名言DB

9419 人 / 110788 名言

三宅久之の名言

twitter Facebook はてブ

三宅久之のプロフィール

三宅久之、みやけ・ひさゆき。日本の政治評論家。コメンテーター。東京府出身。早稲田大学第一文学部独文科卒業後、毎日新聞に入社。政治部記者・副部長、静岡支局長、特別報道部長などを経て独立。政治評論家、コメンテーターとして活躍。

三宅久之の名言 一覧

欠点をさらけ出している人ほど、周囲から愛される。多くの政治家を見てそんなことも実感します。


怒るのも疲れるから、やめたいんだけどね。でも日本が、政権が、僕をなかなか休ませてくれなくて。


僕が記者の頃「嫌いな奴でも、この企画は彼がベストだ」と思えばチームに選抜しました。イヤなヤツとも、一緒にやる。それが職業意識。使命感ですよ。


派閥に属してその内部の対立、合従連衡、派閥のせめぎあいの中で得る処世法はある種、外交スキルを磨く。


いまの政治家が「クリーンさ」だけで支持されるのはおかしい。これは「八百屋で魚をくれ!」と言っているようなもんだ。求められる資質は、そんなことじゃない。


忠告したいのは「夜にモノを考えない」ということかな。夜はどうしても考え方がネガティブになる。


「なんで仕事がうまくいかないんだろう」「あの発言はまずかったな」……。夜、家に帰ってから、あれこれ物事を考え込む人がいますが、私は一切、夜に考えごとをしないようにしています。暗い時は、悪い方に物事を考えがちです。悩みがあっても、夜はさっさと寝てしまい、朝明るくなってから考える。そうするようになってから、物事を前向きに考えるようになりました。ぜひ試してみてください。


「所得倍増計画」を唱えた池田勇人元首相は暴言ばかり吐くし、すごいケチでしてね。「オレのメザシを食っただろう!」とお手伝いさんを叱るぐらい。一度私が訪ねた時も、書生が高級酒を出したのに、「飲みかけの角瓶があっただろ」と(笑)。でも欠点をさらけ出しているので、どこか憎めない。記者の前で欠点がないように振る舞う政治家よりよほど魅力があります。記事も好意的に書きたくなりますよね。池田元首相の周りに有能なブレーンが集まっていた一因も、その憎めなさにあったと思います。もちろん、欠点をさらけ出すだけでは人はひきつけられませんが、彼には、人間的な温かみがあった。だから、多少欠点があっても人が集まってきて、欠点をカバーしてくれるわけです。


じつは私は、子供の頃から気が弱く、引っ込み思案なんですよ。新聞社に入社し、希望していなかった政治部に配属された時は、おっかない政治家の担当にされたのが嫌で、半ベソをかきながら、取材に出かけていた。また、引き受けたくない仕事を頼まれても、断るに断れず、いつも後悔していました。しかし、この気の弱さがあったから、政治の世界で50年以上やってこられたのかもしれません。たとえば、どの仕事でも中途半端に済ませる度胸がなく、一生懸命やっていた。だからこそ多くの政治家と信頼関係を築きあげられたのだと思います。


三宅久之の経歴・略歴

三宅久之、みやけ・ひさゆき。日本の政治評論家。コメンテーター。東京府出身。早稲田大学第一文学部独文科卒業後、毎日新聞に入社。政治部記者・副部長、静岡支局長、特別報道部長などを経て独立。政治評論家、コメンテーターとして活躍。

他の記事も読んでみる

柴田英寿

まずは小さな成功を目指しましょう。すぐに取り組めて、容易に稼げる手段を選ばないと、副収入への第一歩は踏み出せません。ネットビジネスのような少ない元手から資金を育て、不動産投資のような長期的な継続収入につなげるのが理想のモデルだと私は考えています。


亀井忠夫

周囲の環境をしっかり考慮された建物は自然と残したくなるのではないでしょうか。日本は地震国として海外に比べて建物の寿命が短くなりがちとされてきましたが、近年は事情が変わりつつあります。


登坂絵莉

大学1年のとき遠征先で初めて同室になったのが、吉田沙保里さんでした。初めて寝食を共にすることによって、その無類の強さの秘密に触れることができ、それが私にとって、大きな転機になった。


宮嶋宏幸

単に値引きをすれば、お客様は満足するとは限りません。自分のことをよく分かり、たくさんの商品の中から自分の希望やニーズに合った最適の品を探してくれ、なおかつそれが安く買えたとき、初めてお客様は満足するのです。


野部剛

ナンバーワンの要素は「なければ作る」。20代の人気1位が無理なら「25歳の人気1位」。全国1位でなければ「県内、町内1位」。かつて地方の町でセメント業を営む友人が「市内の地下に埋まっている土管は、全部ウチの仕事です」と言っていました。きわめてローカルですが、「すごい」と思えますね。それも無理なら、「当社人気ナンバーワン商品」という手でいきましょう。


棚橋弘至

気持ちを切り替えるコツは、やっぱり一度は全力で後ろ向きになることです。中途半端で、振り幅が小さいのが一番ダメ。深く屈んだときのほうが高くジャンプできるのと同じで、しっかり落ち込んだほうが切り替わったときに元気になれます。


井原勝美

小学校6年生から大学までの11年間は、バスケットボール-色の生活を送っていました。私は松江市の出身ですが、当時の島根県の高校バスケは、全国でもトップクラス。私が2年生の時にはインターハイに出場し、準決勝まで進みました。練習はとてもハードでしたが、60代になっても肩こりすらなく健康なのは、学生時代に培った体力や筋力の恩恵だと思っています。


岩沙弘道

お客様の信頼を獲得し、新たな不動産の価値創造、都市再生に役立つ街づくりを行っていくには、我々自身が常に企業品質を高めていかなければなりません。そのためには、まず社員一人一人が、自社が担っているミッションや社会における商品価値に対し、誇りを持つことが重要です。


山口誠一郎

当社の企業理念は、「あらゆる不動産シーンにおいて新たな価値と感動を創造する」です。お客様、そして社会から必要とされる新たな不動産価値を心に届く形で提供したいですね。


宗次徳二

誰もが納得する評価制度を作ることはものすごく難しいですが、評価制度は社員にとって、会社と自分の間をつなぐ信頼関係でもあります。そこで手を抜くことはできません。