名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三好凛佳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三好凛佳のプロフィール

三好凛佳、みよし・りんか。日本のパーソナルスタイリスト、イメージコンサルタント。大阪出身。関西女子美術短期大学(のちの宝塚造形芸術大学)卒業。個人向けスタイリストサービスを行った。著書に『男の「外見」コーチング』ほか。

三好凛佳の名言 一覧

ビジネスシーンでは、洋服よりも靴でその人の印象が判断されることがあります。どんなに仕立てのいいスーツを着ていても、靴がそれに合っていなければ、スーツ姿は台なしです。反対に、手入れされた質のいい靴を履いていれば、「この人はきちんとしている」という印象を与えることができます。靴にまで気を配る人は少ないからこそ、まずは靴を意識することから始めてみるのも効果的です。


販売員から「いまはこれが流行ですよ」と勧められたとしても、それがビジネスシーンでの正解とは限りません。基本的にはベーシックなクラシックスーツを選びましょう。自分の業種や立場を考慮したうえで流行を取り入れるのがお勧めです。


外見で損をしている人にありがちな失敗は、自分の体にサイズが合わないスーツの着用です。大きすぎると頼りなく、清潔感に欠けた印象を与えます。反対に小さすぎると、無理をしているような、余裕のない印象を与えてしまいます。このようにサイズの合わないスーツを着ている人は意外に多いものです。


仕事では毎日スーツを着ているという人が多いでしょう。中には「とりあえずスーツを着ていれば大丈夫」と思っている人もいるかもしれませんが、スーツ姿は仕事でのあなたの「顔」になるものです。スーツの着こなし次第では、ビジネスマンとしてのあなたのイメージや評価を損ねる恐れすらあるのです。


仕事ができる人の服装を見ていると、まず大前提として言えるのは、「自分が着たい服」よりも、「相手への配慮・マナー」を優先した装いをしているということ。「相手がどう思うか」を考えた服装ということ。


自分では気づかないうちに、仕草や態度でおかしなクセがついていることもあります。自分が誰かと会話しているところやプレゼンしている場面を、一度スマートフォンなどで動画撮影してみることをお勧めします。自分を客観視することで、表情や仕草の改善につながるはずです。


職場で評価が高く、出世する人に共通するのは表情が豊かであること。とくに笑顔は大事。人と向き合うときに口角を上げるよう心がけるだけでも、相手の印象はよくなります。


私は数多くのビジネスパーソンにスタイリングのアドバイスをしてきましたが、出世する人に共通するのは、どちらかというと控えめで品が良く、全体のバランスが良いということ。とくに管理職世代になると、リーダーらしい落ち着きや誠実さを周囲から求められます。


身だしなみは、「相手からどう見えるか」が基準となります。たとえば金融関係なら「信頼感」「堅実さ」、女性の多い職場なら「優しさ」「親しみやすさ」など、仕事の内容や立場によって周囲から求められるイメージがあるはず。服装や髪型がそれに合っていれば、相手に好印象を与え、評価も高くなります。


皆さんが考えている以上に、「見た目」はその人の評価を大きく左右します。これは海外の調査データですが、同じ人物の履歴書で、普段どおりの姿で撮影した写真を貼ったものと、身だしなみを整えた写真を貼ったものを作成し、それぞれを複数の企業に送ったところ、後者の写真を送った企業では前者よりも20%高い初任給を提示されたという結果が出ました。履歴書の経歴は同じなのに、見た目でこれだけ評価が変わるということです。


着こなしと同じくらい大事なのが、服や靴の手入れをする習慣を持つことです。良いものを着ていてもどこか残念な印象を与える人は、手入れを怠っていることが多い。1日身につけたスーツや靴は、汗を吸い、ほこりや汚れがついています。外から帰ってきたらそれらを手入れし、休ませることが必要。服も靴もある程度良いものを買って、きちんと手入れをしながら大切に長く使うのが良い。


三好凛佳の経歴・略歴

三好凛佳、みよし・りんか。日本のパーソナルスタイリスト、イメージコンサルタント。大阪出身。関西女子美術短期大学(のちの宝塚造形芸術大学)卒業。個人向けスタイリストサービスを行った。著書に『男の「外見」コーチング』ほか。

他の記事も読んでみる

松井道夫

業界を取り巻く環境が加速度的に変化しており、それに対応できる企業だけが生き残れる。


田中仁(経営者)

