名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三宅秀道の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅秀道のプロフィール

三宅秀道、みやけ・ひでみち。日本の経営学者、コンサルタント。神戸育ち。早稲田大学商学部卒業後、都市文化研究所、東京都品川区産業振興課などを経て、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任研究員などを経て、東海大学政治経済学部専任講師に就任。専門は製品開発論、中小・ベンチャー企業論。

三宅秀道の名言 一覧

意識されていなかった名前のない問題を発見することが新しい文化の創造に結びつく。技術開発はもちろん大切ですが、いまは比重がそちらに寄りすぎていると思います。未知の問題をもっと発見していくことが明日への希望になると信じています。


TOTOのウォッシュレットにせよ、ホンダの原付自転車にせよ、ソニーのウォークマンにせよ、画期的な新商品は新しい文化の開発から生まれている。でも、その文化に慣れ親しむと商品の改善に軸足が移り、先人たちの発明を技術開発の結果と錯覚しはじめる。技術さえ高めれば、いつか自然現象のように発明が生まれると信じていく。しかしそれだけでは、いつか市場は行き詰ります。


未知なる文化をとり入れ、新しい価値に気づけば、その先に新しい市場が生まれるのです。


私も大企業の技術開発にフォーカスしたストーリーを聞くのは嫌いじゃないですが、それ以外の勝ちパターンも軽視すべきではありません。


作ってみたら新しい習慣として世の中に普及した。そういう製品を探してみればいくつもある。どんな製品も、最初は高度な技術で開発されたというより、あった技術をなかった用途に転用して、社会がその用途を後から認知するようになったものが少なくない。製品ができる最初の過程はそういうものだ。


主流のマーケティング理論では潜在ニーズを発見しろという。それはいまあるコンセプトを、いろいろな生活の場に投げ込んでみれば、細部で改善できるところがある、という言い方と同じだ。しかし、これでは後手といっていい。社会につねにある生活文化の変化に作り手が追いついていない。生活者の変化を先取りして、たとえばトイレでは尻は洗うものという習慣が生まれたように、主導権をもって生活文化の「家元」になることが大事だ。


知らない人と友達になる効用は、意図せざる情報をインプツトできることだ。とかく役に立ったという目分のフレームの変化には気づかない。そうでなくても、情報はあふれている。だが、自分自身の必要、不必要の情報判定はあいまいであやふやな中で行われる。いま感じている必要性は知り合いの中での入手では高がしれている。組織にいると、結局ある人の手のひらの上で動いていることにどうしてもなりがちだ。とかくアクシデントやハプニングが起きなくなっている環境にいるのに、そうなっていることに気づかない。この意図せざる友人によって生き方が変わる。


問題の発明は決して特別なことではない。自分のわがままな考えをわがままと思わずに、こんなことがあっていいと考えついたら、できそうにないという無意識の自己規制を外せばいい。


企業は技術が主導の権力、価値構造になっている。組織の成功体験が組織内の権力体系をもたらし、根本のコンセプトの革新・改善はトップでも進めにくい。それでも、誰かが考えていなければいけない。


ソニーの前身、東京通信工業時代に井深大さんは炊飯釜を作っていた。その時代はユニークなおじさんと見られていただろう。有名な会社になってから取り上げたときは成長論で斬れるが、市場の発生論というまったく違ったアプローチも必要だ。


日本の製品開発は、より低コストのものがいい、より省エネがいい、より省スペースがいいと、コストパフォーマンスの比率をよくする方向ばかりに意識が偏る。それを使ってこんな楽しみもあるといった別の暮らし方を提案するようなことは弱い。とりあえず、上司から言われたから特許件数だけはノルマをこなすため取るとしても、それを組み合わせて暮らしの中で喜ばれるサービスに結び付ける提案はお留守になっている。いままで文化を開発することをなめてきた。暮らしの幸せは米国製を借りてきて、それを軽薄短小、省エネで実現しようとした。


同じ価値観、物差しを使って具体的にいろいろな生産現場を見ると、ここはムダを省けるとか、ここはもっと安くできるなど、「改善点が発見」できる。それが、トヨタ自動車の工場では年間100万件もの「改善点の発見」になる。


中小企業を研究してきてわかったことは、製品としても生産技術としても抜きんでたところはないが、その製品によって、以前は需要さえなかったところで需要が作られ、そのマーケットでトップを占めるようになるというような、技術の優位性では説明がつかない成功例が結構あることだ。これは、従来の経営学が教える企業の勝ち方のロジックにそぐわない事例だが、いまはそれも「王道の勝ちパターン」の一つとして分析できる。


