名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三宅卓の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅卓のプロフィール

三宅卓、みやけ・すぐる。日本の経営者。「日本M&Aセンター」社長。兵庫県出身。大阪工業大学経営工学部卒業後、日本オリベッティ(のちのNTTデータジェトロニクス)を経て日本M&Aセンターに入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

三宅卓の名言 一覧

経営者というのは先に明かりが見えると不思議なもので、それだけで元気になります。そうすると積極的な営業展開や設備投資ができ、好循環に入っていく。


買収側の経営者についていえば、やはり自分の企業の戦略を明確に持っていらっしゃる方ですね。譲渡企業の創業者の尊厳や文化を大事にして、それを生かそうとされる方。そういうところはM&Aが非常にうまくいく。


M&Aは地方創生に繋がると思います。たとえば新潟の燕三条や岐阜の関など、素晴らしい技術が集積している地方はたくさんあります。それが地方経済が疲弊してガタガタになっている。それらを全国区で展開する会社とマッチングすることで、非常に面白いビジネスが組み立てられると思うのです。


三宅卓の経歴・略歴

三宅卓、みやけ・すぐる。日本の経営者。「日本M&Aセンター」社長。兵庫県出身。大阪工業大学経営工学部卒業後、日本オリベッティ(のちのNTTデータジェトロニクス)を経て日本M&Aセンターに入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

安部修仁

我々と関わることで、相手のビジネスがさらに高まり、我々もよくなることが企業買収の必須条件です。補完しあいながら有効にドッキングするということです。


安川英昭

入社当時、ちょうど誰か一人二人諏訪に行ってもらえないかと言われまして、私は、北海道の田舎で育ちましたので、それではと言ってそのまま四五年、諏訪にいます。それは結果としてはよかったと思っています。東京じゃないと情報が得られないなんてあれは嘘で、ちょっと離れているほうが本当の情報はたくさん来るんです。東京にいると情報過多ですね。


ケリー・マクゴニガル

「関係性」について、マインドセット(考え方)をリセットする私のお気に入りの方法は、監査人の仕事をしているある学生から教えてもらったものでした。彼女の仕事の大部分は、様々な職場へ出向き、規則や法令を順守しているか、確認することでした。行く先々でその職場の従業員が彼女を敵対視したので、彼女は仕事へのやる気をなくしていました。そこで彼女は「それぞれの職場の従業員が各人の職務を全うできるよう、規則や法令を守る手助けになろう」というふうに、自分の役割を見直すことにしました。すると驚いたことに、自分は敵対する存在ではなく、手助けする存在だと考えるようになったことで、他の人の「彼女への接し方」が変わったのです。さらに驚いたことには、彼らはこれまで以上に彼女を信用するようになり、修正されるべき違反事項についても、進んで開示するようになりました。彼女は、職場での関係性・絆をこれまで以上に感じるようになったばかりでなく、監査先の職場の従業員との関係についての考え方を変えることで、仕事がやりやすくなったのです。


向笠千恵子

料理を味わうだけでなく、食卓にのぼるまでにたどってきた歴史や伝統まで考えることで、食の感動は深みを増します。和食は日本を知ってもらう第一歩になるのではないかと思います。


西多昌規

部下に対しては、弱音をはくのはカッコ悪いと思いがちですが、自分の葛藤を正直に打ち明けることで信頼関係が深まる場合もあります。


午堂登紀雄

見知らぬセールスマンから「この商品は儲かりますよ」と持ちかけられたとき、買うかどうかはさておき、話は聞きます。情報に予断と偏見は禁物です。そこにどんなチャンスが潜んでいるか、わからないですから。


稲盛和夫

私はさほど悩みません。損得ではなく、「人間として何が正しいのか」、その一点で考える。自社にとって不利でも、正しいと思うことを選択するのであまり迷いません。


榊原定征

企業と国民生活は利益が相反するという見方が一部であります。ですが、企業が繁栄することは経済の好循環を起こし、国民生活を豊かにすることにつながります。


佐藤優

この世のすべてに、お金はついて回ります。その現実を認識した上で、「では、お金では絶対得られないもの、解決できないことはなんだろう?」という問いを、自分に向けて発してみてください。生きがい、連帯感、希望、夢、愛……。答えは人それぞれでしょう。しかしそれを問うこと自体に、人生を豊かに生きるヒントがあるように僕は思います。


市川典男

これからも、次の時代を見越して会社の形を変えていく必要があるが、「暮らしを創る」という企業理念は守っていく。暮らしに便利な商品を提供するために、「日常生活発想」という企業スローガンも掲げている。


中井政嗣

営業とは駅伝のようなものだと思っています。一区画だけで勝負するのではなく、延々とタスキをつないでゴールします。たとえば最初に接触したときは商売に結び付かなくても、やがてあなたの信用が評判として広く世間に伝わっていき、結局は、たくさんのお客様を連れてくるかもしれません。


坪田信貴

万人に適合する絶対的な勉強法はない。みなさんもすでに薄々お気づきでしょう。巷には勉強法の書籍が溢れていますが、それを読んだ全員が大変身、などという話は聞いたことがありません。性格や志向、興味の対象などによって、自分に合った勉強法はそれぞれ違うのです。