名言DB

9412 人 / 110637 名言

三好凛佳の名言

twitter Facebook はてブ

三好凛佳のプロフィール

三好凛佳、みよし・りんか。日本のパーソナルスタイリスト、イメージコンサルタント。大阪出身。関西女子美術短期大学(のちの宝塚造形芸術大学)卒業。個人向けスタイリストサービスを行った。著書に『男の「外見」コーチング』ほか。

三好凛佳の名言 一覧

ビジネスシーンでは、洋服よりも靴でその人の印象が判断されることがあります。どんなに仕立てのいいスーツを着ていても、靴がそれに合っていなければ、スーツ姿は台なしです。反対に、手入れされた質のいい靴を履いていれば、「この人はきちんとしている」という印象を与えることができます。靴にまで気を配る人は少ないからこそ、まずは靴を意識することから始めてみるのも効果的です。


販売員から「いまはこれが流行ですよ」と勧められたとしても、それがビジネスシーンでの正解とは限りません。基本的にはベーシックなクラシックスーツを選びましょう。自分の業種や立場を考慮したうえで流行を取り入れるのがお勧めです。


外見で損をしている人にありがちな失敗は、自分の体にサイズが合わないスーツの着用です。大きすぎると頼りなく、清潔感に欠けた印象を与えます。反対に小さすぎると、無理をしているような、余裕のない印象を与えてしまいます。このようにサイズの合わないスーツを着ている人は意外に多いものです。


仕事では毎日スーツを着ているという人が多いでしょう。中には「とりあえずスーツを着ていれば大丈夫」と思っている人もいるかもしれませんが、スーツ姿は仕事でのあなたの「顔」になるものです。スーツの着こなし次第では、ビジネスマンとしてのあなたのイメージや評価を損ねる恐れすらあるのです。


仕事ができる人の服装を見ていると、まず大前提として言えるのは、「自分が着たい服」よりも、「相手への配慮・マナー」を優先した装いをしているということ。「相手がどう思うか」を考えた服装ということ。


自分では気づかないうちに、仕草や態度でおかしなクセがついていることもあります。自分が誰かと会話しているところやプレゼンしている場面を、一度スマートフォンなどで動画撮影してみることをお勧めします。自分を客観視することで、表情や仕草の改善につながるはずです。


職場で評価が高く、出世する人に共通するのは表情が豊かであること。とくに笑顔は大事。人と向き合うときに口角を上げるよう心がけるだけでも、相手の印象はよくなります。


私は数多くのビジネスパーソンにスタイリングのアドバイスをしてきましたが、出世する人に共通するのは、どちらかというと控えめで品が良く、全体のバランスが良いということ。とくに管理職世代になると、リーダーらしい落ち着きや誠実さを周囲から求められます。


身だしなみは、「相手からどう見えるか」が基準となります。たとえば金融関係なら「信頼感」「堅実さ」、女性の多い職場なら「優しさ」「親しみやすさ」など、仕事の内容や立場によって周囲から求められるイメージがあるはず。服装や髪型がそれに合っていれば、相手に好印象を与え、評価も高くなります。


皆さんが考えている以上に、「見た目」はその人の評価を大きく左右します。これは海外の調査データですが、同じ人物の履歴書で、普段どおりの姿で撮影した写真を貼ったものと、身だしなみを整えた写真を貼ったものを作成し、それぞれを複数の企業に送ったところ、後者の写真を送った企業では前者よりも20%高い初任給を提示されたという結果が出ました。履歴書の経歴は同じなのに、見た目でこれだけ評価が変わるということです。


着こなしと同じくらい大事なのが、服や靴の手入れをする習慣を持つことです。良いものを着ていてもどこか残念な印象を与える人は、手入れを怠っていることが多い。1日身につけたスーツや靴は、汗を吸い、ほこりや汚れがついています。外から帰ってきたらそれらを手入れし、休ませることが必要。服も靴もある程度良いものを買って、きちんと手入れをしながら大切に長く使うのが良い。


三好凛佳の経歴・略歴

三好凛佳、みよし・りんか。日本のパーソナルスタイリスト、イメージコンサルタント。大阪出身。関西女子美術短期大学(のちの宝塚造形芸術大学)卒業。個人向けスタイリストサービスを行った。著書に『男の「外見」コーチング』ほか。

