三宅裕之の名言

三宅裕之のプロフィール

三宅裕之、みやけ・ひろゆき。日本のビジネスコーチ。早稲田大学商学部卒業後、ベネッセコーポレーションに入社し語学事業を担当。その後、ジャパンビジネスラボの共同代表に就任。米国コロンビア大学教育大学院で教育学修士号を取得。米国留学中にNLPや催眠療法などの資格を取得。そのほか、日本NLPコーチング協会会長などを務めた。著書に『毎朝1分で人生は変わる』『夢を勝手にかなえる自己洗脳』『いつでもやる気の英語勉強法』『脳より体を磨きなさい』『一瞬で人を動かす心理術』ほか。

三宅裕之の名言 一覧

不安は心の自然な反応なので、消し去ろうと思ってはいけません。誰にでも必ず生じるものだと、認めることが大切。


大事なのは何かを「やりたい」という気持ちに敏感であることです。自分の動きをしっかり把握していれば、勉強したいと思ったときに、情熱を燃やすことができます。


英語はもちろん、仕事も恋愛も、人生を豊かにする手段のひとつです。自分の人生を充実させるために、いまやりたいことは何なのか。そう自分に問いかければ、自ずと道は拓けてくると思います。


やる気になるのをただ待っていても、残念ながらやる気は起きてくるものではありません。このような場合は、1分でも5分でもいいので、「まずやってみる」ことが大事です。やる気になるためにやる。つまり、「やる気が起きてから行動するのではなく、やる気を起こすために行動する」のだと発想を転換するのです。


もし英語を勉強したくなったら、「まず3ヶ月打ち込もう」というように期間を決めて取り組むのもいい方法です。長期間、全力疾走すると息切れしますが、短期間なら全力で取り組みやすい。そうするうちに、全力で打ち込む気持ちよさがわかってくるので、学習が楽しくなってくるでしょう。


私はやる気が起きないなら、無理して勉強する必要はないと思っています。他にやりたいことがあれば、そちらに情熱を傾ければいい。やりたくないのに無理してやる低空飛行の状態が一番よくありません。


「自分の行動」を目標にするのも有効です。「○○ができるようになる」といった結果にフォーカスするのではなく、「毎朝10分英語の勉強をする」といった行動に焦点を当てた目標を設定するのです。結果はコントロールできませんが、行動はコントロールが利きます。決めた行動ができた自分を褒めて、それを積み重ねていくことで、より安定したやる気につなげていくのです。


現状の自分の英語力を把握しておくことも忘れてはいけません。とくにスピーキングは成長が実感しにくいですから、段階ごとに自分の会話を録音しておくことをお勧めします。自分では成長していないと思っていても、半年後に聴いてみると、意外に上達していることに気づくでしょう。


英語力の伸びを実感するには、最初に目標を設定する際に、「自分はどのレベルの英語力をめざすのか」を具体的にイメージしておくことです。たとえば、「英語が話せるようになりたい」という曖昧な目標設定では、どこまで近づけたのかが、なかなか測定できません。すると、いつまでたっても成長の実感が湧かず、やる気も喪失してしまう。そうではなく、たとえば「一対一で5分以上、英語で自己紹介ができる」とか、「自分の仕事について英語で説明できる」といったように、より具体的で進捗の計測が可能な目標を設定するといいでしょう。


喚起したやる気を持続させるには、効果を実感できることが重要です。英語学習の途中で挫折してしまうのは、多くの場合、自分の英語力を測定するものさしが曖昧なために、成長を実感しにくいことが原因ではないかと思います。


世界で活躍する日本人には、いわゆるジャパニーズイングリッシュを駆使して世界と渡り合っている人も多いのです。たとえば、サッカーの本田圭佑選手が英語で話す様子を観ると、決して流暢とはいえない英語でも堂々と話しています。みなさんもぜひYouTubeなどで、海外で活躍する日本人たちの英語を聴いてみてください。そうすれば、「完璧な英語でなくてもいいんだ」ということがわかってもらえるでしょう。


