名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

三國連太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三國連太郎のプロフィール

三國連太郎、みくに・れんたろう。日本の俳優。群馬県出身。旧制中学卒業後、様々な職を転々としたのち、太平洋戦争に従軍。なんとか生きて復員したのち松竹のプロデューサーにスカウトされ演技研究生になる。その後、様々映画やテレビドラマに出演した。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞3回。ブルーリボン賞主演男優賞2回、助演男優賞・新人賞各1回。カンヌ国際映画祭審査員特別賞。そのほか多くの映画賞を受賞した。

三國連太郎の名言 一覧

人は一人では生きられない。だからこそ、人とのかかわりに人生は大きく左右されます。


偶然の出会いを重ねてきた僕ですが、自分の経験を踏まえて若い世代に伝えたいのは、「自分の才能にプライドを持つ」ということ。志を高く、誇りを持って突き進むことで、人生を実り豊かにしてくれる出会いを引き寄せて欲しいです。


30代のころ、当時は所属する映画会社の作品以外に出演するのはタブーでしたが、素知らぬ顔でやってしまったり、独立プロの作品に出演したりしていました。僕はただ純粋に、自分が尊敬する人と一緒に仕事がしたかっただけなんですがね。


女房はしんどいと思いますよ。僕は演じている役柄で人格が変わってしまうんですから(笑)。明日の芝居を考えていると、今日の生活が役と同じになってしまうんです。


自分という容器の中で、自分の体や感情の中にある役柄との共通点を取り出して、そこを原点に精一杯演じていく。その方法しかないと思っています。


若いときは自分の実人生と、演じている役柄は、まったく別人格だと思って演ってきたんですけど、自分と演じている人物はまったくの別の人格だと割り切って、その役を演じ切ることはできない。それは錯覚だったと気が付きました。


いい加減なくせに台本には文句をつける。監督とはけんかはする。クビになったり干されたことが何度もありました。そのとき、ありがたいことに手を差し伸べてくれる演出家がいたからこそ、60年近くもこの仕事を続けられてきたわけです。


僕はいつも、自分が納得する作品に出演したいと心がけています。お客さんが入場料を払っても見合う作品を選んで出演しようと思ってきました。日本映画の入場料は国際水準を遥かに超えているんです。「よかった。考えさせられた。決して高くなかった」と合点の行くシナリオと役者の演技が第一条件ではないかと思っています。いつごろからかは、はっきりと覚えていませんが、そういう選択に合格する仕事をしていこうと心に決めているんです。


俳優になったのは、偶然の出会いからです。上京して間もない27歳のとき、新橋を歩いていたらスカウトされましてね。それまで俳優を職業として考えたことはありませんでしたが、当時はなかなか就職先が決まらずに困っていたため、「飯が食えるなら」と引き受けることにしたんです。


27歳でスカウトされた翌年、木下恵介監督の『善魔』で主役デビューをしました。演技経験ゼロの素人でしたから、撮影は本当に大変でした。当然、NG連発なわけです。が、監督は絶対に妥協しない。納得いくまで何回でも撮りなおすんです。ワンカット撮るのに8000フィートのフィルムを使うという意味で「三國8000」などといわれ、参りましたね。


60年近い俳優人生を振り返ってみると、「僕ほど出会いに恵まれた人間はいない」とつくづく思います。今回、22作目でファイナルを迎えることになった『釣りバカ日誌』も、スタッフや共演者の方々とのいい出会いがあったからこそ、こんなにも長く続けてこられたのでしょう。


三國連太郎の経歴・略歴

三國連太郎、みくに・れんたろう。日本の俳優。群馬県出身。旧制中学卒業後、様々な職を転々としたのち、太平洋戦争に従軍。なんとか生きて復員したのち松竹のプロデューサーにスカウトされ演技研究生になる。その後、様々映画やテレビドラマに出演した。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞3回。ブルーリボン賞主演男優賞2回、助演男優賞・新人賞各1回。カンヌ国際映画祭審査員特別賞。そのほか多くの映画賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

