三国大吾の名言

三国大吾のプロフィール

三国大吾、みくに・だいご。日本の歯科医。医療法人社団「大伸会」理事長。日本大学松戸歯学部卒業。

三国大吾の名言 一覧

私自身、経営者として、なお研鑽を積まなければなりません。私が描く理想像は、企業の成長に伴って変化することができるリーダーです。草創期にはワンマンやカリスマとも呼ばれる強い牽引力が必要かと思います。しかし、やがては一歩下がった立ち位置で部下を育てなければ、自分の寿命とともに企業も終わってしまいます。


大伸会をサービス業の組織として、もっと成熟させることも必要だと感じています。そこで商工会などにも参加し、異業種交流を通じてノウハウを貪欲に吸収させていただき、応用しています。


失敗の理由はいくらでも挙げられるが、成功したときの理由を明確化することは難しい。そこで現在、大学院でシステムデザインマネジメントを学び、自分なりの成功パターンを論理立てて、可視化することを目指しています。


「自分の最愛の人に対して行える治療」こそが最善の治療。仮に高い技術をもつ歯科医が最先端の治療を行うとしても、最先端であるだけに不確定な要素をはらんでいます。それでは必ずしも最善とは言い切れません。大切なのは、リスクとベネフィットのバランスで、その基準が「最愛の人に対して行えるかどうか」。


学生時代、様々なアルバイトを経験しました。組織の一員として働き、お金をいただくとはどういうことかを学ぶ貴重な機会だったと思い出されます。また、そこで働く従業員、来店されるお客様、さらには地域と仕事との関わりなどを主観的な目で見るチャンスにも恵まれ、歯科の世界とは異なる価値観を得ることができました。そこで体感したことが、現在の経営の仕事にも大いに生きているように思います。


三国大吾の経歴・略歴

三国大吾、みくに・だいご。日本の歯科医。医療法人社団「大伸会」理事長。日本大学松戸歯学部卒業。

他の記事も読んでみる

熊谷正寿

オープンでないビジネスの仕方は、現代のインターネットビジネスには合っていない。


亀井勝一郎

教養の真のあらわれは、その人の「はにかみ」にある。


鮎川義介

親を楽にするため、自分は何とかしなくてはいけない、こうした思想の芽生えが私をして一途に立身出世の曙光(しょこう)に向かって脇目も振らず足も早めさせたものと思われる。


樋口恵子

親のコネは親が死んでしまえば終わりだけれど、自分でつくったコネは一生自分のものです。自分自身の人間関係を大切にする姿勢は大事です。


窪山哲雄

「お客様が第一、自分たちは二の次」といった姿勢は、21世紀にそぐわない。お客様がいま求めているのは、スタッフの心からの笑顔です。心からの笑顔は、滅私奉公の考え方では生まれません。スタッフ自信が精神的に充実していることが求められます。会社はそのために、全面的にバックアップすべきです。


長田貴仁(大富敬康)

後継人事により危機を脱出しようというときには、社内外の誰もが「あの人なら」と納得するような任命を行わなくてはならない。


南原竜樹

運動経験はあるがトレーナーとしての経験はない、いわば素人を雇いました。彼らは本場のトレーナーのように、業界の妙な固定概念に縛られていないので、指示通りのことをやってくれた。ちょっとした常識を変えてパッケージ化したのが、僕の開発した事業モデルです。


北澤俊和

インターンシップにしても、企業側は得てして、お客様を迎えるように学生を扱い、学生側も社会見学みたいな気分で働きます。これではまったく意味がありません。学生自身の意識改革が求められると同時に、これからは大学と企業、産学協同で学生の就職を支援していくことが求められます。


山本昌(山本昌広)

歴史書、とくに中国古典が好きでよく読むのですが、その中で出てきた「己を高める」という言葉が好きです。どんな状況であっても自分を高め、いつでも何が起きても対応できるようになりたい、そうあり続けたいと思っています。


大喜多寛

ユニークなことにアウディのオーナーには技術系の方も多いんです。ある機械系企業のオーナー経営者は、「エンジンルームのレイアウトが素晴らしい。パイプのネジはこんなに良いものを使っているのか」と感心されました。またカーレースが趣味の方は「ボディの下回りのカバーがいい。こういうふうに仕上げたんだ」と惚れ込んで購入を決められました。私は販売店に行くと、営業スタッフからこうした商談の裏話を聞くようにしているのですが、お客様の声を聞くのは面白いし、とても参考になります。


ツルゲーネフ

疲れた人は、しばし路傍の草に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。人は決してそう遠くへは行くまい。


滝久雄

私自身は、最悪でも45歳までに、何かを見つけようと決めていました。したがって、人生の目標探しに焦りはありませんでした。自分が本気で立ち向かえる楽しい仕事など、急いで見つけなくてもいいと思います。それよりも大切なことは、見つける過程を楽しむことではないでしょうか。


本田健

自分の専門分野を見極めるとき、シンプルに自分が好きな分野を選べばいい。ある道を究めた人は例外なくその分野が大好き。


高木三四郎

うちは入門テストに「一芸」があるんですよ。何をやるかは完全に任せて、「好きなことをやってくれ」としか言わない。「一芸」をどう解釈するかっていう理解力だったり、何をやるかっていう表現力だったり、プロレス頭だったり。いろんなものが問われてきます。


荻原浩

うちの奥さんは、銀行員からデザイナーに転身した人で。自ら堅実な道を拒否してきた人だけに、僕がフリーになるといったときも「いいよ」と。最初の小説を書き出して、「しばらくは家に帰んないでやるから」といったときも「うん、わかった」って。目の前の厳しい道にもたじろがない。そういう意味でも感謝してます。


ページの先頭へ