三国大吾の名言

三国大吾のプロフィール

三国大吾、みくに・だいご。日本の歯科医。医療法人社団「大伸会」理事長。日本大学松戸歯学部卒業。

三国大吾の名言 一覧

1 / 11

失敗の理由はいくらでも挙げられるが、成功したときの理由を明確化することは難しい。そこで現在、大学院でシステムデザインマネジメントを学び、自分なりの成功パターンを論理立てて、可視化することを目指しています。


私自身、経営者として、なお研鑽を積まなければなりません。私が描く理想像は、企業の成長に伴って変化することができるリーダーです。草創期にはワンマンやカリスマとも呼ばれる強い牽引力が必要かと思います。しかし、やがては一歩下がった立ち位置で部下を育てなければ、自分の寿命とともに企業も終わってしまいます。


大伸会をサービス業の組織として、もっと成熟させることも必要だと感じています。そこで商工会などにも参加し、異業種交流を通じてノウハウを貪欲に吸収させていただき、応用しています。


「自分の最愛の人に対して行える治療」こそが最善の治療。仮に高い技術をもつ歯科医が最先端の治療を行うとしても、最先端であるだけに不確定な要素をはらんでいます。それでは必ずしも最善とは言い切れません。大切なのは、リスクとベネフィットのバランスで、その基準が「最愛の人に対して行えるかどうか」。


学生時代、様々なアルバイトを経験しました。組織の一員として働き、お金をいただくとはどういうことかを学ぶ貴重な機会だったと思い出されます。また、そこで働く従業員、来店されるお客様、さらには地域と仕事との関わりなどを主観的な目で見るチャンスにも恵まれ、歯科の世界とは異なる価値観を得ることができました。そこで体感したことが、現在の経営の仕事にも大いに生きているように思います。


三国大吾の経歴・略歴

三国大吾、みくに・だいご。日本の歯科医。医療法人社団「大伸会」理事長。日本大学松戸歯学部卒業。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