名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三宅久之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三宅久之のプロフィール

三宅久之、みやけ・ひさゆき。日本の政治評論家。コメンテーター。東京府出身。早稲田大学第一文学部独文科卒業後、毎日新聞に入社。政治部記者・副部長、静岡支局長、特別報道部長などを経て独立。政治評論家、コメンテーターとして活躍。

三宅久之の名言 一覧

欠点をさらけ出している人ほど、周囲から愛される。多くの政治家を見てそんなことも実感します。


怒るのも疲れるから、やめたいんだけどね。でも日本が、政権が、僕をなかなか休ませてくれなくて。


僕が記者の頃「嫌いな奴でも、この企画は彼がベストだ」と思えばチームに選抜しました。イヤなヤツとも、一緒にやる。それが職業意識。使命感ですよ。


派閥に属してその内部の対立、合従連衡、派閥のせめぎあいの中で得る処世法はある種、外交スキルを磨く。


いまの政治家が「クリーンさ」だけで支持されるのはおかしい。これは「八百屋で魚をくれ!」と言っているようなもんだ。求められる資質は、そんなことじゃない。


忠告したいのは「夜にモノを考えない」ということかな。夜はどうしても考え方がネガティブになる。


「なんで仕事がうまくいかないんだろう」「あの発言はまずかったな」……。夜、家に帰ってから、あれこれ物事を考え込む人がいますが、私は一切、夜に考えごとをしないようにしています。暗い時は、悪い方に物事を考えがちです。悩みがあっても、夜はさっさと寝てしまい、朝明るくなってから考える。そうするようになってから、物事を前向きに考えるようになりました。ぜひ試してみてください。


「所得倍増計画」を唱えた池田勇人元首相は暴言ばかり吐くし、すごいケチでしてね。「オレのメザシを食っただろう!」とお手伝いさんを叱るぐらい。一度私が訪ねた時も、書生が高級酒を出したのに、「飲みかけの角瓶があっただろ」と(笑)。でも欠点をさらけ出しているので、どこか憎めない。記者の前で欠点がないように振る舞う政治家よりよほど魅力があります。記事も好意的に書きたくなりますよね。池田元首相の周りに有能なブレーンが集まっていた一因も、その憎めなさにあったと思います。もちろん、欠点をさらけ出すだけでは人はひきつけられませんが、彼には、人間的な温かみがあった。だから、多少欠点があっても人が集まってきて、欠点をカバーしてくれるわけです。


じつは私は、子供の頃から気が弱く、引っ込み思案なんですよ。新聞社に入社し、希望していなかった政治部に配属された時は、おっかない政治家の担当にされたのが嫌で、半ベソをかきながら、取材に出かけていた。また、引き受けたくない仕事を頼まれても、断るに断れず、いつも後悔していました。しかし、この気の弱さがあったから、政治の世界で50年以上やってこられたのかもしれません。たとえば、どの仕事でも中途半端に済ませる度胸がなく、一生懸命やっていた。だからこそ多くの政治家と信頼関係を築きあげられたのだと思います。


三宅久之の経歴・略歴

三宅久之、みやけ・ひさゆき。日本の政治評論家。コメンテーター。東京府出身。早稲田大学第一文学部独文科卒業後、毎日新聞に入社。政治部記者・副部長、静岡支局長、特別報道部長などを経て独立。政治評論家、コメンテーターとして活躍。

他の記事も読んでみる

ジェレミー・アシン

データサイエンティストの仕事の90%以上を自動化したい。まさにそれが、DataRobotを開発した目的。根本にあるのは、「AIや機械学習を民主化する」という思い。ノンプログラミングで導入でき、ワンクリックで高精度なモデルを作成できる。そんな仕組みでデータサイエンスを多くの人に開放したい。


永野毅

社員に力を発揮してもらうための環境づくりとして、この10年くらい、「抜本改革」という形で生産性を高めるための運動を行ってきました。事務を標準化、システム化して事務を「なくす」「減らす」「移す」という「なへう運動」を行ったのです。「移す」は、コールセンターで業務を引き受ける、「なくす」「減らす」は業務を見直して標準化、システム化するなどして、減らせるものは減らし、なくせるものはなくしていくと。これを地道に進めてきました。


新田喜男

「M&Aは最終的な目標ではありません」と常に説明しています。両者の最終的なゴールは、企業の存続であり、社員の幸せ、顧客満足だったわけで、主導権争いやシェア争いではなかったはずです。しかし、利害関係者の口添えなどがあり、当初の目的を忘れてしまい、余計な条件を加えてしまいがちです。そのことが原因でまとまりかけた話が頓挫、挙句の果てには御破算になることもあります。


立石豊

リフレッシュしてもらうのが最大の目的でしたが、OJTが進み、仕事下ろしがスムーズになるといった思いもよらぬ効果もありました。
【覚え書き|全社員に1年に1度7日間の連続休暇を義務づけたことについて】


小田與之彦

北陸には他地域にはない独自の伝統文化が残っています。守るべき部分、変えるべき部分を的確に判断しなければいけません。北陸、能登らしさをなくしては、和倉へ足を運ぶ理由がなくなります。観光資源を磨くことも大事ですが観光客に評価してもらえる工夫が必要です。


三浦展

社員をどのような場所に住まわせるかという点を、人材育成の観点から考えることも求められています。企業によって、自社ブランドのマーケティングに適した場所があるかもしれません。商品企画の担当を例えば自由が丘や吉祥寺に住まわせる、そういう戦略もあると思います。


ジャック・ウェルチ

部下とは仕事に関して同じ価値を共有していればいいのであって、友人になる必要はありません。しかし、あなたが部下と友達であるなら、それは幸せなことです。心底いいやつだと思っている人たちと1日8時間から10時間一緒に働くわけですから、あらゆることがより楽しくなります。


倉重英樹

チームワークを育むには、人のやったことに対して感想を言い合うことが大切。


菅井敏之

家計運営も、プランニング・リサーチ・見積もりと、仕事でやっていることと同じ。しかし、家のこととなると、男性は奥さんに丸投げしがち。面倒くさがらずに、自ら家計のプランニングをしてみてもいいでしょう。


山内隆司

東京五輪まで建設業全体はかなり活況を呈するだろうと見ています。ただ、2020年以降は、前回の東京五輪と同様、かなり厳しい状況になると思っています。建設業界は痛い目に遭いました。同じ轍を踏まないように政府のインフラ輸出の方針に我々も精一杯協力し、できるだけ海外に行って、将来の種まきをしていきたい。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

●芸術家はたくさん仕事をするためには、時には描かずにいる必要がある。
●画家は孤独でなければならない。なぜなら、一人なら完全に自分自身になることができるからだ。たった一人の道連れでもいれば、半分しか自分ではなくなる。
●仕事から離れて、リラックスする時間を取ることは良いことだ。というのは、ふたたび仕事に戻ってきたときに、よりよい判断ができるからだ。


小林昇太郎(コンサルタント)

まず人脈を広げ、情報収集に努めること。これが新たなビジネスチャンスにつながります。また、社外サポーターを作っておくと転職・独立時や万が一のリストラの際にも助けになります。