名言DB

9412 人 / 110637 名言

三喜俊典の名言

twitter Facebook はてブ

三喜俊典のプロフィール

三喜俊典、みき・としのり。日本の経営者。日新製鋼社長。福岡県出身。山口大学工学部卒業後、日新製鋼に入社。堺製造所勤務、薄板・表面処理事業本部商品開発部長、執行役員、常務執行役員、名古屋支社長、取締役常務執行役員などを経て、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

三喜俊典の名言 一覧

失敗を恐れる気持ちは誰にでもあるでしょう。私も若いころはとくにそうでした。ただ、若い時代に失敗することなしに、いいビジネスマンになることはできない。これを否定する経営者はいないはずです。


会社でも個人でも、自分の身の丈を理解して初めて、どうやったらさらに成長できるかと考えることができます。


絶対にやってはならないのは、自分の会社を過信することです。自分の会社に誇りを持つことは必要ですが、それが慢心になってはいけません。


会社が持っている現場力を有機的に結びつけて活用すると同時に、意思決定のスピードをより高めていくことが必要だと思います。経営環境が激変する現在では、重厚長大産業の代表ともいえる鉄鋼メーカーであっても、迅速な決断なくして生き残っていくことはできません。


製造の側にとっては当たり前のことが、販売の立場からするととても新鮮な情報で、知っているだけで販売に活きるということはあり得ます。その逆に、販売の情報が製造の改善に活用できることもあるでしょう。そうした有用な情報は、自分の現場だけに留まっていては決して得られません。積極的に「他人の庭(他部署)」に踏み込んでいくことが必要なのです。


失敗を恐れて何も残らない仕事をするよりも、少々の傷を負っても、自分の中に何かを蓄えていった方が、仕事はずっと楽しく、充実したものになるはずです。


「なくならないものを残そう」と考えて仕事に取り組むことをお勧めします。失敗なしに大過なく仕事をしたとしても、それでは「滞りなく仕事を終えた」という満足以上のものは残りません。しかし、何かを成そうと思って挑戦すれば、その結果失敗しても、確実に「何か」が残ります。それは「悔しさ」かもしれないし、次はこうやったらいいという「アイデア」かもしれない。それらの何かが次の挑戦の原動力になるのです。そうした経験を積み重ねていくことで、だんだんと大きな仕事ができるようになっていくものです。


意思決定のスピードを高めるというと、「それは経営の課題であって、現場とは関係がない」と理解する人がいます。しかし、それは違います。各現場の意思決定が下地にあって、それに経営が乗っかっているのが本当の姿です。ですから、現場で「何事もまずは上司に相談して」なんてやっていると、どんどん経営のスピードが落ちてしまう。現場の判断が、会社の決断のスピードに大きく影響することを理解してもらいたい。


現場主義というと、自分の現場のことだけに集中すればいい、と勘違いしてしまう人も多いのですが、製造や販売はもちろん、財務だって総務だって、皆それぞれが現場であるわけです。


慢心を避ける方法はいろいろあると思いますが、現場に行ってお客様の声をしっかり聴く、というのもそのひとつでしょう。かつて商品開発部長をやっていたとき、私はほとんど会社にいませんでした。直接ご意見をうかがうために、お客様のところに足を運ぶことが重要だと考えたからです。


販売の担当者が、自分の会社の価値を理解して、それをきちんと伝えられているかというと、まだまだ十分ではない点があります。日新製鋼という会社と自分の仕事がどんな形でお客様の役に立っているかを社員全員が再確認し、それをお客様や取引先の方々に伝えていくことが必要でしょう。


社長就任以来、ずっと言っているのは「日新製鋼という会社の存在感と存在価値をあげよう」ということです。弊社の商品そのものはコンビニで売っているわけではないし、テレビで宣伝をしているわけでもないですから、一般の方々の間での弊社の知名度は決して高くありません。でもそれは、考えようによってはビジネスチャンスになります。弊社のことを知らない人に知ってもらえば、いままで考えつかなかった変化が生まれる可能性があるわけですから。


三喜俊典の経歴・略歴

三喜俊典、みき・としのり。日本の経営者。日新製鋼社長。福岡県出身。山口大学工学部卒業後、日新製鋼に入社。堺製造所勤務、薄板・表面処理事業本部商品開発部長、執行役員、常務執行役員、名古屋支社長、取締役常務執行役員などを経て、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

