名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三宅久之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅久之のプロフィール

三宅久之、みやけ・ひさゆき。日本の政治評論家。コメンテーター。東京府出身。早稲田大学第一文学部独文科卒業後、毎日新聞に入社。政治部記者・副部長、静岡支局長、特別報道部長などを経て独立。政治評論家、コメンテーターとして活躍。

三宅久之の名言 一覧

欠点をさらけ出している人ほど、周囲から愛される。多くの政治家を見てそんなことも実感します。


怒るのも疲れるから、やめたいんだけどね。でも日本が、政権が、僕をなかなか休ませてくれなくて。


僕が記者の頃「嫌いな奴でも、この企画は彼がベストだ」と思えばチームに選抜しました。イヤなヤツとも、一緒にやる。それが職業意識。使命感ですよ。


派閥に属してその内部の対立、合従連衡、派閥のせめぎあいの中で得る処世法はある種、外交スキルを磨く。


いまの政治家が「クリーンさ」だけで支持されるのはおかしい。これは「八百屋で魚をくれ!」と言っているようなもんだ。求められる資質は、そんなことじゃない。


忠告したいのは「夜にモノを考えない」ということかな。夜はどうしても考え方がネガティブになる。


「なんで仕事がうまくいかないんだろう」「あの発言はまずかったな」……。夜、家に帰ってから、あれこれ物事を考え込む人がいますが、私は一切、夜に考えごとをしないようにしています。暗い時は、悪い方に物事を考えがちです。悩みがあっても、夜はさっさと寝てしまい、朝明るくなってから考える。そうするようになってから、物事を前向きに考えるようになりました。ぜひ試してみてください。


「所得倍増計画」を唱えた池田勇人元首相は暴言ばかり吐くし、すごいケチでしてね。「オレのメザシを食っただろう!」とお手伝いさんを叱るぐらい。一度私が訪ねた時も、書生が高級酒を出したのに、「飲みかけの角瓶があっただろ」と(笑)。でも欠点をさらけ出しているので、どこか憎めない。記者の前で欠点がないように振る舞う政治家よりよほど魅力があります。記事も好意的に書きたくなりますよね。池田元首相の周りに有能なブレーンが集まっていた一因も、その憎めなさにあったと思います。もちろん、欠点をさらけ出すだけでは人はひきつけられませんが、彼には、人間的な温かみがあった。だから、多少欠点があっても人が集まってきて、欠点をカバーしてくれるわけです。


じつは私は、子供の頃から気が弱く、引っ込み思案なんですよ。新聞社に入社し、希望していなかった政治部に配属された時は、おっかない政治家の担当にされたのが嫌で、半ベソをかきながら、取材に出かけていた。また、引き受けたくない仕事を頼まれても、断るに断れず、いつも後悔していました。しかし、この気の弱さがあったから、政治の世界で50年以上やってこられたのかもしれません。たとえば、どの仕事でも中途半端に済ませる度胸がなく、一生懸命やっていた。だからこそ多くの政治家と信頼関係を築きあげられたのだと思います。


三宅久之の経歴・略歴

三宅久之、みやけ・ひさゆき。日本の政治評論家。コメンテーター。東京府出身。早稲田大学第一文学部独文科卒業後、毎日新聞に入社。政治部記者・副部長、静岡支局長、特別報道部長などを経て独立。政治評論家、コメンテーターとして活躍。

他の記事も読んでみる

池田育嗣

当社はチャレンジが好きな会社です。ただし、チャレンジやイノベーションの追求は、あくまで手段。目的は社会課題の解決にあります。立ち向かうべき課題があるから、そこに知恵と技術を結集し、挑戦していくのです。


馬渡修

世界的な課題としてアナログの技術者がかなり減少しています。アナログ技術はとても重要なのですが、どうしてもデジタルの方に注目が集まってしまいがちです。そこで、アンプやコンバーターや電源などの基礎を学んでいただく場として、アナログ技術セミナーを開催しています。弊社のエンジニアや大学の先生方、サードパーティーの技術者など、いわばアナログ技術のプロから、信号処理上の課題や解決方法を直接学べる場として好評を博し、毎年、千人規模の方にご参加いただいています。


湯浅和夫

経営者に考えて欲しいのは、貸借対照表の棚卸資産(在庫)を削減すれば、投下資本の効率化につながるというメリット。また損益計算書の観点からも、無駄な供給をなくせば販売管理費の圧縮になり、利益は増大するということです。


羽鳥成一郎

外資系だったこともあり、前の職場では上司だろうと誰もが「WHY?」を連発します。誰に言われても、納得できない限りは動かない。一方、エスエス製薬の場合、上司からの命令であれば、いちいち疑問を挟むことなく、何事もスピーディに仕事が進みます。しかも、遂行能力は高い。そのかわりに多くが指示待ちでした。


竹内敬介

もはや手計算や手作業による設計の時代に時計の針を戻すことはできません。それでも頭の中で絶えず原理原則を理解して、コンピューターを活用する人材の育成が欠かせません。コンピューターが導いた結果に誤りがあれば、何かそこに違和感を感じ取れる。そんな直感力が必要だと心から思います。


梅宮辰夫

役者はいろんな役を演じるのであって、ヤクザ役が似合うからといってヤクザなわけじゃない。先生役がハマリ役の人が、必ずしも温厚な性格とはかぎらないしね。役はあくまで役なんだよ。


寺田和正

昨年は原点回帰を掲げましたが、それだけでは駄目だった。そこで今回は仕組みの変更に踏み切りました。「仕事は楽じゃないけど楽しい」というベンチャースピリッツを押し出してきましたが、もう原点回帰では駄目な時代なのです。今年は仕組みを変えるという進化形にもっていく。成果に向かって働ける仕組みを創る。これは仕事を楽しむためにとても大切なことで、まさに原点進化です。


滝澤光樹

当社はモノではなく、社員の集合体です。社員の成長こそが、企業の成長に直結します。


ロバート・フェルドマン

一週間は日曜の夜に決まっています。月曜日は出社と同時に朝からいろんな仕事が一斉に始まります。だから、出社後に準備するのでは遅いんです。日曜の夜に明日からの一週間はこんな仕事があると確認しておきます。もちろん日曜日は休みですが、だからといって金曜日までさかのぼって次週の予定を考えるのはあまり勧められません。土日が空くので、その間に忘れてしまうでしょう?


安延申

社長が、「うちの社員は駄目で働かない」と公言している企業はダメ。どんなダメ社員でもおだてて使う器量がなければいけない。


佐々木眞一

かつて日本の産業界では、経営者が非常に熱心に品質を語っていた時代がありました。今は違います。「品質保証は専門家がやればいい」「現場に任せていればうまくいく」。そう考える経営者が増えていることが、気の緩みにつながっているように思います。


和田秀樹

ウィキペディアは、他人から見た情報を、ある範囲でまとめたものに過ぎません。それを鵜呑みにするのは危険。私のように本を出している相手なら、著書を読めれば理想的ですね。本人の書く物だから、著者の人間性の一端がにじみ出ているものです。それでも、まだ相手をわかった気になるのは早い。実際に会ってみないとわからないという余地は残しておくのがアナログ脳。直接の対話というアナログのコミュニケーションを通して、相手の雰囲気とか、波長が合う部分が見えてきます。