三宅卓の名言

三宅卓のプロフィール

三宅卓、みやけ・すぐる。日本の経営者。「日本M&Aセンター」社長。兵庫県出身。大阪工業大学経営工学部卒業後、日本オリベッティ(のちのNTTデータジェトロニクス)を経て日本M&Aセンターに入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

三宅卓の名言 一覧

経営者というのは先に明かりが見えると不思議なもので、それだけで元気になります。そうすると積極的な営業展開や設備投資ができ、好循環に入っていく。


買収側の経営者についていえば、やはり自分の企業の戦略を明確に持っていらっしゃる方ですね。譲渡企業の創業者の尊厳や文化を大事にして、それを生かそうとされる方。そういうところはM&Aが非常にうまくいく。


M&Aは地方創生に繋がると思います。たとえば新潟の燕三条や岐阜の関など、素晴らしい技術が集積している地方はたくさんあります。それが地方経済が疲弊してガタガタになっている。それらを全国区で展開する会社とマッチングすることで、非常に面白いビジネスが組み立てられると思うのです。


三宅卓の経歴・略歴

三宅卓、みやけ・すぐる。日本の経営者。「日本M&Aセンター」社長。兵庫県出身。大阪工業大学経営工学部卒業後、日本オリベッティ(のちのNTTデータジェトロニクス)を経て日本M&Aセンターに入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

上西京一郎

東京ディズニーランドの場合、現場に立つキャスト(従業員)のほとんどは準社員、いわゆるアルバイトです。応募されるのは小さいときから来園され、ディズニーが大好きでキャストとして働いてみたいというインセンティブを持った方が非常に多い。入り口部分で意欲の高い方に集まっていただけるのは、開園以来26年間、我々が懸命に守り続けてきたディズニーのブランド力によるものでしょう。


藤野英人

普段から気になっていることに関する記事や、重要だと思ったニュースはエバーノートに保存しています。日経電子版とエバーノートを使って保存した記事や自分のメモをためればためるほど、意図していなかった情報との偶然の出合い、いわゆるセレンディピティが生まれます。最新の記事と、過去の記事や自分の記録が紐づけられることによって、新たな気付きや切り口が得られるのは、日経電子版ならではの面白さですね。


江上治

セミナーや勉強会に参加したあと、上司から感想を聞かれ「あー、よかったです」で終わってしまう人がいます。何がよかったのか、自分の仕事や業界でならどう生かせるのかを考えなければ、せっかく学んだことが無駄になってしまいます。そうならないためにも、ビジネスパーソンの場合は、学びや気付きをアウトプットに結びつけるような習慣が必要になってきます。


ナポレオン・ヒル

どんなに相手が立派で高潔な人物であれ、あなたの正当な希望をあきらめさせたり、あなたが自由に生きる権利を侵害することはできない。


藤堂高虎

数年、昼夜奉公しても気のつかない主人であれば、代々仕えた君主であっても暇を取るべし。うつらうつらと暮らすのは意味がない。


大田正文

休日の時間をどう使うかで、人生に大きな差が生まれる。


三上博史

スターであることを選ぶのか役者として生きることを選ぶのか、どちらかしか選べない。スターであるということは、役は二の次で、役よりはその人がどれだけ輝いているかということですよね。他方、役者というのはやっぱり役が輝く人。両方は無理なんです、本当は。


萩本欽一

もともと才能もあるうえとことん努力した人は、自分の限界を知ったら潔く認められる。こういう人の周りには、もちろんあふれるほどの運が漂ってくる。


和田裕美

ビジネス文書というと、堅苦しくて、紋切り型の文章が多いですよね。「新緑の候、ますますご健勝のこととお慶び申しあげます」と時候の挨拶を書いたり、「拝啓」「敬具」なんて書いたり……。でも私は、そうした形式的な文章はほとんど書きません。なぜかというと、書いても、相手の心に響かないと思うからです。


原田泳幸

やみくもに「やればできる」というのではなく「これはいけるぞ」という経験則に基づいたある程度の確信があるからこそ、リーダーは「やるぞ!」と言って、強いリーダーシップを発揮して部下を牽引できる。そもそも「できるわけない」ところにこそ、ビジネスや成長のチャンスがあるんですから。


藤森義明

結果はどうあれ、自分がどこまで行けるかを試す。すると、試すことに楽しみを感じられるようになります。そして、自分の能力をどんどん高められるようになるはずです。


出口治明

アダム・スミスの『国富論』を開き、「見えざる手」の部分だけ読んでも無意味です。それならウィキペディアを引いた方がいい。本を読む醍醐味は、著者の思考プロセスの追体験にある。飛ばさず、1行ずつじっくり読む。


上田真(経営者)

まずは株主ではなく、お客様を見て商売をしていきます。そのことが、結果として株主への貢献にもつながる。


弘兼憲史

自分たちが手がけることでどこにも負けない商品やサービスが生まれ、消費者に喜んでもらえるという自負が、やりがいにつながる。


真壁昭夫

銀行に30年間いて、一般論や精神論しか話さない上司をたくさん見てきました。一般論や精神論を話す人に共通するのは、自分の「成功体験」に頼った意思決定をしているということ。しかし、成功体験にもとづいて話すと、部下は「今は条件が違うのに」と、真剣に耳を傾けることはないでしょう。


ページの先頭へ