名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

三品和広の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

三品和広のプロフィール

三品和広、みしな・かずひろ。日本の経営学者(経営戦略・経営者論)。一橋大学商学部卒業、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、ハーバード大学文理大学院博士課程修了。ハーバード大学ビジネススクール助教授、北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術調査センター助教授、同大学院知識科学研究科助教授、神戸大学大学院経営学研究科助教授・教授などを歴任。

三品和広の名言 一覧

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら失敗しないと思い込む傾向がある。これが多くの失敗の原因になっている。誰よりもその事業を知っているという過剰な自信がリスク感覚をゆがめ、会社の命運を賭ける規模の資金を投じさせてしまう。


保守本流を歩んできた前任社長の部下はそれまでのやり方を変えられない。


後継者を選ぶ際に前任者が密室で決めてしまうと、前任者の路線を続けてくれる人を選びがちになる。


実際に変革を起こすのはマネジメントだ。つまり経営者の資質がその企業の変革力に直結する。


厳しいと思われている業種や企業で優秀な経営者が登場すると、企業価値が跳ね上がる変革が生まれることがある。


リスクを冷静に計りながら、思い切ってリスクを取る経営ができなければ、強さを再び手にすることも難しい。


日本企業にとって大事なのは、自社が強みを持つ技術を成熟市場から成長市場に移して戦う「転地」の発想だ。


部品メーカーなら、日本企業にこだわらず世界の強い企業を顧客として販路を拡大していくことが必要だ。そのために、素早く積極的に動ける体制を作ることが欠かせない。


本来、戦略なんて一握りの人間がやればいいものを、それを大衆化するのがいけない。本当はやりもしない人たちが戦略が重要だなんて言い出すと、おかしくなってしまうんです。それよりも製品や製品を通じてやりたいことに対する強烈な情熱が大事だということです。


家電メーカーの経営トップがクリエイターとしての要素をなくしては、製品開発にも力を発揮できません。一般の会社にはいないハジケタ経営者がいると、その人についていく技術者がたくさん出てくる。少なくとも昔はそうでした。


異色な人材を早い時期から守りすぎるのはよくないでしょう。下品な言い方かもしれませんが、むしろ蹴りを入れた方がいい。ビル・ゲイツのような人材を育成するという発想自体が間違っているわけです。彼らは勝手に育ったというか、そうなっただけなのですから。


精神的な爆発力がないと経営はできません。


経営者が駄目ということはあると思いますが、それよりも日本企業では転地といった判断を下せるような人材を早くから排除してしまう仕組みになっている。これが重大な問題です。経営者を育てるどころか、経営者が務まりそうな人材の芽を早くから摘んでしまう。そのような人事体系が、そもそも名経営者が排出されるのを阻んでいるんです。


良かった時のソニーは大賀さん(大賀典雄社長)という1人の人間の思いを前面に出して、製品をつくっていました。だから官僚主義で老中、家老がいっぱい控えている日本の一般的な企業とはまったく違うことができたわけです。


マクロ動向という視点を持たないとダメだと思います。低迷を人災だと受け止めてしまうと、人材を変えてもう一戦まみえようとなる。でも誰が悪いというわけでもない。大体世界はこうなるものなんだと達観すると、打ち手が変わります。向かう先も大きく変わる。そう考えなければ、失敗を重ねるだけでしょう。


パナソニックはいろいろと難しいと見ています。事業が複数あって逃げ道がありそうだと思うかもしれませんが、結局どこに注力するのか決めにくい。それぞれの事業に大将がいるわけですから。


資質を見抜くのは簡単ではないが、個人投資家も社長交代のニュースなどに目を光らせ、会見の第一声などで変革力を見極めていけば長期にわたって成長する企業を見つけられるだろう。


経営の変革は体力・精神力共に寿命を縮めながらやる覚悟が必要。それを成し遂げた後に果実を得られる期間が長い方がモチベーションが上がる。米国では変革が必要な時は40代の経営者を選ぶことが多い。


三品和広の経歴・略歴

三品和広、みしな・かずひろ。日本の経営学者(経営戦略・経営者論)。一橋大学商学部卒業、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、ハーバード大学文理大学院博士課程修了。ハーバード大学ビジネススクール助教授、北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術調査センター助教授、同大学院知識科学研究科助教授、神戸大学大学院経営学研究科助教授・教授などを歴任。

