名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三好俊夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三好俊夫のプロフィール

三好俊夫、みよし・としお。松下電工会長

三好俊夫の名言 一覧

知的生産性を高めることが、競争力確保につながるのです。21世紀は知的生産の競争が繰り広げられるわけですから、企業は早急に知的改革に取り組まなければならないのです。


これまでの組み合わせ技術、システム化技術を追求するのみではなく、まったく新しい発想で製品を開発しなければ、競争力を持つことはできません。有望なのはたとえば遺伝工学やバイオ技術などを駆使したクリエイティブな製品であり、求められるのは知的商品や知的サービスを開発・創出し、新たな市場価値を作り出すこと。


多くの国が工業化し、世界中で同じような工業製品が生み出されるようになりますから、クリエイティブでなければ、新しいビジネスチャンスをつかみ取ることはできない。いずれにしても、クリエイティブなくしては競争優位性を確保することはできないのです。


知的生産に重みを置いた経営をしていくことが求められます。とくに、モノづくりにかかわる企業は絶えず新しい利益の源泉を生み出しながら、新商品の開発に取り組まなければならない。つまり、クリエイティブでなければ成長できなくなります。その背景には、基本的な技術がほぼ解明されつくした現在、工業生産技術に依存した輸出国家では生き残れない。


情熱だけでは説得力は生まれません。様々な尺度や角度で自分を分析しながら、国際的か競争に負けない経営体質をつくり上げていくことも大切です。しかし、単に計算ずくで説明するだけの経営者は経営者ではない。ただの専門家にすぎない。


経営の方向性をはっきりと示し、明確な説明をしていくことです。知的生産性を向上させるためには、夢と哲学を語り続ける伝道師が求められています。自らビジョンを作り出し、そのビジョンを情熱をもって伝えていくことが大切なのです。経営者の展望、情熱を働く人々が共有した時、そこにはとてつもない知的な力が生まれると思います。


経営者は専門分野で生き残るために、何が必要でないかを的確に見極めなければいけない。資源を集中しなければ世界大工業生産時代に生き残ることはできないからです。どの事業が収益性が高いのか、どの事業に対して投資を行うべきか、あるいはどの事業について撤退や縮小を考えるべきか。経営者は資源の投入の優先順位を判断し、より効率の高い経営資源の文お会いをしていくことです。


日本企業はこれまで、仲よくやろうとか、和の精神が一番だとか、集団主義の象徴のようなスローガンを出していました。しかし、これからはもっと競争社会であることが意識され、その中で生き残って発展していくという意欲を示した理念でなければいけない。


取締役会については、より実質的にすることが大事でしょう。議論を活発にするように議長が誘導することが重要です。少数意見を尊重することです。日本の経営はゲマインシャフト的な立場が強くて、ゲゼルシャフトとしての利益共同体の色彩が薄かった。一方、米国はゲゼルシャフト的色彩が濃厚です。つまり、根本的異なっているわけです。【覚書:ゲゼルシャフト(利害関係に基づいて人為的に作られた社会)、ゲマインシャフト(地縁・血縁・友情などで結びついた共同体)。ドイツの社会学者天ニースが提唱した共同体論】


グローバルスタンダードと言っても、日本の国があって、日本の民族があるというところからスタートしなければならないと思います。日本の文化、風土の上に建てられた経済構造があって、その上に経営制度がある。このことを踏まえて、日本の経営を考えなければいけない。日本人のものの考え方は、欧米のアングロサクソン人とは違います。民族ごとに、体の中に異なった経営の遺伝子のようなものを持っているのです。


日本の経営体制は、いずれも日本の文化、風土を背負った一人一人の人間によって支えられています。日本型経営の特徴ともいうべき、企業内組合、終身雇用制度、年功序列賃金制度などは、集団主義から自然ににじみ出ていた経済体制なのです。


三好俊夫の経歴・略歴

三好俊夫、みよし・としお。松下電工会長

他の記事も読んでみる

坂本敦子

TODOリストを作って、優先順位をつけて……その通りに片づける。でも、それが落とし穴。自分の仕事しか見ていないから、「自分中心の世界」で仕事の順番を組み立てる。上司や部下、取引先との関わりが頭の中からすっぽり抜け落ちているんです。仕事は周りとの連携なくしては、うまくいきません。TODOリストの優先順位のつけ方が周りとの関わりを意識したものでないことも、タイミングが合わない原因の1つです。