他の記事も読んでみる

松本大

川下ではなく川上の情報を得るために、大勢の人とコミュニケーションをとらなければならないとは思っていない。むしろ数人規模のコアな友人、知人のグループを持つだけのほうが役立つことが多い。もしグループの中に目当ての専門家がいなくても、知人の伝手(つて)を辿って別の専門家を紹介してもらえばいい。


荒川詔四

メーカーが「これは良い製品だ」といって提案してきたのが日本の成功モデルだったが、これからはソフトを組み合わせて、お客様に価値を認めてもらえるものをつくらなければいけない。そう考えて、コアになる我々のモノづくりを進化させていく。


出口治明

答えは自分たちの中にしかない。考える力を高めることなくして日本の再建はない。


矢幡洋

もし部下にサイコパスがいたら、突撃部隊として利用するといいでしょう。たとえば誰かが強く発言しないと、敵対する派閥に負けてしまうような場合、核弾頭として送り込むといい。彼らは怖いもの知らずで攻撃力優位。いまどき他人と正面切って喧嘩できる人は貴重ですよ。


末木紳也

会計・法律・販売の専門知識なしに仕事をすることは難しい。専門知識がないのであれば、今からでも遅くはないので勉強してみてはいかがでしょうか。


盛田昭夫

「神話が崩れた」なんて心外でたまりませんね。ソニーは神話で儲けていたわけではないんですから。ウチの企業努力、一所懸命働いたからこそ儲かったんですよ。あまり短期的に見てもらっては困るんです。
【覚え書き|1970年代中頃、株価低迷と減益によって「ソニーの神話は終わった」と言われたことについて】


沢渡あまね

ムダを生む原因の多くは「指示不足」「報連相不足」「部下への無知」など、コミュニケーションの不備によるもの。そこを強化することが、結局はムダ削減につながる。


勝俣恒久

ミッションを達成するには、みんなで力を合わせなければ切り抜けられません。そのような意味でも、平素からのコミュニケーションが大切です。


村上太一

誰でも自分ができて当然だと思っているレベルってあると思うんです。たとえば、営業マンだとしたら毎月100万円分の商品が売れるのか、1億円分売れるのかとか。実はそうした「当たり前の基準」によって、達成できることは決まる。当たり前だと思っていることでないと、実現できないと思うのです。だから大きなことを成し遂げるには、当たり前の基準を高く引き上げる必要があります。


吉野彰

リチウムイオン電池を作るために技術的な着眼点として大切だったことは負極の安定性でしたけれど、もっと重要なのは、「当時の8ミリビデオカメラメーカーが、電池の小型軽量化ですごく困っていた」というニーズを、開発の初期につかんでいた点なんです。そのときどきにメーカーが「あれさえあればいいのに……」と考えていることはビジネスチャンスの中心であって、基本的にはトップシークレットでしょう?普通の会議では教えてくれるはずがないんです。


清水信次

織田信長ほどの人でも自分の器量を超えたところで明智光秀に討たれたし、豊臣秀吉のように草履取りから天下を取った人も自分の器量を超えて朝鮮出兵して自滅してしまった。徳川家康は自分の器量を心得ていたから、天下を取った後250年も幕府が続いた。大体の場合、潰れる会社はトップが己を知らない。


藤田田

1970年代は、超国家企業の時代である。マクドナルドこそ、典型的超国家企業であり、マクドナルドの全社員はアメリカ人でも日本人でもないマクドナルド人間、すなわち世界人である。われわれは世界人の企業として、まずは自己のため、さらに世界のために働かねばならない。


さいとうたかを

絵が上手い人が一番気をつけなきゃいけないのは、絵を楽しんでしまって全体的なものを見なくなってしまうこと。それに陥らんように気をつけんと。


西成活裕

短期的にみれば急いだほうがいいんですよ。でも長期的にみると、結局は損をする。渋滞学の見地に立つと、そんな事例はいくらでもあります。仕事でもそうですが、渋滞を防ぐために大事なのは、闇雲にスピードを上げることではなく、流れを安定させることなのです。


横田雅俊

お客様はこちらの都合などおかまいなしに、「あれもやってくれ」「これも頼む」と、さまざまな要望をぶつけてくるものです。本来ならば、その中から優先度の高いものを選び、可能な範囲で対応するべきでしょう。しかし、お客様から嫌われたくない部下世代は、言いなりになって何でも引き受けてしまう。その結果パンクして、結局はお客様との約束を果たせず迷惑をかけます。