名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三宅裕司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅裕司のプロフィール

三宅裕司、みやけ・ゆうじ。日本のコメディアン、俳優、司会者。東京都出身。明治大学経営学部卒業。「大江戸新喜劇」を経て「スーパー・エキセントリック・シアター」を旗揚げ。舞台、ラジオ、バラエティ番組、テレビドラマ、映画などで活躍。

三宅裕司の名言 一覧

20代の後半から30代にすべきことは、自分にとってブレない価値を見つけること。どんな仕事をしていても、それが一番大きな目標になるんじゃないでしょうか。「これが自分の道だ」と信じられないと、心が折れてしまいますから。


立ったり歩いたりっていう、これまで無意識にしていたことも出来なくなって初めてありがたみがわかりました。

【覚え書き|手術と入院を振り返って】


最初につまずいておいて、よかったんだよ。将来でかい仕事の時に失敗したら大変なんだから。

【覚え書き|失敗した後輩に対して】


今の売れている芸人さんたちも、30歳を過ぎてやっと認知してもらえるという状況ですから。一部のスターを除けば、芸歴15年以上で知られるようになる人がほとんど。その間、みんなバイトして、生活を支えています。「これが自分の道だ」と信じられないと、心が折れてしまいますよ。


「最悪、舞台は一生無理かもしれない」とお医者さんに言われた状況から1年ぶりの舞台。今は稽古に向かう道すがらも、打ち合わせでスタッフとあれこれ言うのも、全てが嬉しい。一瞬一瞬に喜びがありますね。


物を作ってお客さんに提供する企業でも同じだと思います。仕事する喜び、物事を決断する時の基準として、その場の環境、給料、将来性の中に、「私たちの作っているものを提供したら、お客さんがどれくらい幸せを感じるのだろう」というモノサシが含まれてくる。そして、お客さんの反応に対して自分が喜びを感じられるかどうか。努力を褒めるのではなく、結果を噛みしめること。芸能界は、お金よりも先に仕事への喜び感が大きくないと続けることのできない世界です。


実は言うと、僕は30代半ばから後半にかけて、「俺たちひょうきん族」への出演のオファーをいただき、欽ちゃんファミリー入りを誘われたこともありました。芸能界で生き抜くという視点で考えれば、勢いのある番組に乗っていくのも選択肢のひとつだったかもしれません。でも、僕はどちらの誘いも断りました。スーパー・エキセントリック・シアターの座長でしたからね。みんな、三宅カラーを勉強していたのに、その座長が他の人のカラーに染まっちゃうというのは、劇団員に申し訳ないでしょう。


笑いというのは時代とともに変化するものです。今のお客さんが求めているものが、素の生き様であるなら、それはそれでいいと思います。しかし、僕は自分を育んでくれた東京の笑いをやりたくて芸能界に入った以上、豊かな財産を残していきたい。先輩たちが灯してくれた火が消えてしまったら、申し訳ないと思い、「絶対になくさないぞ」という気持ちでスーパー・エキセントリック・シアターや伊東四朗一座、熱海五郎一座を続けているわけです。


僕が子供の頃から慣れ親しんできた東京の笑いには、立ち回りやアクション、歌やダンスがあり、そのレベルが高ければ高いほど、かっこ悪いバカバカしさでのずっこけた時の落差が大きくなるわけです。しかも、舞台が終わり、楽屋から出ていく役者は物静かなもの。その温度差がかっこいい。全ては舞台上の芸であって、実際の人間はつまらない人間だよ、と。そういう気取りみたいなものが、東京の笑いだと思うんですね。


僕は、28歳で劇団スーパー・エキセントリック・シアターを結成し、常に「東京の笑い」を追求してきました。今の若い人達には、面白いものに大阪も東京もないという感覚があるかもしれません。しかし、大阪と東京の笑いには、違いがあって、それぞれの良さがあります。たとえば、大阪は芸人さんの生き様そのものが、みなさん面白い。一方、東京の喜劇人は、ちょっと気取っているというか、かっこ良さと、ずっこけるかっこ悪いバカバカしさの落差で笑いを作り上げていく。


手術後の入院中に実際に劇場を押さえて、作家に台本を発注して、キャスティングも決まり、演出的にもアクションあり、音楽もありというシーンを作っていきました。そうなると、絶対、稽古の始まる5月までには立ち回りをできる体にしなくてはいけない。先に新聞で発表してしまったのは、リハビリに挫けそうになる自分を元気づけるためでもありました。


