三宅秀道の名言

三宅秀道のプロフィール

三宅秀道、みやけ・ひでみち。日本の経営学者、コンサルタント。神戸育ち。早稲田大学商学部卒業後、都市文化研究所、東京都品川区産業振興課などを経て、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任研究員などを経て、東海大学政治経済学部専任講師に就任。専門は製品開発論、中小・ベンチャー企業論。

三宅秀道の名言 一覧

意識されていなかった名前のない問題を発見することが新しい文化の創造に結びつく。技術開発はもちろん大切ですが、いまは比重がそちらに寄りすぎていると思います。未知の問題をもっと発見していくことが明日への希望になると信じています。


TOTOのウォッシュレットにせよ、ホンダの原付自転車にせよ、ソニーのウォークマンにせよ、画期的な新商品は新しい文化の開発から生まれている。でも、その文化に慣れ親しむと商品の改善に軸足が移り、先人たちの発明を技術開発の結果と錯覚しはじめる。技術さえ高めれば、いつか自然現象のように発明が生まれると信じていく。しかしそれだけでは、いつか市場は行き詰ります。


未知なる文化をとり入れ、新しい価値に気づけば、その先に新しい市場が生まれるのです。


私も大企業の技術開発にフォーカスしたストーリーを聞くのは嫌いじゃないですが、それ以外の勝ちパターンも軽視すべきではありません。


作ってみたら新しい習慣として世の中に普及した。そういう製品を探してみればいくつもある。どんな製品も、最初は高度な技術で開発されたというより、あった技術をなかった用途に転用して、社会がその用途を後から認知するようになったものが少なくない。製品ができる最初の過程はそういうものだ。


主流のマーケティング理論では潜在ニーズを発見しろという。それはいまあるコンセプトを、いろいろな生活の場に投げ込んでみれば、細部で改善できるところがある、という言い方と同じだ。しかし、これでは後手といっていい。社会につねにある生活文化の変化に作り手が追いついていない。生活者の変化を先取りして、たとえばトイレでは尻は洗うものという習慣が生まれたように、主導権をもって生活文化の「家元」になることが大事だ。


知らない人と友達になる効用は、意図せざる情報をインプツトできることだ。とかく役に立ったという目分のフレームの変化には気づかない。そうでなくても、情報はあふれている。だが、自分自身の必要、不必要の情報判定はあいまいであやふやな中で行われる。いま感じている必要性は知り合いの中での入手では高がしれている。組織にいると、結局ある人の手のひらの上で動いていることにどうしてもなりがちだ。とかくアクシデントやハプニングが起きなくなっている環境にいるのに、そうなっていることに気づかない。この意図せざる友人によって生き方が変わる。


問題の発明は決して特別なことではない。自分のわがままな考えをわがままと思わずに、こんなことがあっていいと考えついたら、できそうにないという無意識の自己規制を外せばいい。


企業は技術が主導の権力、価値構造になっている。組織の成功体験が組織内の権力体系をもたらし、根本のコンセプトの革新・改善はトップでも進めにくい。それでも、誰かが考えていなければいけない。


ソニーの前身、東京通信工業時代に井深大さんは炊飯釜を作っていた。その時代はユニークなおじさんと見られていただろう。有名な会社になってから取り上げたときは成長論で斬れるが、市場の発生論というまったく違ったアプローチも必要だ。


日本の製品開発は、より低コストのものがいい、より省エネがいい、より省スペースがいいと、コストパフォーマンスの比率をよくする方向ばかりに意識が偏る。それを使ってこんな楽しみもあるといった別の暮らし方を提案するようなことは弱い。とりあえず、上司から言われたから特許件数だけはノルマをこなすため取るとしても、それを組み合わせて暮らしの中で喜ばれるサービスに結び付ける提案はお留守になっている。いままで文化を開発することをなめてきた。暮らしの幸せは米国製を借りてきて、それを軽薄短小、省エネで実現しようとした。


同じ価値観、物差しを使って具体的にいろいろな生産現場を見ると、ここはムダを省けるとか、ここはもっと安くできるなど、「改善点が発見」できる。それが、トヨタ自動車の工場では年間100万件もの「改善点の発見」になる。


中小企業を研究してきてわかったことは、製品としても生産技術としても抜きんでたところはないが、その製品によって、以前は需要さえなかったところで需要が作られ、そのマーケットでトップを占めるようになるというような、技術の優位性では説明がつかない成功例が結構あることだ。これは、従来の経営学が教える企業の勝ち方のロジックにそぐわない事例だが、いまはそれも「王道の勝ちパターン」の一つとして分析できる。


文化人類学の人たちと話をしていると、トウモロコシはネイティブアメリカンの聖なる食べ物だったとか、インドネシアでいまポカリスエットが受けているといった話がぽんぽん出る。新しい文物が、違う社会から輸入されて普及していく現象が、当たり前のようにある。その形態は、新しい文化が波となって広まり、その波に乗って、特定の企業がマーケットを占有していくものだ。このような生活文化、消費文化の開発はその地域で大いなるビジネスチャンスを生む。これは、製品技術より文化で説明して初めて説得力があるし、そういった事例も豊富にある。今の日本でそれができないとすれば、これまでの成功体験が障害になっているからだろう。


三宅秀道の経歴・略歴

三宅秀道、みやけ・ひでみち。日本の経営学者、コンサルタント。神戸育ち。早稲田大学商学部卒業後、都市文化研究所、東京都品川区産業振興課などを経て、早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター特任研究員などを経て、東海大学政治経済学部専任講師に就任。専門は製品開発論、中小・ベンチャー企業論。

