名言DB

9412 人 / 110637 名言

三好俊夫の名言

twitter Facebook はてブ

三好俊夫のプロフィール

三好俊夫、みよし・としお。松下電工会長

三好俊夫の名言 一覧

知的生産性を高めることが、競争力確保につながるのです。21世紀は知的生産の競争が繰り広げられるわけですから、企業は早急に知的改革に取り組まなければならないのです。


これまでの組み合わせ技術、システム化技術を追求するのみではなく、まったく新しい発想で製品を開発しなければ、競争力を持つことはできません。有望なのはたとえば遺伝工学やバイオ技術などを駆使したクリエイティブな製品であり、求められるのは知的商品や知的サービスを開発・創出し、新たな市場価値を作り出すこと。


多くの国が工業化し、世界中で同じような工業製品が生み出されるようになりますから、クリエイティブでなければ、新しいビジネスチャンスをつかみ取ることはできない。いずれにしても、クリエイティブなくしては競争優位性を確保することはできないのです。


知的生産に重みを置いた経営をしていくことが求められます。とくに、モノづくりにかかわる企業は絶えず新しい利益の源泉を生み出しながら、新商品の開発に取り組まなければならない。つまり、クリエイティブでなければ成長できなくなります。その背景には、基本的な技術がほぼ解明されつくした現在、工業生産技術に依存した輸出国家では生き残れない。


情熱だけでは説得力は生まれません。様々な尺度や角度で自分を分析しながら、国際的か競争に負けない経営体質をつくり上げていくことも大切です。しかし、単に計算ずくで説明するだけの経営者は経営者ではない。ただの専門家にすぎない。


経営の方向性をはっきりと示し、明確な説明をしていくことです。知的生産性を向上させるためには、夢と哲学を語り続ける伝道師が求められています。自らビジョンを作り出し、そのビジョンを情熱をもって伝えていくことが大切なのです。経営者の展望、情熱を働く人々が共有した時、そこにはとてつもない知的な力が生まれると思います。


経営者は専門分野で生き残るために、何が必要でないかを的確に見極めなければいけない。資源を集中しなければ世界大工業生産時代に生き残ることはできないからです。どの事業が収益性が高いのか、どの事業に対して投資を行うべきか、あるいはどの事業について撤退や縮小を考えるべきか。経営者は資源の投入の優先順位を判断し、より効率の高い経営資源の文お会いをしていくことです。


日本企業はこれまで、仲よくやろうとか、和の精神が一番だとか、集団主義の象徴のようなスローガンを出していました。しかし、これからはもっと競争社会であることが意識され、その中で生き残って発展していくという意欲を示した理念でなければいけない。


取締役会については、より実質的にすることが大事でしょう。議論を活発にするように議長が誘導することが重要です。少数意見を尊重することです。日本の経営はゲマインシャフト的な立場が強くて、ゲゼルシャフトとしての利益共同体の色彩が薄かった。一方、米国はゲゼルシャフト的色彩が濃厚です。つまり、根本的異なっているわけです。【覚書:ゲゼルシャフト(利害関係に基づいて人為的に作られた社会)、ゲマインシャフト(地縁・血縁・友情などで結びついた共同体)。ドイツの社会学者天ニースが提唱した共同体論】


グローバルスタンダードと言っても、日本の国があって、日本の民族があるというところからスタートしなければならないと思います。日本の文化、風土の上に建てられた経済構造があって、その上に経営制度がある。このことを踏まえて、日本の経営を考えなければいけない。日本人のものの考え方は、欧米のアングロサクソン人とは違います。民族ごとに、体の中に異なった経営の遺伝子のようなものを持っているのです。


日本の経営体制は、いずれも日本の文化、風土を背負った一人一人の人間によって支えられています。日本型経営の特徴ともいうべき、企業内組合、終身雇用制度、年功序列賃金制度などは、集団主義から自然ににじみ出ていた経済体制なのです。


