三宅久之の名言

三宅久之のプロフィール

三宅久之、みやけ・ひさゆき。日本の政治評論家。コメンテーター。東京府出身。早稲田大学第一文学部独文科卒業後、毎日新聞に入社。政治部記者・副部長、静岡支局長、特別報道部長などを経て独立。政治評論家、コメンテーターとして活躍。

三宅久之の名言 一覧

怒るのも疲れるから、やめたいんだけどね。でも日本が、政権が、僕をなかなか休ませてくれなくて。

三宅久之の名言|日本が、政権が、僕をなかなか休ませてくれなくて

派閥に属してその内部の対立、合従連衡、派閥のせめぎあいの中で得る処世法はある種、外交スキルを磨く。

三宅久之の名言|派閥のせめぎあいの中で得る処世法はある種、外交スキルを磨く

いまの政治家が「クリーンさ」だけで支持されるのはおかしい。これは「八百屋で魚をくれ!」と言っているようなもんだ。求められる資質は、そんなことじゃない。

三宅久之の名言|政治家が「クリーンさ」だけで支持されるのはおかしい

僕が記者の頃「嫌いな奴でも、この企画は彼がベストだ」と思えばチームに選抜しました。イヤなヤツとも、一緒にやる。それが職業意識。使命感ですよ。

三宅久之の名言|イヤなヤツとも、一緒にやる。それが職業意識。

忠告したいのは「夜にモノを考えない」ということかな。夜はどうしても考え方がネガティブになる。

三宅久之の名言|夜にモノを考えない

三宅久之の経歴・略歴

三宅久之、みやけ・ひさゆき。日本の政治評論家。コメンテーター。東京府出身。早稲田大学第一文学部独文科卒業後、毎日新聞に入社。政治部記者・副部長、静岡支局長、特別報道部長などを経て独立。政治評論家、コメンテーターとして活躍。

ページの先頭へ