名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三宅哲之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅哲之のプロフィール

三宅哲之、みやけ・てつゆき。日本の天職デザイナー。「天職塾フリーエージェントアカデミー」学長。広島県出身。香川大学卒業後、日立の家電子会社、日立製作所などを経て独立。著書に『絶対成功 「好きなこと」で起業できる』。

三宅哲之の名言 一覧

「なぜその仕事なのか」という自分の軸が決まれば、途中でブレたり、投げ出したりすることはなくなる。


集客がほぼゼロからのスタートなるので、開業後は赤字の連続。でも、本当にしたいこと、実現したいことが明確な人は、多少の苦難にも耐え、事業を軌道にのせられる。


学校に通う前に、自分が本当にやりたいことは何なのか、自分の志を明確にすることが大切。


他人に自分の人生を委ねてはダメだと気付いた。雇われ人に限界を感じ、起業アドバイザーとして独立しました。会社員時代に比べて100倍楽しいですね。自分の手で毎日を切り拓く醍醐味を実感する日々です。


独立後、苦労の連続でした。それでも自分の正しいと思うことができている。自分のために働くから楽しいし、成長に繋がる。自分に基軸を持った人生の必要性を強く感じました。


中高年男性の定年後の憧れの仕事の例にそば屋があります。なぜ、そば屋なのか、そばを通じてどんな人をどうしてあげたいのかを明確にしていくことが大切です。たとえば、子供の頃、田舎で親戚がワイワイガヤガヤ集まって食べた年越しそばの思い出が原点で、それを再現したいとわかれば、お店のコンセプトは「田舎のおばあちゃんが打ったそば」。そこから店名、メニュー、店の内装など、次々にイメージできるようになるはず。


三宅哲之の経歴・略歴

三宅哲之、みやけ・てつゆき。日本の天職デザイナー。「天職塾フリーエージェントアカデミー」学長。広島県出身。香川大学卒業後、日立の家電子会社、日立製作所などを経て独立。著書に『絶対成功 「好きなこと」で起業できる』。

他の記事も読んでみる

高島宏平(髙島宏平)

まだまだお役に立てることはあるのに、と不甲斐なく思うことはあっても、何かを成し遂げたという感覚はまったありません。むしろ、さらにチャレンジできる幸せを強く感じています。


松井忠三

スポーツや芸術でもそうですが、まず最初に決まった「型」を習得して初めて「型破り」が可能になります。型がない人がやるのは「型なし」です。基本的な仕組みの存在こそが、会社の成長につながる創造性を生みだすのです。


藤木俊明

アウトプットよりインプットに時間をかけるのが正解。企画書作成の手間を省いて、ネタ集めの時間を増やそう。「企画書づくり」ではなく「企画づくり」にエネルギーを注ぐと、通るようになる。


弘兼憲史

情報も、経営者にとって欠かせない要素です。ただ、自分一人で得るには限度がありますから、まわりのスタッフも含めて、情報網やアンテナをたくさん持っておくことも重要だと思います。


ジョージ・デイビッド

富は小さな努力が、大きな成果を生む時にもたらされる。
貧は大きな努力が、小さな結果しか生まない時にもたらされる。


渡文明

自分の個性を尊重してもらうというのは、我がままではありません。他人の個性を尊重するということがないと、自分の個性だけが周囲に認めてもらえるはずがありません。そういう行動がとれる資質を持たせるために情操教育は非常に大事だと思っています。


木川眞

調達から製造・加工、保管、梱包、販売、輸送・配達、情報システム、決済まで。宅急便単体の競争ではなく、事業の川上から川下までの困りごとを解決するためにグループが一丸となって物流改革を提案する。これは他社にはできない大きな差別要素です。


森下篤史

できる奴とできない奴、どこが違うかというと、毎日を1.01の力で生きるか、0.99で生きるか、実はこの差がデカい。ほんのわずかな違いですが、掛けていけば、一方はプラス、一方はマイナスになります。


森信三

「先の見通しがどれほど利くか」「どれほど他人の気持ちの察しがつくか」「何事についても、どれほどバランスを心得ているか」この3つで、人間の知恵は一応わかる。


藤本篤志

顧客が言葉に出さないシグナルをキャッチするためには、何気ない雑談にも気を配ることが不可欠です。たとえばお客さんが、「先日、社の忘年会で○○ホテルに行った」と言った場合。従来、その会社ではもう少しグレードの低いホテルを使っていたはず、ということを、以前の雑談で知っていたとします。すると、業績が良いのでホテルをグレードアップしたのではないか、という予測が立ち、となるとネックは資金面ではないかもしれない、などとつなげることができます。


新井直之(執事)

本当のお金持ちは、たくさんの方々に支えられ、数十億円、数百億円という資産を築かれています。目力と笑顔は、大富豪を支え、応援する人たちを作り出す原動力となっているのです。人間関係の基本は1対1のコミュニケーションにあります。目力のある人が目線を合わせ、相手の話を聞くと、それだけで「しっかりと受け止められている」という印象を与えます。つまり、目力があれば相手の自己承認欲求を満たしてあげることができるのです。この無言の力がお金持ちの印象を「信頼できる」「大切に扱われた」「真剣に向き合ってくれた」というふうに、良いものへと変えていきます。


大坪勇二

借りを作ると、相手を裏切れないし、より努力するようになる。自分を信じてくれた相手の期待に応えたいという思いが強くなり、責任感も増しました。