三國連太郎の名言

三國連太郎のプロフィール

三國連太郎、みくに・れんたろう。日本の俳優。群馬県出身。旧制中学卒業後、様々な職を転々としたのち、太平洋戦争に従軍。なんとか生きて復員したのち松竹のプロデューサーにスカウトされ演技研究生になる。その後、様々映画やテレビドラマに出演した。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞3回。ブルーリボン賞主演男優賞2回、助演男優賞・新人賞各1回。カンヌ国際映画祭審査員特別賞。そのほか多くの映画賞を受賞した。

三國連太郎の名言 一覧

人は一人では生きられない。だからこそ、人とのかかわりに人生は大きく左右されます。


偶然の出会いを重ねてきた僕ですが、自分の経験を踏まえて若い世代に伝えたいのは、「自分の才能にプライドを持つ」ということ。志を高く、誇りを持って突き進むことで、人生を実り豊かにしてくれる出会いを引き寄せて欲しいです。


30代のころ、当時は所属する映画会社の作品以外に出演するのはタブーでしたが、素知らぬ顔でやってしまったり、独立プロの作品に出演したりしていました。僕はただ純粋に、自分が尊敬する人と一緒に仕事がしたかっただけなんですがね。


女房はしんどいと思いますよ。僕は演じている役柄で人格が変わってしまうんですから(笑)。明日の芝居を考えていると、今日の生活が役と同じになってしまうんです。


自分という容器の中で、自分の体や感情の中にある役柄との共通点を取り出して、そこを原点に精一杯演じていく。その方法しかないと思っています。


若いときは自分の実人生と、演じている役柄は、まったく別人格だと思って演ってきたんですけど、自分と演じている人物はまったくの別の人格だと割り切って、その役を演じ切ることはできない。それは錯覚だったと気が付きました。


いい加減なくせに台本には文句をつける。監督とはけんかはする。クビになったり干されたことが何度もありました。そのとき、ありがたいことに手を差し伸べてくれる演出家がいたからこそ、60年近くもこの仕事を続けられてきたわけです。


僕はいつも、自分が納得する作品に出演したいと心がけています。お客さんが入場料を払っても見合う作品を選んで出演しようと思ってきました。日本映画の入場料は国際水準を遥かに超えているんです。「よかった。考えさせられた。決して高くなかった」と合点の行くシナリオと役者の演技が第一条件ではないかと思っています。いつごろからかは、はっきりと覚えていませんが、そういう選択に合格する仕事をしていこうと心に決めているんです。


俳優になったのは、偶然の出会いからです。上京して間もない27歳のとき、新橋を歩いていたらスカウトされましてね。それまで俳優を職業として考えたことはありませんでしたが、当時はなかなか就職先が決まらずに困っていたため、「飯が食えるなら」と引き受けることにしたんです。


27歳でスカウトされた翌年、木下恵介監督の『善魔』で主役デビューをしました。演技経験ゼロの素人でしたから、撮影は本当に大変でした。当然、NG連発なわけです。が、監督は絶対に妥協しない。納得いくまで何回でも撮りなおすんです。ワンカット撮るのに8000フィートのフィルムを使うという意味で「三國8000」などといわれ、参りましたね。


60年近い俳優人生を振り返ってみると、「僕ほど出会いに恵まれた人間はいない」とつくづく思います。今回、22作目でファイナルを迎えることになった『釣りバカ日誌』も、スタッフや共演者の方々とのいい出会いがあったからこそ、こんなにも長く続けてこられたのでしょう。


三國連太郎の経歴・略歴

三國連太郎、みくに・れんたろう。日本の俳優。群馬県出身。旧制中学卒業後、様々な職を転々としたのち、太平洋戦争に従軍。なんとか生きて復員したのち松竹のプロデューサーにスカウトされ演技研究生になる。その後、様々映画やテレビドラマに出演した。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞3回。ブルーリボン賞主演男優賞2回、助演男優賞・新人賞各1回。カンヌ国際映画祭審査員特別賞。そのほか多くの映画賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

土井健資

社内に「私の声」という箱を設けて、仕事に関する意見からプライベートの相談まで、どんなことでも投函してもらい、社員の気持ちに寄り添えるよう努めています。箱の鍵は私しか持っていませんので、投函内容を他の人に知られることはありません。投函した社員とじっくりと話し合って、一緒に問題解決を図っています。