三好俊夫の経歴・略歴

三好俊夫、みよし・としお。松下電工会長

他の記事も読んでみる

濱田純一

個々の木を植え替えるだけではなく、森全体を動かそうという感覚でないと、今の時代の大きな変化のスピードについていけない。


森永卓郎

会社は最高のビジネススクールです。30代は「これで食っていくんだ」というベースを作りつつ、好奇心を持っていろいろな仕事に首を突っ込んで学んでいってください。


箭内道彦

誰でも最初は、プライドという名の鎧をつけようとするものです。僕も鎧が重くて、窒息しそうなぐらいになっていました。でもあるとき、定年までの自分の会社人生が見えてしまったことがあるんです。このままいったら、会社からはちっとも評価されず、かといって辞めて独立することもできず、ずっと人の言うことだけ聞いて死んでいくんだな……と。それで鎧を脱ぐしかなくなりました。


遠藤周作

情熱を持続するには危険が必要なんだ。ちょうど恋愛の情熱がさめるのは安定した時であるのと同じように、人生の情熱が色あせるのも危険が失せた時だよ。革命はまだ危険という油を俺たちの情熱にそそいでくれる。


永田豊志

図解思考のポイントは、シンプルな図にすること。図解というと作品のような美しい図を描こうとする人がいますが、基本的には、四角い囲みと矢印だけで十分です。日常のちょっとした情報を整理するために、つねに図を使うには、シンプルでなければなりません。


栗原幹雄

外食産業では、雨の日は人手が少ないので、売上が落ちます。ですから、私が店長によく言うのは「天候を予測しろ」ということです。予測不可能と思うかもしれませんが、それでは駄目なんです。たとえば、翌日の降水確率が60%だとします。来店数が減りそうだと思ったらスタッフのシフトを変えて人件費を抑えればいいのです。数字に限らず、目標設定する場合には、根拠や前提条件を丁寧に検討することがまず基本です。


大原孝治

臨機応変なMD(マーチャンダイジング)を可能にしているのは、現場に権限委譲する個店主義。小売業とはその名のとおり、小さく売ることを前提としています。つまり小売りの積み重ねがチェーン全体の売り上げになる。チェーンがあってそれぞれの店があると考えたら、個店主義はむずかしい。


村田昭治

いい仕事をしていると誰かが見てくれているということに気づくものだし、誰かが見てくれるかもしれないと思いながら隠れた品質を磨き、いいものを創り出していくところに真のプロフェッショナリズムは生まれるものだ。


黒鉄ヒロシ

人を叱るには自己犠牲が必要で、面倒な行いです。つまり、あなたの身のまわりに叱ってくれる大人がいるなら、それはとても恵まれた環境だということです。


内藤誼人

笑顔は、まさに表情筋という筋肉で作られます。日頃から笑顔を忘れている人は、表情筋の筋トレ不足。その場だけ急にとりつくろうとしても、ぎこちないし、気を抜くとすぐ元の顔に戻ってしまいます。笑顔が素敵と言われる人は、顔立ちや生まれつきのおかげではなく、日頃の行ないから作り上げたものなのです。


豊竹呂太夫・6代目

迷いながらも、文楽を続けることができた理由の一つは、「今の自分は仮の姿で、本当の自分ではない」と言い聞かせていたことです。自分は小説家になる過程として今、文楽の世界に身を置いているのだと思うことで続ける意義を見いだしたのです。


澤口俊之

新聞の社説を批判的に読むのも、複雑なものごとを理解して覚えるという記憶力の向上に効きます。毎日テーマが異なるので知識が増えますし、批判するためには更なる知識を使います。これを日々の習慣にすれば、判断力や決断力など別の能力も磨かれます。


山口真由

本を読むことが辛いと感じるのは、「理解しなくては」と思っているからです。「わからなくてもいい」と思いながら読めば苦痛はほとんどありません。


山田昭男

人を雇えないから残業させるというのは間違い。25%の割増金を払って利益を出せる会社がどのくらいあるのか。


出原洋三

駄目な事業を売り、必要な事業を買って、ポートフォリオを入れ替える。そういう発想を身につけて、本社に帰ってきました。本社でずっとぬるま湯に浸かっている人には、厳しい現実はわからないでしょう。
【覚書き|本社から離れて、複数の赤字子会社の立て直しを行ったことを振り返っての発言】