名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三国大吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三国大吾のプロフィール

三国大吾、みくに・だいご。日本の歯科医。医療法人社団「大伸会」理事長。日本大学松戸歯学部卒業。

三国大吾の名言 一覧

失敗の理由はいくらでも挙げられるが、成功したときの理由を明確化することは難しい。そこで現在、大学院でシステムデザインマネジメントを学び、自分なりの成功パターンを論理立てて、可視化することを目指しています。


私自身、経営者として、なお研鑽を積まなければなりません。私が描く理想像は、企業の成長に伴って変化することができるリーダーです。草創期にはワンマンやカリスマとも呼ばれる強い牽引力が必要かと思います。しかし、やがては一歩下がった立ち位置で部下を育てなければ、自分の寿命とともに企業も終わってしまいます。


大伸会をサービス業の組織として、もっと成熟させることも必要だと感じています。そこで商工会などにも参加し、異業種交流を通じてノウハウを貪欲に吸収させていただき、応用しています。


「自分の最愛の人に対して行える治療」こそが最善の治療。仮に高い技術をもつ歯科医が最先端の治療を行うとしても、最先端であるだけに不確定な要素をはらんでいます。それでは必ずしも最善とは言い切れません。大切なのは、リスクとベネフィットのバランスで、その基準が「最愛の人に対して行えるかどうか」。


学生時代、様々なアルバイトを経験しました。組織の一員として働き、お金をいただくとはどういうことかを学ぶ貴重な機会だったと思い出されます。また、そこで働く従業員、来店されるお客様、さらには地域と仕事との関わりなどを主観的な目で見るチャンスにも恵まれ、歯科の世界とは異なる価値観を得ることができました。そこで体感したことが、現在の経営の仕事にも大いに生きているように思います。


三国大吾の経歴・略歴

三国大吾、みくに・だいご。日本の歯科医。医療法人社団「大伸会」理事長。日本大学松戸歯学部卒業。

他の記事も読んでみる

青木美知子

女性上司で男性部下の扱いに比較的苦労していない人は、権威のパワーを上手に行使しています。社内のパワーバランスもわかっていて、さらに上の上司との調整もできるようであればいいですね。和気藹々と目の前の人間関係や仕事だけに終始してしまうと、男性部下は「もっと社内でうまく立ち回ってくれ」というフラストレーションを抱えてしまいます。


三谷宏治

同じ状況で同じプロセスを試せる機会はほとんどありません。状況が異なれば結果も異なりますし、今回は失敗したプロセスが別の仕事では成功するかもしれません。


ジェイ・エイブラハム

たいていの人は、不景気になると人を裏切るような経費削減に走る。つまり、社員や知的資本といった、いまの企業のほとんどが本当は一番必要としている資産を削る。これは大きな間違いだ。あなたの周囲にいる人の活力、情熱、知性、人的つながり、起業家精神ほど大きなプラスのレバレッジを生むものはない。


家次恒

得意分野を進展させ、いかに新たな展開をできるかが勝負。


御立尚資

事前に必要な要件をすべて満たしてから行動するバケツリレー型の発想は、もう卒業したほうがいいでしょう。いまは先に試作品をつくって世に出し、それを使ったユーザーからのフィードバックを見ながら微調整を繰り返すプロトタイプ型の発想でなければいけません。知識は2割が手に入れば、すぐに現場で試してみることです。


前田新造

BC(美容部員)の研修のコンセプトは「感動」です。先輩BCや講師の方が、自分が感動した話などを一生懸命話されると、皆涙するほどに感動します。美容知識、接客技術を身につけることも大切ですが、本当にお客様のためになっているかどうかを考えることがベースになくては、それを生かせません。自分自身が感動でふるえるような体験をしてはじめて、お客様に感動していただけます。


箭内道彦

別の業界の人の働き方は影響されることが多い。同業で近すぎる人だとすごいなと素直に思う前に悔しいだけ。でも、ちょっと違う場所にいる人の声って素直に取り入れられる。


吉田松陰

立派な人が大事にするのは、議論ではなく行動である。多言を費やすことなく、人としての誠をしっかり蓄えなさい。


石田智子

また走りたいという目標があったから、療養中も暗くならずに済んだ。


御手洗冨士夫

キヤノンにとって最も大切なことは雇用の維持・確保。常に社員が活躍できる道を準備し、雇用を守り、人間尊重、雇用尊重の経営を続けていきたい。


松下幸之助

ひと言でいって、指導者とは責任をとるということです。責任をとれない人は、指導者たる資格はない。昔は、指導者の心得というのは、みんなのために死ぬということでした。


猪瀬直樹

「リーダー=カリスマ」という発想は間違い。誰もがカリスマ型リーダーを目指す必要はない。