菅野寛

私は、ビジネスには責任感と高い志の両方がなければダメだとみています。志だけなら自分の夢を追求しているにすぎず、利己的です。従業員や顧客や社会に対する責任にどこかで気づかないと、長続きしません。また、志だけの場合、周りがついてこない。自分さえ金持ちになればよいと思っていたら、それはどんなに隠しても、たいてい周りに伝わります。


藤森義明

あらゆる人は必ず尖った部分を持っている。


スティーブン・コヴィー

人は変わらざる中心がなければ、変化に耐えることができない。変化に対応する能力を高めるには、自分は誰なのか、何を大切にしているのかを明確に意識することである。


西田文郎

危機的な状況に置かれたとき、誰かを責めるのではなく、「これは私を強くするチャンス。神様からのプレゼントかも」と肯定的にとらえましょう。すると、感情脳(大脳辺縁系)が不快から快へと切り替わります。眠っている間に、否定的な記憶が脳に固定化されないよう、眠る前に記憶の塗り替えを行うことをお勧めします。


澤上篤人

「投資なんて安く買っておいて高くなったら売る」だけのことだ。投資対象さえしっかり選べば、下落相場を買いにいって悪いことは一つもない。むしろ、投資で成功する王道である。


吉野佳秀

部下が精一杯仕事を出来るようにすることが社長の仕事。


磯村巌

日銀の政策ばかりが非難されがちだが、日銀は金を世の中に出すのが第一の仕事。その金をいかに回すかは我々民間の責任。


林文子

人間関係を苦手に感じている人ほど、営業の仕事をおやりになるといいと思います。その経験は、必ずあなたの財産になります。ですから、決して諦めないでください。続けていれば、必ず答えが出てきますから。


酒井眞一郎

効率ばかりでは人は育たない。大きな研究というのは長く働いてもらわなければ成果が出ない。


辻野晃一郎

もっとも大切なことは、「自分の人生を生きる」ことだと思います。自分の生きたい人生を生きていれば、世間体や社会的体面といった表層的な価値には固執しなくなります。多少の嫌なことやつらいことがあっても、乗り越えていけます。


田中仁(経営者)

世間から認められる良い会社になることが大切。会社に魅力がなければ良い人は集まりません。


吉山勇樹

30分以内というコンパクトな時間でできる仕事が多いにもかかわらず、大雑把に記入するタイプの手帳だと、どうしても管理が甘くなりがちです。時間の価値を可視化するには細かい時間軸で区切ってある手帳のほうがいい。そのほうが、スキマ時間も発見しやすいです。


奥山清行

ある職種のプロであるほど忘れがちになるのは、プロであるほど業界の常識に縛られているということです。つまり、プロの発想は前例の集積になりやすい。しかし、それではまず発案者本人が興奮できません。発案者が興奮できないものに、他人が興奮するわけがないですよね。だから「自分以上」になる道具が必要ですが、僕にとってはそれが「手描きの絵」なんですよ。機械を使って描く図面は非常に正確ですが、発想のはじめから機械で描くと、僕の場合は細かいところの不備が気になって前に進めなくなります。でも、手のスケッチなら、細かいところはコチョコチョと曖昧にしておき、アイデアの核心については力強く描ける。初期衝動の印象をかなりそのまま形にできる道具なんです。しかも、手はなかなか思い通りにはなりません。それで偶然に引いた描線が、自分の意図を越えていいものになる可能性もある。そういう意味で僕にとっての手描きの絵は、本人も興奮できる企画を作るための道具になるんですね。


加藤嘉一

日本が明確かつ大胆なビジョンを提示することを、世界も本当は求めています。ビジョンは決して総理大臣だけに任せておけばいいものではありません。企業人も若者も主婦も、皆一緒になって、当事者意識を持って考える。そうしなければ、すべてが中途半端になります。


山川博功

私たちの強みはシステム投資です。まず入り口で、お客様が見るページにはお金と手間をかけています。競合他社は車1台につき写真2枚で、しかも値段は会員登録しないと見られません。一方、私たちは最初からすべて閲覧できて写真は35枚。国はタンザニア、港はダル・エス・サラームと選択すると、輸送費も含めた値段までわかる。ここまでやっているからご利用いただけるのかと。