伊東四朗一座の最初の立ち稽古の時、伊東四朗さんはすでに台本をすべて覚えてきました。すると、普段通り、台本を片手に持って稽古をしながら動きとセリフを合わせていくつもりだった若手は、プロの姿勢に圧倒されるわけです。伊東さんは叱るでもなく、「これはオレのやり方だから、いいんだよ、みんな自由にやって」と言ってくれます。でも、こうも話してくれる。「だけど、台本を持って立ち稽古していたら、台本を持っているほうの手が使えないじゃない。立ち稽古は体を全部使ってやるもので、オレは片手が使えないのは嫌だから覚えているんだよ」と。すごくやさしい口調ですけど、内容は厳しい。「まだ稽古だから」というのは、甘えだと気づいた人は反論できないし、「台本持ってやるのが自分流です」とも言えない。軸を持って仕事をしている人の説得力。お客さんにより良い舞台を見てもらうために、最高の準備をする。こういう仕事への取り組み方をしている人が、プロだと思うんです。


僕は東京の下町ど真ん中の神田神保町で生まれ、日本舞踊を教えている母や落語好きの叔父や元松竹歌劇団の叔母のいる大家族の中で育ち、浅草で喜劇コメディを楽しんできた下地があります。大学の落研では、ひとりで演じて700人のお客さんがどーっと笑う快感を知ってしまいました。こうした幸せな環境のおかげで、一般の方が20代、30代で探していく自分なりの軸、価値観を人より早く固めることができたのだと思います。人を笑わせること、音楽や踊りが一体となった舞台のすばらしさ。すごい芸を持った人たちをたくさん見てきたことで、お金は後からついてくるという考えが育まれていきました。


入院中に改めて感じたのは、家族の温かさです。とくに女房は毎晩、晩ご飯に同席してくれました。僕は病院食、女房はうちから持ってきたお弁当。別に何を喋るわけでもないんですが、僕は入院していても「三宅裕司」という意識があって、病院関係のみなさんに感じよく接しなければいけないと思ってしまう。その見えないストレスが、女房と二人きりになり、愚痴に変わって出ていくことで、初めてほっとする。そういう場と時間も持てたのは、入院中の大きな支えになりました。人生の中での女房の大きさに気づきましたね。そういうのって病気にならないと経験できなかった気持ちで。この経験によってこれから先、今までの芝居作りとは、多少違うところが出てくるかなと思っています。


入院中、僕はテレビのバラエティ番組にはほとんどチャンネルを合わせませんでした。みんなが元気に活躍しているのを見るのが、ちょっと辛かったですからね。もっぱらニュースやドキュメンタリー、旅番組。その中で、震災にあった東北の人たちがあんなに大変な状況の中、笑顔で頑張っている姿を何度も目にしました。比べるのはおかしな話ですが、「俺の今の状態なんか大したことないな」と。


昨年の夏、椎間板ヘルニアの手術をしました。それから約半年の間、この世界に入って初めて仕事を休止したんです。僕自身は、3か月も休めば大丈夫だろうと思っていたんですが、実際には手術したお医者さんから事務所へ「最悪、舞台復帰は無理かもしれない」という話があったそうです。ただ、事務所のスタッフは僕が希望を持ってリハビリが出来るよう、伝えずにいてくれました。その話を知ったのは復帰できる見通しがたった12月の頭くらい。聞いた時には、「やっぱりそうだったか」という感じでしたね。というのも、今も継続中のリハビリがかなり時間のかかるものなので簡単な症状ではないのだろうなと察しはついていました。筋力を戻しながら、一時止まってしまった神経を通していく……というとわかりやすいですが、神経が戻る速度は1日1ミリのペース。当初は立って歩いて座るという当たり前にできていた動作ができないところから始まり、日常生活を送るのに支障のないレベルへ。今は舞台で手術前よりも動ける体を目標にしています。


三宅裕司の経歴・略歴

三宅裕司、みやけ・ゆうじ。日本のコメディアン、俳優、司会者。東京都出身。明治大学経営学部卒業。「大江戸新喜劇」を経て「スーパー・エキセントリック・シアター」を旗揚げ。舞台、ラジオ、バラエティ番組、テレビドラマ、映画などで活躍。

