名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三喜俊典の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三喜俊典のプロフィール

三喜俊典、みき・としのり。日本の経営者。日新製鋼社長。福岡県出身。山口大学工学部卒業後、日新製鋼に入社。堺製造所勤務、薄板・表面処理事業本部商品開発部長、執行役員、常務執行役員、名古屋支社長、取締役常務執行役員などを経て、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

三喜俊典の名言 一覧

失敗を恐れる気持ちは誰にでもあるでしょう。私も若いころはとくにそうでした。ただ、若い時代に失敗することなしに、いいビジネスマンになることはできない。これを否定する経営者はいないはずです。


会社でも個人でも、自分の身の丈を理解して初めて、どうやったらさらに成長できるかと考えることができます。


絶対にやってはならないのは、自分の会社を過信することです。自分の会社に誇りを持つことは必要ですが、それが慢心になってはいけません。


会社が持っている現場力を有機的に結びつけて活用すると同時に、意思決定のスピードをより高めていくことが必要だと思います。経営環境が激変する現在では、重厚長大産業の代表ともいえる鉄鋼メーカーであっても、迅速な決断なくして生き残っていくことはできません。


製造の側にとっては当たり前のことが、販売の立場からするととても新鮮な情報で、知っているだけで販売に活きるということはあり得ます。その逆に、販売の情報が製造の改善に活用できることもあるでしょう。そうした有用な情報は、自分の現場だけに留まっていては決して得られません。積極的に「他人の庭(他部署)」に踏み込んでいくことが必要なのです。


失敗を恐れて何も残らない仕事をするよりも、少々の傷を負っても、自分の中に何かを蓄えていった方が、仕事はずっと楽しく、充実したものになるはずです。


「なくならないものを残そう」と考えて仕事に取り組むことをお勧めします。失敗なしに大過なく仕事をしたとしても、それでは「滞りなく仕事を終えた」という満足以上のものは残りません。しかし、何かを成そうと思って挑戦すれば、その結果失敗しても、確実に「何か」が残ります。それは「悔しさ」かもしれないし、次はこうやったらいいという「アイデア」かもしれない。それらの何かが次の挑戦の原動力になるのです。そうした経験を積み重ねていくことで、だんだんと大きな仕事ができるようになっていくものです。


意思決定のスピードを高めるというと、「それは経営の課題であって、現場とは関係がない」と理解する人がいます。しかし、それは違います。各現場の意思決定が下地にあって、それに経営が乗っかっているのが本当の姿です。ですから、現場で「何事もまずは上司に相談して」なんてやっていると、どんどん経営のスピードが落ちてしまう。現場の判断が、会社の決断のスピードに大きく影響することを理解してもらいたい。


現場主義というと、自分の現場のことだけに集中すればいい、と勘違いしてしまう人も多いのですが、製造や販売はもちろん、財務だって総務だって、皆それぞれが現場であるわけです。


慢心を避ける方法はいろいろあると思いますが、現場に行ってお客様の声をしっかり聴く、というのもそのひとつでしょう。かつて商品開発部長をやっていたとき、私はほとんど会社にいませんでした。直接ご意見をうかがうために、お客様のところに足を運ぶことが重要だと考えたからです。


販売の担当者が、自分の会社の価値を理解して、それをきちんと伝えられているかというと、まだまだ十分ではない点があります。日新製鋼という会社と自分の仕事がどんな形でお客様の役に立っているかを社員全員が再確認し、それをお客様や取引先の方々に伝えていくことが必要でしょう。


社長就任以来、ずっと言っているのは「日新製鋼という会社の存在感と存在価値をあげよう」ということです。弊社の商品そのものはコンビニで売っているわけではないし、テレビで宣伝をしているわけでもないですから、一般の方々の間での弊社の知名度は決して高くありません。でもそれは、考えようによってはビジネスチャンスになります。弊社のことを知らない人に知ってもらえば、いままで考えつかなかった変化が生まれる可能性があるわけですから。


三喜俊典の経歴・略歴

三喜俊典、みき・としのり。日本の経営者。日新製鋼社長。福岡県出身。山口大学工学部卒業後、日新製鋼に入社。堺製造所勤務、薄板・表面処理事業本部商品開発部長、執行役員、常務執行役員、名古屋支社長、取締役常務執行役員などを経て、社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

中村梅雀(二代目)