他の記事も読んでみる

本田宗一郎

当時、一生懸命がやたらと尊ばれた。たんなる一生懸命には何ら価値がないことを為政者は教えなかった。だから国民は一生懸命が価値を持つためには、正しい理論に基づくことが前提条件だということを悟らなかった。


青木俊介

当社は昇進や派閥争い、余計な社内行事やしきたりなど下らないことは一切なく、やりたいことだけを追求できる会社。


中山勇

加盟店さんと本部や担当者との関係を見ていると、非常に雰囲気がいい。前社長の上田(準二)が現場をよく回り、一緒にお酒も飲んでいい関係を築き上げてくれたおかげだと思います。こうした財産は何物にも代えがたいですね。


サム・ウォルトン

たいていの会社には、「歌うトラック・ドライバーズ」というゴスペル・グループも、「ジミー・ウォーカーと会計士たち」という管理職のコーラス・グループもないのだ。真剣に働いているからといって、いつもしかめっ面をしたり、難しい顔をしている必要はないのだ。だが、どんな仕事をする場合でも、私たちは楽しくやりたいと考えている。それは、「口笛を吹きながら働く」式の哲学であるが、この精神でやれば仕事が楽しいだけでなく、よりよい仕事ができる。


眞鍋淳(真鍋淳)

私自身、研究員として仕事をしていたときから、現場スタッフと経営陣のコミュニケーションの重要性を感じていたこともあり、現在努めて各所に足を運ぶようにしています。


八木洋介

GEの会議で、インド出身の同僚と初めて激しく議論したときのことは忘れられない。私のプレゼンに正反対の意見を厳しい調子でぶつけてくる。この男は私のことを嫌いなんじゃないかと落ち込んだものだが、会議が終わったら、とたんに笑顔で語りかけてきた。会社は仲良しクラブではなく、あくまでもビジネスの場。互いに馴れ合うのではなく、真剣に持論をぶつけ合うべきなのだ。


岡藤正広

商社はお客さんを見つけたら、彼らが儲けられる仕組みを僕らが主導する形に持っていかないといけない。商社の機能が発揮されて初めて「儲けの画」が完成するわけです。ただし、難しいのはこの2つが矛盾していることです。お客さんが儲かるようになると「商社はいらないよ」となってしまいます。逆に、あんまり主導権を握りすぎるとお客さんの儲けが減ります。このバランスに常に気を配ってきました。


高島宏平(髙島宏平)

(アマゾンが参入してくることを)脅威に思わない人なんていないだろう。だが僕らも当初苦労したように(有機野菜の販売は)生産者とのネットワークがない会社がいきなり参入して、すぐに成功するような業界ではない。もしアマゾンが本気で有機野菜で日本市場に参入するのなら、我々を買収するのが一番手っ取り早いのではないでしょうか。

【覚え書き|アマゾンが米食料品スーパー「ホールフーズ・マーケット」を買収したことについて】


魚谷雅彦

コカ・コーラは120年間、中身は一切変わらないまま、その時代の消費者にブランドを浸透させてきました。コカ・コーラのマーケティング力を説明するとき「intrinsic value(基本的な機能やスペックの価値)」と「extrinsic value(付帯的な情緒や感性の価値)」というふたつの言葉を使います。コカ・コーラは味や機能面では120年間変わっていません。それでも120年間グローバルスタンダードとして認識されてきたのは、どこの国であろうと、どの時代であろうと、共感してもらえるように、感性の価値を追求してきたからです。


木暮太一

終身雇用制度は確実に崩壊しつつあるし、いま乗っている船がいつ沈没するかは誰にも予測できない時代なのだ。乗っている船が大企業だろうと中小企業だろうと、いまや事情は変わらない。そういう時代に生きていて、いざ船が沈没するときになって、自前の救命胴衣も持っていないというのでは、自分の人生に対して無責任だ。社内では目の前の仕事に集中し、一歩社を出たら、未来に備える勉強に集中する。こうした切り替えは、結果的に地力を高めることに繋がる。いざ転職という際のあなたの相場は、居酒屋で管を巻いている人々よりもはるかに高くなっているはずである。


池田千恵

私は会社員時代に7つの資格を取得しましたが、そのために毎朝4時に起き、出社前の2時間余りを会社近くのファミレスでの受験勉強に充てました。朝の明るい光を浴びると脳内のセロトニンが増えてポジティブな気持ちになれますし、朝は「脳のゴールデンタイム」ですからアイデアもどんどん湧いてきます。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

経営者もエンジニアの発想を身に付け、5~10年後に技術が何をもたらすのかを想像できなければ成功できない。


大野直竹

仮に口に出して言ったことや夢が実現しないからといって、私の方からそれを叱咤するようなことはない。とにかく思うこと、いつかそれはできるようになる。ですが、思わない人、言わない人は永久にできない。


三枝匡

実は、改革案が妥当だったかどうかの分かれ目は、「改革方針」そのものより、「現状の何がまずいのか」という反省論が甘い場合が圧倒的に多いのです。現状認識と反省が核心を突いていなければ、方針や戦略も的外れになるのは当たり前です。


小田與之彦

(北陸新幹線開業の関係で)3月以降の予約状況や問い合わせは通常の2倍以上と、逆に不安になるくらいです。もちろんこの数字は一時的なものでしょう。だからこそ、我々はお客様の期待にしっかり応え、「期待以上だった」と満足していただかなければなりません。新幹線の波に乗るだけでなく、自らの実力でもう一つの波を作り、来年以降につなげるチャレンジをしたい。


ページの先頭へ