名言DB

9490 人 / 112001 名言

三宅宏実の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅宏実のプロフィール

三宅宏実、みやけ・ひろみ。日本の重量挙げ選手、指導者。埼玉県出身。中学3年時に重量挙げを開始。法政大学卒業。全日本選手権、世界選手権で優勝。ロンドン五輪で銀メダル、リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得。

三宅宏実の名言 一覧

自分を知り、知識を身につけ、柔軟に変化し続ける。それが、トップで戦い続けるために大切なこと。


どんなに練習しても、自分の感情をコントロールできない人が世界の舞台で勝てるわけがない。


本気で自分を変えようと行動し、諦めずに努力し続ければ、本番で力が発揮できる。


最後は、自分を信じる強い心がないと成功できない。そのためにも、自分自身が成長しなければ勝てない。


リオまでの2年間は本当に辛かったけど、本気で自分を変えようと思うことができ、自己成長できる機会を頂いたんだなと思う。


読書はリフレッシュにもなりますし、気づかされる言葉がたくさんあった。世界は広がるし、本から得られた言葉をヒントに自分を磨けば、競技に生かせるのではないかとも思えた。今では、書店で本を選ぶ時間が一番楽しい。


これからの4年間、ロンドン五輪やリオ五輪とは異なる悩みが、私の前に立ちはだかると思います。そのたびに「自分は何者か」と問いながら、答えを見つけて乗り越えていきたい。そのヒントは周りにたくさんあると思う。


人は本気で変わりたいと思った時に力を発揮し、行動に移して、壁を乗り越えられる。そうして一つひとつ壁を乗り越える度に、少しずつ心が強くなっている。


本から得られた気づきや、心に残った言葉は、タイトルや著者とともにメモ帳に書き留めています。辛い時に見返すと、考え方がプラスに転じたり、心が軽くなったりする。このメモ帳にその時の感情も書き留めれば、「自分が今どんな感情か」といった自己分析ができるんです。


私の心はそれほど強くないので何度も折れてます。怖さ、不安、落胆……。故障やケガもありますし。そのたびに、何度もグラグラして折れています。でも、お尻を持ち上げてくれるような皆さんの支えがあるから続けられているんです。


ロンドン五輪後からの4年間、自分の部屋で涙を流した日の方が多いぐらい、ケガなどで思うように練習できない時間を過ごしました。本当に苦しかったからこそ、周囲の方々の応援のありがたみや、それがどれだけ自分を支えてくれたかを改めて実感できました。


「失敗したらどうしよう」という不安は常にあって、心が折れやすいタイプだと思います。「強くなりたい」「弱い心をどう克服できるか」といつも模索していた。不安や葛藤といった心の壁を乗り越えることに必死でした。その原動力となったのは「何が何でもメダルを獲りたい。そのためには自分が変わらなければ」という覚悟だと思います。


30歳を超えていいパフォーマンスを残せれば、1つのモデルケースとして後進に示すことができ、励みになるとも思います。ウエイトリフティングの種目で、たくさんの日本人メダリストが生まれればうれしい。そんな道を切り開くためにも、今は自分がどこまで挑戦し、成長できるのか、知りたい気持ちでいっぱいです。


自分を変えようともがいていた時、「自分は何者か」「どんな人間なのか」と自分探しをしていました。書店に行くのも、自分を探すためかもしれません。「私は何をしたいのか」「なぜ落ち込んでいるのか」「何が足りなくてどんなふうに変えたいのか」といった、その時の自分の心情を把握して乗り越える方法を、本の中の言葉から探しています。そうやって今の自分を知れば、様々な要因で心が乱れても、冷静に考えられる。弱い心に屈しないことにつながるのではないでしょうか。


とくに影響を受けた本は、比叡山延暦寺の千日回峰行を2度満行(まんこう)された、天台宗大阿闍梨(あじゃり)・酒井雄哉さんの『一日一生』です。「一日を一生と思って生きる」という言葉には本当に支えられました。明日は何が起こるか分からない。だから明日のことは考えず一日一日を大切にし、練習も試合も全力を出し切れば、きっと悔いなく生きられると思えた。思い通りにいかない時も、その時できることを全力でやろうと言い聞かせ、モチベーションの波を乗り切れた。


「ロンドンで引退すればよかった」と、すべてのことから背を向けたくなりました。家の部屋にこもってカーテンを閉め、両親に気づかれないように泣いていた日の方が多かった。何度もくじけそうになりながら、それでも何とかリオ五輪までモチベーションを保てたのは「本」による支えが大きかった。


私にとっては父であり、師匠。父がいないと重量挙げを教えてくれる人がいなくて困っちゃうので、親子であるがゆえのやりにくさとか思春期とか反抗期とか、そういうものは度外視して、ただ、強くなりたい、学びたいという思いだけでした。ケンカをしても、父と娘のお互いの目標が五輪のメダルですから、2人とも練習場に戻るしかないですし。すぐに仲直りしました(笑)。