文化人類学の人たちと話をしていると、トウモロコシはネイティブアメリカンの聖なる食べ物だったとか、インドネシアでいまポカリスエットが受けているといった話がぽんぽん出る。新しい文物が、違う社会から輸入されて普及していく現象が、当たり前のようにある。その形態は、新しい文化が波となって広まり、その波に乗って、特定の企業がマーケットを占有していくものだ。このような生活文化、消費文化の開発はその地域で大いなるビジネスチャンスを生む。これは、製品技術より文化で説明して初めて説得力があるし、そういった事例も豊富にある。今の日本でそれができないとすれば、これまでの成功体験が障害になっているからだろう。


三宅秀道の経歴・略歴

三宅秀道、みやけ・ひでみち。日本の経営学者、コンサルタント。神戸育ち。早稲田大学商学部卒業後、都市文化研究所、東京都品川区産業振興課などを経て、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任研究員などを経て、東海大学政治経済学部専任講師に就任。専門は製品開発論、中小・ベンチャー企業論。

他の記事も読んでみる

上田準二

伊藤忠に入社して、やっぱり自分には合っていないというか、やっていける会社ではないと思って、会社を辞めようと思ったんですね。でもちょっと待てよ、と思って。ここで辞めたら、恐らく自分はどこの世界に行っても続かない。大阪っていうのも一度も行ったことのない土地ですし、まず行ってから決めようと、辞めるのを先延ばしにして。そしたら、大阪での営業は販路開拓が仕事でしたが、本当に人間模様というか……、そこで僕は、生き生きとしましたね。


吉野佳秀

上場は世間的な認知度・信用度を向上させる意味合いが大きかったですね。私たちの技術は、火力発電所の解体など大きな工事に力を発揮するものですから、取引先は必然的に大手企業となります。しかし、彼らに提携の話を持って行っても、「下請けの技術など使うわけにはいかない」と断られるのが常でした。わざわざ頭を下げてまで小さなベンチャー企業の技術を使うという発想はどこにも無かったのです。それならば私たちは、自らの力で特許を取り、会社を大きくしていく他ありません。あえて上場という道を選んだのは、このためです。


近藤正樹

「ケンタッキーがこんなものを出すの?」と言われる驚きのある商品を出していきたい。


嶋田毅

会社の中での会議や他社との交渉事で話がかみ合わない時には、「ここで議論したいことは、これですよね」と、論点をきっちりとすり合わせることが基本中の基本。


井戸美枝

「年金だけで暮らす」という常識を捨てることが重要。本来、年金は社会福祉ではなく、定年後の生活のセーフティネット。定年後の生活費の土台にはなりますが、すべてをまかなう制度ではないのです。公的年金は今後なくなることはありませんが、実質的な年金減額は可能性が高いでしょう。自助(の資金)をいかに作っておくかが、定年後のお金のピンチを回避するカギです。


高城幸司

まずは部下が率直に話してもいいと思える状況を作るべきです。ただでさえ部下は上司と一緒で緊張しているかもしれません。アイスブレイクの時間を設けましょう。リラックスした雰囲気になったら本題に入ります。とはいえ、ダイレクトな問いかけは、やはりNGです。


渡邊五郎

高校卒業後、高知を離れますが、高校までに故郷で培われた気質が今の私の基軸になっています。


柳井正

われわれは大型店をつくっているので、既存店への影響大きくなり、不必要な店舗が出てくる。大型店は既存店の2倍以上売るところもある。既存店は建て替えている。小売業なので、いつも最強の店舗布陣にしないといけない。われわれは出店費用をかけないようにしているので、気楽に撤退できる。誰にも迷惑をかけないようにしている。【覚書き|出店に対する閉店の割合が増えてきているのでは?という記者の質問に対するコメント】


井上五郎

一般的に言って技術者は、専門の勉強が忙しく、専門以外の本を読む時間が少ない。(旧制)高等学校生活で一番ありがたかったことは、多種多様の本が読めたことである。課外に読んだものには技術関係の書物などひとつもない。ほとんどが小説や文学書である。


辻慎吾

都市とは本当にいろいろな機能が複雑に絡み合っています。必要な知識は多岐にわたりますが、すべてに精通する人間などいません。そのときに必要なのは、専門家を集め、彼らの能力を引き出しつつ新たなコラボレーションをリードしていくことです。


相原敏貴

感謝を持って仕事をするとより捗ります。捗るから面白い!そして喜ばれる。


森秀明

完璧に仕上げた資料でなくても、相手先に持っていき、相手と密なコミュニケーションを取りつつ、アップデートを重ねていく姿勢が、今の資料作りには重要。