名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三宅哲之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅哲之のプロフィール

三宅哲之、みやけ・てつゆき。日本の天職デザイナー。「天職塾フリーエージェントアカデミー」学長。広島県出身。香川大学卒業後、日立の家電子会社、日立製作所などを経て独立。著書に『絶対成功 「好きなこと」で起業できる』。

三宅哲之の名言 一覧

「なぜその仕事なのか」という自分の軸が決まれば、途中でブレたり、投げ出したりすることはなくなる。


集客がほぼゼロからのスタートなるので、開業後は赤字の連続。でも、本当にしたいこと、実現したいことが明確な人は、多少の苦難にも耐え、事業を軌道にのせられる。


学校に通う前に、自分が本当にやりたいことは何なのか、自分の志を明確にすることが大切。


他人に自分の人生を委ねてはダメだと気付いた。雇われ人に限界を感じ、起業アドバイザーとして独立しました。会社員時代に比べて100倍楽しいですね。自分の手で毎日を切り拓く醍醐味を実感する日々です。


独立後、苦労の連続でした。それでも自分の正しいと思うことができている。自分のために働くから楽しいし、成長に繋がる。自分に基軸を持った人生の必要性を強く感じました。


中高年男性の定年後の憧れの仕事の例にそば屋があります。なぜ、そば屋なのか、そばを通じてどんな人をどうしてあげたいのかを明確にしていくことが大切です。たとえば、子供の頃、田舎で親戚がワイワイガヤガヤ集まって食べた年越しそばの思い出が原点で、それを再現したいとわかれば、お店のコンセプトは「田舎のおばあちゃんが打ったそば」。そこから店名、メニュー、店の内装など、次々にイメージできるようになるはず。


三宅哲之の経歴・略歴

三宅哲之、みやけ・てつゆき。日本の天職デザイナー。「天職塾フリーエージェントアカデミー」学長。広島県出身。香川大学卒業後、日立の家電子会社、日立製作所などを経て独立。著書に『絶対成功 「好きなこと」で起業できる』。

他の記事も読んでみる

ルイス・バークスデール

グローバルイノベーションのリーダーになれるようなスキル、知識を養わなければいけない。最近読んだ人工知能(AI)に関する本の中にこんなことが書かれていました。「人間にしかできないのは、疑問を持つこと、質問をすること、いい課題を見つけること」だというのです。これこそが本物のイノベーターが持つべきスキルなのではないか。


小池淳義

毎日ノートにその日の出来事と、それに対して自分が「何を感じ、どう考えたか」を書き出しています。考えを毎日記録するのは、自分にとっての「人生のゴール」をしっかりと見定めるため。ですからノートは書きっぱなしにはせず、必ず読み返します。読み返すと自分にとって「何が大切」で、そのために「どう生きたいのか」が見えてきます。


長島一由

「なぜ努力するのか」という理由がはっきりすれば、自然とモチベーションはあがります。


齊藤孝浩

注意したいのが「3年後の節目」。サラリーマン時代に蓄積したノウハウは、独立から3年たつと尽きるのが普通です。ですから、その前から新たな知識を吸収し、次の3年に向けた種まきをすべきです。


北見尚之(経営者)

私が不動産に興味を持った時期、業界はバブルでした。周囲は「お金を持っている者が偉い」という雰囲気で仕事をしていましたが、私はあくまでもお客様からの信頼あっての不動産であると考え、そうした会社を創りたいと起業しました。今も社内には「お客様のことを考えて」、「業界の古い慣習に囚われないで」と訴えています。


井川幸広

非常に優れたクリエイターが多いのに、業界の構造などで彼らの才能が活かしきれていない。私はその環境をより良く改善して、クリエイターを助けたいと思ったのが、創業のきっかけになりました。


八木洋介

LIXILには素晴らしい社員が大勢いるが、リーダーが質も量も不足している。だからこそ、リーダー育成に猛烈に力を入れている。優れたリーダーさえ育てば、世界トップはおのずと見えてくるという考えからだ。


柳弘之

モノ創りというと開発や生産というイメージになりますが、それはつまりお客様の価値を探して実際の製品にしていくことです。そこには販売、開発、生産、そして最近では「つなぐ機能」が非常に大事です。総合力でモノ創りは成り立っています。


藤沢武夫

ないからつくってくれと言っているんだ。こんなもんじゃダメだよ。すぐ売れなくなっちまう。


林要(経営者)

SNSやゲームそのものが悪いのでは無くて、その手前に「それに依存せざる得なくなる理由はなにか?」という根源的な問いを見つめる必要がある。するとその一つに「孤独」という極めてプリミティブな感情が見えてくるわけです。そこに対処しない限りは「やめなさい」と言ったってどうしようもないわけです。ペットもそうですが、そのような論理的には生き残るのに不要なものが大きな産業になっているのは、そこに本能の要求があるからなんですよね。僕らがそれらを必要とする仕組みが見えてくるわけです。


志賀直哉

誰にでも天賦はなにかしらある。これをやるために生まれてきたみたいな何かが。なかなか見つからないけど、それを見つけたら、焦ることはない。


橋本孝之

仕事のスキルは勉強した時間に比例して直線状に上がっていくものではないと考えています。勉強を継続していると、ある日突然グッと抜け出してステップが上がるのです。