ビジョンに支えられて戦略が生まれ、戦略から戦術が導かれ、商品やサービスを実らせる。この順で成長していくのが理想的。会社が育っていくためにビジョンは絶対に欠かせないものだということを覚えておいてほしいです。根っこがしっかりしていないのに果実を一杯に実らせたら、少し風が吹いただけで木は倒れてしまう。成功したのにその後続かず、倒産してしまう会社というのは、そういうケースが多いのですよ。


堀之内九一郎

最近のサラリーマンを見ていると、腰の低い人が少ないな、と感じます。ただ、こういう腰の低い人が生まれにくい世の中だけに、腰の低さを身につけた人が、それを武器に成功を勝ち取りやすくなるのは事実です。すぐに現金や評価などのわかりやすい形で見返りがないと「せっかく腰を低くしたのに、その分だけ損をした」と思う人が多いようですが、そうではなく、いつか必ず有形・無形の何かが返ってくると考えて、稀少な武器(腰の低さ)を身につけるべきです。


和田裕美

まずは相手に興味を持つこと。たとえば、保険や不動産販売の営業マンは、ライフプランに関わるものを売るわけですから、当然、相手の個人情報の深いところまで関わるわけです。そのときも、相手の将来のために聞いているというスタンスが大事です。商売のために聞いていると思われてしまうと、相手もなんだか情報を盗まれているような気分になってしまいます。でも身体の調子が悪くて病院に行ったら、お医者さんは質問することに躊躇したりはしないはずです。なぜなら、情報を得ないと相手に合った診断やアドバイスができないからです。


大江英樹

投資は「企業の価値」を見る。その企業が成長すれば配当金をもらえるし、長い目で見れば株価も上がっていく。投資で勝つために必要なのは、一にも二にも、価値ある企業を探すためのリサーチ。


夏野剛

管理職は他人のマネジメントをすることになります。個人の仕事の何倍、何十倍、何百倍ものアウトプット(成果)を生み出せるだろうし、面白い機会を得ることができます。その人の人生を左右する重要なターニングポイントでもあります。


平林実

商売のタネを見つけるためには、常識にとらわれないことも重要であり、そこで私が大切にしているのが、自分の好きに生きる「ガキンチョの心」です。もちろん、会社経営にあたっては、人並み以上の常識は必要です。しかし、その一方で少々常識外れでも、これと思ったひとつのことに夢中になってエネルギーを注ぎ込む情熱を持ち続けることを忘れてはいけません。


柴田励司

私は一日に150通ほどのメールを受け取るので、移動中などのスキマ時間にスマートフォンでこまめにチェックします。この際、すべてメールで返そうとしないのがコツ。電話を一本かけ、「これはどういうこと?」と聞いたほうが早い場合が多いのです。また、電話だと一回で済むものも、メールだと何度もやり取りをしなければならない場合も多いものです。


多部未華子

日々を過ごす中での人との関わりから感じたことが、いまをつくっている。


須藤元気

東京・銀座に英会話学校「eLingo(イーリンゴ)」を立ち上げたのは、自分自身が本気で英会話をマスターしようと決意したのがきっかけです。実はこの10年、英語でコミュニケーションが取れるようになりたいと何度も英語を勉強しては、仕事が忙しくなると時間が取れず挫折の繰り返し。メジャーな英会話スクールには全て通い、留学もしましたが身に付かず、どこかで覚悟を決めて本格的に取り組まないと永遠に話せるようにならないと思うようになりました。どうしたら強いモチベーションを保てるかと考えた時、英会話スクールを立ち上げて代表になることがベストだと考えたんです。


ナポレオン・ヒル

どんなに相手が立派で高潔な人物であれ、あなたの正当な希望をあきらめさせたり、あなたが自由に生きる権利を侵害することはできない。


川野幸夫

小売業の売上高は客数と客単価のかけ算です。下限商品やEDLP(エブリデイ・ロープライス)の強化は集客につながります。来店したお客様の中には、ヤオコーの売り場を見て、「おっ、こんな楽しい提案がある」と思って、当社が得意な価値の高い商品にも手を伸ばす人が出てきます。こうして売上高が増えるのです。「豊かな食生活を実現する」という商いのコンセプトは何ら変わりませんが、間口を広げる取り組みは、生き残りに欠かせません。