日本人は、「英語が苦手」と思いがちですが、そんなことはありません。身の周りを見回してみても、英語で言い換えられているものがたくさんあるはずです。これがフランス語やロシア語だったら、自分で意識的に勉強した人でないかぎり、ゼロに近いでしょう。じつは日本人には英語に関して十分な素地がすでにあるのです。もっと自信をもってほしいと思います。


アジア人ビジネスマンは脅威となる一方で、欧米人と話すよりもアジア人同士で話すほうが、より理解しやすいという面もあります。今後は、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、ネイティブスピーカーではなく、ノンネイティブと英語で話す機会が増えていくはずです。完璧な英語でなくても理解し合えるという経験を積み重ねれば、自信にもつながっていくのではないかと思います。


以前は「英語ができるとチャンスが広がる」と考えられていましたが、いまはむしろ「英語ができないことはリスク」の時代です。今後は発展の著しいアジア諸国から優秀な人材が日本にもどんどんやってくるでしょう。私は現在、中国に在住しているので、アジアの優秀なビジネスマンと話す機会も多いのですが、彼らは英語が達者で向上心が強いことに衝撃を受けます。これからの日本人はこんな人たちと競争していかなくてはならないと思うと、リアルな恐怖を感じます。こういった恐怖を肌身で感じることで、英語学習への力に変えていくというのも有効だと思います。


何かを始める際には、「これをやることでこんな自分になりたい」といったウォンツが原動力になることもありますが、「これをやらなければ不幸な未来が待っている」といった恐怖心が人を動かすこともあります。


楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるのだ、といわれますが、それと同じことです。身体を動かせば、それに心がついてくる。英語学習にかぎった話ではありませんが、自分の心を前向きにするには、まずは始めることが大切です。


私は極力、昼食に同じものを食べないようにしています。日常生活の中で小さな変化に慣れておくことで、大きな変化やチャレンジに臆せず向き合うことができるのです。


いったん逃げることを頭の中で考えるからこそ、「逃げることと、逃げずに挑戦することのどちらが得か」をきちんと考えることができる。


三宅裕之の経歴・略歴

三宅裕之、みやけ・ひろゆき。日本のビジネスコーチ。早稲田大学商学部卒業後、ベネッセコーポレーションに入社し語学事業を担当。その後、ジャパンビジネスラボの共同代表に就任。米国コロンビア大学教育大学院で教育学修士号を取得。米国留学中にNLPや催眠療法などの資格を取得。そのほか、日本NLPコーチング協会会長などを務めた。著書に『毎朝1分で人生は変わる』『夢を勝手にかなえる自己洗脳』『いつでもやる気の英語勉強法』『脳より体を磨きなさい』『一瞬で人を動かす心理術』ほか。

他の記事も読んでみる

雨宮隆久

顧客との話し合いの際は、テーブルの上に書類などを置かず、お互いの会話に集中できる環境を作ります。プレゼンテーション資料や必要なデータ、スケジュールなどはすべてスマートフォンで確認し、会議の場では1枚の用紙に必要なことだけをメモするようにしています。


大塚辰男

社員に向けては、日曜日の夜が楽しみで、寝られないくらいの会社になれたらうれしいです。成長率としては年間6%くらいで安定して伸ばしていきたい。当社は離職率が1%台と業界平均に比べて非常に少なく、出戻り社員が多いのも特長です。当社は毎年のノルマはありますが、他社のように前年比10%増とか15%増といった厳しいものは課していません。利益は最低限の内部留保をしたら、後は社員に還元すると明確に規定しています。だから社員は賞与を3か月でも6か月でも自分たちが欲しいと思う金額を言っていいですよ、それに合わせて目標値も上げますよと明言しています。


