

ロードサイドの(郊外型)店舗展開から駅ビルへの出店が決まったときがヴィレッジヴァンガードの一つの転換期だったかな。僕はそこで初めて節操を曲げたわけですよ。駅ビルには今まで対象にしていなかった中学生や高校生もたくさん来ますから店の在り方や品揃えを変えていかなければならない。


冨山和彦

私は、昔から集中力が続かないタイプです。数分の集中力には自信がありますが、1時間もすると一気に生産性が落ちる。要は飽きっぽいのです。だから、飽きたら無理に続けずに次の作業に移ってしまう。結局、そのほうが集中力が持続するのです。


浅井恵一

技術力の土台となる研究開発の強化を目指し、先頃、「新規事業探索会議」を立ち上げました。これは、研究開発や経営企画、事業(営業)、生産技術といった各部門の若手・中堅社員が一堂に会し、新たなニーズの発掘に取り組むもの。主要部門に横串を刺すことで、部門ごとの縦割り意識を排除し、マーケットが本当に求めている製品、それでいて事業性の高い製品を多角的な視点から検討することが狙いです。


久夛良木健

家電は英語でコンシューマーエレクトロニクスです。消費(コンシューム)という概念は産業革命以降に動力が生まれ、大量生産と物流・流通のインフラが整うことで誕生しました。日本でも消費=売っておしまいというビジネスが戦後の高度成長による巨大な需要によって成立したのですが、それは人類の中でほんの数十年の出来事に過ぎないのです。


谷口恒

技術の追求も大事ですが、ビジネスとしては先に実装したほうが勝ち。


大平浩二

昨今、経営者にはROE(自己資本利益率)などを重視した財務効率の追求など、経営スキルばかりが求められる風潮があります。しかし、不祥事という事態が発生した時に問われるのは、スキルではなく経営者の「人間性」なのです。「伏せておこう」と隠ぺいを始めるのか、それとも初期の段階で潔く非を認め、自らが先頭に立って誠実な態度でことを明らかにしていくのか、経営者がどう決断するかで企業の組織文化と行く末が決まります。


角田秋生

学習塾はM&A(合併・買収)が非常に盛んな業態でもありますが、学習塾とウチはちょっと違うと思うんです。もし、そんなことをやろうとしても、ひとつひとつのコンセプトや考え方を確認していったら、「とても無理」となるんじゃないかなと思います。それよりも、自分たちのメソッドを磨きに磨いて、公文の教室に来てよかったと誰もが言ってくれるようなものを作っていくことに注力した方がいいと思っています。