名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

三國連太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三國連太郎のプロフィール

三國連太郎、みくに・れんたろう。日本の俳優。群馬県出身。旧制中学卒業後、様々な職を転々としたのち、太平洋戦争に従軍。なんとか生きて復員したのち松竹のプロデューサーにスカウトされ演技研究生になる。その後、様々映画やテレビドラマに出演した。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞3回。ブルーリボン賞主演男優賞2回、助演男優賞・新人賞各1回。カンヌ国際映画祭審査員特別賞。そのほか多くの映画賞を受賞した。

三國連太郎の名言 一覧

人は一人では生きられない。だからこそ、人とのかかわりに人生は大きく左右されます。


偶然の出会いを重ねてきた僕ですが、自分の経験を踏まえて若い世代に伝えたいのは、「自分の才能にプライドを持つ」ということ。志を高く、誇りを持って突き進むことで、人生を実り豊かにしてくれる出会いを引き寄せて欲しいです。


30代のころ、当時は所属する映画会社の作品以外に出演するのはタブーでしたが、素知らぬ顔でやってしまったり、独立プロの作品に出演したりしていました。僕はただ純粋に、自分が尊敬する人と一緒に仕事がしたかっただけなんですがね。


女房はしんどいと思いますよ。僕は演じている役柄で人格が変わってしまうんですから(笑)。明日の芝居を考えていると、今日の生活が役と同じになってしまうんです。


自分という容器の中で、自分の体や感情の中にある役柄との共通点を取り出して、そこを原点に精一杯演じていく。その方法しかないと思っています。


若いときは自分の実人生と、演じている役柄は、まったく別人格だと思って演ってきたんですけど、自分と演じている人物はまったくの別の人格だと割り切って、その役を演じ切ることはできない。それは錯覚だったと気が付きました。


いい加減なくせに台本には文句をつける。監督とはけんかはする。クビになったり干されたことが何度もありました。そのとき、ありがたいことに手を差し伸べてくれる演出家がいたからこそ、60年近くもこの仕事を続けられてきたわけです。


僕はいつも、自分が納得する作品に出演したいと心がけています。お客さんが入場料を払っても見合う作品を選んで出演しようと思ってきました。日本映画の入場料は国際水準を遥かに超えているんです。「よかった。考えさせられた。決して高くなかった」と合点の行くシナリオと役者の演技が第一条件ではないかと思っています。いつごろからかは、はっきりと覚えていませんが、そういう選択に合格する仕事をしていこうと心に決めているんです。


俳優になったのは、偶然の出会いからです。上京して間もない27歳のとき、新橋を歩いていたらスカウトされましてね。それまで俳優を職業として考えたことはありませんでしたが、当時はなかなか就職先が決まらずに困っていたため、「飯が食えるなら」と引き受けることにしたんです。


27歳でスカウトされた翌年、木下恵介監督の『善魔』で主役デビューをしました。演技経験ゼロの素人でしたから、撮影は本当に大変でした。当然、NG連発なわけです。が、監督は絶対に妥協しない。納得いくまで何回でも撮りなおすんです。ワンカット撮るのに8000フィートのフィルムを使うという意味で「三國8000」などといわれ、参りましたね。


60年近い俳優人生を振り返ってみると、「僕ほど出会いに恵まれた人間はいない」とつくづく思います。今回、22作目でファイナルを迎えることになった『釣りバカ日誌』も、スタッフや共演者の方々とのいい出会いがあったからこそ、こんなにも長く続けてこられたのでしょう。


三國連太郎の経歴・略歴

三國連太郎、みくに・れんたろう。日本の俳優。群馬県出身。旧制中学卒業後、様々な職を転々としたのち、太平洋戦争に従軍。なんとか生きて復員したのち松竹のプロデューサーにスカウトされ演技研究生になる。その後、様々映画やテレビドラマに出演した。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞3回。ブルーリボン賞主演男優賞2回、助演男優賞・新人賞各1回。カンヌ国際映画祭審査員特別賞。そのほか多くの映画賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

樋口廣太郎

いまの世の中ではクオリティが問われています。クオリティとは何か。企業でいうと、いい製品を作ることであり、他にないようなサービスをしていくことであり、そう難しく考えることではありません。従来は規模が大きい、収益が大きいということで企業を評価しましたが、そうではなく、いいものをつくれる、いいサービスを提供できる会社が評価される時代になってきました。


塚越寛

社員を幸せにする。顧客を幸せにする。地域社会を幸せにする。これらを貫いていれば、会社は周囲から尊敬される存在になる。これが一流の証。一流になった会社は、放っておいても成長していく。


松井弘之(経営者)

売上高や利益はもちろん大切ですが、お客様本位の姿勢で、本当にお客様のためになっているのかを常に問い掛けながら、当たり前のことを当たり前に続けていくのが結局は重要。


山崎将志

日本人は感情を顕わにするのが得意とは言いがたい。しかし、同僚が「大口の新規受注が取れた」とか、「激戦の末、コンペを勝ち取った」というような感動的な場面では、アメリカ人くらいのオーバーアクションで相手に賞賛を伝えたい。その際は、ガッツポーズ、バンザイなどのアクション付きで伝えて欲しい。それくらいやれば相手も社交辞令のお世辞ではないことが伝わるはずだ。


伊東明(心理学者)

気にしすぎに陥った場合、いったん思考を停止するのが効果的です。スポーツ選手の間でよく利用されているのは、手首に輪ゴムを巻いておく方法。ネガティブな思考が働きだしたら、手首の輪ゴムをパチンとはじきます。その痛みで自分が有害な気にしすぎに陥っていることを自覚し、再びその状態になれば痛みが待っていることを自分に理解させるのです。


村田昭治

商売でうまくいっている人は、仕事を売り込んでいるのではなくて、人間そのものを気に入られている。


東村アキコ

「売れる」とか「人気が出る」というのももちろん嬉しいんだけど、夜、ふっと息をついたときに、お酒を飲みながら見返せる作品をつくることが、クリエイターとしての理想的な人生なのかなって思う。


橘フクシマ咲江

日本人は「言わなくてもわかるはず」と思う傾向がありますが、グローバル社会において、それは禁物。明確な説明が信頼関係の基礎を築くのです。


須磨久善

この世には、完全な成功も完全な失敗もないのです。6:4で失敗だったとすれば、4つは成功しているわけです。そこを自問自答しながら、きちんと評価してやる。失敗したから俺はダメなんだと投げてしまうのではなく、結果は失敗でも、この部分は成功したということをきちんと拾い出してやる。そうやって、自力で自信をつくりあげていくのです。


村岡恵理

雑談は巧くなくてもいい。些細な会話にこそ誠意を込めて、相手の言葉をしっかりお腹に落とし、またお腹から言葉を返す。目を見ることや笑顔は大事でしょう。もちろん丁寧な言葉遣いであるに越したことはありません。


冨田智夫

「社員との距離が近い=馴れ合い」になってしまっては困ります。そこで、私が仕事のうえで日常的に意識しているのが、「レポートライン」の順守です。意見や要望などは必ずチームで集約し、上司へと報告するのが基本。組織として当たり前のことですが、意識を徹底することで中間となる管理職の責任を明確化でき、さらには、リ-ダーシップの発揮を促すことにもつながります。


真船幸夫

従業員一人ひとりの働きぶりが、店舗の売り上げに直結する。