黒田武志

第一歩を踏み出す勇気が大切。私の場合、起業で成功するかどうかわからなくても人生で後悔したくないという想いで一歩を踏み出し、起業しました。


佐藤等

「やめる」「任せる」「組織的な問題を見直す」の3つの視点で業務を整理することは、自分がなすべき大事なこととは何なのかを見直すことにもつながる。私は毎年元日に、「今年は何をやめようか」と必死になって考える。


松本洋(コンサルタント)

組織力と業績を上げ、個人の仕事の質を高めるには、自責の思考が必要です。この場合の自責とは、自分を責めて悲しい気持ちになることではなく、問題を解決し、発生を未然に防ぐ責任は自分にあるのだと考えて行動する態度です。


磯崎功典

我々はメーカーですから、やはりお客様がドキッとするもの、ワクワクするものをつくる、あるいは飲み方を提案することが非常に重要です。そういう企業風土にしていくにはいままで通りにやっているだけでは駄目で、新しい組織をつくり、そこから新しい価値を生み出していくことも大事だと思っています。


高橋滋

もし僕がまた新しい事業を起こすとしたら「ものすごく自分が好きで得意なこと」か「これはひどいって不快に思っていること」でしょう。これを直せば絶対にビジネスになるという確信が持てますから。


安藤美冬

もともと私はさほど整理熱心ではなく、デスク周りのグッズの定位置も厳格には決めていません。それでも必要なものはすぐに取り出せます。それはやはり、持ち物を絞り込んでいるからです。整理の前段階として、まずは厳選に重点を置くことが大切だと思います。


羽鳥兼市

本格的な実業家デビューはもっと後になります。義理の兄と羽鳥総業という会社を立ち上げたんです。でも、そこは下請けでしたから、商売の面白さを味わうにはいろんな改善策が必要でした。とにかく、下請けだから儲からないんですよ。どれだけ夜遅くまで頑張ったとしても、自分の意志と力で売上を伸ばすことができないのが下請けの運命。やはり直接お客さんとつながるような商売の仕方をしないといけないということで、ひとまず懸架重量7トンのクレーン車を一台購入しました。で、朝5時に起きて、道という道をパトロールする。するとね、ガードレールにぶつかった車とか、田んぼに落ちてしまった車とか、手がつけられなくて困っている車があちこちにあったのです。それを拾い上げて、お客さんからクレーン代をいただいていたのですが、やがてはトラックなどのような大物の依頼も飛び込んでくるようになりました。最後には25トンまで対応可能なクレーンを入れて、重機を中心にクレーン業を広げていったほどですから。


青山文平

通説を鵜呑みにしないというのは、ものごとをしっかり考える際の基本的な構え。


渡部卓

傾聴できる上司になるには、上司自身が心の余裕を保つことが不可欠。休息法を上司自ら実践するのがベスト。率先して休み、遊ぶことで自身のストレスマネジメントもできますし、チーム全体にも休みやすい環境をつくれます。働いている時間内でも、上手に息抜きを促し、くつろいだ空気をもたらせれば理想的です。こうした働きかけが、職場の人間関係改善の源になるでしょう。


寺尾玄

世界は可能性で満ちあふれている。できないことは確かにあるかもしれないが、「絶対にできない」とは言い切れない。不可能を証明することは、不可能だから。つまり、可能性は常にあるということ。


小林一雅(小林製薬)

売られたケンカは買う。一方で、自らケンカは仕掛けない。これが小林製薬のポリシーです。


程近智

上司が外国人になることもあれば、部下が外国人になることもある。こういう風土の中にいると、グローバル感は当たり前のものになる。


押井守

勝負を諦めた時こそが、勝負に負けるときだ。勝負を続けている限りは、負けは確定しない。勝ったり負けたりしながら、人生は続いていく。ただ、勝負を続けていくうちにだんだん勝負勘はついてくるし、くだらない失敗はしなくなってくる。スキルが上がってくるからだ。


ページの先頭へ