名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三宅卓の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅卓のプロフィール

三宅卓、みやけ・すぐる。日本の経営者。「日本M&Aセンター」社長。兵庫県出身。大阪工業大学経営工学部卒業後、日本オリベッティ(のちのNTTデータジェトロニクス)を経て日本M&Aセンターに入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

三宅卓の名言 一覧

経営者というのは先に明かりが見えると不思議なもので、それだけで元気になります。そうすると積極的な営業展開や設備投資ができ、好循環に入っていく。


買収側の経営者についていえば、やはり自分の企業の戦略を明確に持っていらっしゃる方ですね。譲渡企業の創業者の尊厳や文化を大事にして、それを生かそうとされる方。そういうところはM&Aが非常にうまくいく。


M&Aは地方創生に繋がると思います。たとえば新潟の燕三条や岐阜の関など、素晴らしい技術が集積している地方はたくさんあります。それが地方経済が疲弊してガタガタになっている。それらを全国区で展開する会社とマッチングすることで、非常に面白いビジネスが組み立てられると思うのです。


三宅卓の経歴・略歴

三宅卓、みやけ・すぐる。日本の経営者。「日本M&Aセンター」社長。兵庫県出身。大阪工業大学経営工学部卒業後、日本オリベッティ(のちのNTTデータジェトロニクス)を経て日本M&Aセンターに入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岩倉信弥

本田(宗一郎)さんは、朝イチで大量にアイデアを出してくることがよくありました。本田さんの息子にその話をすると、常に枕元にメモを置き、夜中でもガバッと起き出して、何かを書いていると言うのです。そんな姿勢を見せられたら、こっちもやらないわけにはいきませんよ。


いっこく堂

7年くらい前に、技術を囲っていると自分が伸びないと感じました。だったら手放そう、技術を公開していこうと。僕と同じようにできる人が出てきたら、追いつかれないようにもっと上を目指すだろうし、自分を甘やかさず、とことん追い込むことができるはず。そう決めてからまた、初心に戻って頑張れるようになりました。


把瑠都(カイド・ホーヴェルソン)

エストニアは人口約130万人の小さな国なので、海外でも活躍している有名人は本当に少ないんです。実際、英語圏で「エストニア人で誰か知っていますか?」と聞いても滅多に名前は出てきません。でも、アジアなら「把瑠都」と言ってくれる人がたくさんいます。この相撲で培った知名度を生かして、より多くの人にエストニアのことを知ってもらいたい。それは私のこれからのライフワークのひとつですね。


畑村洋太郎

「自分は数字センスが欠けている」と嘆くビジネスパーソンがなぜ多いのか。それは身の回りで起きている事象を「数として捉える」、あるいは「数を作る」ということを強く意識していないから。無自覚に、何となくやっているんですね。


堀義人

長期的成功でまず大きなことは、人間力があるかどうかです。何のために自分がこの事業をやるのかという動機から始まって、どういった志や倫理観をもって事業を行っているのか、自分の事業に対する使命感は何か、あるいは、度量の大きさ、どんな場面でも冷静沈着に意思決定ができるという力、人を巻き込んでいく能力に至るまで人間力の部分が大きいと思います。


吉越浩一郎

集中して働けば、疲労が溜まって能率が落ちます。それをリセットするには休息が不可欠。それも細切れではなく、まとまった休みを取るべき。トリンプ・ジャパン社長時代「課長職以上は少なくとも年1回、2週間連続で有給休暇を取るべし」というルールを設けました。最初はかなりの抵抗を受けました。本人たちはもちろん、その部下たちから「課長が2週間も留守では仕事が回らない」と苦情が出たこともあります。情報共有の不徹底、部下の自立度の低さ、それを許している課長のマネジメント。それらを改善するためにも、強制力が必要でした。


田原総一朗

僕がこの年まで現役で仕事している理由は2つある。やたらに好奇心が強いこと、いやな仕事はしないこと。


吉山勇樹

人を動かしたり、人の力を借りたりするほうがずっと早く仕事が完了します。私の顧客で有能な人に共通しているのは、周囲を上手に巻き込んでいること。自分の弱さを見せて、相手の懐に入り込む人たらし的な魅力があります。


似鳥昭雄

高価な品であるとか、説明が必要な商品はありますが、大部分の商品は接客するよりも店頭の値札や説明書きに語らせる方が、お客様に買い物を楽しんでもらえるのです。基本はセルフサービス。そして、どうしても説明を聞きたいという場合にだけ、お客様が店員に声をかけるという形が理想なのです。


辻慎吾

だんだん個性や独特の文化がなくなってきている時代。その中で企業は「ここは違う」という部分を持つべき。


木村弘毅

従業員にはユーザーに驚きを与えることを第一に考えるよう言い続けたいと思います。ただし、既存ユーザーや上司の声に耳を傾けすぎると斬新な提案はできません。怒られるかもしれませんが、そうした声は二の次で考えてもらっていいのです。


盛田昭夫

自分を開発し、発展していくためには、他人と同じ考え、同じ行動をしてはいけない。