名言DB

9413 人 / 110706 名言

三国大吾の名言

twitter Facebook はてブ

三国大吾のプロフィール

三国大吾、みくに・だいご。日本の歯科医。医療法人社団「大伸会」理事長。日本大学松戸歯学部卒業。

三国大吾の名言 一覧

失敗の理由はいくらでも挙げられるが、成功したときの理由を明確化することは難しい。そこで現在、大学院でシステムデザインマネジメントを学び、自分なりの成功パターンを論理立てて、可視化することを目指しています。


私自身、経営者として、なお研鑽を積まなければなりません。私が描く理想像は、企業の成長に伴って変化することができるリーダーです。草創期にはワンマンやカリスマとも呼ばれる強い牽引力が必要かと思います。しかし、やがては一歩下がった立ち位置で部下を育てなければ、自分の寿命とともに企業も終わってしまいます。


大伸会をサービス業の組織として、もっと成熟させることも必要だと感じています。そこで商工会などにも参加し、異業種交流を通じてノウハウを貪欲に吸収させていただき、応用しています。


「自分の最愛の人に対して行える治療」こそが最善の治療。仮に高い技術をもつ歯科医が最先端の治療を行うとしても、最先端であるだけに不確定な要素をはらんでいます。それでは必ずしも最善とは言い切れません。大切なのは、リスクとベネフィットのバランスで、その基準が「最愛の人に対して行えるかどうか」。


学生時代、様々なアルバイトを経験しました。組織の一員として働き、お金をいただくとはどういうことかを学ぶ貴重な機会だったと思い出されます。また、そこで働く従業員、来店されるお客様、さらには地域と仕事との関わりなどを主観的な目で見るチャンスにも恵まれ、歯科の世界とは異なる価値観を得ることができました。そこで体感したことが、現在の経営の仕事にも大いに生きているように思います。


三国大吾の経歴・略歴

三国大吾、みくに・だいご。日本の歯科医。医療法人社団「大伸会」理事長。日本大学松戸歯学部卒業。

他の記事も読んでみる

野村博(経営者)

当社を10年間率いた多田(正世)前社長と比べると、まだ影が少し薄いのは自覚していますが、私は私の色を出していくだけです。


小林作都子

フレンドリーな話し方を武器に営業で契約をとってくる人もいます。しかしそうしたことができるのは、天性の才能や卓越したコミュニケーション能力を備えたごく一部の人だけです。大半の人は、正しい言葉や敬語を使う正攻法で行った方がいいでしょう。


西任暁子(西任白鵠)

スピーチで大切なことは、「誰に伝えるか」「何を伝えるか」「その結果どうしたいのか」。その三要素を明確にすることです。


箭内道彦

答えを用意した企画は必ずしも面白くならない。それより、何も起きなくても十分に面白いこともある。


伊庭正康

私の場合は、打ち合わせ直後に帰りの電車で、依頼された成果物の原案だけでもメモを使ってまとめるようにしています。原案だけでもまとめておけば、あとで再開しやすいからです。何もしないで何日も放っておくと、もう一度打ち合わせの内容を思い出すところから始めなければならず、余計な時間がかかります。取引先によっては、手帳に書いた原案をスマホのカメラで撮影し、その日のうちに送ることもあります。こうして方向性だけでもコンセンサスをとっておけば、あとでやり直しになる確率が少なくなるからです。


古屋兎丸

ギャラが出る出ないとか全然関係なく、もう載っているだけでうれしくて。それより以前は、自分でお金を出して展覧会場を借りて、自分でダイレクトメールを刷って、それに比べたらタダで発表できているということのありがたさ。タダな上に、何千人、何万人という人が読んでくれているという、その感動というのはすごくありました。
【覚え書き|デビュー作がノーギャラだったことを振り返っての発言】


似鳥昭雄

不況でも果敢に挑戦するためには、準備が必要になる。サブプライムローン、リーマン・ショックと続く大不況でも、ニトリが成長できたのは、先読みして準備をしていたからだ。


村田昭治

過去の常識はこれからの非常識という感覚をもって、企業の原点を本気で考え直すとき。


池井戸潤

読者の反応などどうでもいいと思っていると、ますます売れなくなる。それに、買ってくれた誰かに、読み終えて「面白かった」と思わせることができなかったら、次回作はもっと売れないでしょう。


酒井秀樹

上場企業の経営者になったからといって、とくにいいことはありませんが、大企業の経営者や著名な学者、有能なコンサルタントに簡単に会えるのはありがたいことです。私はそうした機会を通じて知識を吸収してきました。


スティーブ・ヴァンアンデル

私どもは財務的な視点で社会貢献活動をとらえたことはありません。各社それぞれの裁量で判断するように任せています。


重光昭夫(辛東彬)

今後も、定めた目標に向けて、M&Aや海外展開は続けていきます。ただその中でも、ロッテグループの持つ、品質に対する高い意識は必ずキープしなくてはなりません。またジャイアンツ型やサムスン型と言われるような、1・2年の超短期で成果を求めるようなやり方よりは、もう少し長期で、事業や人材を育成していきたいと思っています。


鈴木篤(経営者)

今までの商慣習にとらわれず、変化を目指すべき。


和田秀樹

成功体験がまだないという人は、自分は成功できないと諦めるのではなく、自分のやり方が悪いのかもしれないのだと考えて、やり方を変えてみるべきだ。まわりに成功している人がいたら、その人のノウハウを一つでも真似しよう。成功している人には必ず何かノウハウがあるはずだ。真似をすることは決して悪いことではない。成功体験は人を変える。だから人の真似をしてでも成功すべきだ。


籠屋邦夫

まず基本を押さえることから始めましょう。基本が身につけば、自然と個性は出てくるもの。