名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

三宅重光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅重光のプロフィール

三宅重光、みやけ・しげみつ。日本の経営者、銀行家。東海銀行会長、JR東海会長。明治生まれ。東京帝国大学卒業後、日本銀行に入行。岡山支店長、名古屋支店長、理事、東海銀行頭取、会長、東海旅客鉄道(JR東海)会長などを歴任した。そのほか、名古屋商工会議所会頭を務めた。

三宅重光の名言 一覧

厳しさは自分自身に向けるべき。


三宅重光の経歴・略歴

三宅重光、みやけ・しげみつ。日本の経営者、銀行家。東海銀行会長、JR東海会長。明治生まれ。東京帝国大学卒業後、日本銀行に入行。岡山支店長、名古屋支店長、理事、東海銀行頭取、会長、東海旅客鉄道(JR東海)会長などを歴任した。そのほか、名古屋商工会議所会頭を務めた。

他の記事も読んでみる

小山昇

私は誰にはばかることなく「私はワンマン社長です」といいます。それは、社長こそ企業そのものだと考えているからです。社長のビジョンはそのまま組織のビジョンです。社長が元気なら企業も元気、社長のやる気はすなわち企業のやる気。とくに中小企業はそうですし、またそうであらねばなりません。


加藤俊徳

脳はストーリー性があるものを好みます。「83416544」という数列を覚えるとしたら、語呂合わせで「83416544(やさしいむこようし)」と覚えると、そこにストーリー性が生まれてすんなり頭に入ります。このように情報をストーリー化して思考系脳番地に訴えるようにしたり、替え歌にして聴覚系脳番地を刺激するなど自分の好きなアレンジを加えると脳に定着しやすくなります。


香山リカ(精神科医)

他人のプライベートや生き方に「もの申したい」と考えている人たちの心理は、いったいどういったものなのでしょう。一つには、「多数派の意見に乗っかって安心したい」という心理が働いていると思われます。たとえば、近所で不倫の末に離婚をした人がいるとします。そのときに、誰かが「そういえば、○○さんの奥さん、不倫して離婚したらしいわよ」といったように共通の話題として出してきたとします。その噂話を受けた人たちは「へえー、それはひどいわね」「旦那さんがかわいそうね」「不倫なんて許せない」などと、たいていの人は同調すると思います。多数派の意見に同調することは、共通の知人に対して「自分たちは、同じ思いを持っている」「同じ価値観を持っている」ということを確認し合う役割を果たします。すると、人々は絆を感じて安心するのです。あるいは、多数派の意見に乗っかっていれば、自分が攻撃されることはないため、安心できるという心理もあると思います。


伊藤淳二

判断は人間の首から上の作業でよいが決断は違います。全身全霊からのアクションです。


大村禎史

生産性を高める観点で、日本の社会全体で考えなければいけないのが、「商品数が多すぎる」ということです。メーカーは似たような商品を出し過ぎていますし、それをそのまま売り場に並べると、我々の生産性も落ちてしまう。日本社会全体が寄ってたかって商品数を多くして、不必要に忙しくしています。


山口多賀司(経営者)

いまの経営者に必要なことは頭を切り替えて、心を入れ替える。そうやって経営者の完全な再教育をしていかない限り、本当の日本再生はない。


吉田たかよし

あなたの周りの人の名前を書き出し、その人のいいところ、学べるところを箇条書きで挙げるのです。新たな気付きがあるし、客観的で理性的な脳である前頭前野が活性化し、より成功に近づくことができるはずです。


田中良和(GREE)

人生には、夢を失う時、目標を達成できない時があります。人生の軌道修正を迫られる瞬間が必ずある。そんな時、「1つの目標を定めてそれに向かって頑張る」ことも重要だと思いますが、環境が変わり、決めた目標をどうしても達成できない時、「もう一度、目標を設定し直す力」こそ重要だと考えています。目標を再設定するのは難しいことですが、そうしないと行き詰まってしまう。このことを学べたのはよかったと思います。


野口美佳

商品コピーを考える際に企業として最も注意していることは、「過剰な表現になっていないか」「嘘や偽りはないか」ということです。巷には、「これを買えばお金持ちになる」とか「これを食べれば痩せる」といった誇大表現が溢れています。消費者の気持ちを煽れば、商品は短期的にはヒットするかもしれませんが、中長期的には企業の信頼をなくし、顧客は離れていってしまいます。ですから当社では、「広告では嘘をつかない」ことを常に肝に銘じています。


村井美月

発想を広げるには、遊び感覚で、楽しみながら取り組むのがポイントです。発想には、「これが正解だ」というものはありません。無意識のうちに頑固になっている自分を解放し、思い浮かんだ言葉を素直にノートに記すことが、自由に発想を広げる第一歩です。


吉田穂波

長女が喘息で入院したことが人の力を借りるきっかけになりました。最低限の仕事すらまともにこなせなくなり、最初は抵抗があったのですが、思い切ってシッターさんを頼んでみたところ、これが大正解。とてもいい方に巡り会え、金銭的な負担も思ったほどではなく、私の負担は大いに減るといいことづくめ。「子育てを人に頼るなんてとんでもない」というプライドがいかに自分を縛っていたかを思い知らされました。


ジェームズ・アレン(コンサルタント)

日本企業が復活するためには、なにもいまからまったく新しいことに取り組む必要はない。彼らを偉大にした原点を再発見することが最も大切だ。