その年は、僕にとって最初の結婚に失敗して離婚した年だっただけに、「やけっぱち」というか(笑)、バツがついた以上、「なにをやっても怖くないや」という状態でもあった。

【覚え書き|NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』で徳川家重役を演じた当時を振り返って】


金子陽三

私が事業計画書を見るときに大事にしていることは、まずストーリーがあることです。それもプレゼンの内容、経営者自身の生き方、損益の計画書を含めて、経営上必要な筋が全体として通っているかを判断します。次に、ユーザーに対してどんな付加価値を持ったサービスなのか。そのサービスがどれくらい広がりそうなのか。そのサービスを使ってくれる人がどれだけいるのか、具体的にイメージできるかを大切にしています。そして最後に、サービスを実現できるかどうか。その人の人間性と能力を見ます。


包行均

「農機具にネーミングやデザインなんて関係あるかい」と思う人もいるだろうけど、それは現場を見てないだけ。皆さんが知らないだけで、今は農業に携わる方だって「隣の田んぼのおっさんとは違う、格好いい農機を使いたい」と思う時代になってる。


樋口廣太郎

管理職十訓

  1. 組織を活性化しようと思ったら、その職場で困っていることを一つずつつぶしていけばよい。人間は本来努力して浮かび上がろうとしているのだから、頭の上でつかえているものを取り除いてやれば自ずと浮上するものだ。
  2. 職位とは、仕事のための呼称であり、役割分担を明確にするためにあるものだと考えれば、管理職とは何かがキチンと出てくる。
  3. 先例がない、だからやるのが管理職ではないか。
  4. 部下の管理は易しい。むしろ上級者を管理することに意を用いるべきである。
  5. リーダーシップとは、部下を管理することではない。発想を豊かに持ち、部下の能力を存分に描き出すことである。
  6. YESは部下だけで返事をしてもよいが、NOの返事を顧客に出すときは、上司として知っていなければならない。
  7. 人間を個人として認めれば、若い社員が喜んで働ける環境が自らできてくる。
  8. 若い人は、我々自身の鏡であり、若い人がもし動かないならば、それは我々が悪いからだと思わなければければならない。
  9. 若い人の話を聞くには、喜んで批判を受ける雅量が必要である。
  10. 結局職場とは、人間としての切磋琢磨の場であり、錬成のための道場である。

    山本梁介

    客室アンケート・ワースト20以下のホテルへは本社からゴールドチームが赴いて、相談・底上げを図ります。


    大矢浩二

    会社を設立するまでに、発注元と元請け、孫請け間の連絡不足などによってスムーズに作業が進まない、非常に効率の悪い現場をたくさん目の当たりにしました。そうした無駄だらけの現場に不満を感じ、自ら会社経営に乗り出してからはいかに無駄を省いてスムーズな現場作業を実現するか、ということだけを考えてきました。


    高原豪久

    商品の価値を100%、あるいは120%消費者に伝えるということは、やはり現地の人にしかできないのです。商品価値を伝えるコンセプト表現とか、商品デザインといったものは日本人の感覚でやっても絶対に現地の人には伝わりません。


    遠藤結蔵

    店舗でスタッフがやるべきことや、やってはいけないことなどは基本的にマニュアルに規定されていますが、何かルールを決め、それを全社に発信した瞬間から陳腐化が始まっています。それによってなんらかの矛盾や不整合が発生していることに、最も早く気づいてくれるのが現場のスタッフです。


    岡本太郎

    この世に苦しみ悩んでいるのは決して自分だけじゃない。世の中のほとんどが、同じ悩みを持っていると言ってもいい。不満かも知れないが、この社会生活以外にどんな生き方があるか。ならば、まともにこの社会というものを見据え、自分がその中でどういう生き方をすべきか、どういう役割を果たすのか、決めなければならない。


    蟹瀬誠一

    何があっても命ある限り人生は続くのですから、結果を恐れることはありません。たとえ一時的に社内など周囲の人々といがみ合ったとしても、いつかはそれを忘れて前に進まなくてはならないのです。


    吉田松陰

    天下のことをなすは、天下有志の士と志を通ずるにあらざれば得ず。


    住友政友

    何にしても、世間の相場より安いものを持ってこられた場合、その素性がわからないようなものは、絶対に買ってはならない。そのようなものは盗品だと心得よ。