メダル獲得のラストチャンスとなった3回目のジャーク(バーベルを頭上へ挙げる第二動作)は、勝負師として攻めたいと思いました。「ここで決めなかったら日本には帰れない。ロンドンからリオ五輪までの4年間の苦労や努力も報われない。絶対に決めたい!」。そんな強烈な想いが集中力を上げ、成功につながったんだと思います。


三宅宏実の経歴・略歴

三宅宏実、みやけ・ひろみ。日本の重量挙げ選手、指導者。埼玉県出身。中学3年時に重量挙げを開始。法政大学卒業。全日本選手権、世界選手権で優勝。ロンドン五輪で銀メダル、リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得。

他の記事も読んでみる

土居健人

社会人になってから英語の勉強を本格的に始めても、遅いということはまったくありません。
【覚書き|大学卒業後、外資系企業に入社した当時、受験単語を知っている程度しか英語ができなかったことについて語った言葉】


戸塚隆将

世界のエリートと呼ばれる人たちも、特別なことをしているわけではありません。準備をしたり、自分を褒めたりしながら、小さな成功体験を積み重ねて良いサイクルを生み出している。やっているのは、ごく普通のことの積み重ねです。


木川理二郎

私は建設機械産業は、成長産業だと言い続けています。どの国も豊かになろうと道路、鉄道、港湾などのインフラを整えて、経済を活性化させています。世界を見渡せば、これから豊かになろうという国はたくさんあります。今日の日本を作り上げるのに、戦後だけで60年かかっています。ということは、これから発展する国も数十年かけて豊かになっていくのであって、その間、我々にチャンスがあるのです。


長谷川嘉哉

とくに視覚的な情報はインパクトが大きいので、相手に安心感を与えたいなら、なるべく扁桃核を刺激しないビジュアルを心がけるべきです。たとえば、ピンクのネクタイや太いストライプのスーツなどは、人によって好き嫌いが分かれます。これは要するに扁桃核を刺激しやすいアイテムだということ。一方、ブルーのネクタイや落ち着いた無地のスーツを嫌う人はあまりいませんから、こちらは扁桃核を刺激しにくいアイテムということです。よって、お堅い業界の人や相手に警戒感を与えたくない場面では後者を選んだほうが無難。反対に、プレゼンなどで他の人と差をつけて目立ちたいなら、前者を身につければ効果的でしょう。


弘兼憲史

叱るというと声を荒げて部下を怒鳴りつけることだと思っている人がいる。そんなことはない。冷静に部下の非を責めるのが叱るということだ。乱暴な言葉を使わなくてもいいし、こぶしを振り上げなくてもいい。というよりもそんなことはしないことだ。怒りに任せて部下を叱ると、あとのフォローができなくなる。短くわっと叱って突き放す。じっくり反省しろ。あとで話を聞くということを言っておく。これがフォローのための布石だ。叱るのとフォローを分けるのがいい


クロード・モネ

人は私の作品について議論し、まるで理解する必要があるかのように理解したふりをする。私の作品はただ愛するだけでよいのに。


似鳥昭雄

ニトリではお客様からご好評をいただいている製品でも、その声に甘んじず毎年、改善を重ね続けています。数ある商品の中で、それを手に取りたくなる、そんな品質を常に磨き続けることが大切だと思います。


野坂英吾

先輩経営者から聞いた失敗談を自分だったらどう対処していただろうかと「自分ごと」として考える習慣を意識してきました。「変換力」と呼んでいますが、たくさん疑似体験をしてきたことは役に立ちました。


信田さよ子

父親のケースはあまり見かけませんが、母親は、娘を自分にとって都合のいいように育て、子供の人生を取り込もうとすることが多いものです。口では「あなたが幸せになればそれでいい」と言いながら、心の中では「最後はあなただけが頼りだからね」と思っている母親が非常に多い。母親は「自分は家族のために生きてきた。自分の人生を生きていない」という思いが強く、同性の娘を通して、自分の人生をもう一度やり直そうとしているからです。


内藤忍

目標が明確になれば、それに向けていま自分に何が足りないかがわかります。それを認識するだけで以後それに関する情報に敏感になる。つまりチャンスに強くなる。


茂木友三郎

企業は社会の公器であるという自覚を持たなければいけない。企業もある一定の規模になると、社会の公器になる。経営者は、その企業が社会の公器になったら、株主のことだけ考えているのではいけない。従業員や取引先、顧客などすべてのステークホルダーのことを十分考慮に入れて仕事をしなければならない。「良き企業市民たれ」ということ。


高碕達之助

利益があれば年々機械が新しくなってくるから、新しい機械を買うためにまず第一に償却をやり、残った金は一般の会社がやるだけの配当をしよう。また従業員にはできるだけの給料を払って最低生活を保障し、製品はできるだけ安く売るようにした。つまり、償却した残りの金を三等分し、三分の一は従業員へ、三分の一は株主へ、三分の一は消費者に返してやるという原則を決めて、経費はできるだけ少なくし、いいものを敏速かつ安く提供するようにした。
【覚書き|東洋製缶社長時代の発言】