呉文精

GEは私がいた頃、年間100社のペースで買収していました。3日に1社のペースです。GEは買収とその後のPMI(買収後の統合プロセス)が標準プロセス化されていたので、そのマニュアルに沿って学んでいきました。その際の経験が今、生きています。


岡野雅行(岡野工業)

人と話すのは面倒くさい、人付き合いは煩わしいなんて言ってたら、いい情報は入ってこないし、成功なんてどっか行っちまうよ。成功するには、しゃべって、人と付き合って、先端情報を取りこぼさない世渡り力を鍛えるしかないんだよ。待ってたって情報なんか集まっちゃ来ない。常に大企業の人間と付き合ってないと駄目。大企業の第一線にいる人たちと話してると、技術がどんな方向に進んでるとか、最新の素材開発はどんな段階なのかとか、俺たちにとってお宝みたいな情報が入ってくるんだ。現場の切実な悩みなんかもわかるんだよ。


地井武男

俳優というのは、本体みたいなものはなくていいと思ってます。アメーバみたいに、食べるものによって色が変わっていくような俳優になりたいんです。


成毛眞

ある理論にこだわるようになると、何かを始めるまえに、やるべきか、やめるべきかという判断を下そうとするようになります。そうした判断は、決めるだけでも、時間がかかります。データを集めて、整理分析し、比較検討して、議論する必要があるからです。そして上司の了解を取らなくてはいけません。そうしている間にも、マーケットは変わっていきます。


小笹芳央

もし出世が遅れていたら、上司や先輩に、出世が遅れている理由を率直に尋ねてもいいでしょう。自分の強み・弱みを知るマーケティング調査だと思えば、苦言も素直に聞けるはずです。


渡瀬謙

ひそかな趣味をさらけ出すことは「人に心を開く」こと。あなたが心を開けば、職場の人たちが寄ってくるもの。


木村俊昭

私は「地方」ではなく、より広い視点での連携を重視する観点から「地域」という言葉を使いますが、地域創生の大きな流れは「情報共有」→「役割分担」→「出番創出」→「事業構想」だと考えています。まずは情報共有。行政、商工会議所や農業団体などが、これまで何をしてきて、今後どうしようとしているのかをすり合わせる必要があります。各々の組織が一生懸命頑張っているが、方向性がバラバラだったり、施策が重複していたりというのはよくあるパターン。こうした非効率を解消しなければなりません。そのうえで、それぞれの組織や世代に役割を担ってもらい、出番をつくっていく。そして、地域の活性化を事業の視点で構想し、実践していくわけです。


尾賀真城

大阪第1支社長としてサッポロが弱い大阪に赴任したときのことです。当時の茨木工場のすぐ近くにスーパーがあったのですが、この店の当社のシェアは3割を超えていました。酒売り場の担当者もパートの人たちもサッポロを一生懸命売ってくれ、常識ではあり得ない異常値をたたき出していました。やり方次第では異常値はつくれるわけで、営業とは面白い仕事です。


西山昭彦

メンツを保つためだけに反対してくる人に対しては、ゆるい段階で提案を見せ、あえて反対意見を言わせる。反対の儀式をしてあげるわけです。「ダメだ」と言われたら「どんなところが?」と、部分の指摘をさせ、全体を否定させない。そして持ち帰り、「ご指摘の箇所は修正しております」と、数日おいてメールで経過報告をする。「あなたの意見を尊重してます」という姿勢を見せる。これを2~3回くり返せば、ほとんどは承認してくれます。


キェルケゴール(キルケゴール)

本当に黙することのできる者だけが、本当に語ることができ、本当に黙することのできる者だけが、本当に行動することができる。


小林陽太郎

行動は大切ですが、ものごとを深く考えなくてもよいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、周りに飛び交う情報が多ければ多いほど、本当は考えなくてはいけない。取捨選択したうえで、さらに答えを探るべく、深考することが求められている時代なのだと思います。