名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三宅裕之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅裕之のプロフィール

三宅裕之、みやけ・ひろゆき。日本のビジネスコーチ。早稲田大学商学部卒業後、ベネッセコーポレーションに入社し語学事業を担当。その後、ジャパンビジネスラボの共同代表に就任。米国コロンビア大学教育大学院で教育学修士号を取得。米国留学中にNLPや催眠療法などの資格を取得。そのほか、日本NLPコーチング協会会長などを務めた。著書に『毎朝1分で人生は変わる』『夢を勝手にかなえる自己洗脳』『いつでもやる気の英語勉強法』『脳より体を磨きなさい』『一瞬で人を動かす心理術』ほか。

三宅裕之の名言 一覧

不安は心の自然な反応なので、消し去ろうと思ってはいけません。誰にでも必ず生じるものだと、認めることが大切。


大事なのは何かを「やりたい」という気持ちに敏感であることです。自分の動きをしっかり把握していれば、勉強したいと思ったときに、情熱を燃やすことができます。


英語はもちろん、仕事も恋愛も、人生を豊かにする手段のひとつです。自分の人生を充実させるために、いまやりたいことは何なのか。そう自分に問いかければ、自ずと道は拓けてくると思います。


やる気になるのをただ待っていても、残念ながらやる気は起きてくるものではありません。このような場合は、1分でも5分でもいいので、「まずやってみる」ことが大事です。やる気になるためにやる。つまり、「やる気が起きてから行動するのではなく、やる気を起こすために行動する」のだと発想を転換するのです。


もし英語を勉強したくなったら、「まず3ヶ月打ち込もう」というように期間を決めて取り組むのもいい方法です。長期間、全力疾走すると息切れしますが、短期間なら全力で取り組みやすい。そうするうちに、全力で打ち込む気持ちよさがわかってくるので、学習が楽しくなってくるでしょう。


私はやる気が起きないなら、無理して勉強する必要はないと思っています。他にやりたいことがあれば、そちらに情熱を傾ければいい。やりたくないのに無理してやる低空飛行の状態が一番よくありません。


「自分の行動」を目標にするのも有効です。「○○ができるようになる」といった結果にフォーカスするのではなく、「毎朝10分英語の勉強をする」といった行動に焦点を当てた目標を設定するのです。結果はコントロールできませんが、行動はコントロールが利きます。決めた行動ができた自分を褒めて、それを積み重ねていくことで、より安定したやる気につなげていくのです。


現状の自分の英語力を把握しておくことも忘れてはいけません。とくにスピーキングは成長が実感しにくいですから、段階ごとに自分の会話を録音しておくことをお勧めします。自分では成長していないと思っていても、半年後に聴いてみると、意外に上達していることに気づくでしょう。


英語力の伸びを実感するには、最初に目標を設定する際に、「自分はどのレベルの英語力をめざすのか」を具体的にイメージしておくことです。たとえば、「英語が話せるようになりたい」という曖昧な目標設定では、どこまで近づけたのかが、なかなか測定できません。すると、いつまでたっても成長の実感が湧かず、やる気も喪失してしまう。そうではなく、たとえば「一対一で5分以上、英語で自己紹介ができる」とか、「自分の仕事について英語で説明できる」といったように、より具体的で進捗の計測が可能な目標を設定するといいでしょう。


喚起したやる気を持続させるには、効果を実感できることが重要です。英語学習の途中で挫折してしまうのは、多くの場合、自分の英語力を測定するものさしが曖昧なために、成長を実感しにくいことが原因ではないかと思います。


世界で活躍する日本人には、いわゆるジャパニーズイングリッシュを駆使して世界と渡り合っている人も多いのです。たとえば、サッカーの本田圭佑選手が英語で話す様子を観ると、決して流暢とはいえない英語でも堂々と話しています。みなさんもぜひYouTubeなどで、海外で活躍する日本人たちの英語を聴いてみてください。そうすれば、「完璧な英語でなくてもいいんだ」ということがわかってもらえるでしょう。


日本人は、「英語が苦手」と思いがちですが、そんなことはありません。身の周りを見回してみても、英語で言い換えられているものがたくさんあるはずです。これがフランス語やロシア語だったら、自分で意識的に勉強した人でないかぎり、ゼロに近いでしょう。じつは日本人には英語に関して十分な素地がすでにあるのです。もっと自信をもってほしいと思います。


アジア人ビジネスマンは脅威となる一方で、欧米人と話すよりもアジア人同士で話すほうが、より理解しやすいという面もあります。今後は、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、ネイティブスピーカーではなく、ノンネイティブと英語で話す機会が増えていくはずです。完璧な英語でなくても理解し合えるという経験を積み重ねれば、自信にもつながっていくのではないかと思います。


以前は「英語ができるとチャンスが広がる」と考えられていましたが、いまはむしろ「英語ができないことはリスク」の時代です。今後は発展の著しいアジア諸国から優秀な人材が日本にもどんどんやってくるでしょう。私は現在、中国に在住しているので、アジアの優秀なビジネスマンと話す機会も多いのですが、彼らは英語が達者で向上心が強いことに衝撃を受けます。これからの日本人はこんな人たちと競争していかなくてはならないと思うと、リアルな恐怖を感じます。こういった恐怖を肌身で感じることで、英語学習への力に変えていくというのも有効だと思います。


何かを始める際には、「これをやることでこんな自分になりたい」といったウォンツが原動力になることもありますが、「これをやらなければ不幸な未来が待っている」といった恐怖心が人を動かすこともあります。


楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるのだ、といわれますが、それと同じことです。身体を動かせば、それに心がついてくる。英語学習にかぎった話ではありませんが、自分の心を前向きにするには、まずは始めることが大切です。


私は極力、昼食に同じものを食べないようにしています。日常生活の中で小さな変化に慣れておくことで、大きな変化やチャレンジに臆せず向き合うことができるのです。


いったん逃げることを頭の中で考えるからこそ、「逃げることと、逃げずに挑戦することのどちらが得か」をきちんと考えることができる。


三宅裕之の経歴・略歴

三宅裕之、みやけ・ひろゆき。日本のビジネスコーチ。早稲田大学商学部卒業後、ベネッセコーポレーションに入社し語学事業を担当。その後、ジャパンビジネスラボの共同代表に就任。米国コロンビア大学教育大学院で教育学修士号を取得。米国留学中にNLPや催眠療法などの資格を取得。そのほか、日本NLPコーチング協会会長などを務めた。著書に『毎朝1分で人生は変わる』『夢を勝手にかなえる自己洗脳』『いつでもやる気の英語勉強法』『脳より体を磨きなさい』『一瞬で人を動かす心理術』ほか。

他の記事も読んでみる

徳重徹

プレゼンでは資料を作るとともにストーリーを構築しておくことは、もちろん大事。ただ、相手の発言に合わせて、臨機応変に対応できないと話が止まってしまう。話の展開によっては、事前に考えた構成を「捨てる」勇気も必要です。私はどんな展開にも対応できるよう、プラスアルファの資料も用意しています。


三宅秀道

私も大企業の技術開発にフォーカスしたストーリーを聞くのは嫌いじゃないですが、それ以外の勝ちパターンも軽視すべきではありません。


石川泰彦

せっかく入社したのにすぐやめてしまうのは、当社にとっても応募する人にとっても残念なことです。離職率が低下すれば、採用コストの低下、現場の業務の安定、チームのモチベーションの向上など、生産性とサービス品質の向上への効果は絶大。


西加奈子

私、作家として、本当に自由にさせていただいて。だから、ずっと自由に、書きたいことを書きたいように書いてきました。『おまじない』は、自分からあえて書く自由の中に枷を作りました。これまでにないしんどさもありましたが、すごく濃い気がしたんですね。枷があるうえでの自由って。


西野浩輝

1日の最後にその日の行動を振り返り、改善を重ねれば、段取り力は短期間で大きく向上します。私は1日の仕事時間の10%を計画と振り返りに費やしても惜しくないと実感しています。ぜひ実践してみてください。


大西賢

安全維持に重要なことは、「しつこさ」だと思います。安全を100%担保するのは、理論的に大変難しいことなのですが、それを100%に近づけていくのは、しつこさでしかありません。


小林靖弘

私はリクルートで非常に多くのことを学ばせてもらいました。その中でも素晴らしい上司に囲まれて仕事ができたことは大変ためになったと思います。よく自分の仕事が分からないときにどうしたらいいのかと上司に聞いていたのですが、その時逆に「お前はどうしたらいいと思う」と聞かれるのです。そして私が胸を張って答えると、「それならやってみろ」と言ってくれるのです。毎日この繰り返しで過ごしていましたので、自発力といいますか、言われたことを鵜呑みにするのではなく積極的に自分でものを考え、行動するという癖が身につきました。そのようにして仕事とは作り出すものということを教えられたのです。


天野暢子

プレゼンの成功とは単に話の内容を理解してもらうことではなく、それによって相手に行動してもらうこと。


水野操

「仕事を作る人」になるには、常に世の中の動きを勉強することが不可欠。AIを含むテクノロジーが自分の仕事や業界にどう影響するかは、新聞を読んでいればいくらでも情報が見つかります。一つの会社で長く働いていると、社会と自分の間に自社というワンクッションがある。自分の会社の中で最先端の仕事をやっているつもりでも、同じことを他の会社では皆が当たり前のようにやっている、ということは多いのです。今後は、会社の外の人や情報と接する機会を増やしていく人と、そうでない人の差はどんどん広がるでしょう。


鈴木健一(経営コンサルタント)

ウチの学生の大半は経営者になることを目標にしており意識は高い。でも、その6割近くは数字を使ったコミュニケーションは苦手と答えます。苦手だと思うのは、はじめに数字ありきの発想があるからです。統計などを基にしたグラフや表を集め、それを分析したうえで説得しようとするからつまらなくなる。数字を言葉に置き換えることはもちろん大事ですが、言葉を数字に置き換えることもそれ以上に重要。その発想の転換で、数字は聞く側の興味をそそる「活きた」ものになっていきます。


田久保善彦

20~30代は、良くも悪くも様々な「クセ」がつきます。この時期に大事なのは、仕事や人生に役立つ「良いクセ」をつけること。クセ付けができれば、どんなことも楽にできるようになります。


橘玲

ちょっと残酷ですが、犬を檻に入れて、ときどき電流を流す実験があります(マーティン・セリグマンの「学習性無力感」)。ひとつの檻はボタンを押すと電流が止まるので、犬は学習してボタンを押すようになる。ところが別の檻では、ボタンを押しても電流が止まらない。するとその犬はすっかり気力を失ってぐったりと動かなくなり、刺激に対して完全に無反応になってしまう。その後、檻のドアを開けても逃げようとすらしなくなるのです。このことから、「選択肢がない」のが最大のストレスだとわかります。じつは同じことがビジネス社会にもあって、会社にしがみつかなければ生きていけなくなると、精気も気力も失ってしまうのです。