名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三國連太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三國連太郎のプロフィール

三國連太郎、みくに・れんたろう。日本の俳優。群馬県出身。旧制中学卒業後、様々な職を転々としたのち、太平洋戦争に従軍。なんとか生きて復員したのち松竹のプロデューサーにスカウトされ演技研究生になる。その後、様々映画やテレビドラマに出演した。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞3回。ブルーリボン賞主演男優賞2回、助演男優賞・新人賞各1回。カンヌ国際映画祭審査員特別賞。そのほか多くの映画賞を受賞した。

三國連太郎の名言 一覧

人は一人では生きられない。だからこそ、人とのかかわりに人生は大きく左右されます。


偶然の出会いを重ねてきた僕ですが、自分の経験を踏まえて若い世代に伝えたいのは、「自分の才能にプライドを持つ」ということ。志を高く、誇りを持って突き進むことで、人生を実り豊かにしてくれる出会いを引き寄せて欲しいです。


30代のころ、当時は所属する映画会社の作品以外に出演するのはタブーでしたが、素知らぬ顔でやってしまったり、独立プロの作品に出演したりしていました。僕はただ純粋に、自分が尊敬する人と一緒に仕事がしたかっただけなんですがね。


女房はしんどいと思いますよ。僕は演じている役柄で人格が変わってしまうんですから(笑)。明日の芝居を考えていると、今日の生活が役と同じになってしまうんです。


自分という容器の中で、自分の体や感情の中にある役柄との共通点を取り出して、そこを原点に精一杯演じていく。その方法しかないと思っています。


若いときは自分の実人生と、演じている役柄は、まったく別人格だと思って演ってきたんですけど、自分と演じている人物はまったくの別の人格だと割り切って、その役を演じ切ることはできない。それは錯覚だったと気が付きました。


いい加減なくせに台本には文句をつける。監督とはけんかはする。クビになったり干されたことが何度もありました。そのとき、ありがたいことに手を差し伸べてくれる演出家がいたからこそ、60年近くもこの仕事を続けられてきたわけです。


僕はいつも、自分が納得する作品に出演したいと心がけています。お客さんが入場料を払っても見合う作品を選んで出演しようと思ってきました。日本映画の入場料は国際水準を遥かに超えているんです。「よかった。考えさせられた。決して高くなかった」と合点の行くシナリオと役者の演技が第一条件ではないかと思っています。いつごろからかは、はっきりと覚えていませんが、そういう選択に合格する仕事をしていこうと心に決めているんです。


俳優になったのは、偶然の出会いからです。上京して間もない27歳のとき、新橋を歩いていたらスカウトされましてね。それまで俳優を職業として考えたことはありませんでしたが、当時はなかなか就職先が決まらずに困っていたため、「飯が食えるなら」と引き受けることにしたんです。


27歳でスカウトされた翌年、木下恵介監督の『善魔』で主役デビューをしました。演技経験ゼロの素人でしたから、撮影は本当に大変でした。当然、NG連発なわけです。が、監督は絶対に妥協しない。納得いくまで何回でも撮りなおすんです。ワンカット撮るのに8000フィートのフィルムを使うという意味で「三國8000」などといわれ、参りましたね。


60年近い俳優人生を振り返ってみると、「僕ほど出会いに恵まれた人間はいない」とつくづく思います。今回、22作目でファイナルを迎えることになった『釣りバカ日誌』も、スタッフや共演者の方々とのいい出会いがあったからこそ、こんなにも長く続けてこられたのでしょう。


三國連太郎の経歴・略歴

三國連太郎、みくに・れんたろう。日本の俳優。群馬県出身。旧制中学卒業後、様々な職を転々としたのち、太平洋戦争に従軍。なんとか生きて復員したのち松竹のプロデューサーにスカウトされ演技研究生になる。その後、様々映画やテレビドラマに出演した。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞3回。ブルーリボン賞主演男優賞2回、助演男優賞・新人賞各1回。カンヌ国際映画祭審査員特別賞。そのほか多くの映画賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

柳澤大輔

今年の社員合宿のテーマは「カヤックらしい解散方法とは?」でした。そういうことをテーマにみんなで考えてもらっています。 例えば、もし会社が潰れるとしたら、それは経済的に苦しくなったとか、突き詰めていっちゃうと、社会から必要ないと思われているということだと思うんです。それは受け入れなきゃいけない。でも、それでも最後に、価値ある何かを実行することができたら。社員が他社へ転職するとしても、それはアドバンテージになります。


森本千賀子

ストレスをためないためには、「やりたいこと」をやること。ただしそのためには、「やるべきこと」をやっておく必要があります。やるべきことをやった結果として、やりたい仕事にたどり着けるようになると、仕事にもやりがい、充実感、わくわく感が出てきます。


田崎正巳

40代はそれまでに培った強みを実践で生かし、いよいよ成果を出していく時期である。会社も顧客も、この年代に期待するのは素質や伸び代ではなく、きっちりと結果を出せる能力である。40代がビジネスパーソンにとって最も大変な時期といえるが、私欲を捨てて仕事にまい進すべきである。


永守重信

僕が買収する会社は何期も赤字が続いているような会社です。普通ならその経営者は辞めさせられます。でも、僕はそんな考えはまったくありません。しょせん、誰にやらせても一緒なんです。むしろ、いままでずっとそこにいて、失敗してきた人の方がまだ改革しやすいと思っています。残ってくれた人に対しては、辞めてくれとは言いません。私どもと同じ考え方へ意識を変えてもらいさえすればいいんですよ。これまで瀕死の会社を20数社譲ってもらって、全部優良企業に変わったのは、その意識改革があったからです。


松下幸之助

本当の人材とは、その会社に相応した人ですよ。町工場へ東大出に来てもらっても、その人は人材になりますか。困ることもあるでしょう。


冨山和彦

やる気の源は「人のために役立っている実感」です。金銭的なリターンだけでは頑張れる自信がありません。


古森重隆

困難を乗り越えるたびに社員はより一層良い表情になり、会社の質も高まる。


村口和孝

新規事業は、既存市場であるか新規市場であるかによって若干様相は異なるものの、他人様である顧客と、同じく他人様である仕入先、競合先を相手に事業を立ち上げてゆくのだから、必ず計画通りなどは行かず、まず間違いなく当初の計画は失敗する。私の経験では100%失敗すると言っても良い。


横田尚哉

人に仕事を頼めば、待ち時間が必ず発生します。せっかく人の力を借りて自分の時間を増やしているのに、待ち時間対策を怠り、逆に自分の時間を奪われるようでは本末転倒です。待ち時間に左右されることなく、自分のペースで仕事を進められる工夫をすべきです。


長浜洋二

独立を決意したのは、副業に全精力を注ぎたくなったから。多様な団体を支援しているので、社会に広く貢献でき、「社会を変える組織をつくる」というやりがいを日々感じています。


大坂靖彦

ハーバードのMBAで学生に次のような質問をしたそうです。「自分の未来について明確な計画をどこまで立てていますか?」その結果、明確な計画を立てている人(A群)は3パーセント、ほとんど立てていない人(C群)が84パーセント、その中間(B群)が13パーセントという数字が出ました。さらに十年後、彼らの年収を調査しました。C群を仮に1億円とした時、B群は2億円、A群はなんと10倍の10億円を得ていたそうです。青年期の志は、これほどまでにその若者の一生涯に影響するのです。


佐々木常夫

これからの日本は労働人口が減っていきます。それは「働き方改革」のチャンスでもあります。人がいなければ、知恵を出し合って働き方を見直し、生産性を上げるしかない。