飯塚克美

はぐらかされてばかりではいくら話し合っても意味がありません。デシジョンメーカー(決定権を持つ人)である社長や工場長と直接交渉しました。そこで伝えた要求のハードルは、何を言われても下げませんでした。納期に間に合わないようなら空輸させ、ペナルティとして高額な輸送料を請求しました。納期の遅れやいい加減なデザインを一度でも許してしまえば、同じトラブルはまた起きてしまう。お互いに痛い思いをしながら理解していったんです。


沖幸子

早く、楽に掃除の成果を上げるコツ

  1. 無駄な動きをしない。
  2. 上から中へ、中から下へ。上からきれいにしていく。
  3. パッと見て汚れているところをピンポイントで。
  4. 「きれいにならない」にこだわらない。「そこそこ」を心がける。
  5. 常に時間を意識して。

滝野一征

技術力に自信があるからこそ、それをお客に見せる機会に対する投資は惜しまない。


上島昌佐郎

スペシャルティコーヒーをずっとつくってきた中南米の生産者が市場ニーズをきちんと理解しているのに対し、アジアやアフリカの生産者は、その辺の認識が薄かった。ですから私たちのほうから、どんなコーヒー豆なら買うのかという具体的な情報を伝えて、安定供給を実現するためにサポートすることにしました。市場のリアルな情報を提供することが、生産意識の向上につながると考えたのです。この課題は、アジアを中心に品質コンテストを積極的に開催し、評価されるコーヒー豆の品質基準を生産者間で共有できるようにしたことで解決しました。


和田勇(積水ハウス)

人口減少が進む日本ではこれから先、家はそれほど建たない。住宅産業はもう発展しないと思われがちです。けれどもそんなことは全くありません。環境、コミュニティー、安全・安心、高齢化、教育、少子化、地方創生……。日本はたくさんの社会的課題を抱えており、そのほとんどが住宅に関係しています。ここには住宅事業を拡大するための多くのシーズがあります。


久代敏男

コア事業と関連の薄いものを中心に、改善の見込みのないものは、早く清算していきます。


羽生善治

若いときは勢いで将棋を指すことができました。けれどもある程度経験が蓄積されると、過去の成功体験や失敗体験が足かせとなって、思い切った決断ができにくくなるものなんです。経験によって状況を把握する力が高まる半面、迷うことも増えてくるんです。そのときに手堅い将棋をするのもひとつの手ですが、そればかり続けていると確実に時代から取り残されることになります。そこで、迷いに対しては意識的に見切りをつけ、アクセルを強めに踏んで前に進もうとする。それぐらいでちょうどいいのではないでしょうか。


織畠潤一

重要なのは人です。経営判断とはファクト(事実)や数字を分析・検証してトップ自ら1人で判断するものですが、その事実や数字は人がつくるもの。また、技術を生み出すのも人、その技術をいかに市場に投入するかを考えるのも人、そしてお客様に販売するのも人であるからです。


舞の海秀平

出会う人や仕事が、今後の自分を作っていくと思っています。感謝を忘れず、縁が生み出す自然の流れに身を委ねていきたい。


押井守

僕には友人と呼べる人はひとりもいない。けれど、仕事仲間ならたくさんいる。友人などほしいとも思わない。仕事仲間がいれば、それで十分だ。世間があまりに美しい虚構の友情を若者たちに押し付けるから、どうしても友人の少ない人間はどこか欠陥人間のような見方をされてしまう。そしてその傾向は、近年ますます強くなっているようだ。損得勘定で動く自分を責めてはいけない。無償の友情とか、そんな幻想に振り回されてはいけない。そうすれば、この世界はもう少し生きやすくなる。


蝶野正洋

仕事というのは、自分の可能性を見つける手段のひとつだと思うんだ。その仕事をやっていくうえで大事なのは、「自分に対する想像力」を持ち続けること。「自分にはもっとこんなことができるのではないか」と考えるから、自分を駆り立てていけるわけだし。それを持ち続けられさえすれば、会社を辞めても辞めなくても道を切り拓いていけるんじゃないかな。


池上彰

ちょっと無理すればできるかもしれない、むしろそういう状況に自分を追い込んだほうが成長できると考えて、あえて難しい仕事を受けるようにしてきました。


前刀禎明

日常の光景をみているだけでも、想像力を働かせると、真実に辿り着くことがあるのです。日常の些細なことからでもいい。考え続けていると何かみえてくるはずです。


ヴォルテール

我々が心を動かされるのは、その人にこちらの心を動かそうというつもりが、まったくない時である。


ページの先頭へ