施崇棠(ジョニー・シー)

台湾企業の今後の課題は、頼るべき人がいない中でどう自立していくかということ。パソコン全盛期の頃であれば、米マイクロソフトと米インテルの「ウィンテル連合」に頼ることで成長できました。しかし、設計図を渡されて作っていたこれまでの体制では、いつまでたっても自立できずイノベーションは起こせません。こうした環境は、台湾企業が急伸した裏に潜む罠でもあったと思います。


捧賢一

ハード&グリーンはお客さんの2から3割が農家で、農村地帯では7から8割に上がります。いまどき、農村の中に入っていこうという企業は数少ないが、コメリはそれでいい。「一隅を照らす」という言葉がある。食は生命と深くかかわっており、農業は決してなくなりません。三条は日本最大の金物生産地ですし、新潟は日本有数の農業地帯。いまのカテゴリーを徹底して守りたいと思うのです。


阿部絢子

節約だけでは息が詰まってしまう。大切なのは、優先順位を付けること。


秋元久雄

大手のハウスメーカーは数を売らなくてはいけないから、購買層の中でも層が厚いところに照準を定めているよね。そして利益を確保するために、徹底的な工業化によってコストダウンを図っている。もしうちがそれに対抗しようと思ったなら、価格競争になるから、大手と同じように工程をマニュアル化するしかないよね。でもそれは僕が一番やりたくないこと。だからうちは大手と同じ土俵では闘おうとしないわけよ。富裕層はいつの時代にもそんなには多くないけど、常に一定層は存在している。その一定層を相手にビジネスを展開するというのがうちの戦略。だから価格競争に巻き込まれないで済んでいる。品質の良さで勝負できるわけだ。


藤森義明

当社のような製造業では、トップが現場を見に行くことで従業員の士気が高まるという効果がある。


國貞文隆

社長にとって、考える時間を持つことが一番大事と言っても過言ではありません。しかし、普通に過ごしていれば、考えるための時間をどこにも確保できない。だから朝時間は重要なのです。夜まで仕事のある社長には、一人で静かに考える時間は朝しかない。多くの社長はそれに自覚的で、だからこそ朝時間を活用しています。


高城幸司

挨拶と同時に相手の名前を覚えているかどうかも重要。実際、出世するほとんどの人は、部下に対してもかならず自分から「○○さん、おはよう!」と、名前を呼びながら挨拶をします。新人なら、間違いなくその瞬間にファンになりますよね。さらに、部下に対しては、「○○さん、昨日の打ち合わせはうまくいった?」などと、個別の具体的な話題を投げかける。声をかけられた側は自分に関心を持ってくれていることに、感動すら覚えるはずです。


御手洗冨士夫

世界人口は爆発的に伸びており、人口に沿った事業は伸びる。


秋田正紀

紳士売り場の改装の失敗は、前のものを引きずってしまったからなんですね。新しいコンセプトを決めていたのに、過去のしがらみや実績を優先させてしまったために、コンセプトが不明確になってしまいました。


高橋俊之

既存のフレームワーク(理論構造)を借りてきて、そのまま使ってしまう人が多いのですが、それでは考える力を鍛える機会を失っています。たとえ間違ったとしても、まずは自分の頭で考えることで、考える力が高まっていきます。


佐々木圭一

メールは、文章表現をちょっと過剰に書いても、相手に失礼に感じさせず、むしろちょうどいいんです。だいたい普通の文章の30%増しぐらいで書くのがいいと思いますよ。たとえば「ありがとうございました。」を「ありがとうございました!」にするだけで、印象はがらりと変わります。僕は「ありがとうございました!!!」くらいやります。これくらいのほうが印象に残りやすいんですよ。


トマス・エジソン

もし両親が、子供の心の中に「情熱」を残してあげることができたら、それは貴重な財産になるに違いない。