他の記事も読んでみる

舞の海秀平

体が小さいというハンディがあるからこそ、大きな力士と同じ考え方や稽古では通用しません。大きな力士ができない動きを考え、それぞれの力士の出方をイメージしながら、自分はどんな動きをするか、そんなことを常に頭の中でシミュレーションしていました。


上田雄太(経営者)

通信サービスBizmoを中核として、そこから派生するサービスをどれだけたくさん生み出していけるか、それが当社の付加価値になる。


児玉和之

現在の通販業界には、保管在庫の無駄・不在再訪の無駄・過当競争の無駄など、「悪しき慣例」とも言える無駄が数多くあります。当社は既にIoTやAIも活用し、これらを是正する取り組みを始めています。この取り組みが業界内に広まれば、昨今社会問題となっている物流や流通の問題を解決に導くことができると考えています。


三宅宏実

どんなに練習しても、自分の感情をコントロールできない人が世界の舞台で勝てるわけがない。


内田和成

働いている人の意識を変えるべき。いい企業に入ると、その時点で「自分の目的を達した」という勘違いをやめた方がいい。


上條正裕

「年間で1000万円売り上げる」など、計画を立てるときに数値化しますよね。営業成績を伸ばしたいならこれに加えて、行動系の指標を設定してください。つまり、行動を数値化するのです。「月5件、新規訪問する」など具体的な数値を設定し、実行すれば結果に関わらず合格とします。こうして行動のハードルを下げましょう。


西脇俊二

だるさを感じる原因の一つは、老廃物が排出されず、身体の中に蓄積されてしまうことです。老廃物が溜まると、身体に様々な悪影響を及ぼします。ところが、老廃物を運ぶリンパ管には、ポンプ機能がありません。血管には心臓というポンプがあるので、寝ている間も全身に血液が巡ります。しかしリンパ管には、リンパ液を送り出す装置がついていないのです。では、どうすればリンパ液が流れ、老廃物が溜まらないのかというと、全身運動で筋肉を動かすことです。しかし、多くの人は、仕事で疲れたからといって、休日は身体を動かさずにゴロゴロして過ごします。それではますますリンパ液の流れが滞り、「休んだはずなのに、だるさが取れない」ということになります。つまり、「だるいから連動しない」というのは、逆効果なのです。


長谷部誠

いま僕はサッカー選手としての死と向き合っているんですよ。


齋藤孝(教育学者)

技術的な話でいえば、文章に具体性を持たせるには比較を用いるのが有効です。たとえば「うちは営業が弱いのでテコ入れが必要」と書くより、「競合のA社より営業部員が少ない」と比較することで問題の所在がより具体的になります。ここで注意したいのは、比較する対象を一般論や抽象論に求めないことです。「一般企業より営業部員が少ない」という書き方では、本当にそこに問題があるのかよくわかりません。比較対象を具体的にすることで、結論にもリアリティが加わるのです。


松井道夫

社長になって実質25年以上たちますが、その中で一番大きな仕事は外交営業をやめたことだと思っています。ただ、さすがに外交営業をやっていた社員は、何人もお客様を連れて辞めてしまいましたね。外交営業なんて、お客様は望んでいなかったからですよ。外交営業は大きなコストが掛かります。そのコストは手数料などの形で、結局お客様が負担している。当時はまだ手数料は自由化されていませんでしたが、遅かれ早かれ自由化される。そうなるとコスト競争になる。コスト競争が行われる環境では、不要なコストを放置していると負けるんです。だから最大のコストであり、不要な外交営業をやめました。ただし、ただやめるのではなく、コールセンターを整備して、そちらで外交営業の役割を担えると分かってからやめました。


原孝(組織戦略コンサルタント)

論理と感情をひとつの方向性で束ねなければ、経済活動は短期間での失速を招き、社会貢献活動も地域に根付かない独りよがりの活動を招いてしまいます。


田﨑史郎(田崎史郎)

相手に食い込むために、心がけたのは、とにかく誘われたら、絶対に断らないこと。それがゴルフだろうと、なんであろうと。「今夜、空いてるか?」と言われたら、すぐに「はい!」と言ってついて行く。女房に「その日は約束してたのに……」と言われるのは、もうしょっちゅうでしたよ。