三宅重光の名言

三宅重光のプロフィール

三宅重光、みやけ・しげみつ。日本の経営者、銀行家。東海銀行会長、JR東海会長。明治生まれ。東京帝国大学卒業後、日本銀行に入行。岡山支店長、名古屋支店長、理事、東海銀行頭取、会長、東海旅客鉄道(JR東海)会長などを歴任した。そのほか、名古屋商工会議所会頭を務めた。

三宅重光の名言 一覧

厳しさは自分自身に向けるべき。


三宅重光の経歴・略歴

三宅重光、みやけ・しげみつ。日本の経営者、銀行家。東海銀行会長、JR東海会長。明治生まれ。東京帝国大学卒業後、日本銀行に入行。岡山支店長、名古屋支店長、理事、東海銀行頭取、会長、東海旅客鉄道(JR東海)会長などを歴任した。そのほか、名古屋商工会議所会頭を務めた。

他の記事も読んでみる

荒金雅子

必ずしも長時間労働が企業の生産性や競争力を生み出しているわけではない。長時間労働と生産性の関係についての研究では、時間当たりの生産性が最大となる月間労働時間は161.45時間と推計され、実労働時間がこれを上回ることにより4分の1程度生産性が下がっていることが明らかになっている(小倉一哉、坂口尚文「日本の長時間労働・不払い労働時間に関する考察」)。


三谷幸喜

小説は予算もロケ地も、時間も枚数も関係ない。好きなことをそのまま書けるという意味での楽しさがありましたね。台本にする際も発見もありました。自分の小説とはいえ、原作があるものを脚色して台本にしていく仕事はほとんどしたことがなかったので、戸惑う部分もありました。でも、そんな作業をしていくうち、やっぱり僕が好きなのはこっちだなと、改めて感じました。

【覚え書き|自身の小説・映画作品『清須会議』について】


酒巻久

小手先の印象操作にさほど意味はありません。服装や礼儀、所属する組織の信頼性といった要素も大事ですが、本当に重要なのは「何を語るか」です。


近藤裕文

スタートアップはそもそも「多産多死」の世界。逆境でもやり切る力を持つ起業家は、ビジネスが失敗しても再挑戦して新たなイノベーションを起こしていける可能性が高い。協業が成功するかは、そんな人材を見つけられるかどうかにかかっている。大企業にも起業家の人間性を見極める力が必要だ。


デイル・ドーテン

現代においてリサーチをする人たちは、”完璧な”リサーチのやり方を求め続けている。そのために視野がどんどん狭くなり、ついには何も見えなくなってしまっている。彼らはものごとの相乗効果について見過ごしてしまっているんだ。ひとつの小さな変化の中にこここそ隠れていても何も起こりはしない。だけどその何もない状態を一気に変えたら、何かすごいものが手に入る。


江上治

人生における目的意識の高さは、「人生の残り時間」に対する認識の強さに比例すると私は思っています。私たちの人生は無限ではなく、いつかは終わりを迎える有限なものです。そのことを強く認識し、その有限な人生で何を成したいのかを真剣に考える人だけが、稼ぐ人になることができます。


理央周

目の前の仕事をすべてやろうとするから「いくら働いても時間が足りない」状態になってしまいます。仕事をどうやって予定に詰め込むかを考える前に、まずは仕事の仕分けをするべきです。


津田倫男

50代の方によく見られるのが、いま持っている人脈や仕事の蓄積、ノウハウを定年後の第二の仕事人生で活かせる、という勘違いです。会社の肩書がなくなったとき、周囲の人たちはサッと離れていってしまう可能性があります。自分が力を発揮できるようなポジションや環境を得られるとも限りません。これはなかなか受け入れがたいことでしょう。しかし、自分に対する評価の見直しが、その後の人生の成功を大きく左右するポイントになります。


鳥原隆志

判断力は「技術」です。回数をこなし、上司や同僚からフィードバックをもらうことで、誰でも磨くことが可能。日頃からあらゆる問題を「自分だったらこう判断する」と考える習慣をつけるといいでしょう。


瀧本哲史

教養には確かに威力があるが、即効性はない。米アップルの創業者スティーブ・ジョブズが「リベラルアーツとテクノロジーの交差点」との表現で示した通り、教養の有無で、アップルのような企業で創造的に働くか、その下請け工場で疲弊するか、人生が分かれる。


森川亮

いつの時代も「今の時代は前の時代より変化が速い」と言われ続けている。つまり、変化には加速度が付いている。


住野よる

4つか5つぐらいの新人賞に応募したんですが、すべて一次選考で落とされたんです。他の賞に送ってももうダメなんだろうな、と。でも、それまで10年近く新人賞に投稿し続けてきたんですが、この作品だけはどうしても誰かに読んでもらいたかったんです。誰か一人でも読んでくれたらなと思って、初めてネットにアップしました。

【覚え書き|『君の膵臓をたべたい』を小説投稿サイト「小説家になろう」で公開したことについて】


中村修二

チャレンジを恐れず、リスクをとりなさい。


張本邦雄

紙の手帳はもう10年以上使っていません。完全にIT頼りです。紙からITに切り替えたころ、私は営業本部の企画部長だったのですが、当時の役員の指令で、日々のスケジュールが腹が立つくらいコロコロ変わっていました。そこで、携帯情報端末でスケジュール管理をすることにしたのです。


内田和成

企業内価値とは、その会社の中で発揮される価値です。意思決定がどういうプロセスでなされているか、あるいは社内のどこにキーマンがいて、どこを通せば話が進みやすいか、といったことをどれだけ把握しているかなどで決まります。「うちの会社は品質に関しては絶対だ」とか「何よりデザイン重視」といった企業ごとの社風や文化への理解度も挙げられるでしょう。そういった企業内価値が高い人材は社内のプロジェクトを任された際に、様々なリソースをうまく使いこなすことができ、それが評価されて結果的に昇進も早くなることが多いものです。


ページの先頭へ