他の記事も読んでみる

堀紘一(コンサルタント)

複数の言語を習得すべきかどうか迷う人は多いだろう。そもそも語学に中途半端は禁物だ。そこそこできる程度など、ことビジネスの現場においての活用に限っていえば何の役にも立たない。もし英語がそこそこできるのなら、むしろそちらを深め、「とてもできる」レベルを目指すべきだ。ただし、ビジネスで通じる英語のレベルとなると、最低5万語を覚えなければならない。文法は多少いい加減でも構わないが、このくらいのボキャブラリーがないと十分な意思疎通ができない。


石原一裕

クルーは全国に約800人います。僕らのようなサービス業には、直接お客様と触れ合う彼ら彼女らのやる気がとても重要です。逆に言えば、クルーが元気でなくてはブランドとして終わりを意味します。


山田進太郎

起業して苦しい時期が続くことはよくありますし、倒産や破産が怖くないといえばうそになります。でも、経験を積んでいけばどんなリスクがあるか事前に想像がつきやすくなります。そうすると「最小限に抑えることもできるだろう」と案外腹をくくれるものです。


鈴木敏文

変化に対応して、当然のことをやり続ければ規模も大きくなるし、業績が上がるのは当然。


千本倖生

ベンチャーには成長ステージが上がるにつれ、新しいビジネスモデルやテクノロジーが要求されます。つまり、柔軟に変化していくことが重要であり、天才であるがゆえに、いつまでも自分のつくった技術に固執していると失敗する確率は高くなってしまう。


野口健

モチベーションが下がっていた頃、仕事で出会ったのがレミオロメンの藤巻亮太さんでした。彼もプロとして10年やって、自分の求める音楽について葛藤していた時期で。意気投合して、彼と一緒に毎年、旅行に出るようになったんです。山も登ったし、アフリカにも行きました。僻地への冒険ですね。その旅の間、藤巻さんが写真を撮っていて、僕も中高は写真部で、昔の夢がカメラマンになることだったのを思い出したんです。登山家になってからは撮っていなかったけど、もう一回やってみよう、と。


中野信子

同僚が出世するのが許せないというのは、人として当然の気持ちです。ただし相手をおとしめるより、自分を高める方向に考えるのが大切。この機会に自分が同僚を上回るには何をすればいいか、洗い出してみましょう。


寺尾玄

プロの中でも大活躍する「トッププロ」を目指してほしい。私はこのトッププロとプロの違いに「根性」が関係していると思っています。アスリートの場合、トッププロになる条件として、体格やセンス、賢さや技術など様々な要素がありますが、それらがどれだけ高いレベルにあっても、「根性」が抜けていたらトップには立てないでしょう。どこまで自分を追い込み、高みを目指せるか。逆境や苦境に負けず、諦めずに進めるか。アスリートだけでなく、アーティストでも経営者でも会社員でも、トップで活躍するプロは、そこが他のプロと違います。


スガシカオ

結局、僕は作り続けるしかないっていうか、作ることしかできない。


加藤宣明

当社には特徴的な組織体系があります。それは、営業部は各事業部に属さずに一本化していることです。これは事業部制を始めたころから一貫しています。営業部の独立的な立ち位置が、社外に対するクッションあるいは調整役となり、また社内的には各部門間に生じる壁を低くするうえで大いに役立っています。


田中美香

たとえば、横浜のある物件では、入居者が自由に使える電動自転車を設置したところ、入居率が一気に高まりました。横浜は坂が多いので、電動自転車は非常に重宝するのです。こうしたちょっとした工夫が本当に効くのです。私たちはこうしたノウハウを他にも数多く持っています。当社の管理を評価していただき、他社で買った物件の管理をお願いされることも多いですね。


太田彩子

先方が多忙で、思うように商談のアポがとれないと悩む営業職の方は少なくありません。そうした人にお勧めしているのは、朝時間の活用です。電話するにせよ訪問するにせよ、朝行うことで成功率はグンと高まるのです。朝に営業活動する利点は2つです。「普段会えない人にアプローチできること」「朝はみなさん機嫌がいいということ」です。