名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三宅雪嶺の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅雪嶺のプロフィール

三宅雪嶺、みやけ・せつれい。日本の哲学者、評論家。幕末の加賀国金沢(のちの石川県金沢市)に出生。東京大学文学部哲学科卒業。自由民権運動や政教社設立にかかわる。『日本人』『我観』などを創刊。主な著書に『真善美日本人』『偽悪醜日本人』『宇宙』など。

三宅雪嶺の名言 一覧

決断は私利を去るところにあり。


大才は決断にあり。


できるかできないかわからぬときは、できると思って努力せよ。


三宅雪嶺の経歴・略歴

三宅雪嶺、みやけ・せつれい。日本の哲学者、評論家。幕末の加賀国金沢(のちの石川県金沢市)に出生。東京大学文学部哲学科卒業。自由民権運動や政教社設立にかかわる。『日本人』『我観』などを創刊。主な著書に『真善美日本人』『偽悪醜日本人』『宇宙』など。

他の記事も読んでみる

瀧本哲史

結果を出し、自分の会社を成功させることにフォーカスしてみること、言われたことを単純にやるのではなくて、本質的に自社を成功させるためにはどうすればいいか、真剣に考えて行動することが重要です。その結果が、自分の成長と報酬に直結します。


宗次徳二

社長が考えるお客様第一主義と、幹部以下の人が考えるお客様第一主義は全然違うと思っています。心の込め方が違います。お店のまわりに雑草が生えていたら自分で抜き、タバコの吸殻が落ちていたら自分で拾う。社員さんに言えばやってくれますが、社員さんではその場限りになります。社長はお客様のことを第一に考えて、目についたらその場でやるのです。


むらかみかずこ

礼状の個性は、内容よりも、便せんや封筒を工夫することで出します。文一房具店に行って、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、自らも楽しんで選ぶのがコツです。


寺町彰博

我々の身辺には未来に向けた多くの情報が散らばっています。問題はいかにして予兆をとらえるかで、単に見ているだけでは素通りしてしまいます。常に関心を持ち、新時代に何が起きるか求め続けることが大切です。私は「雑学大魔王」と呼ばれるほどいろんなことに興味を持っていますが、その中から次につながるヒントを探すようにしています。


中山讓治(中山譲治)

迷ったり悩んだりしたときに志に立ち返ると、表面的な事象だけを見ていると気づかないことに気づくことができます。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

メンバー同士の壁を突き崩し、人と人とを結び付けてこそリーダーだ。ともかく楽な方に逃げず、能力的にも性格的にも多彩なチームを目指そう。そんな人たちが、あなたの努力も実って互いに理解し合うようになったら、チームのポテンシャルはもはや天井知らず。多面的に意見を出しあい、それをさらに多面的に検証することでチームは極めてパワフルになる。(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)


熊谷正寿

私は企業家を志した時から、長寿企業を作りたいと考えていました。世の中で最も長く続いている組織は宗教です。宗教について学んでいくと、いくつか共通点に気が付きました。まず、同じ場所に定期的に集います。毎週日曜日には日曜礼拝ということで、教会に集まるのです。そこで、皆で同じものを読んだり、唄ったりします。キリスト教ですと聖書に当たりますね。常に同じものを皆で携帯し、定期的に読むことで、心に刻み込む。これを行動に活かすということは、永続する組織の大切な条件の1つではないかと考えました。このことは当社のマネジメントにも活かしております。


新海誠

一番最初に作り始めた作品は、今思うと物語というよりは詩に近いものだったような気がするんです。一言一言が歌のようであってほしい、と思って作っていた。歌って、歌詞をずうっと自分の中に持っておけるじゃないですか。道を歩いていても歌詞を口ずさめるし、そのことによって日常を乗り越えるのがラクになったりだとか、励まされたりする。映画なんだけれども、そういうものにしたいなという気持ちがあったんだと思います。それからだんだん自分自身の興味が、詩よりも物語の構造そのもののほうに移っていったんですが、やはり一言一言が観客の中に残って、励ましてくれるような言葉を映画の中のどこかに入れたいと思っています。


小池百合子

どんなに大声で号令をかけても、理念を理解して共感し、率先して動いてくれる同志がいなければ改革は進まない。


大田友昭

思いもかけない事が起きた時でも、いちいち悩んでいる時間はない。日常の小さな事に、精一杯の努力で一つ一つ取り組んでいく。あまり先の事は考えない方が良い。


ダニエル・ピンク

感性や感覚は誰かに命令されて身につくものではありません。自律性を高めなければ、クリエイティビティは生まれないのです。


山内雅喜

ヤマト運輸には「全員経営」という基本思想があり、社員全員が経営者の目線でものを考えることを実践しているのも大きいと思います。